よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 これだからチェックは怠れない
2018年09月08日(Sat) 
昨日から降り出した雨とともに一気に気温が下がり、今日は布団かぶって寝てても寒いぐらいで、昼間もTシャツを長袖に替えようかと思ったぐらいでした。
……まあ湿度が高いせいか、ちょっと動くとすぐに汗がにじむんですが。

そんな午後、食品類の買い出しで久しぶりに行くスーパーへ足を運んだのですよ。
で、どうせちっちゃいお店のテナントだし、これまでに何度も見てまわって、思うような品揃えはなかったと判っていても……それでもやっぱり、本と手芸コーナーには足が向いちゃうじゃないですか?

で、もって。



いつもLサイズどころか、フローラもクラシックタイプもピコゲージも扱っていないお店に、なんでいきなりインディゴとレッドがあるのっっ!? (゜д゜;三;゜д゜)<二度見三度見

すでに現状、使用するのはみん100のクリアカラーがメイン。ついでに言うならLサイズじゃないと、巻ける量が足りないことも多く。
でもでも、インディゴカラーは発売時から気になってたんですよぅ(><)
インディゴは残り2個。レッドはラス1。送料抜きで買えるチャンスは、おそらくもう二度とない! しかも今なら会員価格で一割引き!!

……おっかしいなあ、私はむしろコストと実用性重視で、コレクション癖はなかったはず……なかった、よね? ははは(乾笑)

これで手持ちの単体売りカラーは3つになりました。



左からショコラ・インディゴ・レッド。
ショコラは一番最初に購入したシャトル、かつもう廃番なこともあり、思い入れもひとしおだったり★ まあ自分でポチったのが届くより先に、花籠作りの手間賃として母にべっ甲カラーを買ってもらいましたが(^^;;

そして、こうやって三個並べてニマニマしつつ、あれこれ手にとっていて気がついたのですが。
あれ、ショコラだけなんか、微妙に持ち心地が違う……?

もしかして新しい方は少し仕様が変わったのかなあと、他のシャトルとも比べてみた結果、



上がショコラ、下はフローラシリーズのピンク色。
ショコラはフローラシリーズやインディゴ・レッドに比べて、1ミリ弱薄かったという事実を知りました。あとべっ甲カラーも薄い。逆にみん100小サイズは、フローラなどよりさらにびっみょーーに厚め。

ショコラ=べっ甲<フローラ=インディゴ=レッド<みん100小

といった感じでした。
なおノーマルカラー等は持っていないので比べられてません。
いやあ、今まで全然気付いてませんでした。まあ気付かないぐらい、たいした問題でもないんですがww
それでもなんだか新しい発見をした気がします。
同じクロバーですし、違う色でも同じ型を使ってると思うのに……これはカラーではなく個体差なのか。あるいは、実のところはめ込みが緩んでるだけとか、そんな理由だったりして(苦笑)


Janさんの黒本ドイリーその2は、10段目を開始してます。



シャトルに残った両手×2の半端糸で、2セット弱。糸を繋ぎやすい位置で止めたのでこの部分ですが、頑張ればリングとチェインもうひとつずつぐらいは……ぎりぎりどうにか、いけないかな?

……それでええと、全体で24セットですから、あと22セットちょい。
つまりまだ両手×20以上は確実に必要だから、今回はとりあえず大サイズシャトルにMAX(両手×13)巻きして、またどこまで行けたかを確認してから、最後に巻く長さを決めればよし、ってことで φ(..)
No.670 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
萵苣  2018/09/09/00:55:10
こんばんは〜。
私はガチで蒐集癖があるので、つい色違いに手が伸びる心境わかりますわーヽ(´ω`)ノ
その2色は私もお気に入りです♪
フローラとインディゴ・レッドは同じ型で、カラーはショコラ・ミルクと同じ型っぽいですね。
厚み以外は糸を巻く部分がショコラは凹んでたり、角の裏側がインディゴにはカットが入ってたり…微妙な違いが。

Doraさんのぐるぐる、糸解きもお疲れ様です〜!
解くとなると結ぶ時の倍以上掛かるのがタティングの辛いところ。
私も切るより解く方が多いので、ミスるとリアルでこういうポーズになりますわ_| ̄|●がくり。そして半泣きで解く。
何か意地になって切らないのでございました(笑。
 
No.671
 
神崎真  2018/09/09/09:51:13
おはようございます、萵苣さん。
キット限定色とまでは行かなくても、遠からず廃番になるだろうカラー、しかも普段は実店舗でなんて見つからないものが目の前にあったら……手にとっちゃいますよねぇぇぇええ?
インディゴにはつい金色系の模様を入れたくなります。ラメ入りトップコートとか塗ったら、ラピスラズリっぽくなるかな……

ミルク色も気になってたんですが、さすがにもう見つからないですよね(´・ω・`)
みん100シャトルもなんだか販売終了? みたいな不穏な噂を見かけましたし、マイナー手芸にはまだまだ選択肢が少なくて寂しかとです(しょぼん)

> 糸を巻く部分がショコラは凹んでたり、角の裏側がインディゴにはカットが入ってたり…微妙な違いが

ほっほう! まだまだ細かい部分に差があるのですね(笑)
私の手持ちシャトルは、ほとんどが先端を削り直しているので、裏側のカットには気づけませんでした。糸巻き部分にも、ガイド糸巻いちゃってるから隠れてよく見えないし<写真取るとき外せよそれぐらい

> ミスるとリアルでこういうポーズになりますわ_| ̄|●がくり。そして半泣きで解く。

もうね、気付いた瞬間、愕然となりますよね……(遠い目)
普通の編み物と違って結びレースは、ほどく方が手間暇かかるのも間口を狭めている理由のひとつかも……編み物は、解いてやり直してなんぼってよく言いますけど、結びレースは解くのすら修行ですから……(しくしくしく)
 
No.672

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180908670


No. PASS

<< 2018年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 これだからチェックは怠..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41