よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ソファカバー作成中
2019年02月13日(Wed) 
仕事場で、背凭れがないタイプの四つ足ソファが表面ぼろぼろになってきたので、カバーを作って欲しいと依頼されまして。

え……私そんな大物、作ったことないんですけど(汗)
っていうか、これ使ってって用意された柄布が、どう見ても大きさ足りないんですが(滝汗)

で、まあなんだかんだで紆余曲折した結果、なんとかここまでは形に(ため息)



座面のサイズはおおよそ97cm×50cm。あと厚さが17cmぐらい。
型紙なんぞ作れる技術も、作れるサイズの紙もないので、ソファの実物につどつど布を被せて、随時印をつけながらの作業です。

……数年前、母に無茶振りされながら腰掛け椅子(25cm四方ぐらい)のカバー作った時の経験が、めっちゃ役に立ってますよ……<大きさ以外はほぼ同じ構造
って、その大きさが、最大のネックなんですが。

あとは裾を三つ折りにして、ゴムを通す予定なんですけど、その三つ折りをどうやれば斜めにズレたりしないようにできるのか……一応、厚紙でアイロン定規は作ってますけど、ぐるっと一周3mの三つ折り……何かコツとかあるんですかねえ……?
No.1031 (創作)

 
 この記事へのコメント
 
sakura  2019/02/13/22:54:08
アイロンで接着する布用の両面テープみたいのがありますよ!
バイリーンの布用両面熱接着テープ使っています。洗濯もOKです。
それ貼ってからミシンでどうでしょう?
 
No.1032
 
神崎真  2019/02/13/23:29:03
sakura さん、アドバイスありがとうございます〜〜
……アイロン接着テープ……どうもあれ苦手なんですよねえ(をい)
そもそも私が困っているのは、まっすぐに折り目がつけられないってことなんですよ(−ー;)
折り目さえつけられれば、あとはマチ針→しつけ糸で仮止めして、ミシンかければ済む話なんで<今回布をはぎ合わせた部分は、双方の布端を裂くことで切断面を真っ直ぐにしてから、アイロンで消えるペンで線を引いた
一応、裾の方も裂いて裁断してるので、それなりには真っ直ぐなのでしょうが……折り上げる時に斜めにズレないよう目印にしたい四隅の縦の縫い目が、無地布部分にはないのでござる(´・ω・`)

……うーん、まち針打つ前に、縦方向に何箇所かアイロンで折り目つけて、それがズレないように折り上げていけば良いんですかねえ……?<とことん我流と言うか、母の見様見真似でしか裁縫を知らない奴
 
No.1033
 
 2019/02/14/00:38:21
3センチで二回折る三つ折りでいいんですよね?端から6センチで折って(直角でなくても可)折った端近くを待ち針で止めるのを20〜40cm間隔くらいで。二か所づつピンと張りながらアイロン。アイロンでできたラインに合わせて折り込んでアイロン。 ミシン慣れしているならアイロンなしで少し引っ張りながら折りこみながらミシンかけてしまっても大丈夫。三つ折りの幅より、ミシンかけするラインが裾から一定であれば問題なし。多少歪んでもゴム通してしまったら判らない。雑すぎます?
 
No.1034
 
神崎真  2019/02/14/09:20:47
おはようございます。杏さんも、ありがとございます!
なるほど、確かに先に完成ラインを決めてから縫い代分を折り込んだほうが、歪みは少なそう……!

> 多少歪んでもゴム通してしまったら判らない

……そうなんですよね。判ってはいるんです。
冷静に考えれば、ソファの下側に位置する、しかもゴムを通してギャザーになる裏側に、そんなに気を遣う必要なんてないはずなんですよ。
でも今回は、自分が使うんじゃなく他人様(仕事場)に渡すものだという意識が、『ちゃんとしたもの』を作らなきゃというプレッシャーに(−ー;)

あと、かつて母に「なにこれ、斜めじゃない」って、一生懸命刺したマチ針全部抜かれたり、「美しくない! こんなことなら私がやった方が(以下略)」とか言われ続けたことが、若干トラウマになってましてねえ……ははは(遠い目)<母は洋裁学校出身

母はレース編みやらない(できないわけではない)&最近老眼が進んで細かいとこまで見えなくなったから、タティングにはあんまりケチつけないと言うのが、私が安心してタティングにハマっている理由でもあったりとか……
 
No.1035
 
 2019/02/14/10:26:36
洋裁(洋服)専門の方は細かい。ですからねー。私の母は専門教育は受けていないですが、和服は仕立てられるし、戦後は洋服作りを内職にしていたので0.1mmの違いが判る人でしたし、伯母はプレタポルテの仕立てしていましたが、インテリア系で三つ折りなら上記の方法でやってましたよー。コツは待ち針をうつ位置を出来上がりラインのすぐ近くにすることと、出来るだけ布を掬わないことです。6センチなら6センチピンポイントで折ること。定規類でライン引くと定規の置く位置と厚みでずれが出るので余計曲がります〜 気楽に作った方がきれいにできますよー
 
No.1036
 
神崎真  2019/02/14/19:07:53
0.1mm の違い!? それはすごい!!
そしてほうほう、なるほど。まち針は出来上がりラインのすぐ近くに、できるだけ布を掬わずに刺す、と φ(..)メモメモ
うちの母は、自分が基礎から学んで身につけた応用を、いきなりやらせようとする無茶振りの人なので……裁断サイズや三つ折り幅は目分量、布をまっすぐ切る時は切れ目入れて裂け、印は爪でつけろが基本の人なのですよ……それで「ああもう、歪んでる!」とか言われても(泣)

> 気楽に作った方がきれいにできますよー

ですよね〜
せっかく仕事時間に、人のお金でこんな大物作れるのだから、楽しんだほうがお得ですよね(^^
仕上げは明日やるので、肩の力を抜いて楽しんできまっすvv
 
No.1037

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201902131031


No. PASS

<< 2019年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ソファカバー作成中

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41