よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 意外と保った
2018年05月08日(Tue) 
もっぱら持ち歩き用なので、GW中はめっきり止まっていた、Le Cotton で結っているパッチワークさん4×4バージョン。
サブシャトル側も最初の糸継ぎに入りました。



え……最初、だよね?
過去ログを確認してみましたが、確かに最初なようです。
両手×15で、全体の8分の5.25弱も行くとは思ってなかったので、ちょっとびっくりしました<メインシャトルは8分の2.5で一回繋いでいるうえ、もう一度の糸継ぎは確実

ええと、8分の1結うのに15÷5.25で、両手×2.86。残りは8分の2.75だから、ちょい余裕を見て両手×8.5ぐらいあれば充分ですかねえ? Le Cotton でその長さであれば、ノーマルシャトルでなんとか巻けそう。
とりあえず糸を繋いで処理して、また外へ持ち出せるようにしなければ……


そしてWEB公開されているシュールな不死者マンガ「しをちゃんとぼく」がついに最終回に。

■しをちゃんとぼく - T長 | となりのヤングジャンプ
 https://tonarinoyj.jp/episode/13932016480028985755

……なぜだろう、目から汗が……
最終話を読んだあとで改めて第一話の「わたしは自分がなぜ不死となったかもう思い出せないが ―― 」から続く台詞を読むと、うぁぁぁああああっっって……この段階でこう言っていたしをちゃんが、最終話でする選択……それはこの世界が本当にどこまでも優しくって、その中でも特にこの品津市でぼくくんやちかもとさんや名義の者さん達と暮らした日々が、本当に幸せなものだったからなんじゃないかって思うともう ・゜・(ノД`)・゜・
69話でのしをちゃんが、ぼくくんが死んだかもと思って動揺しまくっているのがちょっと新鮮で、本当にぼくくんとの別れの時が来たらどうなるんだろうと、心配していたので……
70話の「二度とこない、でもかけがえのない日常は続く」みたいな感じで終わるのも良いなあと思っていましたが、こんな最終話も心にしみました……

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しをちゃんとぼく 1 (ヤングジャンプコミックス) [ T長 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/5/8時点)


No.342 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
萵苣  2018/05/09/01:22:40
こんばんは!パッチワークさんも後半戦ですねぇ(´ω`*)。
Le Cottonは流石の細さですね。そこまで糸継ぎ無しとは…。
Lucky Cloverさんも目数調整進んでるようで、更新のたびにふぁいとーふぁいとーと応援してますΣG(`・ω・´)
中心は私も何とか平らに出来たのだけど、2〜3段目のロングチェイン部分が難関ですorz
あれを超絶綺麗に仕上げられてる方もいらっしゃるので、世の中広いです…。いやはや。
本の見本はゆるるーんなんですけどね(笑。

映画のシャーロック・ホームズ3楽しみですね!
私も1〜2まで見ましたよー♪
huluの現代版和製ミス・シャーロックも気になるけれど見られない切なさ…。
現代版はBBCのSHERLOCKやニューヨーク版のエレメンタリーもちょこっと見てるけど、BBC版が一番好みでしたわ〜。
 
No.344
 
胡蝶蘭  2018/05/09/16:56:16
誕生日の件は早合点でした。
T先生の「靴」のキットは購入予定ですか?
なんか高そうですね。
鶴もブログで作品を見かけることも
ありませんでした。
同じくらい難しそうです。
どなたか作成のプロセスを載せてくれたら
考えるかも?
ご紹介いただいた「萵苣」さまも
スキルの高い方ですね。
いつも羨ましく拝見させていただいております。
 
No.345
 
神崎真  2018/05/09/21:15:41
萵苣さま>
こんばんは、萵苣さん。
パッチワークさん、今日ようやっとメインシャトル側も最後の糸繋ぎを終えました。あとは最後まで突っ走るだけです。
Le Cotton はちょっと無理をすればこの1.3倍ぐらい(両手×20)巻けるので、本当ならもうちょっと先まで進めたはずです。でもまあどのみち1度は繋がなきゃいけないので、無理な巻き方はしないほうが良さそうなんですが(苦笑)<シャトルが分裂したら目も当てられない

Lucky Clover さんは、萵苣さんちの記事を何度も拝見しに行ってますww
ふむふむ、ここがたるみがちなのか、そこが波打つのねとか、おおいに参考にさせていただいている次第です <( _ _ )>
書籍の写真はほんとアレですよね(汗)
私もネットで、これをぴちーーーっと美麗に仕上げておられる方の写真を拝見して一目惚れしたクチなので、ああいうふうに仕上げられる方を、本当に尊敬するしかありませんです。
世の中にはすごい方がいらっしゃいますよねえ(しみじみ)

> シャーロック・ホームズ

ええ、果たしてダウニー・ホームズがどんなふうにジュード・ワトソンと再会するのか、すっごく楽しみですww
SHERLOCKのジョンばりに口も手も出そうだなあ……
エレメンタリーは、ワトソンが女性になっているというのがどうにも気になって、なかなか手を伸ばそうと思えないんですよね……まあそれ以前に、このあたりでは放送してくれないんですけど(苦笑)
実はSHERLOCKも、シーズン3まではめっちゃ見てましたが、劇場版と4が、絶対覚悟して体調整えて「見るぞ!」ってしないと無理そうで、録画したのを積んだっきりです。
そのあたりやっぱりジェレミーさんのグラナダ版が、一番心安らかに見られますねえ。あと個人的にはリチャード・ロクスバーグの「バスカヴィルの獣犬」もオススメしたかったり。


胡蝶蘭さま>
こんばんは〜、胡蝶蘭さん。
T先生の「靴」、私は今回もお見送りです。面白そうなデザインではありますけれど、鶴よりも高そうですし……通販ではまた、糸もついてくるかどうか判りませんし。
ここ数日、レシピ・書籍関係でかなり散財しましたから、懐が厳しい&そちらで手一杯というのもあります(^ー^;;)ゞ

> 鶴もブログで作品を見かけることも
> ありませんでした。

そうですよね。
キットを買われたという記事はいくつか見たような気がするのですけれど、作成途中段階の写真公開禁止というのがやはり厳しかったんじゃないかなあと。
私もワイヤー入りの方、結局途中で止まったままですし……せめて細部が判る完成写真(特に裏側の処理方法)だけでも、ちゃんと見てみたかったです……
 
No.346

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180508342


No. PASS

<< 2018年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 意外と保った

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41