よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 Butterfly Picot(バタフライ・ピコット)
2018年12月11日(Tue) 
いつものようにハンドメイド関係のブログを徘徊していたところ、とっても可愛らしい飾りピコットが紹介されていました。

■butterfly picot | さちん日記
 https://ameblo.jp/satin27/entry-12424867832.html

ピコット同士が出たり入ったりしている、いわばピコのケルティック版? みたいな感じ。
さっそく記事に貼られている動画を拝見したところ……うん、今までに何度もお世話になっている、すごくたくさんのテクニックを動画で公開して下さっている、海外のお方ですね。
……動きがめっちゃ早いうえに、シャトルの持ち方・動かし方が一般的な日本のやり方と異なったり、素敵ネイルのおかげ(笑)で、けっこう理解に苦労したりするのですがww

それはさておき。
ふむふむなるほど……つまりこうですね!



シャトルに残っていた、半端糸のPuPuで作ってみました。
いやあこれ、すごいです! 面白い! 可愛い! そして難易度意外と低い!?

以前に挑戦した、「生田光子のシャトルレース」に掲載されている飾りリングと、外見的には似ています。
しかしマルチーズリング(パールタティング)の一種だろうそちらは、シャトルを最低でも2個必要としました。おかげで作成中は、からまりまくりの、混乱しまくり。

■あーるのシカゴ生活記 & タティングレース マルチーズリング(タティングレース)
 http://rinchicago.blog113.fc2.com/blog-entry-607.html

しかしこのバタフライ・ピコットは、シャトル1個でできちゃうんですよvv



これなら大きなモチーフの一部に取り入れるのも、チェインの上に乗っけるのも思うがままです♪
詳しいやり方については、↓こちらの動画で紹介されています。



■Frivolite Tatting Lesson 171 Picot Mariposa Butterfly Picot
 https://youtu.be/1IHi3Pz9cQA

ざっくりまとめると、

1.ピコを大きめに作る(この時点でピコ後にダブルステッチが1目)
2.ダブルステッチをもう1目 ※最初のみ
3.大きめピコを巻き込んで Lark's Head Join 作成
  LHJも1目と数えると、ピコ糸が出てる場所から3目になる
4.大きめピコ作成(前のLHJ+ピコ後のダブルステッチで2目になる)
5.3と同様 Lark's Head Join 作成
  LHJも1目と数えて、ピコ糸が出てる場所から3目になる
6.以下、繰り返し

と、いう感じでしょうか。
Lark's Head Join については、やはり以前にもこの方の動画で挑戦していました。

レッスン番号が新しい動画が公開されていたので、そちらもペタリとな。
うん、確かにこちらのほうが、やり方さえ把握できれば、形を整えやすそうです。……って言うか、前回やった手順、完っ全に忘れてました(苦笑)



■Frivolite-Tatting lesson 101 - Union de boca de lobo 2 - Larks Head Join 2 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=V6Nv7JE0AAs

Lark's Head Join のコツメモ>

1.ピコから引き出した輪を「手前に」半ねじりする
2.シャトルを「上から下へ」くぐらせて締める
3.再びピコから引き出した輪を、今度は「奥へ」半ねじりする
4.シャトルを「下から上へ」くぐらせて締める

LHJ部分は、ダブルステッチの後ろをピコ糸が渡っているので、裏から見るとどうなのかなあと、ちょっと心配もしたのですが。



ん、同じ色の糸なら、全然問題ないですね(^^
せっかくだから、これを活かしたデザインなりアレンジなり、してみたいところです♪
No.889 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
萵苣  2018/12/12/01:18:26
こんばんは〜。
バタフライピコット、かわいいですよね(´ω`*)。
私も最初2シャトル使うマルチーズリングの派生かと思ってたので、1シャトルで作れるのは目から鱗過ぎでした。
こういう変わった技法もそのうち、日本語解説の本で出るといいな。いちばんよくわかるの2ででもっ。
動画は長い爪を見ると背筋がヒッてなって辛いのが難点でした(笑。
結び目見辛くないのかな?ってところも気になりますううぅ…。
でも熟練者は手元あまり見ないでも平気って言いますものね。意外と気にならないのかなぁ。
 
No.892
 
神崎真  2018/12/12/07:11:00
おはようございます、萵苣さん。
もうね、さちん日記さんで拝見して、速攻で動画を再生しましたよ! 可愛い(*´Д`)
しかもシャトル1個っていうのが、本当に画期的で!
ダウンジョイン+後の半目でもできないかなあと思ったんですけど、試してみたらやっぱり駄目でした。糸出る位置がごくわずかに違うだけの差を活用する、この心憎さよ……

> いちばんよくわかるの2ででもっ

出てほしいですね、二巻目! あれは良い書籍でした。
それこそSSSRとかキャスリーンその他の謎技術を、写真入りでどしどし出していって欲しいです。頑張れ日本語書籍!

そしてあの爪は……爪はww
もはや動画のタイトルや投稿者を拝見する前に、爪で「あ、この動画って」と予想できてしまうあたり、個性を表現するという点では正解なのかもしれません(^^;;
手しか映らない以上、そこをばっちりお洒落するのも判るのですが……むしろあの爪がツィザーの代わりにできていたりして?
 
No.893

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20181211889


No. PASS

<< 2018年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 Butterfly Picot(バタ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41