よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 反応がないので傾向がつかめない……
2018年11月10日(Sat) 
今日はシャトルを持たず、鵺〜シリーズを書き進め。
エピローグに入ったところで筆が止まってしまっていて、ほとんど推敲作業だけになっちゃったんですが。
しかしなんだ、このところなんか展開がシリアス続きになっちゃってますし、できればライトな短編を一話ぐらい挟みたいところなんですが……今の後日談の連載終了までに、せめて下書きはできそうなネタって、何かありませんかね……?

それぞれのキャラにもちょこちょこと過去設定とかあるんですが、それ書き始めるとどれも長くなりそうな上に、やっぱりシリアス展開必至で……というか、そもそも今回のルディ誕生日編自体が、息抜きのほのぼの回だったはずなのに、どうしてこうなった……?
No.833 (創作:: 小説)


 懐かしい一冊
2018年09月24日(Mon) 
Janさんの赤本ドイリーXIVも、少しずつですが三段目を進めています。



三段目は本来2シャトル仕様なようですが、 sakura さんちでシャトル持ち替えるのは花びら1枚につき1箇所だけだし、SLTで行けるんじゃ?(意訳)という記事を拝見して、参考にさせていただきました。
うん、この方が格段に楽だし、糸のロスも少なそうです♪

……それにしてもまあ、ぶらぶらするし飾りピコは多いし、リバースワークの回数はこれ以上は無理だろってほど多いしで、非常にあちこち引っかかりまくるデザインですわ。
でもこれがまた、かっわいいんですよねえvv<こらそこタコみたいとか言わないww

そして開始位置をこんな引っかかりやすそうな場所にしたのは、マジックスレッドで引き込むチェインを、長い部分にしたかったから、なんですが。
あれ、よく考えたらこのまま進めていくと、一番最後の花びらが、面倒なことにならない、か……?


ところで最近、ふと思い出したのが、幼い頃に図書館で読んだ、この一冊。

バーバベルのレースあみ (バーバパパ・ミニえほん 14)

アネット・チゾン タラス・テイラー
講談社
売り上げランキング: 1,633,532

表紙画像を見ればお判りの通り、ボビンレースが出てくる絵本なのですよ。
当時は確か、小学校低学年。ボビンレースなどというものは当然知りませんでしたが、レース編みって大変なんだなあと思ったことを、今でも覚えています。
読み返したいけど……でもさすがに絵本一冊にこのお値段は(^^;;
当時の図書館はもう閉鎖されていて、市内の他の図書館にも収蔵されてないし(´・ω・`)
どこか取り寄せ可能な図書館にないかなあ……


今日はオフ友に下読みしてもらっていた、別の小説の手直しをしておりました。
……おそらく読み専の方にはあまり意味も興味もないのだろう、地味ながらも大幅修正。
同じ場面で同じ会話をしていても、視点をどこに置くかってすごい難しいです……(´・ω・`)
そして書きかけの方は、進捗原稿用紙7枚と4行。進んだ枚数は少ないですが、なんとかエピローグに入ることができました。
……100枚には届きそうにないですが、それでも現状トータル77枚……これは80枚行くな(苦笑)
いやはや、今年のシルバーウィークは充実していましたよ、うん。
四角いぐるぐるぐらいは、仕上げるつもりだったんだけど……
No.711 (創作:: 小説)


 異国の文字
2018年09月22日(Sat) 
またもコメントで教えていただいたので、ポーランド語のアルファベットについて、検索してみたのですよ。
いつもいつも、知識を分けてくださる皆さまには、本当に感謝の次第です <( _ _ )>

■ポーランド語アルファベット - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/ポーランド語アルファベット

なんと!
斜線のついた「 Ł 」は「エウ」と発音する文字で、通常Lの次に入り、Q・V・Xは基本的に外来語にしか用いないのですって!?
うわあ、Janさんの結び図の書かれ順って(IとJが逆になってたのはともかく)、ちゃんとあれが仕様だったんですねえ。いやはや、世界は広いものです。
そしてたまに使われている、推定シャトルの持ち替えと思しき「x」は、もしかしてエックスじゃなくバツ印なのかも……?

