よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 立体交差の魔方陣・その1完成
2019年09月25日(Wed) 
オリジナルデザイン「立体交差の魔方陣( Celtic Magic Square )」、ひとまず魔方陣マジックスクエア化できました!



その1モチーフを4枚繋いだ状態を基本に、真中部分の交差するチェインで隣のモチーフへ移動する形で一筆書きにしています。



右が基礎モチーフの4枚繋ぎ。左が魔方陣バージョン。
中央部分の密度がちょい薄めになって、少しぱっきりし過ぎだったみっちり部分との差が、少し薄まったのではないかと。

で、これを4×4サイズで作成した場合は、消えてしまった三つ葉の集合体部分が、上下左右の4箇所に、このロングチェインの絡んだ部分は斜めの四方と中央の5箇所に、それぞれ現れてくるはずです。

作成中はロングチェイン部分がちょっとぶらつきますが、完成すると互いに絡み合うため、それなりに安定してくれました。



……しかし、#40としてはちょっと太めのロワールコットンを使用しても、大サイズシャトルだとぎりぎり通る長さなんですよね、このロングチェイン。いわゆる金票とかダルマ40番とかを使用した場合、大きめシャトルだと厳しいかもしれません。ノーマルサイズなら大丈夫だと思うんですけど。

実際に本番に着手する前に、まずは↓こんな感じで



ロングチェインに関わる一部分だけ試し結いして、その糸でそのシャトルが通るかどうか、確認してみるのが良いかもしれませんね。
とりあえず私の手加減だと、ダイソー#40(ダークレッド)で、本当にかろうじてなんとかという感じでした(^^;;

消費糸長メモ(ロワールコットン時)>
 メインシャトル 両手×15
 サブシャトル 両手×8.5

※試作で一部のみの作成する場合、メイン・サブとも両手×1≒130cmぐらいで。

それにしても、その1魔方陣で既にメインシャトルが大サイズ1個じゃ足りないって、相当だな……どうせ1回は糸を継がなきゃいけないなら、潔く最初からノーマルサイズを使うというのも手かも。サブシャトル側は、まだぎりぎりノーマルでも1回で巻けそうな長さですし。

……ただ、4×4サイズとかの大きめを作る場合とかは、やっぱり糸始末回数少なくてすむ分、大サイズが楽なんですよねえ。


そしてここまで試作を続けてようやく、重ね三つ葉ことインターロッキング・リングとやらのコツを掴んできた気がします。リングを閉じる際にほぼ迷わなくなったので、作業スピードもだいぶUP。量産&魔方陣化の目処が立ってきました。

で、ついでだから備忘メモと今後のレシピ化を視野に入れて、別ページにまとめてみたのですよ。
こんな感じで理解してもらえますでしょうか……?

■リングを重ねて作るやり方
 http://plant.mints.ne.jp/takara/ilr/ilr.htm

また週末にでもサイトへ正式リンクする予定ですが、ここ判りにくいとか、説明がおかしいとかありましたら、ご助言いただけると助かりますです <( _ _ )>

……ところで Interlocking Ring の略記号って、IRで良いんでしょうか? それともILR?
一応検索してみたんですけど、それらしいレシピが見つけられませんとです(´・ω・`)


あと、今までこのブログで書いてきた、Doraさんの「 No.6 SQUARE PINWHEEL MOTIFS 」と「 No.8 PIN-WHEEL MOTIFS JOINED 」。
全部 WHEEL の綴りを WEHEEL と間違えていたことが、今になって判明。
一番最初に書いた記事からずーーーっと、コピペし続けてたのが裏目に出たぁぁあああ ・゜・(ノД`)・゜・

が、頑張って一応、見つけ出せたところは直しましたけど……ううう、年単位でミスを晒していたとは…… _| ̄|○





そして、数日前から腰が痛い背中が痛いと訴えていた母ですが。
一昨日行った最寄りの町医者で、「骨には異常ないですね。様子見ましょう」って服用する痛み止めを出してもらったのに一向に収まらなかったそうで。今日ちょっと遠くの、別の個人病院で診察してもらったところ、レントゲンを素人目で見て判るほどはっきり、骨にヒビが入っていたそうです(遠い目)

本人心当たりないので、加齢による骨粗鬆症からの疲労骨折なんじゃないかって話で、座薬とかもらってきましたけど……だからやっぱりあそこの町医者はおすすめできないって、前から何度も言ってたし、一昨日もあっちの病院にしたほうが良いって言ったやん!

