よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 更新情報(2018/05/25)
2018年05月25日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、「鵺の集う街でIII ―― Too much of a good thing. 」の連載を開始しました。
とりあえず扉ページとプロローグをUP。
シリーズ目次はこちら

前回二話目がかなりうっとおしい話運びだったので、今回はもうちょっと明るい話題で行く……予定だったんですが(ごにょごにょ)
とりあえず、前話で出番のなかったルディ少年回なので、そこまで鬱なことにはならない、かと。

そしてUPした分量が少ないため、今回も「※最新のみDL※」部分は、第一話をUPしてからまとめてテキスト化する方向で。
プロローグ+全4章+エピローグ+後日談となる予定です。
No.380 (更新)


 更新情報(2018/05/18)
2018年05月18日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」の「ハンドメイド系」に、タティングレースの技法「 Loop Tatted Ring(ループ・タッチド・リング)のやり方まとめ」をUPしました。略称はLTR。

以前、海外サイトのフリーパターン、「 Candlelight Snowflake 」を作成した際に散々頭を悩ませられた、『ビーズを通した先にリングを作り、また戻ってきている』という結い方です。



その後、海外動画を見つけてなんとかマスターできたものの、そのうちまた忘れてしまいそうなので、自分なりのメモを残しておくことにした次第です。

なお該当の動画とフリーパターンは↓こちら。
こちらの動画では2シャトルで作成されていますが、作業する糸に繋がっているのがシャトルと言うだけで、シャトル+糸玉の場合と何も変わりません。



■Tatting - The Loop-Tatted Ring - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yxxuna3FSLI

■Candlelight Snowflake - 1998-2009, Paradise Treasures
 http://www.paradisetreasures.com/candlelight.html

説明が外国語だったり、フィンガータティングっていうんですか? シャトルを使わず指で直接糸をつまんで結っていく動きのお陰で、いまいち何が起きているのか把握しにくいんですよね……(^ー^;;)ゞ


追記:
もうちょっと判りやすい動画を見つけました!
……やっぱり海外の外国語解説ですけど(苦笑)
こちらはシャトル+糸玉バージョンです。



■Tatting - The Loop-Tatted Ring - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=ui2W1pNlm3I
No.365 (更新)


 更新情報(2018/05/11)
2018年05月11日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「まだらの蛇」の八話目をUPしました。
原作はシャーロック・ホームズの『まだらの紐( The Adventure of the Speckled Band )』です。

……今日が金曜日なことを忘れていて、大急ぎで作業したので、どこかおかしなところがあるかもしれません。
そういう時はこそっとお知らせいただければ幸いです <( _ _ )>
No.353 (更新)


 更新情報(2018/04/27)
2018年04月27日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、拍手お礼SSを差し替えました。これまで載せていた5本は、「お題・質問他」と、それぞれのシリーズ目次の再録コーナーへ移動させています。
今回は、超久々な日月堂シリーズの、それもスピンオフ気味な伯爵とその恋人ネタです。

伯爵とその恋人や家族に関しては、他のお礼SSやこっそり隠してあるページで、ちょこちょこと触れていたりします。ここらあたりのドタバタも、書いてみたいんですけど、なかなか……
あ、日月堂シリーズの今後については……構想はあるんですよ。構想は(汗)
No.315 (更新)


 更新情報(2018/04/20)
2018年04月20日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「まだらの蛇」の七話目をUPしました。
原作はシャーロック・ホームズの『まだらの紐( The Adventure of the Speckled Band )』です。
No.300 (更新)


 更新情報(2018/04/06)
2018年04月06日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」に、タティングレースのフリーパターン「飾り格子の魔方陣( Iron Work Magic Square)」をUPしました。

例によってマジックスクエア( Magic Square )の技法を使用した、一筆書きでどんどん大きくしていける四角いデザインです。



↑基礎モチーフ1〜2と、魔方陣その1〜2(2×2サイズ)



魔方陣その2(4×4サイズ)を遠目から。

花鞠シリーズと花冠シリーズがほぼ同じような構成になってしまったので、今回はできるだけ雰囲気が変わるよう意識してみました。
個人的に、強度を保ったまま、斜めラインがきれいに出せたあたり気に入っています。

基礎モチーフその2とか、1枚でもコースターとして使うのに良さげな感じかと。

イメージとしては、ヨーロッパなどで門扉や窓格子とかに使われている、鉄棒を曲げて作られたロートアイアンってことで。



なお、今回はデザイン上、ちょっと制約があります。
魔方陣をどんどん大きくしていくことはできるのですが、途中でその2(斜めラインが出る方) → その1(十字ラインが出る方)への変更がほぼできませんで。逆は、多少の煩雑さを覚悟すれば、まだ不可能ではないのですが。
作り始めの部分とピコを繋いだあと、残った狭い空間でさらに結い進められる方なら、なんとかできるかもです。そのあたり、どうぞご留意下さいませ <( _ _ )>
No.273 (更新:: タティング フリーパターン)


