よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 黒本ドイリーセットII 完成
2018年12月12日(Wed) 
Jan Stawasz さんの黒本こと「 Tatting Theory and Patterns 」掲載、「 Doily Set II 」のミニドイリー、ようやく完成しました★



スクエアモチーフを4枚繋いで縁編みをつけた、ミニドイリータイプ。
書籍では推定DMCの10番糸を使用して、完成サイズは18cm角となっています。かなりもっちりむっちり密集した感じの印象。
私はもう少し繊細さとか透かし感を出したかったので、糸を細めにしつつ、ピコ数や目数も多少調整しました。



特にリングが集まる八弁花部分に装飾ピコを入れるのは、もう私の好みとして外せません(笑)
変形五つ葉の根本にちみっと入るミニリングとか、縁編みを足すことでモチーフの境目が判りにくくなるところとかも、本当に私好みのデザインでvv
……ああ、マジでこれ、なんとかマジックスクエア化できないかなあ……



最終完成形は、ミルフローラ40(白)使用で、一辺が16.5cm。
……そうしてみると、DMCの10番って、そんなに太くないのかも?
そして縁編み部分のメインシャトルで、最後の長めチェイン2本分ほど、SLTで誤魔化して乗り切りました。
それを計算に入れての消費糸長は、ミルフローラ40時で、

モチーフ1枚
 メインシャトル 両手×3.75強
 サブシャトル 両手×3強

縁編み(2×2=4モチーフ時)
 メインシャトル 両手×10.75
 サブシャトル 両手×10.25

縁編みは角の部分で多めにリングを作るせいでしょうか。モチーフよりもサブシャトルの消費割合が多いように思いました。

個々のモチーフはノーマルシャトルで充分足りる長さなのは、ありがたくもあり、いちいち巻き直すのが面倒とも感じちゃったり(苦笑)
一度マジックスクエアに慣れちゃうと、ほんと1枚1枚の糸始末とか、ちまちま繋いでいく作業が面倒になるなあ……(^^;;ゞ
No.897 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20181212897


No. PASS

<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 黒本ドイリーセットII ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41