よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 悪夢の棲む家 ゴーストハント(マンガ版)3巻
2019年03月16日(Sat) 
読書記録:


積みっぱなしにもほどがありましたが。
ゴーストハントシリーズ、コミカライズの最終巻、ついに読了いたしました。
いやあ……なんというか、感無量ですね。
原作旧版(ティーンズハート、ホワイトハート文庫)をリアルタイムで読んでいた身としては、ラジオドラマ化もマンガ化もアニメ化もリライト版の発行も驚きの連続だったものです。
アニメの方はマンガが追いつかずに途中で終わってしまいましたけど……せっかくマンガ版もめでたく終了したのだから、悪霊シリーズのラストとこの悪夢〜の二つを第二部としてアニメ化してくれまいか!? と思うぐらいには満足な仕上がりでした! それで全12話ぐらいいけるっしょ??

はあ……なんというかですね、もう不満に思う点が一個もなかったです(笑)
欲しかったシーン、押さえておいて欲しかったセリフほぼ全て入っていて、おそらく削られていただろう部分は、ほぼ印象薄くて削っても大丈夫な場所ばかりだったというか。
鏡越しに再会を告げる双子……表紙では一目でどちらがどちらか判るのに、そのシーンではそっくりで。ああこの二人って本当に双子だったんだなあって……
あと最後の女の子が帰ってくるシーンとか、もうほんと泣きそう( T ^ T )

正直を言うと、私は小野先生御本人が加筆修正されたリライト版より、このマンガ版の雰囲気のが好きなんですよね。
特にリライト版では、旧悪霊シリーズ最終巻でのぼーさん謎解き場面が削られちゃったりとかしたのが残念で……その点このコミカライズシリーズでの、ぼーさんの格好いいことといったら……っ
前にも書きましたが、誰かが悲鳴あげたり不審な物音が聞こえるたびにすっ飛んでくるし、それを負担に思わせない軽快な言動。ナルと対等に討論できるあたり頭もいいうえ、コミュニケーション能力も抜群。そしてここぞというところで皆を守り切る。
最後の「よし、終わった。帰ろーぜ」の頼もしいこと!
昔はリンさんの寡黙なミステリアスぶりが一番好きだったんですけど、年取ってみるとぼーさんの甲斐性と世渡りの上手さに痺れますわ〜〜
No.1095 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201903161095


No. PASS

<< 2019年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 悪夢の棲む家 ゴースト..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41