よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 父は派手好み
2020年05月01日(Fri) 
母の黒地に大ぶり模様が入ったマスクを見た父から、「ワシにも作ってよ〜」と言われたので、布地を選ばせた結果……父用マスクは↓こんなんなりましたww



いやあ、原色とか蛍光カラー大好きな人なので、だいたい予想はしていましたが……っていうか、最初はもっと厚手で目の詰まった、濃い紫と薄紫のツートンに、大振りな藤の花の織り模様と金糸の菊が入ったツヤピカの生地(おそらく上等な座布団とか用)を選んだので、さすがにそれは止めたんですが。

こちら(推定敷布団用生地)もけっこう息苦しいと思うんですけど、「これが良い!」「どうせ出かけてる短い時間しか使わんし」と言い張られまして^^;;



裏地は今回も黒のコットンニット。マスクゴム部分は、多色好き父ならこっちを喜ぶだろうと、以前に母からもらった薄紫のウーリースピンテープを使いました。
まあ、これはこれで良いんじゃないですかね。たとえ合わせる服が吟味したお洒落とかじゃなく、何年も着倒したTシャツと短パンにサンダルとかでも。


























……すみません。ちょっと文章が辛口になってるのは、他にやるべきこと、やりたいことの合間を(文字通り)縫って、どうにか仕上げて渡した時の反応が、「え、1枚しか作らなかったの?」「まとめて布切って一度に縫えば、ちゃーーってできるんでしょ?」だったので(−ー;)
モノ作りしない人って、ミシン1台あればダーーーの数秒で完成品が仕上がると思ってる人、けっこう多いですよね。ふざけんな。縫ってる時間より、道具準備したり布の水通ししたり切ったり印つけたりアイロンかけたりの手間が、いったいどれほどかかるものかと小一時間
あとこれの前に、私が使ってるのと同じグレイの布で作成したやつをすでに渡してるんで、それと2枚で洗い替えにと思ってたのに、「あれ小さいもん」って……数ミリぐらいで文句言うなや! 大人用型紙をさらに120%拡大コピーして作ったやつやぞ!?


しかもパソコンの使い方が判らんって、父しか使ってないアプリの超基本的なこと(名前を付けて保存のやり方)を聞きに来たりとかして、在宅勤務のノルマ達成時間を浪費させてくれやがった上でのその台詞か、ぁあ!? 的な気持ちがですね……ふふふふふ……

ああ、自宅にいる時間が増えたことで気持ちがささくれるのって、こういうのを……じゃないですね。父は前からずっとこういう人だ。
本当になんでそこで、「ありがとう。時間がある時でいいから、もう一枚作ってくれない?」って言えないんだ……やったことを褒めないで、やらなかったことを否定する言葉ばかりぶつけてくるから、うちの兄妹は全員ひねくれちまったんじゃねえか……・゜・(ノД`)・゜・
No.1949 (創作)

 
 この記事へのコメント
 
ちなつとも  2020/05/02/23:44:23
わかりみ。それな。
確かに、褒められたくてやってるわけじゃないよ。だが。
感謝の一言もないのはどうなのかね。
たったそれだけで、色々なことが円満になるというのに。
つらたんだねぇ。
 
No.1950
 
神崎真  2020/05/03/08:57:47
そう、それが言いたかった ・゜・(ノД`)・゜・

> それだけで、色々なことが円満になる

たとえ要求してる内容は同じでも、たとえば「実際に使ってみたら、ワシにはちょっと小さくてなあ」みたいな言い方なら、あそこまでイラッとはしないと思うんだよ。

っていうかさ、作る前の布選んでる段階で「どうせほとんど使わん」って言いながら、色のみ重視で材質とかガン無視なの選ばれたら、その段階で「使わないなら作らせるな」って思うよな? 作る気力思い切り奪われるよな!?
それで当然のように「洗い替えがいるんでしょ? なんで2枚作ってくれないの〜??」かーらーのーー、これ渡してからすでに三回ぐらい買い物に出かけてるのに、一度も使われてない現状だぜ…… <車の中に何日も置きっぱなしの、《使用済み》使い捨てマスクを店入る時だけ着けてる

これ、たとえ自分の作るついでがあっても、父の三枚目は作らなくて許される流れだよなぁぁああ(しくしくしく)
 
No.1951

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202005011949


No. PASS

<< 2020年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 父は派手好み

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41