よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 次について思案中
2019年12月12日(Thr) 
花菱模様のその2魔方陣、4×4サイズ。
全体の8分の5、三度目の中央まで到達しました♪



ふさふさピコに絡まりまくるのがちょっと手間ですが、結っていて実に楽しいです。
手元で好みの模様が増えていくのって、なんかテンション上がりますよねvv

既に次は8×8サイズを視野に入れつつ、糸をどれにしようかと考え中だったり(苦笑)

柔らかいPuPuだと、ロングチェインを整えるのが難しそう。さりとてシャトル1個+糸玉仕様なので、持ち歩くことを考えるとミルフローラ80g玉もちょっと厳しい。コーン巻きの Aroma Lace なら鞄にも入るけれど、あれは装飾ピコが割れやすいし……やはりここは、ちょっとキシキシするけど硬めかつ40g玉が1玉半ある、エルベレース糸ですかねえ。
ダルマ無印、ほぼ手つかずの100g玉は、中に紙芯が入ってなくてコンパクトなのはいいんですが、あれほんとに手に合わないから、途中で辛くなると厳しいしなあ……

……いっそコーン巻きの空き芯に、ミルフローラを巻き取って持ち出すのが一番かもww
とりあえずこれが完成したら、重さを測って4倍して、だいたい必要そうな長さを算出してみましょうか。

って、あれ?



試しにダイソー#40で作った2×2サイズを測ってみたら、既に7gあ、る??
(うちシャトル糸は両手×24.5≒32m弱でおおよそ3.65グラムになるから、シャトル糸と巻糸の配分はおおよそ1:1程度と予想)

え、8×8サイズだと4倍の4倍だから……全体が概算でも112gって、少なくとも国産#40だと、どれを選んでも買い足し必須ってことですか!?

ああいやでもそうか。ちょっと最近感覚が狂い気味になってたけど、アズレージョさんの8×8サイズも、ダイソー・ネイビーで85グラム。4玉ちょっと消費しましたもんね。今回はあれよりも密度高めですし。

うーあー……長めチェインが整えやすいロワールコットンの淡めカラーはもはや廃盤だし、ただでさえ持て余してるエルベさんとダルマ無印の買い足しも避けたい……これはミルフローラの白一択かなあ。この糸なら、地元手芸店ですぐに買えますし、コスト的にも一番現実的だし……

いやいっそ、2×2サイズを2×3(モチーフ数としては4×6=24枚分)に繋いだ長方形というのもありかなあ。それなら50gぐらいあれば足りるはずだし、ちょっと出現数が少なくて物足りない、密度高めの四角、



↑も、多めに出せますし。
ただそうすると、糸始末の回数は格段に増える……ううむ、悩むなあ……
No.1676 (創作:: タティングレース)


 集中力が落ちてるのか
2019年12月08日(Sun) 
花菱さん、金曜のうちに3個目のシャトルも使い切って4個目に入り、ひとまず半分まで到達していたのですよ。



ここで下に曲がりたいかも……という欲求を押さえつつ、まずは4×4サイズのサンプルを作るべく、上に曲がりまーす♪

……と、写真を撮影して、しばらく進んでから気が付いたんですよね。



 ま た か _| ̄|○



リングが1個足りない。しかもその1モチーフ換算なら、半枚分前なんだぜ……(遠い目)
いやうん、よくあることだよ。むしろここで逆に曲がって8×8サイズにシフトしていたら、下手するとぐるっと一周回って、最後の8分の1に入ってから気付くとかになりかねなかったと思えば、実に良かった訳ですが。
……でもここちょうど、朝一番で開始した位置じゃんかよ……<気がついたのがお昼休みの半ば
その日やった作業が全部無駄になった上に、ほどくの何時間かかるんだこれ……と思ったらもう ・゜・(ノД`)・゜・

そんな訳で、
どうせ必要糸長はもう測り終えてるんだしと、ちょい長めに糸を引き出してから、思い切ってシャトルを切り離しました。あとはツィザーで芯糸引き抜きながら戻っていったら、なんとか昼休み終了までにほどくだけはほどけました……

で、引き抜いた糸はとりあえずシャトル糸と仮結びで繋いで、先を進め。結び目が出てきたところで、シャトルを使い切った時と同じ要領で糸繋ぎ。
なんとか誤魔化し終えられました(ため息)



