よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 念願のオニオンリングなモチーフ
2019年05月12日(Sun) 
昨日、新しい切り口を思いついてしまった&そろそろ他のものも作ってみたい&ダイソーの新色でも遊び足りない、がシャッフルされた結果、藤戸禎子さんの「タッチングレース 華麗なクラシックレース」掲載、「12 ショール」用のモチーフを、ひとまず一枚だけ作ってみました(苦笑)



オニオンリングの根本でやる、下からレース針入れてのシャトル繋ぎが意外と面倒だった(汗)
あとこのサイズで二箇所(4〜8本)も糸始末するのが、つい「多くね?」とか思ってしまう、すっかり基準がぶっ壊れ気味な私ww



オニオンさんの根本部分は、昨日半端糸で取り急ぎ試してみた時よりも、さらにいい感じに収まってくれてるのではと思います。
ああ、これでもそれなりには上達してきてたんだなあ、私(じーん)

一段目の三つ葉の根本チェインは、ちょっと目数減らすか、ジョイント位置を変更した方が良いか迷い中……指でグニグニ整えればなんとか収まるんですが、モチーフ1枚ごとにその手間を掛けるのもどうかなあと。
あと二段目のロングチェインも、もう少し伸ばすか接続ピコを長くしないと、繋いだ時に波打ちそう。

うーん、強度を保ちたい&モチーフの境目を判りにくくしたいことから、外周の接続ピコはできるだけ小さく作りたいんですけど……今でさえ26目あるチェインを、これ以上伸ばすのもなあ(悩)

今回の使用糸は、前述通りダイソーの2019年新色、#40ダークレッド。
サイズは一辺7cm強。



……前に(確か)オリムパスのプラチナレース糸で作成したもの(右側)と比べて、ずいぶん小さくなっているのは、きっと糸の太さではなく締め具合が原因。
私は左手の糸は緩めに ―― エビチリさんの言葉をお借りするなら「目は締めずに置くだけ」という感じで結んでいますが、シャトル糸の方は限界までギュウギュウに締め上げるタイプでして。
でも前回このモチーフに挑戦した頃は、さすがにこれじゃいかんだろうと、緩め緩めを心がけていた時期でしたから、余計に差が際立っているんでしょう<結局矯正はあきらめた

っていうか、それでも三つ葉の根本チェインが余るって……? 三つ葉とオニオンの接続ピコを、もう少し大きめに取るべきなのかしら……?

消費糸長メモ(ダイソー#40時)>
1段目:
 メインシャトル 両手×2.25 ※オニオンリング作成時に持つ方
 サブシャトル 両手×4 ※三つ葉作成時に持つ方

2段目:
 メインシャトル 両手×0.75
 サブシャトル 両手×3.75

2段目の方は、サブシャトル側が途中で足りなくなってSLT(糸の交差)で調整したので、微妙に概算です。
あ、それと実際に結んでみて初めて気が付きましたが、このモチーフ、複数繋ぐ場合の外周部分 = 縁編みに接する部分は、四隅に位置する大リング作っちゃ駄目なんですね!?
危うく大リング全部つけた状態で繋ぐところでしたよ……レシピの熟読って大事(汗)
そんな訳で4枚繋ぎにする場合、どのモチーフも中央に向かう1箇所のみ大リングを作成する形になりますから、サブシャトル側はまただいぶ必要長が変わってくると思います。
半分……までは行かなくとも、両手×2.25ぐらいで行けないかなあ?

そしてこれ、一段目だけをちょっと目数調整&アレンジすれば、マジックスクエア加工もできるんじゃ……とか考え始めてしまったりww

そうそう、ダイソー#40・ダークレッドは、個人的にかなり使い心地良かったです。
ちょっと試し結いしてみた時も思いましたけど、ネイビーと同じぐらい結びやすいし、ダブルステッチも揃って見えます。これは当たりですな★
そのうちまた、何玉か買い足しておきましょう。
……前触れのない廃盤怖い (((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル


タッチングレース (華麗なクラシックレース)
藤戸 禎子
日本ヴォーグ社
売り上げランキング: 519,441

この本が、私が最初に図書館で借りた、フリーパターンではない商業書籍の一冊だったんです(懐)<もう一冊は藤重すみさんの「やさしくタティングレース」だった
今にして思えば、初心者がハードルの高い書籍を選んだものよ……でも当時から、クラシカルな大物に憧れがあったんですよねえ(しみじみ)
No.1231 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
エビチリ  2019/05/13/11:20:25
ダイソーのダークレッドいいですよね〜。ネイビーもですけど、撚りがしっかりで染料でコーシングされてるせいか滑りも良くて。私マジックスレッドでレース糸2本入れる時の導入糸にもよく使います。
ほんとダイソーさんは40番のバリエーションさえあれば…。

四角モチーフ、右側のとシルエットが段違いですね!きれいです〜。四枚繋ぎも楽しみです♪
 
No.1232
 
神崎真  2019/05/13/21:25:36
エビチリさん、こんばんわ!
ダークレッド、ほんと百均糸とは思えないぐらい扱いやすいです。キシキシ感がないのは、やっぱりネイビーと同じで、しっかり染色されているためでしょうか。色も渋めで、普段あまり暖色系を使用しない私でも、これは良いかも……と思っちゃいます。
っていうか、導入糸にレース糸を使用する発想はなかった……なるほど、それなら確かに糸端を2本引き込むこともできそうですね。

> ダイソーさんは40番のバリエーションさえあれば…

ほんとそれ、です。
なんだかんだでネイビーとか軽く10玉以上購入してますし、いい色があったらそれこそパック買いしかねませんよ私はww
ベージュと黒と、あと緑系とか段染めとか、とにかく#20と同じラインナップ祈願ーーーー《o(><)o》

四角モチーフは、もうちょっと微調整と、あと作りかけをひとつでも減らしてからチャレンジしたい所存です。
複数繋ぐと、密度の高い低いが如実に現れる、素敵デザインになるはずなのですよ〜〜vv
 
No.1233

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201905121231


No. PASS

<< 2019年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 念願のオニオンリングな..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41