いつも様子見ます、様子見ますで、手首だって「もう年ですからねえ、あちこち痛くなるものですよ」って言われた挙げ句に、実は骨折しててずれたまま治っちゃってるのを、数年後に個人病院の方で発見されたじゃないの。
私なんか、出勤寸前に顔に熱湯かかって、目蓋腫らして駆け込んだら、「ああ、たいしたことないからこのまま様子見て下さい」って問診だけで終わりかけたのをゴリ押し、かろうじて痛み止めの軟膏だけを出してもらって以来、あそこには二度と行かないって心に決めてるのに!

なんでこう、私も母も病院の当たりが悪いかなあ……
No.1486 (創作:: タティングレース)


 丸いぐるぐる完成!
2019年09月24日(Tue) 
7月19日にレシピ解読を開始した、Dora Young さんの「 No.8 PIN-WHEEL MOTIFS JOINED 」。
ほぼ二ヶ月をかけて、ようやく完成で〜〜す♪



■All New Knotless Tatting Designs - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/2373

最終的に、モチーフ16枚を繋いだ、菱形のテーブルセンターに仕上がりました。
使用した糸は、セリアの#40ピンク。重さは27グラムでした。



……予想より軽かったww
ほとんど減っていない1玉目を使い切り、2玉目は芯が見え始めたという消費量だったので、30gは越えてるかと思ってました。
やっぱりもう一列編み足して、平行四辺形にもできましたかねえ?



でもまあこの形の方が、バランス的には使いやすいかと。いやまあ、ほぼほぼ使わずに書類ケースの肥やし予定なんですが(苦笑)
ともあれ、書籍の見本写真、37枚繋ぎの六角形(※最初は60枚かと思ってましたけど、さすがに数え間違いでした/汗)にはまだまだ及ばないものの、それでもけっこうな達成感でございます。

恒例のちょい遠景を再現。



一見するとタティングレースには見えない、Doraさん独特のデザイン。
隣り合うモチーフが自然な流線型を描いて繋がり、境目の位置を錯覚させられる。そんな騙し絵っぽい雰囲気も実に面白いですvv
リングとチェインの他は、モックピコとシャトル繋ぎさえできればOK。ツノ付きシャトルならレース針すら不要という、技術的にはごく基本的かつ、目数が覚えやすいというのもお見事。
シンプル・イズ・ベストとはまさにこのことかと。

完成サイズは、セリアの#40で、一辺が27cm。
対角線だと短い方が同じく27cmで、長い方が41.5cmとなりました。



例によって既に、A4書類ケースどころかB4カッターマットからもはみ出しております(苦笑)
撮影にはさっそく、リメイクシートボード2枚を突き合わせての作業でしたww<斜めアングルで背景が写り込まないようにしようとすると、そこそこの面積が必要になる

消費糸長メモ(セリア#40時)>

モチーフ1枚につき
 シャトル 両手×2.75弱+糸玉 両手×6.75

最後のモチーフ+外周の縁編み
 シャトル 両手×4.5+糸玉

※私の両手を広げた幅×1は、おおむね130cmぐらい

縁編みのシャトル糸と糸玉側を、もうちょっとちゃんと測っておけば良かったとちょい後悔しつつ、でもまた同じもの作る可能性は低いなあとも思ったり。
あ、縁編み部分で、書籍よりもチェインの目数を少し増やしています。
やはり縁編みでお椀気味になってしまうのと、ぐるぐる系の宿命で作成中の波打ちは避けられないので、アイロン仕上げは必須だとメモメモ。


21:51 追記:
さっき階段を降りようとしたら、薄暗い照明の中、踊り場の壁に脚を広げたアシダカ軍曹ガガガ(゜◇゜lll
前に部屋に出てから、10日ぐらいずっと、いつ出没しても良いように常備してたアルコールスプレー、もう一階の居間に戻しちゃったのに〜〜(泣)
しょうがないから二階から声あげてスプレー持ってきてくれって助けを求めたら、父が軽く追い払って「ほらこれで通れるだろ(笑顔)」って。

 だ か ら !!