いずれ作りたいなあと手元に用意しているフリーの結び図が、これまた推定ロシア語の説明入りしかも手描き画像ファイルで翻訳にもかけられない代物なのですが。フリーパターンを探していると、けっこうキリル文字(?)のものも見かけますし、そちらについてもそのうち調べてみようかなあ、とか。
今回のは幸い、目数とか結び順は、アラビア数字とローマ数字で書かれているので、なんとかなりそうなんですけど。

ちなみに、以前購入したハングル文字の書籍については、解説文やタイトルを一文字一文字手入力して、検索サイトにかけて作業してましたww
昔、知人(ワチキさん)に依頼されたデータ入力に、ハングル文字が混じっていたことがあってですね。その時に少しでも調べた経験と、ハングルを扱えるIME環境はあったんですよ……世の中、何が役に立つか判らないですよねえ(しみじみ)


で、もって。
今日もタティングは我慢の子。ときどきやってくるオンライン小説への誘惑も最低限に押さえて、書き進めた結果は原稿用紙29枚と8行! トータル枚数65枚を越えました★
わーい、お休みの日に書ける速さとしては、ほぼトップスピードです(嬉)
……まあ、かつてには1日で60枚、2日で90枚書けたという、阿呆な連休もありましたが。基本、筆が進むなって日でも15枚ぐらいがせいぜいなので、余は充分満足じゃww
内容的にもあと数行でエピローグ突入ってところなので、むしろ今日はこのあたりでいったん手を止めて、頭を冷やしたほうが良いかなってことで。
……かなりノリと勢いで書いているから、後から読み返しての手直しが、めっちゃ必要なんですよね、私の文章って(苦笑)
ともあれこの調子だと、残り10枚程度で終わりそうかなあ。で、トータル枚数75枚ぐらい?
ふふふふふ、どうにか月イチ更新を途切れさせずにすみそうな気配に、胸を撫で下ろしておりますですよ……


以下はメールフォームへのお返事に付き、記事をたたみます。
No.708 (創作:: 小説)


 洋書トラップ
2018年09月20日(Thr) 
Jan Stawasz さんの「 Tatted Treasures 」のP77、「 Doiry XIV 」ですが。
この作者さんの結び図は、目数の向きや書かれている場所がバラバラでちょっと見にくいため、いっそコピーした紙の別の場所に、自分が判りやすいようまとめて書き写すのが私のやり方なのですが。



よりによって書き込みやすいスペースが空いてる場所で、ピコが一個抜けていました。

あっぶねーーー(汗)

のっけから危うく、ピコの数足りない状態で作るところでしたよ<実際ここまで結い進めて、初めておかしいことに気がついた
ただでさえこのあたりはピコの数が頻繁に変わるややこしい場所なので、実に危険な罠でございました。
……いやうん、目数書いてないし、普通はこんなとこ見ねえよ! って部分なんでしょうが。

あと前回から不思議だったんですが、なんでこの方の結び図には、進み順に「L」が二つ(通常のと斜め線入りの)があるんでしょうね? ポーランド語ってそういうものなのかしら……って、あれよく見たらIとJが逆になってる上に、QやVも跳んでる……?
謎だ……謎仕様だ……

■Tatted Treasures (Jan Stawasz) - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/1376



そして当初の予定通り、今日はシャトルを手にせず小説を書き進め。
なかなか集中できなくてあまり進められませんでしたが、それでもどうにか本日の進捗、原稿用紙17枚と8行。トータルで35枚と4行まで進みました。プロットでは三割弱といったところ。
……このペースだと、トータル枚数が100枚超えかね……ないない(汗)
大丈夫大丈夫……書きたかったシーンはおおむね書けたし、あとはほとんど会話だけだし!

なんでプロットの冒頭、たった三文が、原稿用紙で五枚になるかなあ……(苦笑)
No.702 (創作:: 小説)


 3度目の正直にするべきか
2018年09月18日(Tue) 
Janさんの赤本こと「 Tatted Treasures 」から「 Doiry XIV 」、うっかり接続用ピコを一個作り忘れてしまい、最初からやり直したのが、どうにか二段目まで終了しました。



今回もぐるぐるターンな二段目。
Janさんのドイリーには、このぐるぐるターンもしくはスプリットリングでの縁取りが多いように思います。大きめの空間があるデザインにこういう段が入ると、ぴしっと引き締まる気がするんですよねえ。

……しかし今回は、またかなり波打っちゃいました(−ー;)
1段目の接続ピコを、いつものように極小で作成したのが仇になったようで……なんとか水で濡らして整えましたが、円形になってくれるはずのぐるぐるターンが、微妙に六角形に……