↑の中に、シャトルを3個目から4個目に繋ぎ変えたところと、糸を切ってやり直したところ、2箇所の糸始末箇所があります。
うん、判らない判らないww

……タティングレースって、ほんと失敗した時のリカバリーが手間ですよねえ……(しみじみ)


そして昨日気になっていた、パソコンのメモリ増設については、購入店へ電話して聞いてみました。
金額的には、4GBのメモリが3千円前後+工賃3千円で6千円ぐらい。
データやアプリなどは消えたりしない。
作業期間は、裏蓋が開けにくい機種なので2〜3日預かることになる。

とのことでした。
実は最後の項目が最大のネックだったりします(´・ω・`)<完全なジャンキー
あといま自分で運転できる車がないので、2度も誰かに足を頼まなきゃいけないというのも問題のひとつ。
でもタスクマネージャーでメモリの使用状況を見たら、ブラウザとテキストエディタといった、ほぼずっと起動しっぱなしのアプリを立ち上げた時点で、もう80%前後っていうか、時には90%近くになってるんですよねえ……CPUは逆に多くても20%とかで、一桁台をうろうろしてることも多い模様。うーん、どうしよう……昔勤めてた会社なら、詳しい人とか御用達のお店があって、それこそお昼休みにちょちょっとやってもらったり、昼に預けに行って、帰宅時に取りに行くとかできたのになあ……(´・ω・`)

あ、昨日セットアップした新しいWin10は、Microsoft アカウントを改めてローカルアカウントに変更したり、余っていたUSBハブを接続して、プリンタ2台を同時接続環境にしたり。あと復元ポイントの設定やエラーチェックとか最適化とか、またちまちまと手を加えた結果、もう古い方と入れ替えて使えるようになりました。古いWin7はひとまず箱の中に収納して部屋の隅へ。
一段落ついて、ようやく安心しましたです。


本日の作業BGMは、来週の月9シャーロックの予習として、以前グーテンベルク21さんで購入した、テキスト形式の「プライアリ学院」を読み上げアプリで。

■ホームズの生還
 https://bpub.jp/gutenberg21/item/500000505714

なんかしばらく見ないうちにグーテンベルク21さんも電子書籍化されて、あらゆる端末のあらゆるアプリで利用できる、テキスト形式での販売はなくなったのかと残念に思っていたら、一応まだ対応はされているみたいで、ちょっと安心しました。

■テキストファイルご購入方法−デジタル書店グーテンベルク21
 http://gutenberg21.co.jp/2018/03/20/text/

CDに焼いて郵送してくれるコースは、さすがに止めちゃったのかな?
なんだかんだでアナログ思考の人間としては、あれが一番安心できる購入方法だったんですけどねえ。
No.1670 (創作:: タティングレース)


 早く気付いて良かったのか
2019年12月04日(Wed) 
花菱模様の4×4サイズ。
シャトル2個目を使い切ったので、改めて進むことができた量を確認。



前回糸を繋いだ位置から比べると、やはり両手×14で8分の1.125強で確定っぽいですね。
トータルすると全体の8分の2.375強ですから、2で割るとシャトル1個につき8分の1.1875 ≒ 1.125よりちょい多めで、計算も合います。

よし、あとは残りが8分の1を切るまで、心置きなくMAX巻き(両手×14)を繋いでいけばOKだ ΣG(`・ω・´)

……そして昨夜気がついたのですが、数日前に目数入れした結び図の目数が、4枚ともことごとく間違っていることに、今さら気がついて _| ̄|○ <一枚目からコピペを繰り返して作業してるから、当たり前
よりによって一番数が多い、もしゃもしゃリングの部分だよ、何箇所あるんだこれ……しかも正しい目数入れようとすると、確実にスペースが足りねえ(遠い目)
やり直し、かあ……ははは……
No.1658 (創作:: タティングレース)


 花菱4×4サイズ・最初の糸継ぎ
2019年12月02日(Mon) 
花菱模様の魔方陣は、結局その2の4×4サイズを目指すことにしました。
で、ひとまず1個目のシャトルを使い切ったので、今後の糸計算用にメモメモ。



両手×14+糸玉で、全体の8分の1.125強というところでしょうか。
……この位置なら1.25弱のほうが近そうですが、ちょっと終盤でかなり多い量をほどく羽目になりまして。もう面倒だからいったんシャトルから全部糸を外して、ツィザーで芯糸引き抜きながら戻っていったのですよね。
これやるとけっこう糸が伸びるみたいで、以前PuPuでDoraさんの四角いぐるぐる( No.6 SQUARE PINWHEEL MOTIFS )を結っていた時には、たったリング2個分引き抜いただけで、最後に両手×1も糸が残ったぐらいでして<最初に巻いていた量は両手×6.5

なので、もし引き抜かなかった場合は、それぐらいだったかなあという概算です。
次のシャトルがなくなった位置で、もう一度確認してみよう……計算上は、8分の2.25あたりまで進む、はず?