どこに行ったか判らなくなると、その恐怖でうっかり眠れもしなくなるから、退治するっつってんだろぉぉぉおおお!!
頼むから不快害虫って言葉を覚えてくれマジで……

幸いまだ視界内にいたので、自分でアルコール噴霧しまくって動きが鈍ったところを、物理的にご昇天願いましたが……死骸に触れないッス ・゜・(ノД`)・゜・

夜中に台所で遭遇するGには、冷静に対処できるのになあ……

そして心無しか、前に部屋で遭遇したヤツよりもちっちゃかった気がする……まさかまだ第二第三のヤツが……?
No.1481 (創作:: タティングレース)


 進み順って大事
2019年09月23日(Mon) 
立体交差の魔方陣、中心部分の試作がひとまず納得できたので、いよいよ本番に着手しています。



#40としては少し太めのロワール・コットンで、ぎりぎりクロバーやみん100の大サイズシャトルが通る、そんな長さのロングチェイン。
お互いに絡み合う形にしているため、目数の割には強度があると言うか、持ち上げてもくたっとはならず、一枚布の形を保ってくれる予定なのですが……

そしてこのモチーフを量産していて、今さらながらに気がついたこと。
私はモチーフの境目などに、6p6サイズのミニリングをひとつだけ配置するのが好きだったりします(花冠〜とか、装飾タイル〜とか)。
しかしこれが外周側に位置してしまうと、ぶらぶらと不安定になってしまい、非常にうっとおしいのが気になりどころだったんです。

しかしそれ、よく考えなくても、実に単純な話でした。



最初は接続用の極小ピコ(vsp)だけ用意しておいて、ミニリングは後から作れば良かったんですよね(−ー;)
いやなんか、基礎モチーフにはすべての要素を入れておかなきゃいけないような気がしてまして。
それとあそこらへんをデザインしていた当時は、チェイン上側に位置するフローティングリングを作りながら、同時にピコ繋ぎまでやっていたら、絶対チェインとの間に隙間ができてユルユルになると思ったんです……(懐)

そんな訳で今回は、ミニリングを後から作る進み順にしてみました。
これなら『ひっくり返』して基礎モチーフその2にした時にも、周囲へ不安定に飛び出さずにすむのではないかと。
アズレージョさんなんかもその方式を取れば、その1魔方陣でも外周がブラブラしないかなあとか。

……ちなみに試作中の現在、後からの方もうっかりピコにしてしまい、しばらく進んでから「あれミニリングがない!?」ってなって、泣く泣くほどくこと、すでに数回。
すっかり慣れちゃった手順を変えるって、難しいなあ……(遠い目)
No.1479 (創作:: タティングレース)


 作業用BGM
2019年09月22日(Sun) 
Doraさんの丸いぐるぐる、なんとか縁編みを終えました。
両手×5を巻いて開始した最終モチーフ+縁編みは、両手×0.75強を残して終了。まあまあ良い読みだったのではないかと。

使い切るつもりだった2玉目のセリア#40(20g玉)は、隙間から芯とか巻き始めの糸端っぽいものが透けてきています。



……この状態からでも、まだ……次の区切りの4枚までなら、ぎりぎり行けた気もしなくはないのですが。でもまあそれは、結果論。
縁編みに消費する長さが読めない段階での冒険は、ご法度だったということで(苦笑)
現在、濡らしてアイロン半乾きまでかけた状態で乾燥中です。
さてでは、新しい魔方陣の試作に戻るとしますかね。

アズレージョさん8×8サイズも、終わりが見えてくるとなんだか進めるのがもったいなくなってきたなあ……ww


ところで最近作業BGMとして重宝しているものに、You Tube の朗読ジャンルがあったりします。
なんとはなしに検索してみたら、まあ出てくること出てくること。
……中には著作権的にヤバ気なものも散見されましたが、とりあえず青空文庫にあるものなどをチョイス。

■野村胡堂 - YouTube
 https://www.youtube.com/playlist?
list=PLCd6KNq__IVLSKnH0mWNrqfhi3RAu3ill

■岡本綺堂,『半七捕物帳』より,「唐人飴」朗読3/3完結 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?
v=QgC7UsI6zw0&list=PLCd6KNq__IVIpsofIJJ6mZZuUkYJoFJO8