ううむ、どうしましょうか……次の段が一番手間取りそうかつ、非常に時間がかかりそうなんですよ。やり直すならここでしかないし、土台をしっかり作っておくことは大事ですよね……悩みます。

とりあえず、ここまでの消費糸長メモ(PuPu時)>
 一段目:メインシャトル 両手×4.5、サブシャトル 両手×2
 二段目:両手×5.5+糸玉


同時進行でちまちま進めている、Doraさんの四角いぐるぐるは残りあと1モチーフ。



やはりダスティグリーンの残量が、かなり危ういことに(^ー^;;)
幸いにも、以前お譲りいただいた使いさし玉があるので、この状態でも安心して進めていくことができます。
Tさま、その節は本当に本当にありがとうございました〜〜〜 <( _ _ )>


そして昨日に引き続きモノカキの神様の気配があったので、テキストエディタを立ち上げてみました。
昨日プロットを立ててみた、久々のオリジナル小説。
とりあえず細かい部分とかは置いておいて、まずは叩き台(下書き)を作らねばどうにもならぬと、本文に手を付けてみたは良いのですが……またもプロローグからいきなりプロット完全無視(苦笑)
ええ、いつもの(ry
それでもなんとか、原稿用紙17枚と8行まで進みました。
……13枚あるプロットの、これでやっと2枚弱分って……はい、やはりいつも(ry
まあ終盤はかなり台詞とか密に書き出してますし。目指せ短編改め前後編で!

狼はくるなーーーwww
No.700 (創作:: 小説)


 黒糸を使い始めたから
2018年01月07日(Sun) 
トータル原稿用紙69枚と17行。
インフル騒動でいったんはお帰りになりかけたモノ書きの神様をどうにかひっつかんで、最後まで下書きを上げることができました〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ

……昨日の記事にも書いてますが、本編が89枚で、後日談が70枚って、その配分はどうなんだと我ながら思うんですが……しかも本編はプロローグ・エピローグに四章構成なのに、後日談は前後編……ううむ(汗)
もうちょっと読み返して手を入れたら、また変わってくるかもしれませんが。それでもまあなんだ。とにかく一区切りはついた! これでまたレース編みとか他のことに気持ちを向けられますvv


と、思った、まだ連休中の本日。



てへ?
前々からほしいなあと思っていた、可動式のアームライト。ついに買ってきちゃったww
いやうん、あれだ。
インフル保菌者と同じ屋根の下にいるぐらいなら、ちょっとぐらいしんどくても外出て新鮮な空気吸ったほうが良いかなとか思いまして。で、出かけるなら手芸店か図書館かホームセンターか……とか考えていてですね。

そう言えば黒糸で結っていると、さすがに手元がよく見えなくて辛いんだよな……とか考えていたら、こうなりました(苦笑)
ちなみに次兄と母は、既に同じようなものを自室の机と、ベッド脇に備え付けています。兄はプラモデル作成作業用。母は読書用に。

聞いてみれば、近くのホームセンターで1500円ぐらいだったと言うので行ってみたら……ちょっと予想以上に高かったですけど、まあこういうものにはある程度ちゃんとお金かけたほうが良いってことで。

帰宅して速攻で設置作業ですよvv



お店の人に相談して、電球は全方位式とかいう、昼光色のLEDを選択。
写真ではあまり明るくなっているように見えないかもしれませんが、でもめちゃめちゃ手元が見やすくなったんですよ、これでも。なにせライトの明かりの範囲外、薄暗く見えますけどこれ、昼間にちゃんと部屋の蛍光灯つけた状態なんですよ? それがこれだけ変わるんだから、雲泥の差です。

で、黒糸で結った作品を比べてみると……

びふぉー




あふたー



あえてのトリミング以外は未加工画像です。
撮影時にフラッシュを使わない状態だと、これまでの作業環境ではカメラのピントすらなかなか合ってくれません(−ー;)
それがスタンドライトの下では、ばっちりくっきりですよ(嬉)

