よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 恐るべしJan’sメソッド
2018年08月30日(Thr) 
ラッキーなクローバーさんの先が見えてきたので、また新しいものに手を出し始めちゃいました(^^;;



Jan Stawasz さんの黒本こと「 Tatting Theory and Patterns 」に掲載されている、「 DoilyII SerwetaII 」です。
……えっと、翻訳サイトにかけてもうまく訳されないんですけど、これってつまり「ドイリーその2」ってことですよね? Serweta ってのがポーランド語でドイリーなのかな?

ずいぶん前に購入した書籍ですが、ざっと写真を眺めたぐらいで、実際に作ることを考えながら目を通したのは初めて。

……くっ、裏編みにもだいぶ慣れてきたし、結び図もあるからと少し舐めていたら、これはまたなんという難敵(><)

Janさんは目数指定にすごくこだわりがあるという噂は聞き及んでいましたが、想像以上でした。
だってJan’sメソッドを使わない、通常編みバージョンの目数も書かれている……はずなのに、何故かそちら側にも頻繁に半目が混じってるんですよ!?
しかも普通なら3目・ピコ繋ぎ・3目といった具合に同じ長さにするだろうチェインが、3目半・ピコ繋ぎ・3目になってるという謎仕様。さらにその隣の繋ぎなしチェインは6目半なのに、逆隣の同様なチェインはただの6目……意図するところが判らないよ!?<ピコ繋ぎを半目と数えてるにしても、ただの6目も混ざってるのが解せない

単純に裏返し(10目を後の半目・9目・前の半目)にするだけではないややこしさに、もう何をどうすればいいのやら ┐(´〜`;)┌ <最初の方に載っている、英語(と、ポーランド語?)の結び方指南は、もちろんまったく読めませんww
あと数字の向きがバラバラなのが地味に辛い。この数字はどこの部分のなの? これは9なの6なの!?

……まあ、普段から手癖に合わせて適当に調整しているのだから、今回も自分のやりやすいように改変することにします。一色使いにする予定だから、ジョイント部分のポツポツも気にしなくていいですしね!

使用糸は、ロワールコットンの034・ペールアクア。


一段目は両手×2、二段目は両手×2.75+糸玉といったところでした。

……カラバリの多さに心惹かれて、在庫限りで廃番なのにも関わらずポチってしまったロワールコットン。個人的な使い心地はそれなりと言ったところですかね。
太さや柔らかい手触り、マットな質感はちょっとPuPuにも通じます。ただ毛羽立ちが目立つことと、あとマットな見た目そのままの摩擦力の強さが、やはり数歩及ばないというか。
特に摩擦力は、リングを閉じる時に必要な力が強くなりますし、なによりマジックスレッドの成功率を大幅に下げてくれちゃって(><)
あまりに導入糸が切れまくるので、三段目はとりあえず結び始めに2本仕込んで、結び終わりにも1本入れる予定ですけど、これでも失敗して針で縫い込む羽目になる可能性が大。

今回のデザインはどうやっても一段ごとに糸始末が必要なので、この失敗の多さはかなり辛いです。
やっぱりすべりの良いPuPuで始めれば良かったかなあ(´・ω・`)
でもでもこの淡い水色が、このデザインには似合うと思ったんだよぅぅううっっ
No.648 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
 2018/08/31/10:23:58
手が早いですね! 
黒本の読み方ですが、p21に書いてあります〜 赤字がJanさん流で、Jan's methodの読み方まとめがp24の赤字以下。数字の前後ではなくて、ピコの前後の点が半目だそーです。黒字は普通の結い方と共通部分。(緑がスプリットだったと思う) なので、黒字についてる点は半目ではなくて、数字の上下を示している点ではないかと。数字はその下のラインの目数なので、判別しにくい6と9以外に、ラインが込み合っているところもどちらの目数かわかるように入れてあるんだと思います。 といっても結い方教えてもらっただけで自分では結ってないので・・シシカスさんで購入しているなら、シシカスさんに聞けば教えてくれると思いますよ。
 
No.650
 
胡蝶蘭  2018/08/31/22:11:34
Serwetaは私もドイリーだと思います。
私は何にも考えず赤字で書いてある通り
数字の前の点は裏編み数字の後は表編みと
単純に理解しています。
シシカスさんもアピューさんにも尋ねました。
どちらも購入者には教えてくれると言われました。
私は他で買ったので教えてもらえませんでした。
Janさんの本を使用して教えておられる方って
いるんでしょうかね。
ブログに作品をアップされている方も
あまり見ませんよね。
 