……次もまた、途中で大量に引き抜く羽目にならないことを祈りつつ……(−人−)
No.1655 (創作:: タティングレース)


 糸コブと失敗部分の手直し
2019年11月27日(Wed) 
……花菱模様の4×4サイズを作ろうとシャトルに糸を巻いていたら、久々に出ました(笑)



結び目と言うより、コブ?
両手×6の位置とか、めっちゃ始末に困ります。
しょうがないのでいったんここで切って、半端糸の方は大きめの木製ピンチに巻いておいたんですよ。

■紐(ひも)・糸などの賢い収納方法 片づけ方アイデア - NAVER まとめ
 https://matome.naver.jp/odai/2141206456118692301/
2142785260547701203

……その後、昨夜の記事をUPした直後に、その2の2×2サイズの角部分で、リングの数を間違えていることに気が付きました _| ̄|○



まだ半分の位置で間違えてたのに、写真撮って編集して、記事書いてUPまでしてから気づくとかどんだけ……

で、もって。
完成サンプル用写真にするなら、正しいものを作り直すか、一部を切り取ってやり直すしかない。でも糸玉はもう次のシャトルと繋っちゃってるし、同じ色の玉を2つ同時に使いかけにするのは嫌だなあ。そしてイチから作り直すのもさすがにちょっと……と思っていたのですが。

ふと、巻いたばかりの半端糸の存在を思い出しまして。

怪我の功名? 渡りに船??

まあ、そんな訳で……



失敗部分にハサミを入れて、間違えていたリング3つをほどきました。
4本とも糸始末に使える長さが確保できる位置を考えて切り、ほどくのはけっこう手間取りましたが(−ー;)<リングのうちひとつなど、逆方向から1目ずつちまちま解く羽目に

で、木製ピンチに巻いた半端糸を使用して、該当箇所を改めて結い直し。



切った糸端のうち2本はなんとか内部に結びこみ、かろうじて1本分はマジックスレッド導入糸を仕込んで、と。
残る1本と、ピンチ及びシャトルへ繋がる2本の計3本は、針を使って裏側へ縫い込むことで、なんとか糸始末したら……



誤魔化せた……かな?
近くから見ると微妙に歪んでたり、あちこち太かったりしますが……まあ遠目から見る分には問題ないないww



さて、どの角が直した部分でしょう?

……まったく、こういうことがあるから、糸始末の方法は複数覚えておくにしくはないんですよねえ(しみじみ)
っていうか、これが角の部分でほんとに良かった……内部とか、外周でも辺の中央部分で、他とピコで繋がりまくってる場所だったら、さすがに手直し諦めてましたよ……ははは……

教訓:結んでいる最中は、しつこいぐらい何度でも手元を確認しましょう。


そうそう、今シーズン初暖房を昨日入れた結果、ほぼ沈殿物のみになっていたストームグラスは、寝ている間にまたちょびっと結晶ができていました。
これから暖房を入れるようになると、日々の変化がより楽しめそうですわ♪
No.1637 (創作:: タティングレース)


 くるみボタン磁石
2019年11月25日(Mon) 
先日、仕事場のホワイトボードに、瓶ジュース(もしかしたらビール瓶?)の蓋を使用した、お手製っぽいマグネットが貼ってありまして。
いったいどうやって作ったのかと、その部屋で勤務しているかたに訊いてみたところ、お店で買ったものだから判らないと言われて、残念に思ったのですが。
今日、ちょっと違うやつだけど家で余ってたから、良かったら……と、わざわざ持ってきていただけましたのですよ。



くるみボタンのパーツが使われているっぽいです。
はい、瓶の蓋の時も合わせて、私が何を考えていたのかはもうお判りですよね(笑)<ニードルマインダーを増やしたかった

裏返してみると、後ろのパーツははめ込まれておらず、磁石を直接ボンドで貼り付けてありました。



そっか、その手があったか……! と、思わず目から鱗。
以前、もう少しコスパを落とせないものかと、ダイソーの「超強力マグネット(25個入りの裸磁石)」を購入してみたら、くるみボタンの27ミリ径パーツだと厚みが足りなくて、裏の金具がはまらなかったんですよね。

でもこのやり方なら行ける!