っしゃー、これで黒の細糸も怖くないぜ★


あ、そうだ。
今日下書きができた話をサイトにUPするのは、おそらく数ヶ月先……下手すると来年の話になります(^ー^;;)ゞ
私は月単位かけて推敲してすら、まだUP後にミスが見つかるタイプなので……UP直前になってワンシーンまるまる書き直したりとかもザラですし。
……っていうか、今回の話の元にした拍手お礼用に書いたSSも、そうやって寝かせているうちに本編との齟齬ができちゃって、公開できずにお蔵入りになってたやつで……そっちの元ファイルの日付が 2015/08/16 ってあたり、推敲に時間かけるのも程々にしろって話ですね……
No.51 (創作:: 小説)


 まだ無事です
2018年01月06日(Sat) 
いや今日は、一日部屋に籠もってキーボードを叩いておりまして。ブログのことすっかり忘れてました。
現在の進捗状況。原稿用紙60枚と2行。
……ちょっと待って。
これ後日談的番外編よね? まだ未UPの本編が、現状88枚と11行なんですが。本編と長さ変わらないっていうか、下手すると本編より長くならんかこれ(滝汗)
うっかり新キャラの設定と、あと作中に出てくるアクセサリー類の描写に熱中していたら、こんなことに。
視点移動とかしっちゃかめっちゃかなので、あとで大幅に手を入れるとしても……私の場合それをやると、たいてい枚数増えちゃうんだよな(遠い目)

ともあれ、脳内妄想を出力する作業は非常に楽しいので、充実した一日ではありましたとさ。
No.47 (創作:: 小説)


 いつものことながら
2018年01月04日(Thr) 
毎年似たようなことをやっている気がしますが……正月休みも最終日になって、いきなりモノ書きの神様が降りて参りました。
モノ書きの神様は、盆と正月にちょい遅刻してやって来るのがデフォルトなのか(苦笑)

そんな訳で本日は珍しくシャトルを持たず、ほぼ一日キーボードに向かっておりました。
……夕方は例によって、しばらく寝落ちしてましたけど。


元々は、ずいぶん以前に書いたは良いけれど、本編と齟齬が出てUPできずにいた拍手お礼SSを焼き直して、後日談的番外編に昇格させようという試み。
場面の半分ぐらいはもう書き上がっているから、最初と最後をちょっと付け加えて、あとは少し手直しすればOKよね……と気軽に手を付けたのですが。
現在、原稿用紙35枚と18行で、やっと半分行ったかどうかってどうなんだ……下手するとこれ、後日談どころか中編一本として成立するんじゃなかろうか(汗)
少なくとも現状、前後編になることは確定済です。さすがに三部構成にはならないと……思いたい。
しかも既に書いていた部分はほぼ使っちゃったから、残りは一から新しく書かないといけません。この週末の、成人の日入れた連休でなんとかなる、かなあ。
できればノッている間に、いい加減にでもいいから書き上げてしまいたいんですよ。推敲作業はあとからいくらでもできるので、まずは骨子を形にしてしまわないと。

そしてまた増える脇キャラの過去設定と、新たなるキャラクターがww
しかも新キャラが、ハンドメイドアクセサリー作ってる人ってあたり、今の生活が如実に反映されてるなあ(笑)
No.42 (創作:: 小説)


[1] [2]

<< 2019年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 反応がないので傾向がつ..
 懐かしい一冊
 異国の文字
 洋書トラップ
 3度目の正直にするべき..
 黒糸を使い始めたから
 まだ無事です
 いつものことながら

 最新のコメント
 ありがとー、なんとかや..
 by 神崎真
 at 2019/10/19 03:55:50
 うぇーい おめっとさー..
 by ちなつとも
 at 2019/10/18 15:16:36
 エビチリさん、こんばん..
 by 神崎真
 at 2019/10/16 21:45:20
 こんにちは〜。
 by エビチリ
 at 2019/10/16 12:37:27
 タカコ様、おはようござ..
 by 神崎真
 at 2019/10/14 07:49:04
 何度か挑戦(練習)して..
 by タカコ
 at 2019/10/13 19:35:32
 こんにちは、いつもの方..
 by 神崎真
 at 2019/10/13 16:28:37
 録画予約時(番組追跡が..
 by その時間すらないなら無理ですが
 at 2019/10/13 13:54:40

 カテゴリー一覧
 更新(57)
  タティング フリーパターン(5)
 創作(461)
  タティングレース(415)
  小説(18)
 読書(162)
 電脳(35)
 映像(24)
 日常(38)
 その他(2)

 最新のトラックバック

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41