よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 最強タンクの迷宮攻略
2019年06月28日(Fri) 
読書記録:
■最強タンクの迷宮攻略 〜聖誕祭16
 https://ncode.syosetu.com/n4933ew/

旧タイトル「体力9999のSSRスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される」で、まあそのままな感じ(笑)
仲間と認識した存在のダメージを代わりに引き受けつつ身体強化もするという超超レアスキルを無自覚に発動していた結果、戦闘中に一人だけやたらとダメージを食らっていて、お前は無駄にポーションを消費しまくると、勇者パーティーから追放されたタンク(防御役)。
勇者は勇者で、自分の使っていた超レア攻撃スキルが、自分のダメージと引き換えに攻撃力を上げるものだったと気付いておらず、受けた攻撃によるものも含めてダメージ全部主役になすりつけて、強化もされていたのにあぐらをかいて鍛錬も怠っていた結果、主役を追放した途端に使えない駄目駄目野郎に。
依頼達成よりも、妹の病気を治す手段を求めて迷宮探索を優先していたおかげで、元勇者パーティー所属なのに未だFランクの状態で故郷へ戻り、改めて冒険者活動を始めた主役は、帰路の途中で拾った違法ホムンクルス(美少女)の鑑定能力により、自分のスキル内容を自覚。受けたダメージ分を攻撃力に変換して上乗せできることも判り、さらに故郷では元々の人柄からかなり人望があったところへもってきて、新たな魔物や迷宮の出現に対処していく内に、どんどん出世していって……という感じ。

連載中、書籍化済。コミカライズも始まってるのかな? ダイジェスト化なし。
元々無自覚にパーティー全員分のダメージを常時引き受けていたため、超打たれ強い主役はどっちかというとおっとりというか。絡まれても理不尽言われてもあんまり怒ったりせず、まずは話し合いで解決しようとする、ほうようりょくはばつぐんだ。
で、故郷の幼馴染や追いかけてきた聖女や、助けたいろんな相手から秋波受けまくってるんですが、一応ある程度は自覚しつつ、いまはそんなこと考える余裕ないとひたすら拒絶してます。でも外堀を埋められ気味。あと超シスコンww
新しい仲間には同年代の男性キャラもいますし、指導している後輩達にも男の子が複数いるので、まあ……うーん(苦笑) やっぱり女性キャラちょっと多いか。
マリウス(男)とは気兼ねなくふざけあえる悪友と言うか、親友というか共犯者というか。信頼して背中預けあえる感じがすごく良いんですけどね。ふふふふふ。
ただ主役の包容力がでっかすぎて、仲間の配分に人外が多すぎってのも、いろいろ発覚したときがヤバそうだなあと<ドラゴンはともかく、ダンジョンマスターとか魔王がなあ
最新話付近で、元勇者が再登場。ザマア挙げ句のフェードアウトじゃなかったのはちょっと好感持てましたけど、ここでどんでん返しとか来る可能性は……どうでしょう?
No.1315 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201906281315


No. PASS

<< 2019年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 最強タンクの迷宮攻略

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41