よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 人狼への転生、魔王の副官(10) 戦神の王国
2018年08月19日(Sun) 
読書記録:


321話「対岸の火事」〜345話「人狼たちの追跡」まで収録。
表紙の背景にいる、この黒幕感めっちゃある麗人は誰?? と思っていたのですが……読了してもいまいち判りません(苦笑) たぶん、クォール国王、なんでしょうけど。この人こんなにバーンと出るほどのことしてないからなあ……人虎の巫女さんかとも思ってたら、そこまで話が進みませんでしたし。

初回特典SSは、ヴァイト到着直前にクォール沿岸諸侯達がざわざわしている会議のやりとり。
同時販売記念SSは……これ海賊騎士の方に挟まないと訳判らないんじゃないかという、艦長サイドでシュガーさん(ヴァイトの前世)がどんな人だったかをみなに説明しているもの。
巻末描き下ろしは、ヴァイトがクォールにいる間、ミラルディア側の太守達(一部子息)が、どんなふうに物思い、どんなふうな行動をとっていたのかを順繰りに。
ああ、ようやくフォルネサイドがちょっとだけど出てきた! 今まで南部太守ではフォルネだけが内面を語られていないので、いきなり不穏なことやってて少しだけドキドキしました。いやまあ、WEB版で最後まで読んでるから、ヤバイことにならないのは知ってますけどww
あと目についたのは、パーカーさん行方不明直前の場面が書き足されてたことですねえ。
裏表紙でも闇堕ち寸前みたいな雰囲気を出しているので、相乗効果で思わせぶり感が増してます。
あとはアイリア視点やクメルク視点などもちょこちょこと。
……クォール編は、これまでと違って敵に魅力をまっっったく感じないというか、劣化版ウォーロイと言ったらウォーロイに失礼すぎるぐらいに小物感が半端ないので、早くヴァイトの逆襲〜人虎族登場とかまで進んでほしいところです。
No.617 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180819617


No. PASS

<< 2018年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 人狼への転生、魔王の副..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41