よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 白いマスクと中央のステッチ
2020年08月06日(Thr) 
ハンドメイドマスクもだいぶ世間に浸透してきた&自分が慣れたこともあり、百均に行くと可愛らしい端切れ・手拭いのチェックに余念のない私ですが。
それでもやっぱり、スタンダードな白マスクの方が良いだろう場面もあるし、世間を見渡せばやっぱり白マスク人口の方がはるかに多い訳で。

そして最寄りのテナント百均では、無地の白手拭いとマスク用丸ゴム(4m)が、特に個数制限などもなく普通に入手できるようになっていたりして。



そんな訳で、表地を白手拭い、裏地は解体したアベノマスクのガーゼという、真っ白マスクも作ってみました★
今回は頼まれものではなく、自分用です。



目指すは集団に埋没する、ぱっと見は既製品。
……まあ、耳は丸ゴムだと痛くなるので、片方はいつも通りストッキングを切ったものにしましたが<このために伝線したものも洗って保管している
百均で白いストッキングも売ってたら良いのに(ぼそ)

どちらも仕立てた後に一度洗濯したので既に少しくたびれていますが、手アイロンでパンパンやってから干すだけでこれだけ整うなら、まあ実用に足るでしょう。
ガーゼオンリーだとやっぱり、そのあたりの耐久性に不安が残るんですよね。生地が柔らかくてふにゃふにゃしているぶん、口元にも貼り付きそうですし。


そして最近は、内部で縫い代がヨレるのを防止するため入れているマスク中央部のステッチを、表裏まとめてやっちゃっています。
表地と裏地が密着して固定されるから、口元への貼り付き対策としても効果がありそうですし。

しかしこれが、なかなかうまく行かないと言うか、ぶっちゃけ表と裏でズレまくって ・゜・(ノД`)・゜・



縫う前に中央の縫い目を揃えてマチ針で固定してみても、やはり裏側では後から入れたステッチの方が、中央に寄ってしまってるんですよ(´・ω・`)

■布マスク 中心のステッチの入れ方 | アンティエ 好きな布で楽しくチクチクハンドメイド
 https://ameblo.jp/anica-lunlun/entry-12598145378.html

で、私なりに試行錯誤した結果、

1.マチ針を打つ際には、マスクを裏返し(完成時に外側となる方が凹むよう)に、お椀化させた状態で刺す。
2.ミシンを掛ける時は、そのまま凹の状態で、外側を上にして縫う。

これを心がけると、多少は改善されるかなあという結論に至りました。



いや普通に裁縫される方には当たり前のことかもしれませんが、私は基本平面のものをまっすぐ縫うことしかできないレベルなので……^^;;ゞ

なお今回使ったマチ針は5本です。さすがに参考にした記事ほどびっちり刺すと、別の意味で縫えなくなる自信が(汗)
まあこれぐらいなら当初目的の縫い代押さえにはなるでしょうし、自分用としては許容範囲ってことで。

ああそれにしても、35度超えの日々が続く中で、マスクして長時間過ごすのほんと辛い……そもそも不織布などの既製品マスクが物理的な意味で肌に合わないため、この歳までほぼマスク使わずに過ごしてきた人間なのですよ。真冬でもマスクの内側が、呼気と汗でビッシャビシャになっちゃうし……それもあっての、布マスク手作りな訳で。

本当に、早くマスクが要らない状況になってほしいと、心底から思う次第です ・゜・(ノД`)・゜・
No.2087 (創作)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202008062087


No. PASS

<< 2020年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 白いマスクと中央のステ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41