半七捕物帳の「唐人飴」は、3からじゃないと1〜2へのリンクがないので、とりあえず3をメモ。
野村胡堂の銭形平次「振袖源太」なども、検索すれば1話目出てきます。
穏やかな肉声で、ゆっくり読み上げられる小説というのもいいですね。

時代小説や古い翻案ものなどは、漢字の読みなどが特殊なことも多く、読み上げアプリではいくら単語登録しても聴けたものじゃなくて……黒岩涙香の巌窟王が、途中までしかUPされていないのが非常に残念です ・゜・(ノД`)・゜・

■アレクサンドル・デュマ原作,「モンテクリスト伯」,黒岩涙香訳,「巌窟王」,朗読4 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=-CGA_zSB9oA&t=203s

黒岩版「幽霊塔」とかも、読み返すにはちと長いし、さりとてアプリで機械的に読ませようとすると、しっちゃかめっちゃかになるんですよね……(しくしくしく)

■図書カード:幽霊塔|青空文庫
 https://www.aozora.gr.jp/cards/000179/card943.html
No.1477 (創作:: タティングレース)


 魔方陣化進行中
2019年09月21日(Sat) 
決定名称・「立体交差の魔方陣( Celtic Magic Square )」、実際にマジックスクエア(一筆書き)にするべく試行錯誤中です。



基礎モチーフを4枚繋げた段階で、写真をパソコンに取り込み、画像ソフトであれこれとシミュレーション。
……こういう時こそ、ディスプレイが二つあると、画面が広く使えていいですよねえ(しみじみ)

でもって、大体の方向性が見えてきたところで、



いきなり全体を作るのは手間も時間もかかるので、中心部分だけを残り糸で試し結いです。
……ってかやっぱり、重ね三つ葉がないだけで作業スピードがすごく上がる(^^;;

そして呼称を立体交差〜とつけてしまったがために、うっかりモチーフ移動部分にもケルティックな要素を入れ込もうとしたら、またも形を取りにくいロングチェインに(苦笑)

いやだってこれぐらいの長さがないと、Lサイズシャトルが間を通ってくれないんですもん……

さてこれで、うまく形になってくれると良いんですが。


そうそう、重ね三つ葉といえば、改めて調べ直してみたら、これインターロッキング・リング( Interlocking Ring )とかいう名称があって、SCMRで作るやり方とか、

■Tatting Lace in Grace: Picture Tutorial for Interlocking SCMRs
 http://hiskid66.blogspot.com/2013/04/picture-tutorial
-for-interlocking-scmrs.html

前から後ろに1回だけ通し、前のリング全体を裏返して作る方法? とか、

■インターロッキング・リング Interlocking Ring に関する考察 | タティングレース 101
 https://ameblo.jp/tating101/entry-11763724197.html

なんかもあるんですね。
で、残り糸で試し編みしてみたんですが、どうも私ではうまく形が取れず ・゜・(ノД`)・゜・



やはり自分で見つけた、自分なりのやり方で突き進もうと思います、ハイ。


昨日から一気に気温が下がり、今日の最高/最低気温は22/16度とか言う阿呆なことになっています(汗)
昨日の24.9/15.6度ですら寝る時に寒く、夜中喉の痛みを覚えて、念のために風邪薬を飲んだというのに……先週の土曜は31.8度だったことを考えると、本当に坂道を転がり落ちるような寒さでびっくりですわ。
体調を崩さないように気をつけなければ……
No.1476 (創作:: タティングレース)


 縁編み始めました
2019年09月20日(Fri) 
Doraさんの丸いぐるぐるは、ようやく最後の一枚を繋ぎ終えて、そこから糸を切らずに続けて縁編みに入りました。



ダルマピンと導入糸が付いてる箇所から、外周をぐるっと一周していく流れです。
要はふさふさ出ているピコを、伏せ止めしていく感じ。

……モチーフを終えた段階で計測するのを忘れていましたが、この写真の段階(縁編みを一辺半ほど進んだところ)で、シャトルに残っているのは両手×2.75ほどでした。
もし途中で足りなくなった時の算出用に、とりあえずメモメモ。

こういう時にも、ボビンシャトルだとためらいなくがーっとほどいて、長さ測ってまた巻き直せるのが本当に便利です。
そう言えば前に萵苣さんが紹介しておられた、海外の大きめボビンシャトル(マグネット式でカチカチタイプ)。
シシカスさんにも入荷したようで、ちょっと気になる……これで先端がレース針じゃなくツノ付きだったら、買ってみたかも。