100円で4個しか入っていない小型の超強力マグネットは、ボンドを使うともう剥がせない = 再利用ができないと言う点で躊躇いもありましたが、25個入りなら惜しくない! しかもくるみボタンパーツの足を外す手間もいらなければ、打ち具も不要なので補充用のたくさん入ってる奴が使える!! <27ミリのなら、磁石と合わせても220円で21個作れる計算

問題はボンドですか……布+金属はともかく金属+磁石部分は、手芸用ボンドじゃたぶん駄目ですよねえ……この磁石は白っぽくなってるあたり、瞬間接着剤使ってるのかなあ?

追記:
あれ、金属+磁石でも手芸用ボンドでいける……?

■くるみボタン*マグネットの作り方|ハンドメイド、手作り作品の作り方ならアトリエ
 https://atelier.woman.excite.co.jp/creation/44062.html

これは後ろの金具嵌めてからの接着になってますけど、強力磁石はけっこう厚みがあるし、足の金具外すのかなり面倒だから、布を折り込んでボンドで固定した上から貼り付けたら……うーん、強度が足りないかなあ?
No.1629 (創作)


 あちこち重なる
2019年11月24日(Sun) 
週末でまとまった時間があることですし、早めに花菱シリーズの結び図へ着手してみたのですよ<未だに自分用は手書きメモ1枚



うーん……そう言う仕様だから仕方がないとはいえ、どうしても密集部分でピコやリングの線が重なってしまいます(´・ω・`)

これだと見づらいかなあ。
線画として出力するとこんな感じ。



今回はシャトル1個+糸玉仕様なので、線色は一色のみ。
VSP(接続用極小ピコ)と、VSPで繋いだジョイント部分だけ色と線の太さを変えています。
……角の部分とかの、ちょうどピコを繋ぐ位置が変わってるあたりが、特にごちゃついて見にくい……ピコの角度とか配置もけっこう目分量なので、いまいち微妙ですねえ。難しいものです(´・ω・`)

なお立体交差の方は、おおむね編集まで終わっているので、次の金曜日にレシピを公開する予定です。
……えー……もしもどなたか先に下読みしてくださる方とかいらっしゃったら、メールフォームからお知らせいただけますと助かりますです。
自分で読んでいると、ほんとにピコ繋ぎとかジョイントとか、目が滑って判らなくなっていくんですよね……(遠い目)
No.1627 (創作:: タティングレース)


 もさもさに絡まるけど楽しいww
2019年11月23日(Sat) 
花菱模様のその2魔方陣は、ちょうど半分でこんな感じです♪



ここで上へ曲がればその2の2×2サイズに、下へ曲がればその1の4×4サイズか、その2の以下同文へ進めます。
これはサンプル用ワンセットのひとつなので、上へ曲がることに。
やっぱり純白のもしゃふわは、ザ・タティングレースっぽくて可愛いですわあvv

これからの季節的にも合ってる気がする……雪とか冬をイメージさせる命名でも良かったかな。
「ニワナズナ( Sweet alyssum )」とか「スズランエリカ( Erica formosa )」とか……冬じゃないけど細かな白い花なら、「小手鞠( Reeves spirea 」とか手堅く「茉莉花( Jasmine )」とかとか。

リングとチェインのどちらを表にするかは人それぞれのお好みでしょうが、もしゃふわ系なら、ピコたっぷりのリングをあえて裏側にするのも、ふさふさ感がアップして良いかもとか思ってます<↑の写真は、リングもチェインも裏向き

ふふふ、4×4サイズを作るのも楽しみだな〜〜♪
とりあえずその2の2×2サイズは、両手×14+糸玉で、全体の8分の4.5強まで進めました。



ってことは、ええと……両手×14÷4.5×残り3.5≒両手×10.9だから、あと両手×11ぐらいでいけますかね?
……しょっちゅう、どこか判らない場所で小学生レベルの計算ミスしちゃう ┐(´〜`;)┌
まあこのデザインなら、いざとなったらSLTで糸玉と入れ替えれば、なんとか誤魔化せるかな……?


