よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 Janさんの赤本ドイリーXIV 完成★
2018年10月08日(Mon) 
嘘のように頭痛が治まり、気温もすっかり下がって、過ごしやすかった本日。
昨日のうちになんとか結び終えて、水で濡らして整えていたのが乾燥しました。



Jan Stawasz さんの「 Tatted Treasures 」から「 Doiry XIV 」です。

■Tatted Treasures (Jan Stawasz) - あとりえシシカス
 http://shishicass.ocnk.net/product/1376

私好みの大胆な密度のコントラストが入っていながら、持ち上げるとちゃんと一枚布の形を保ってくれるそのデザイン。
しかもJanさんのドイリーにしては、全部でわずか4段と、当社比とっつきやすく。
さほど特別な技術も(Janメソッド以外は)使われていないので、まず挑戦してみるにはちょうど良いものだったと思います。
最終段の大きめリングが、結んでいる最中はけっこう捻じれていたのですが。湿らせてから指や針先で整えていったら、きれいに収まってくれたのも良かったです。



なおJanメソッドは華麗にスルーww
赤文字部分を見ているとよく判らなくなってくるので、通常目数表記だけ見て、必要だと思った部分をYuiYuiさん方式で裏編みして揃えました(笑)



楽しく作れて、見た目がそこそこ整っていれば、手順にはそうこだわらなくても良いのよ♪

毛糸ZAKKAストアーズさんのPuPu( Col.17 ウィンターローズ)使用で、完成直径は22.5cmぐらい。書籍だと18cmとなっているので、ちょっと大きめの仕上がりです。



……今回はB4カッターマットに収まるサイズだと思ったあたり、良い感じに感覚が麻痺してきてるよなあ(苦笑)

消費糸長メモ(PuPu時)>
 1段目:メイン 両手×4.5、サブ 両手×2
 ※接続ピコも通常サイズで作成のこと

 2段目:両手×5.5+糸玉
 3段目:両手×24+糸玉
 ※本来なら2シャトル仕様のところを、SLTで1シャトルに変更

 4段目:メイン 両手×6、サブ 両手×8.25


ああそれにしても、どうせならもうちょっと大きいカッターマットが欲しい……
でも大きいのって、ホームセンターとかでチェックしても、なかなか売ってないんですよね(´・ω・`)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

M&M カッターマット A2 TKG-1068276
価格:835円(税込、送料別) (2018/10/8時点)

楽天で購入

送料入れるとここらへんが一番安いっぽいけど、さすがにちょっと大きすぎか……でもどうせお金出すなら、A3とは数百円の差だし、大は小を兼ねるし……(ぶつぶつ)
No.763 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
胡蝶蘭  2018/10/08/22:06:38
お疲れ様でした。
とってもきれいですてきです。
私は白以外で編んだことがないので
今度色糸でも挑戦してみます。
Janさんが使用している色糸も暖色系は見当たりませんよね。

 
No.764
 
sakura  2018/10/08/22:36:11 [HOME]
ローズがこのドイリーにピッタリ!可愛いな〜♪
本当に綺麗に編まれていてウットリしちゃう(*´▽`*)
楽しく作れるって大事ですよね。趣味が苦行になっては元も子も無いですもの。
苦戦することで大きな喜びを感じることもありますが(笑)

カッターマットA3を使っていますが、PuPuでJanさんのドイリーを作ると
30cmを越えてくるので大きめが良いと思います。
ちなみにオルファのマットは裏面が濃い茶色なので、白糸のドイリーだと映えます!
サイズ表記のためには何の役にも立ちませんがね(笑)
 
No.766
 
神崎真  2018/10/08/23:00:00
胡蝶蘭さま>
こんばんは、いつもありがとうございますvv
Janさんの書籍では、ほとんどが白か生成りで、たまにある色糸もアースカラーと言うんですか? 暗めの茶色やくすんだ緑、淡黄色などが多い感じがします。
このデザインも、糸指定はecruになってるのに、光の加減でしょうか、完成写真がほんのりピンク色に見えちゃったんですよね。なのでせっかくだから、在庫で積んでいるピンク色を使ってみました。インスピレーションって大事ですよね★


sakura さま>
sakura さまもこんばんはです。
ピンク色というほとんど初めての色をたっぷり使用して、なんだか新しい扉を開いてしまった気がします(笑)
ああ、こうして人は沼に踏み込んでいくのか……ww
……そしていま改めて写真を眺めていて、寄りによってUPで撮影した部分にミステイクを発見して _| ̄|○ナンテコッタイ

sakura さまのところで、斜め渦巻き?のドイリーを一段ずつ違う色で作成されているのを拝見して、書籍写真とぜんぜん違う印象に、これまた胸がワクワク、手がワキワキしてしまっていたりとか。
あ、あの、そのうちまた真似っこさせていただくかもです <( _ _ )>

> 趣味が苦行になっては元も子も無い

まったくもってその通り。
私にとってタティングは気分転換のストレス発散の意味合いが大きいので、これでストレス溜めちゃあ本末転倒なのです。何事も(他人様に迷惑はかけないように)楽しむのが第一かと♪

> オルファのカッターマット

茶色一色だと、完成写真撮る時に、それはそれで使えそうですね<私は下に黒い布を敷いて撮影している
……(検索中)……おお、グレーとブラウンのリバーシブルで両方に目盛り付きのA2サイズが!
お値段が二千円超えますけど ・゜・(ノД`)・゜・
A3でも1500円超えるから、500円差なら……いや待て落ち着け。ドイリーの記録取るためだけに、これを買う気かお前。だってカッター台として使ったら表面が荒れちゃうじゃないか(´・ω・`)
お金のかからない趣味だと思って始めたはずのレース編みに、どんどんつぎ込んでいる私って……(苦笑)
 
No.767

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20181008763


No. PASS

<< 2018年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 Janさんの赤本ドイリ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41