よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 懐かしい一冊
2018年09月24日(Mon) 
Janさんの赤本ドイリーXIVも、少しずつですが三段目を進めています。



三段目は本来2シャトル仕様なようですが、 sakura さんちでシャトル持ち替えるのは花びら1枚につき1箇所だけだし、SLTで行けるんじゃ?(意訳)という記事を拝見して、参考にさせていただきました。
うん、この方が格段に楽だし、糸のロスも少なそうです♪

……それにしてもまあ、ぶらぶらするし飾りピコは多いし、リバースワークの回数はこれ以上は無理だろってほど多いしで、非常にあちこち引っかかりまくるデザインですわ。
でもこれがまた、かっわいいんですよねえvv<こらそこタコみたいとか言わないww

そして開始位置をこんな引っかかりやすそうな場所にしたのは、マジックスレッドで引き込むチェインを、長い部分にしたかったから、なんですが。
あれ、よく考えたらこのまま進めていくと、一番最後の花びらが、面倒なことにならない、か……?


ところで最近、ふと思い出したのが、幼い頃に図書館で読んだ、この一冊。

バーバベルのレースあみ (バーバパパ・ミニえほん 14)

アネット・チゾン タラス・テイラー
講談社
売り上げランキング: 1,633,532

表紙画像を見ればお判りの通り、ボビンレースが出てくる絵本なのですよ。
当時は確か、小学校低学年。ボビンレースなどというものは当然知りませんでしたが、レース編みって大変なんだなあと思ったことを、今でも覚えています。
読み返したいけど……でもさすがに絵本一冊にこのお値段は(^^;;
当時の図書館はもう閉鎖されていて、市内の他の図書館にも収蔵されてないし(´・ω・`)
どこか取り寄せ可能な図書館にないかなあ……


今日はオフ友に下読みしてもらっていた、別の小説の手直しをしておりました。
……おそらく読み専の方にはあまり意味も興味もないのだろう、地味ながらも大幅修正。
同じ場面で同じ会話をしていても、視点をどこに置くかってすごい難しいです……(´・ω・`)
そして書きかけの方は、進捗原稿用紙7枚と4行。進んだ枚数は少ないですが、なんとかエピローグに入ることができました。
……100枚には届きそうにないですが、それでも現状トータル77枚……これは80枚行くな(苦笑)
いやはや、今年のシルバーウィークは充実していましたよ、うん。
四角いぐるぐるぐらいは、仕上げるつもりだったんだけど……
No.711 (創作:: 小説)

 
 この記事へのコメント
 
sakura  2018/09/24/22:33:11 [HOME]
色の効果って凄いですね!
このドイリーの途中にタコが出現していただなんて、今知りました(笑)

編み直されたのですね!その志の高さに脱帽です。
Janさんのドイリーって混み合っている!?ので、
ピコットの大きさが影響しやすいように感じています。
でもそれってある程度編み進めないとわからないっていう。
日によって糸のひき加減が一定じゃないワタシが言うのもなんですがね(^^ゞ

神崎さんのおかげでタティング熱再燃!
毎日シャトルを手にしています。少しずつですがね。
 
No.712
 
神崎真  2018/09/24/23:25:23
こんばんは、sakura 様。
……そうですよね、色のもたらすイメージって……と。自分で思っておきながら、気がついた時にはちょっと遠い目になっちゃいました(苦笑)<タコの出現
なまじ最初の一本が、ちょっと先っぽ持ち上げているように見えるのがまたww

> Janさんのドイリーって混み合っている!?ので、
> ピコットの大きさが影響しやすいように感じています。
> でもそれってある程度編み進めないとわからないっていう。

そうなんですよね〜〜、しかもリングの数が多いから、解くのにめっちゃ手間がかかって、もう最初からやり直したほうが早いわぁぁああ (ノ`□´)ノ 彡┻━┻。・;゜・。+  ってなっちゃうと。
あ、sakura 様も、ドイリーIIの裏表繋ぎ間違い、ご愁傷さまでした(合掌)
ああなっちゃうと、最終段をどちら向きにするかがまた、悩ましいところですね……Janさんの結び図って、進み順が反時計回りに書かれているのも、間違えやすい理由のひとつかもとか思ってみたり。
ともあれドイリーIIの完成も、楽しみにお待ちしております。
糸の種類とか締め具合によっても、印象が変わってくるのが本当に面白いです(^^
 
No.713
 
胡蝶蘭  2018/09/26/09:45:54
神崎さまにしては
珍しい暖色系のお色ですね。
暖色系は可愛さが増します。

 
No.715
 
神崎真  2018/09/27/17:47:24
こんばんは、胡蝶蘭さん。
昨日は夕飯直後に寝落ちしてまして、コメント遅くなっちゃいました(てへ)
ピンク色、せっかくだから青系・緑系・赤系・ベージュ系の明暗をひと通り揃えたものの、なかなか使おうという気になれなくてほぼ放置状態だったものが、ついに日の目を見ました(笑)
いざ使ってみると、これもなかなか愛らしいですね。
いつかボルドー(臙脂色)あたりと組み合わせて使ってもみたいものです。
 
No.717
 
猫欧州  2018/09/27/22:49:09
タコだ!

神崎さんがずいぶん前衛的なものを
産み出している!

と、思ったら作成過程に出現しただけのタコだったのですね。
そりゃそうだ…、と思いつつ、
次は赤い糸で結うといいのに…と念じますw
 
No.724
 
神崎真  2018/09/27/23:34:19
タコですよね、どう見てもww

写真撮ってから、なんでここで撮ったせめて半分を越えてからならもう少し……とか思ったのはここだけの話ww
……赤い糸で、さらにリング側を白糸の2色使いにしたら、わあ完璧な茹で蛸デスネ!
タコさんウインナーは、あの合成着色料バリバリのやつで作らなきゃ駄目だと思ってます ΣG(`・ω・´)
 
No.725

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180924711


No. PASS

<< 2018年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 懐かしい一冊

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41