そして数日前にダイソーで購入した、消臭ビーズ・無香タイプですが。
ふと思いついて、前々から少々気になっていた、両親の部屋にも次の日に置いてみたのですよ。
で、夕べ用事があって寝室に顔を出したところ……びっくりするぐらい臭いがなくなってました!
あまりに普通の空気になっていたので、最初はまったく気が付かず、部屋を出てから「あれ?」ってなって、思わず確認に戻っちゃいましたww
いやあ……たかが100円、されど100円。これは詰め替え用も購入決定ですわ!
詰め替え用は、ビニールパックに倍の量のビーズが入っているので、私の部屋のものとまとめて一度に交換できますし。
ええと、二ヶ月後ぐらいに、ビーズが縮んでないかチェックすればいいのかな……<スケジュールアプリに登録中
No.1621 (創作:: タティングレース)


 立体交差の魔方陣 4×4サイズ完成
2019年11月21日(Thr) 
モカケルトさんこと、「立体交差の魔方陣( Celtic Magic Square )」その1の4×4サイズ。
ようやく糸始末と仕上げまで終わって、完成です〜〜^^



ロワール・コットンの col.020 モカベージュを使用した、ケルティック風味のマジックスクエアなので、呼び名がモカケルトさんなのでした。



ああ、もうだいぶ注文できる色が減ってきてますね……これに代わるような糸が販売されるか、あるいはPuPuのカラーラインナップを、このシリーズと同じぐらいに増やしてもらえたらと切に願います。
……PuPuよりも固めのこの糸は、ロングチェインを整えやすかったので、完全に代替とは行かないのが複雑なところなのですが。

閑話休題。



今回はとにかく、重ねの(インターロッキング)リングを使ってみたいというところから始まり、オニオンリングもいいよねーとか、ついでだからモチーフ移動部分も交差させちゃえ! 的な感じでいろいろ詰め込んだ結果、かなり面倒な仕様になってしまいました(^^;;
反省点は多いですが、まあこれはこれということで(苦笑)



その1魔方陣を大きくしたので、斜めには四角い穴とロングチェインが交互に出ています。
せっかくだから、ロングチェインの交差を多めに出したくて。

4×4サイズで、おおよそ22cm四方。



……このサイズで、「今回は小さい」「B4カッターマットに乗り切ってる」と思う自分の、感覚の狂いっぷりが怖いわあ……
No.1617 (創作:: タティングレース)


 目数が決定しました
2019年11月18日(Mon) 
命名「花菱模様の魔方陣( Hanabishi Pattern Magic Square )」、やっと目数を決定です。
……いやあ……長かった……まあ、あくまで当社比程度ですけれど。



マジックスクエアこと、一筆書きできる四角いモチーフを作る手順に関しては、海外ブログ Tatting by the Bay の Robin さんが、詳しいチュートリアルを公開して下さっています。

■Tatting by the Bay: Designing Magic Squares
 https://tattingbythebay.blogspot.jp/
2017/07/designing-magic-squares.html

私もweb翻訳頼みなので、きちんと読み取れているかはあれですが(苦笑)

とりあえず私は、まずモチーフ繋ぎが可能な四角いモチーフ(一筆書きのもの)を作成。
次にそのモチーフを4枚繋いだ状態で、全体が一筆書きになる形状に、中央部分をデザインし直す。
デザインし直したものから四分の一の三角形を取り出し、その三角を突き合わせる形で新たな四角を作るが、その四隅はデザインし直した中央部分のデザインに置き換える。
と、だいたいそんな流れでやっています。

しかし真ん中部分をデザインをする時に、波打ったり引きつったりしないか、次の四分の一を取り出す段階で、四つ角に当たる部分がちゃんと安定するのかとか。あるいはそもそも最初の四角いモチーフからして、四分の一を取り出す際にきちんと分割できるものなのかとか。図に描いた状態では取り出せたけれど、いざ作成してみると、最後の最後でシャトルが通らなくてあれ? なんてことになったりとか……そもそもそのデザインは、本当に自分好みになっているのか、とかとか。
そんないろいろな試行錯誤の結果が、↑な訳です。

……いやまあ、それが楽しくてやってるんですけど(笑)

