よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 Doily VIII リベンジと三つ葉オニオン
2020年11月29日(Sun) 
Jan Stawasz さんの「 Doily VIII 」基礎モチーフ(大)。
前回気になったところを注意して、もう一度作ってみました。



今度はPuPuのアクアブルー(濃色)とグレイッシュブルー(淡色)の取り合わせでっす。
気になっていたのは、中心部分のピコが重なってしまっていたことと、濡らして整えるまで全体がかなり波打っていたこと。あと長めチェインから次の段のリングへ伸びる放射状のピコが、一部たわんでしまっていたという3点。



うん、まあまあ改善されたんじゃないですかね^^
基本的にはどれも、ピコサイズの調整で済む話。
そもそもが1段目のミニリング同士の接続ピコを小さくしすぎ。そしてチェインから伸びる放射ピコは、全てを長くしすぎでした。
あとはまあ……これは1枚目でも調整していましたが、最終段の 3J3J3 リングを 3J2J3 にしています。



両方並べてパチリとな。
うむ、パッと見に大差はないのでしょうが、ワタシ的には満足ですvv


そして今度はまた、別のものに着手したりとか(笑)
……しかしこれがまた、なかなかの難物でして。



いやうん、まだ目数も覚えないうちから、ながら作業をやっていたせいもあるのでしょうが。

↑まで到達した段階で、BGMにしていた30分アニメ(CM等はカット済)が何話進んだことやら ┐(´〜`;)┌ <外側の薄ピンク部分を作成するのに、目数ミスやらFR忘れやらピコの作り忘れやらで、4回ぐらいほどいてやり直した

CWJ(キャスリーン・ホイール・ジョイン)とか、完全にやり方忘れてるし(−ー;)

そして消費糸長も全然読めなかったので、また半端糸が大量に出る予感がww
こうして作業はエンドレスになっていくのですよねえ、ははは……
No.2294 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202011292294


No. PASS

<< 2020年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 Doily VIII リベンジと..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41