■Dreamlit Shuttle Emerald Green - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/2569

閑話休題。
縁編みの方は、試作時にちょっとお椀化しがちだったので、あまりきつく締めないように注意しつつ、チェインも目数をちょっと増やし気味でやっています。
うまく収まってくれると良いなあ。
No.1475 (創作:: タティングレース)


 ひとまずモチーフ繋ぎとしては成立
2019年09月19日(Thr) 
仮称・白雪姫の魔法の鏡モチーフ。
装飾ピコを廃し、接続ピコのサイズも調整したバージョンを、まずは4枚繋ぎ終えました。



みっちりしてる部分のみっちり具合と、それ以外の部分の隙間っぷりの落差が想像以上に大きくなりました(苦笑)
これ4×4とかにしていったら、アレンジしてない 装飾タイルアズレージョの魔方陣 その2バージョンみたく、全体が穴だらけになるんじゃ……いやそれはそれでそれなりに、面白くはあるんでしょうが。

今回の肝であるモチーフの境目部分は、なかなか面白いことになってくれたかと思います♪



ぱっと見にはありきたりなんですけど、タティングされる方がご覧になると、「あれこれどうなってんの?」と思って欲しい、そんな立体交差仕様です。

……実はこれが超絶面倒臭くて、ここのためだけに、作成スピードが半分以下に落ちてる気がするんですが(^^;; <その割にはあんまり目立たない

しかも失敗した場合に、ほどくのがまた大変なんですよね……マジックスクエア化 = 大量生産するのは、やっぱり厳しいかなあ……

ああでも斜めから見た感じ、うまくひっくり返してその2モチーフにすると、面白いことにはなりそうなんですよ〜〜



せめてその2モチーフを作るところまでは、なんとかやってみたいです。

接続ピコが小さくなったせいか、4枚繋いだ状態での一辺は11.5cmに。



使用糸は、在庫限りで廃盤のロワールコットン、Col.045 シルバーグレーです。

……ちゃんとマジックスクエア化できたら、「立体交差の魔方陣( Celtic Magic Square )」とでも名付けましょうか。
「魔法の鏡の魔方陣( Magic Square of Magic Mirror )」とかも韻を踏んでて面白いかと思ったんですけど、これ絶対「魔法」と「魔方」がごっちゃになる未来が見える(笑)

※魔陣( Magic Square )とは、縦横斜めの数字の合計が同じになる、パズル的な四角い表のことです

あと複数繋いだ段階で、たぶん装飾額縁的な印象は消えてますしね……


そして今日は風が強くて、窓を開けてると目数メモや編みかけモチーフが机から飛ぶこと飛ぶこと(^^;;
扇風機なしで廊下へのドア閉めてても全然余裕ですよ。むしろ鳥肌が立つぐらい。
いやはや、一気に秋が来たって感じですねえ……


追記:
あああああ……改めて写真をよく見たら、少なくとも一箇所、思い切り繋ぐピコ間違えてるっっ(がふぅ)
よりによって数少ない装飾ピコを、接続ピコにしちゃってるなんて〜〜〜 ・゜・(ノД`)・゜・
No.1471 (創作:: タティングレース)


 細かい差ではあるのですが
2019年09月17日(Tue) 
とりあえず2枚を繋いでみました、仮称・魔法の鏡モチーフ。



んー……今のところ、引きつり的なものは見られませんかね。
三つ葉部分の接続ピコは、もっと極限まで小さいVSPにしたほうが良いかも? とも思ったり。
あとオニオンリングの重ねつなぎの部分で、ピコ位置が半目分ずれちゃうのがちょっと気になる……まあでもこの部分、両脇の装飾ピコも取っちゃったほうが、モチーフを繋いだ時にバランスが良いかもだから、そうすると目立たなくなりますかね?



