よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ピンキーリング・マクラメバージョン
2019年09月13日(Fri) 
先日作成した、テラヘルツ鉱石のピンキーリング。
これといった効果はあるようなないような……な、微妙なところ(苦笑)
寝起きに小指がカクカクするのが軽減されているのか、どうなのか。

それよりも困ったのが、テグスがいつ切れるかほどけるかと、冷や冷やして動きに支障が出る点でして。
たとえばポケットへ手を突っ込もうとして、縁に引っかかってびよんと伸びる。
あるいは手を洗ってタオルで拭いている際、うっかり引っ張ってしまい(以下略

ビーズの穴が小さくて、テグスを1本しか通せなかった結果、切れたら3ミリ玉が散乱一直線。しかも黒っぽいから絶対見つけにくい。怖すぎる。
しかも気持ちぶかぶかになってきてる ≒ おそらくテグス自体が伸びている。

そんなこんなでいちいち気になってしまうため、今度は多少なりと頑丈になるだろう、マクラメ仕様を作ってみました。



これで6ミリ玉は最後。3ミリ玉も残りあと1粒です。
……元がネックレスという割に意外とビーズの数が少なかったのは、シードビーズでかさ増しされていた他に、おそらく切れた段階である程度、紛失してたってのがあると思います(苦笑)<回収しやすかったのだろうマグネット玉の数と、テラヘルツビーズの数が見るからに合わなかった



拡大。
前と同じように6ミリ玉をメインに据えて、両脇に3粒ずつ3ミリを配置。ロウ引き糸による平編みオンリーの、実にシンプルな作りです。
いやあ、ちょうどいい色合いかつ、この小さな穴に通るロウ引き糸が手持ちにあって良かった!

……実は以前一時、マクラメに手を出していまして。そろそろ本格的に始めてみようかなあと、自分への誕生プレゼントに、それまで使っていたより細くかつ巻きの多いロウ引き糸を複数色まとめ購入していたんですよね。
よもやまさかのそれから一週間と経たないうちに、タティングレースと運命の出会い(笑)を果たそうとは、夢にも思いませなんだww

おかげでこの糸、封を開けたのは一色のみ。それも1mも使ったかどうか……といった状態で数年放置していました。それが今になって役に立つとは。

ああ、これだから罪庫を処分できないんですよねえ(しみじみ)

リングの作成方法は、↓こちらを参考にさせていただきました。

■【簡単】天然石編みリングの作り方 | Qn*t松江 手作り天然石工房
 https://qnt2012.biz/archives/854

シンプルイズベストな、まさに理想的デザイン。
というか平編みまでは自分でも普通に思いついていたんですけど、通常なら6本、頑張っても4本になる最後の糸端を、どうやったら綺麗に処理できるかが判らなかったこともあっての、前回テグスでの作成だったんですよ。
それがまあ、なんということでしょう!
この手順で進めれば、最後の糸始末が2本ですみかつ見た目もそこそこ自然とは、さすがプロさんの考えたやり方です(嘆息)



ライターで焼き留めた部分がちょっとポコッとしてますけど、上記サイトの作成見本も、まあこんな感じですし。許容範囲内でしょうvv

消費糸長は、中指用とかでも両手×0.75≒1mもあれば余裕だったんじゃないかと<両手×1で40cm×2本余った

今の所の着け心地は、テグスに通しただけよりもだいぶ良いです。
まあこれも数日経ってみないと、耐久性とか伸びなんかがどうなるか判りませんが。

見た目は糸の色も相まって、おそらく端から見るぶんにはほとんど変わっていないのではないかと。
あとはビーズの数が半減した、すなわちテラヘルツ成分が減ったことが、気になりどころ……いやだから、効くかどうかはそんなに気にしちゃ駄目なんだと判っちゃいるんですがね(苦笑)

……やっぱり粒とか連とか、いくらか買い足そうかな(ぼそ)




そして、
どうにも華麗な〜のモチーフは私の手に負えなさそうなので、だいぶ前にだいたいの試作だけして放置していた、スクエアモチーフのメモを出してきてみています。



今度こそ完成させられると良いなあ……
No.1454 (創作)

 
 この記事へのコメント
 
タカコ  2019/09/14/20:12:20 [HOME]
あらま、残念です。
私は元の蔓草の方が半分終了です。
そして花麹、ダブルピコが好きだけど敬遠していたのですが、トライしようと、、、

オニオンは好きで、使ったデザインを探しては作っていました。楽しみです。(*´艸`*)
 
No.1455
 
神崎真  2019/09/14/21:03:22
こんばんは、タカコ様。
蔓草さんのその1魔方陣は大きいのを作っていないので、こんなんなるんだ〜と感嘆しきりです ← レシピ主

オニオンリングお好きなら、魔方陣ことマジックスクエアの本家本元 Tatting by the Bay さんのフリーパターンは試されましたか?
私はあの Onion Ring Magic Square で、一筆書きの面白さに目覚めました。
もしまだご存じないなら、ぜひぜひオススメですよ!

■Tatting by the Bay: Free Patterns
 http://tattingbythebay.blogspot.com/
p/free-patterns.html
 
No.1456

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201909131454


No. PASS

<< 2019年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ピンキーリング・マクラ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41