No.652
 
sakura  2018/08/31/22:57:13 [HOME]
おおっ!このドイリーは!!
神崎さんの出来上がりを待って開始すればよかったな(笑)


眼底検査、お疲れ様でした。『目』本当に大事ですよね。
シニアグラス愛好家ですが、最近又度が進んだようで悲しい。
本来ロウソクの灯りだけでも結われていたというタティングレースですが、
ちゃんと見えないと編める気がしません(^^;)
それに、目に負担がかかるとわかっていても、
こうしてブログにお邪魔するのも楽しくてやめられません!
今後も期待しちゃいまーす♪
 
No.653
 
神崎真  2018/09/01/07:35:45
杏様、おはようございます。
一晩寝て目の焦点が合うようになったので、さっそく黒本をめくってみました。

………………読める、読めるぞぉぉぉおおお!!(某大佐風に)

赤(Janさん式)・青(通常編み)・黒(共通・通常編み)・緑(スプリット)・ドット(半目)は理解していたんですが、黒字のそれもピコ前後以外にも点がついているのが謎だったんです!

> 黒字についてる点は半目ではなくて、数字の上下を示している点ではないかと。数字はその下のラインの目数なので、判別しにくい6と9以外に、ラインが込み合っているところもどちらの目数かわかるように入れてあるんだと思います

まさかそんな理由だったとはΣ(゜ロ゜ノ)ノ
つい先日、他所様のブログで「せめて9と6には上下が判るよう、アンダーバーをつけてくれれば」と話をしていたのです。あの黒点は、その上下の印だったんですね。確かによく見れば、赤字の半目部分についている点とは微妙に位置(高さ)が違います!

アドバイス、本っ当にありがとうございました <( _ _ )>
おかげで目の前の霧が晴れたような心地がします ←大げさ
……一段目、6目半P半9目で結っちゃったことは、もう忘れることにしつつ(笑)


胡蝶蘭さん>
胡蝶蘭さんも、おはようございます。
そういえば以前にも、購入店で教えていただけるってアドバイス下さってましたね!
ひたすら頭を抱えていて、すっかり忘れていました。
私はシシカスさんで購入したので、また判らないところが出てきたら、そちらで聞いてみようと思います。

> ブログに作品をアップされている方も
> あまり見ませんよね。

そうそう、検索してもなかなか見つけられなくって。
Janさんの作品には特徴的な名前がついてないのも、検索に引っかからない理由かもしれません。ドイリーいくつとか、hatとかcapとか、そんな作品名ばかりなんですもん(´・ω・`)


sakura 様>
おはようございます〜〜。
そして何をおっしゃるウサギさん♪
私がこのドイリーを作り始めたのは、sakura 様のところの記事写真を拝見して、「なにこれ素敵!」って思ったからなんですよww つまり sakura 様が作っておられなかったら、私も手を付けてませんww
よく見かけるチェイン主体の網目状ドイリーとは、カーブの向きが逆になっているのが面白いです。

> 本来ロウソクの灯りだけでも結われていたというタティングレースですが、
> ちゃんと見えないと編める気がしません(^^;)

全く同感です。
私が最初の頃に借りた古いタティング書籍には、失明後も作り続けて、数千枚に及ぶモチーフ繋ぎのピアノカバーだかを作られた方の作例が載っていましたけれど……絶対無理ですよ! 目数とか判らなくなった時に、どうやって確認するんですか!? 繋ぎピコの位置とかも(汗)

> 目に負担がかかるとわかっていても、
> こうしてブログにお邪魔するのも楽しくてやめられません!

止められませんよね(^^;;
私は趣味が、手芸・読書・パソコン・TVと、すべて目に直結しているので、目の病は本当に怖いです。
特に、進行を抑えることはできても、進行した分は戻らないという緑内障が……とか言われた日には、もうガクブルです。
目は大事にしなきゃ……と心底思いつつ、それでもつい本に、手芸材料に、パソコンに手が伸びてしまう己が……(苦笑)
 
No.654

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180830648


No. PASS

<< 2018年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 恐るべしJan’sメソ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41