画像加工で確認。
うん、単体モチーフとしては装飾ピコあったほうが良いけど、複数繋ぐ場合はない方が良さそう。
……っていうか、とりあえず4枚は繋がなきゃなんですが、続きどうしよう……見た目を考えて装飾ピコありのまま進めるか、いっそピコ無しで最初から作り直すか(悩)

そして四隅の三つ葉ですが、ふと葉の重なる方向を逆にしてみたらどうなるかなあと思いついて、残り糸で試してみたのですが。



うん、訳判らんww
せっかく確立できたやり方が、途端に瓦解しました(苦笑)
シャトルを後ろから前に通す場合は、2回ではなく1回で良いっぽいんですが……かえってややこしいことになりそうなので、あきらめました。
まずは最初のやり方を、もっと迷いなく進められるよう経験を積もう……


追記:
やっぱりオニオン部分の装飾ピコなしバージョンで、最初からやり直すことにしました。



モチーフ同士の接続ピコも、可能な限り小さくすることに。
うん、モチーフ繋ぎやマジックスクエアを目指すなら、基礎モチーフその1の1枚や2枚ごときで尻込みなんざ、してられるかーーっっ(己を鼓舞)

なお、作業順番が前後したので、この記事の写真で昨日の記事のレフ板を使用しているのは、追記分の4枚目だけです。
やっぱり画像加工の手間がぜんぜん違いますわあ。
No.1467 (創作:: タティングレース)


 イメージは白雪姫の鏡
2019年09月14日(Sat) 
だいぶ前に、だいたいの試作だけして放置していたスクエアモチーフに、再度着手してみたのですよ。

例によって一段で構成された、モチーフ繋ぎ ―― そしてゆくゆくはマジックスクエア化できたらなという、そんな前提でのデザインです。
前に作っていた時には、思った以上に手間がかかったのと、他に同時進行しているものが増えてしまったために、一段落ついたところでしまい込んでいたんですよね。

で、面倒の一因だったCWJ(キャスリーン・ホイール・ジョイン)はあきらめて、ピコの繋ぎ位置などもちょいちょい調整したりして、と。



こんな感じになりました。
イメージ的には飾りフレームとか、白雪姫に出てくる魔法の鏡。
……実際には、どうにも中央部分をうまく埋められなかったという現実が(^^;;

そして今回のこだわりどころは、四隅の三つ葉がケルティックっぽく立体交差していること♪



これができるようになった時に、せっかくだからこのやり方を組み込んだデザインを作ってみたくなったんですよね。
しかしこの立体交差、一回や二回ならともかく、1モチーフにつき計8箇所(三つ葉の三枚目は通常リングでOK)もやるとなると、地味に面倒臭い(苦笑)<糸があちこち引っかかりまくる

ましてやモチーフ繋ぎからのマジックスクエア化……だ、大丈夫だろうか(汗)

まあ一枚だけでもそれなりに面白いとは思うので、モチーフ繋ぎもできますよ〜的な感じでレシピ公開して、あとは他の方におまかせっ★ ってな方法もありかも(笑)



今回はロワール・コットンの Col.045 シルバーグレーを使用して、6cm四方ほどでした。



形を取りやすい固めの、かつ薄色でダブルステッチや立体交差を視認しやすい糸が向いていると思います。

消費糸長メモ>
 メインシャトル 両手×4.25(三つ葉を作る方)
 サブシャトル 両手×2.25弱(オニオンリングやミニリングを作る方)

複数枚繋いだら、果たしてどんな感じになるのかはまだ謎。
繋いだりひっくり返したりすると、雰囲気ががらっと変わっちゃうのもタティングの醍醐味だと思うのですよ。ふふふふふ。

そして、



久々に品揃えが豊富なダイソーへ行けたので、こんな物を買ってきてしまった自分がww
……えー、Cさん情報ありがとうございましたーーー!
さ〜て、果たして良い感じに作ることができるかな?


追記:
話は全然違いますが、猫欧州さんちのコメントでちらっと話した、「子供の頃に読んだ記憶がある」「10個の塊が10個で100個だよ〜って童話だか神話」、検索しても何だったか判らなくて微妙にモヤモヤ。
……っていうか、オオクニヌシがスセリヒメと結婚した時の、スサノオの 婿いびり 試練だったと思いこんでたんですけど、調べてみたら違うっぽい。
なんか大量の剣だか矢だかを、明日の朝までに数えろって無茶振りされた主人公に、部屋の外から歌声かなんかで数え方を教えてもらえたってエピソードだったと思うんですが。
グリムとかアンデルセンとか、そっち系かなあ?
No.1457 (創作:: タティングレース)


