よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 私はモブのはず 他二作
2018年06月30日(Sat) 
読書記録:
■私はモブのはず 〜24
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/208324808/694142172

これも乙ゲー転生系。連載中。
転生したのは暗殺者の少女。さらなる前世はジャンヌ・ダルクだったらしく、面白がった神々が賭けの対象にしたり観察したりしていたお礼にと、希望したチート能力全載せした上でモブキャラに転生。普通の平民に生まれ変わったはずが、実は王家の裏で暗躍する秘められた公爵家の娘で、未来に悪役令嬢となる子供のメイド兼教育係になることに。で、悪役令嬢は実はけっこう気の毒な事情持ちだったので、不幸な未来を回避させてあげようと奮闘することに。
精霊王とも全契約、その上の精霊帝とも契約。両親からは溺愛され、宰相様や未来の悪役令嬢からも……といった感じで、今のところまさに総愛されチート系。
最新話では宰相さんの仕事場で、補佐として働くことになってます。なおまだ五歳。
前々世がジャンヌ・ダルクで、現世で正体を知らずに知り合って影響与えまくった第一王子様の愛称が『ジル』。
神様達がいろいろやってくれることにも、主役には語っていない事情が隠されていそう。気になるのですが……このところ更新頻度が落ちている模様。
別に連載していた作品が完結したようなので、こちらのペースも戻ってくれると嬉しいです。


■記憶喪失の私はギルマス(強面)に拾われました 〜マティアスさんのお嫁さんにして
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/56393038/750177431

同作者さんの別作品。こっちも連載中。
記憶喪失で道端に落ちていた六歳ぐらいの少女と、それを拾った顔に傷がある強面だけど面倒見がいいギルドマスターの擬似親子もの。二人の視点が交互で進んでいきます。
……と言いつつ、少女はなんか呪いのせいで小さくなっているらしく、数日でどんどん成長していって、あっという間に「お嫁さんにして」状態に。
自分でいいのかと及び腰なギルマスですが、ギルマスの両親は、この子を逃したらあとがないと、ノリノリで後押ししてます。


■勇者の孫、パーティーを追放される〜杖を握れば最強なのに勇者やらされてました〜 第十七話 『来訪者』
 https://ncode.syosetu.com/n3479ev/

タイトル通りの追放系。連載中。
新パーティーの面子(女性二人)がようやく役に立つようになってきたあたりで、元パーティーのクズ連中を人質に魔人が乗り込んできたところまで。


ラノベの中でもひときわライトなの3つメモ。
No.488 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180630488


No. PASS

<< 2018年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 私はモブのはず 他二作

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41