よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 アイロンで誤魔化してはみたけれど
2020年02月29日(Sat) 
蜂蜜ドイリー、一度ほどいてやり直した11段目終了。



内向き双葉のリングが重なるの嫌さにvspを足したら、前段のチェインとの接続部分がうまく収まりませんでした(−ー;)

濡らしたあて布とアイロンでなんとか押さえたものの、何箇所か歪みができちゃって。
これいっそ10段目から、目数調整してやり直したほうが良いかなとも思ったり。

でもまあ……



遠目から見たらさほど判らないし、ここからさらに続きを編み足していったら、多少は引っ張られてマシになったり、そうならなくても埋没してくれるかなあ……という希望のもとに、このまま先を進めていくことにしました。
次の段編みながら、ときどき指でグニグニしてみよう……

消費糸長メモ>
 11段目
  メインシャトル 両手×14.5
  サブシャトル 両手×20.25

ミルフローラ40だと、かなりぎりぎりですが、まだメイン・サブとも大サイズシャトル1個でいけました。
そしていよいよA3クリアフォルダに挟んでおけなくなったので、辞書アイロンはあきらめ。シャトル2個仕様なのを良いことに、シャトルごと畳んでダイソーの毛糸ホルダーに入れて保管してます。これだと短く切ったレース針やツィザーもいっしょに入れて、カバンで持ち歩けるんですよねww<つまり出先でも結える
なのでつい毛糸ホルダーを買い足してしまいました^^
これもいつまであるか判らないしなあ……


そして円形多段ドイリーの楽しさに目覚めてきたところで、他所様で紹介されていた記事を拝見していたら、なんだか心惹かれるドイリーが。
しかし配布先がリンク切れで _| ̄|○

■Unfinished Frivolous Objects: Doilies
 http://tattingingprogress.blogspot.com/p/doilies.html

↑こちらで紹介されている、「 The "Mystery Doily" on Georgia Seitz's website 」。
これダイソーパステルで結ったら、すごく可愛くなりそう……と思ったんですよぅ。

……しかしよく見たらこれ、もしかしたら以前から某ブログさんですごく楽しそうに結ってらっしゃるあれじゃね……? と。
で、諦めきれずにいろいろやってみたところ、なんとか見つけることができました。

なんか別に配布元が閉鎖したとかじゃなく、サイトを整理でもした時に、うっかりファイル名かフォルダ階層を変更しちゃったっぽい感じです<目次にはちゃんとあるけれど、肝心のリンクが切れている。

■The Online Tatting Class 2000 Index
 http://www.georgiaseitz.com/classes2/

そんな訳で、なんとか見付けられたアーカイブのリンクをメモメモ。

■Vickie Reynolds Solves the Mystery Doily!
 http://web.archive.org/web/20180521144420/
http://www.georgiaseitz.com/mystery/reynolds2.html

どうもこちらの目数通りにやるとお椀化傾向が見られるとのことで、目数調整バージョンの記事は↓こちら。

■Mystery Doily Restored - Patty Dowden - Tatting
 http://www.bellaonline.com/articles/art748.asp

しかし私が最初に心惹かれた写真の方は、どうもリングを 2P2P2P2 から 3P3P3P3 に、リング間の2目チェインを3目に、4P4のチェインは 5P5 に調整されているようですね。……これ 4P4P4 チェインはそのままでいいのかな……?
正直解読にも難儀している現状ですが、ひとまず入手できる内に保存だけはしておく! べし!! ってことで。
No.1852 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
萵苣  2020/03/01/01:29:08
こんばんはー!
うふふ、Mystery Doilyと聞いて、呼ばれなくても飛び出てみました゚+.(・ω・)゚+.゚
私はオリジナルの目数だとお椀化しちゃったので、奇数段をPattyさんのチェイン部分だけ4-2-4-2-4を参考にしてる感じですねぇ。
それだと奇数段はヒラヒラしちゃうんですが、アイロンで伸ばして偶数段で落ち着く感じです。お椀になるよりは!
Pattyさんのアレンジ版だと4と5段目のリングの数が変則的なので、覚えるのがめんd…ゲホゴホ。
その方が意外と綺麗に収まるかもしれないので、1回くらいはアレンジ版そのままで結んでみるべきか悩み中です(笑。
ちなみにミスって解くのはなかなかに地獄です。ふふ…。
ついでに結構糸消費激しいです。アロマレースでも6段で27gかかりますので。
 
No.1853
 
神崎真  2020/03/01/12:33:58
あはは、萵苣さんめっちゃ楽しそうに作ってらっしゃるから、私が見つけた写真は別アレンジ版しかも段染めなのに、「あれこれってもしかして……」ってなっちゃいましたよww
残り糸でちょっと試し結いしてみてるんですけど、やはりなかなか収まりが難しいですね。あ、レシピ記事の写真めっちゃ見づらいので、萵苣さんちの写真、参考にさせていただいてます(笑)

> Pattyさんのアレンジ版だと4と5段目のリングの数が変則的

え、そうなんですか?<まだそこまで解読できていない
一見すると規則的なようでいて、実はよく見るとところどころイレギュラーが……というのはトラップですよね、判ります。
リングとシャトル繋ぎまみれだから、ほどくのも大変そうですねえ、ふふふ……(遠い目)
 
No.1854
 
sakura  2020/03/04/00:05:59
萵苣さんのMystery Doilyは存じております!
気付けなかった〜(゚д゚)!
Mystery Doilyのレシピを検索していたはずが、他に気になるレシピを見つけちゃったりして。
花鞠の魔方陣をもっとヒラヒラさせたモチーフを発見したり、楽しかったです。
ほんといくら手があっても足りないって思いましたよ。
肝心のMystery Doilyのレシピは解読不能で…。

蜂蜜ドイリーの10段目ですが、遠目から見たらさほど判らないっていうか
遠目でみたら全くわからないですよ!!
言われてみて近くで凝視すればわかるのか?ってレベルだと思うのですが。
 
No.1858
 
神崎真  2020/03/04/07:01:19
おはようございます、sakura さん。
糸の種類と、あとちょっと目数がアレンジされただけで、印象がぜんぜん変わりますよね!< Mystery Doily
レシピ解読は……解読は……(遠い目)
やっぱり写真や線画になっているものに、直接目数書き込んであるほうが、我々日本人には馴染みやすいよなあって思います。一段目見ただけでも、なんかチェインのラインが変則的ですし。

> 遠目でみたら全くわからないですよ!!

そのお言葉、まんま sakura さんにお返しですよーーww
結ってる最中って、まさに手に持って近くで凝視しながら作業してるから、余計に気になるんでしょうけど。続きの段を足していったら、埋没することを願ってます、ハイ。
 
No.1859

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202002291852


No. PASS

<< 2020年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 アイロンで誤魔化しては..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41