 ジョイントで雰囲気が変わる
2019年09月12日(Thr) 
昨日作成した第二試作、やはりどうも納得がいかなかったので、さらに第三試作(本当の一番最初を含めれば4枚目)まで作っちゃいました(苦笑)
作業BGMはグラナダBBCのジェレミー・ホームズで、「六つのナポレオン」と「第二の血痕」。 レストレード警部が可愛すぎるvv
エルベレース糸では編みにくかったので、今回はダイソーの きなり を使用です。
外周チェインの目数の他に、オニオン部分のジョイント方法も変えてみてます。
そこ、今まではシャトル繋ぎにしてたんですよね。でも藤戸さんデザインなら、重ねつなぎ(盛本知子さんの著作ではピコットつなぎB)もありかなあと思いまして。

その結果、



オニオン外周のラインがなめらかになって、なんとなく優しい雰囲気になったんじゃないかと思います<書籍には「ピコットをつないで」としか書かれておらず、見本写真は遠景すぎて細かいところが見えない
オニオンリングのバランスを整えやすいという点でも、ここはシャトル繋ぎより重ねつなぎの方が良さげっぽいですね。





今度こそ……今度こそ、繋いでも大丈夫なバランスになったと思うんですよ。ピコがほぼ一直線に並んでくれてますし。
大きさもやはりエルベの時ほどにはならず、7.5cm四方といったところで収まりました。

……ただ……やっぱり駄目、でした(´・ω・`)
私の手に合うダイソー きなり を使用して、一段目はそれなりに楽しく結えたのですが……二段目のロングチェイン及び大サイズリングが、どうしてもどうしても苦行になるっ ・゜・(ノД`)・゜・

デザインはとても好みなだけに、非常に非常に残念なるも……これを量産できる自信はありませなんだ。

っていうか、我ながら花冠〜の時は、なんだって40目チェインなんて阿呆な代物を、あれだけ大量に作り続けていられたのか……自分でも不思議でなりませんです(^^;;


昨夜のおかずはナスとピーマンの天ぷら。
甘いナスと味の濃いピーマンを交互に食べると、エンドレスで箸が止まらず、大皿いっぱいの天ぷらが残らずきれいになくなりました。
朝食はラーメンに、刻んだピーマンと豚肉をトッピング。一人前、ピーマン2個。

そして今朝の台所。



えー……これでも一応、夕べの段階で冷蔵庫に入ってたやつは、使い切ったんだってばよ?

毎年、ゴーヤやきゅうりの始末に困るので、今年はグリーンカーテンの意義を半ば無視。つる植物じゃないピーマンとナスを選んだのに……それでも家族5人でさえ消費しきれない、グリーンカーテンあるある(苦笑)
というか、家庭菜園が趣味の人って、どうやってできた物を消費してるんでしょうww
たまにご近所さんから大根とかスイカとかいただきますけど、あんな大物こそ、二人暮らしの老夫婦とかでどうこうできる量じゃないと思う(^^;;
No.1453 (創作:: タティングレース)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18][19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58]

<< 2020年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 立体交差の魔方陣・その..
 丸いぐるぐる完成!
 進み順って大事
 作業用BGM
 魔方陣化進行中
 縁編み始めました
 ひとまずモチーフ繋ぎと..
 細かい差ではあるのです..
 イメージは白雪姫の鏡
 ジョイントで雰囲気が変..

 最新のコメント
 その後どうなっているの..
 by タカコ
 at 2020/11/28 08:36:09
 はじめまして、lapisと..
 by lapis
 at 2020/11/28 02:45:26
 エビチリさん、おはよう..
 by 神崎真
 at 2020/11/27 09:31:11
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/27 00:00:04
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2020/11/19 18:01:09
 お疲れさま、
 by タカコ
 at 2020/11/18 21:02:10
 こんばんは、エビチリさ..
 by 神崎真
 at 2020/11/16 20:04:17
 完成おめでとうございま..
 by エビチリ
 at 2020/11/16 08:52:35

 カテゴリー一覧
 更新(89)
  タティング フリーパターン(7)
  タティング 技法(4)
 創作(664)
  タティングレース(572)
  小説(26)
 読書(261)
 電脳(72)
 映像(43)
 日常(119)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41