 更新情報(2018/03/30)
2018年03月30日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」他で、「鵺の集う街で」の一括DL版を差し替えました。
第一話〜第二話「 The binding cover to crack-pot. 」までを、まとめて一度にダウンロードできます。
TXT版とHTML版のそれぞれをZIP形式で圧縮しておりますので、お好みの方をご利用下さい。
シリーズ目次はこちら


HTML版は設定資料の間取り画像が入っているので、ファイル容量が大きめです。ご注意下さい。
そしてTXT版の第二話ですが、冒頭の二箇所【crack-pot(cráck・pòt)】のアクセント記号(上の点々)を表示させるため、ファイル形式を UTF-8 にしています。その部分以外は Shift-JIS でも問題なく表示されるので、ユニコード形式非対応アプリでご覧の方にはお知らせまでに。

気になる方は、青空形式準拠で【crack-pot(cra'ck・po`t)】と書き換えれば、非対応アプリでもそれっぽく表示されるかと。

■青空文庫・外字注記辞書
 http://www.aozora.gr.jp/gaiji_chuki/

……いやもうそのあたり、別に気にする必要ないかとも思うんですけどね。
でも未だユニコード形式に対応していないアプリや電子小物は、これでけっこう多いのですよ。
というか、私がメイン使用しているテキストエディタが、ユニコード対応を謳っているのに、いざ該当ファイルを開いてみると、あっちこっちで文字化けや??表示があってですね(−ー;)
もう何年も使っているし、動作も軽快かつカスタマイズもしまくっちゃってるので、今さら他のエディタに乗り換えるのもアレだし……むしろ著作権切れテキストを入力する際に、うっかり非対応文字を打ち込まないようにすむチェック機能になると思えば!

というわけで、できるだけ機種依存文字は使うまいとしてきた私ですが、今回ばかりはどうにも出来なかったので、申し訳なく <( _ _ )>
ってか、私の戸籍名とか、やっぱり Shift-JIS では打ち込めない漢字が使われてるんですよね……何年か前までは、免許証のそこの文字だけ手書きされてましたよ、ふふふふふ……
No.259 (更新)


 更新情報(2018/03/23)
2018年03月23日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」に、「鵺の集う街でII ―― The binding cover to crack-pot.」第十一章「そして戻る日常は」と「エピローグ」をUPしました。DL版につきましては、また後日作成いたします。
シリーズ目次はこちら


これにて二話目の終了です。
一話目ほどではありませんが、今回もラノベ文庫1冊分ぐらいの長さになってしまいました。
何故かこのシリーズは、舞台がほとんど変わらないのに、分量はどんどん長くなっていってしまうんですよね……今回も、プロット書き始める段階では、前後編ぐらいで終わる軽い気持ちだったのに、気がつけばこんなことに(^ー^;;)ゞ
そしてまだこのシリーズは続きます。いちおう既に三話目には手を付けています。そしてそれでもまだま(ry
今回は辛めの展開が多かったので、次回はもうちょっとほのぼのさせてやりたいです。
……予定は未定。

そして以下はネタバレな自己満足的呟きにつき、記事を畳みます。
No.240 (更新)


 更新情報(2018/03/22)
2018年03月22日(Thr) 
更新というか、間違い修正のお知らせ。

「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で連載中の「鵺の集う街で」シリーズにおいて、脇キャラの名前を間違えていたため、ひっそり手直ししました。

上階の住人で羊種の人は、ディックさんです。
まだそんなにはっきり出てきている訳ではないので、誰それ? 的なキャラではありますけれど(苦笑)
一応、今後の再登場時の混乱を防ぐためにも、お知らせさせていただきますです <( _ _ )>
No.236 (更新)


 更新情報(2018/03/09)
2018年03月09日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「まだらの蛇」の六話目をUPしました。
原作はシャーロック・ホームズの『まだらの紐( The Adventure of the Speckled Band )』です。
No.211 (更新)


[1] [2] [3] [4][5]

<< 2019年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 更新情報(2018/05/25)
 更新情報(2018/05/18)
 更新情報(2018/05/11)
 更新情報(2018/04/27)
 更新情報(2018/04/20)
 更新情報(2018/04/06)
 更新情報(2018/03/30)
 更新情報(2018/03/23)
 更新情報(2018/03/22)
 更新情報(2018/03/09)

 最新のコメント
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/06/19 18:46:09
 おはようございます。体..
 by エビチリ
 at 2019/06/19 10:30:32
 こんばんは、タカコ様。
 by 神崎真
 at 2019/06/17 18:05:10
 おはようございます、
 by タカコ
 at 2019/06/17 07:45:04
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/15 07:35:52
 サイズ感覚おかしくなり..
 by sakura
 at 2019/06/14 23:11:43
 8×8って、やっぱり見ご..
 by タカコ
 at 2019/06/14 16:11:52
 タカコ様>
 by 神崎真
 at 2019/06/13 04:04:08

 カテゴリー一覧
 更新(48)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(393)
  タティングレース(358)
  小説(15)
 読書(139)
 電脳(31)
 映像(19)
 日常(32)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41