ともあれまあ、



四隅のピコを4つに戻した、決定目数版その1魔方陣(2×2)サイズも、単色サンプルまで完成しました。
これでデザインとしては一段落。



小さい方から、基礎モチーフその1(最初の四角)、基礎モチーフその2(最後に四分の一の三角を取り出し、突き合わせた四角)、魔方陣その1(基礎モチーフその1を4枚繋いだ形から、中央のみデザインを変えたもの)です。
これに基礎モチーフその2を4枚繋いだ形状で、中央部分を基礎モチーフその2と同じデザインに差し替えた、魔方陣その2(2×2サイズ)を加えれば、「花菱模様の魔方陣( Hanabishi Pattern Magic Square )」がワンセット取り揃います★

ですがまあ、そちらはもう目数とか考えずにのんびり結んでいけるものなので、ゆっくり楽しんで進めるとします。
……というか、現在そうしている、モカケルトさんこと「立体交差の魔方陣」4×4サイズを作り終える前に、次のものを用意しておかないとなあってことで、このところはこちらに集中していたんですが。

やっとこ一段落ついたことだし、そろそろ立体交差の方をメインに戻ろうと思います。
あっちはあっちで、基礎モチーフ自体を面倒な作りにしちゃったから、集中して作業しないとすーぐ間違えちゃうんですよねえ(^^;;


今朝はものすごく風が強いのに、気温自体はぬるいぐらいと、これから崩れますよと言わんばかりのお天気。
いつもは晴雨兼用の雨日傘を持って出ているのですが、今日は強風対応の24本骨雨傘にしました。
案の定、家を出てすぐに雨がぱらつき始め、傘を開いたら身体ごと持っていかれそうな状態。いつもの傘だったら確実に骨が逝ってましたね。良かった良かった。

……そんなお天気だったのに、



昨夜、埃を拭くために動かしたこともあり、すっかり落ち着いていたストームグラスさんは、さっぱり反応していませんww
やっぱり気温か? 気温だけが基準なのか??


そして夕方、自室内で飛び回るカメムシをなんとか電撃ラケットで撃退できたものの、つつき回しすぎたせいか、部屋全体の空気が生臭い気がしてなりません(−ー;)
退治した電撃ラケットとか、その近くにあるものとかに鼻を近づけても特に臭わないので、どこからしているのか判りませんが……さほど寒くないのを幸い、窓とドア全開にして扇風機を回してみても、なかなか収まらないです……気のせいなんだろうか……?

こういう時に、シュッとラベンダーオイルとか噴霧できれば良いんですけどね……そんなお洒落なものは持ち合わせがないのデス(^^;;ゞ


追記:
ネットで調べてみて、いま現在自宅にあるものという選択で、お茶っ葉をフライパンで炒ったものを小皿に入れて、箪笥の上に置いてみました。
窓と扉を締めた状態の自室へ、夕食前に置いてからもろもろ三時間ぐらい。
戻ってみたら、臭いが消えてます! 少なくとも気にならない!!
ああ、これで安心して眠れる……

そう言えば父が、毎日ドリップコーヒー飲んでたな……あれの出がらしも使える、かも?<コーヒーの匂いは嫌いじゃない
No.1612 (創作:: タティングレース)


[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49]

<< 2019年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 次について思案中
 集中力が落ちてるのか
 早く気付いて良かったの..
 花菱4×4サイズ・最初..
 糸コブと失敗部分の手直..
 くるみボタン磁石
 あちこち重なる
 もさもさに絡まるけど楽..
 立体交差の魔方陣 4×..
 目数が決定しました

 最新のコメント
 こんばんは、sakura さ..
 by 神崎真
 at 2019/12/15 22:36:01
 ふさふさピコが可愛い〜..
 by sakura
 at 2019/12/15 16:50:30
 ういーす。
 by 神崎真
 at 2019/12/09 20:30:46
 裏蓋の開け方やら分解の..
 by ちなつとも
 at 2019/12/09 13:11:42
 こんにちは、いつもの方..
 by 神崎真
 at 2019/12/08 15:00:24
 メモリ増設でデータが消..
 by お疲れ様でした
 at 2019/12/08 14:49:13
 誤字脱字変換ミスはお約..
 by 神崎真
 at 2019/12/06 23:27:13
 おはようございます、自..
 by タカコ
 at 2019/12/06 08:14:20

 カテゴリー一覧
 更新(61)
  タティング フリーパターン(6)
 創作(488)
  タティングレース(440)
  小説(18)
 読書(172)
 電脳(42)
 映像(30)
 日常(55)
 その他(3)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41