よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ミルフローラ(黒)で山化粧 完成!
2018年03月14日(Wed) 
最高気温が21度という、ジャンバー着て出たことをいささか後悔した本日。
2月17日から開始していた、ミルフローラ40による黒版「山化粧」が、ようやく完成しました〜〜 へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ



■フリーパターン 山化粧| Ka-ryun〜タティングレースのアクセサリー〜
 http://ka-ryun.com/tattinglacea_pattern-recipe/
フリーパターン 山化粧/1030/

いちおう二度目の作成なこともあって、少しは前回よりも綺麗にできたかな……? と自分では思っています(笑)



あまりうまく写真が撮れなかったんですけど、近付くとこんな感じ。
……ところどころピコがよじれてしまうのは何でなのかなあ。糸のねじれはその都度できるだけ取ってるつもりなんですが。
ともあれ今回の注意しどころは、ひたすらリングでぐるっと囲う6段目が波打たないよう、接続ピコをギリギリまで小さくしたことと、前回ひきつり気味だった8段目のロングチェインの目数を、多めに調整したところでしょうか。

逆に反省ポイントは、飾りピコを糸の太さの割に大きくしすぎたこと。ピコが目立ちすぎて、内部がガチャガチャしてるように感じちゃいます。それにピコをもうちょい小さくすれば、よじれるのも多少は防げるんじゃないかと思うんですよ。
あ、あと1〜2段目と2〜3段目を繋ぐ接続ピコは、逆にもうちょっと長めにした方が綺麗に収まりそうな印象が<ピコサイズは全て目分量なので、かなり適当な感じ

そして一段目の花のチェイン長さは、ちゃんと揃えよう……いや今回そこものすごく注意したのに、なんでまたこんなに歪むかな(しくしくしく)

完成サイズは、飾りピコ込みで直径24.5cmぐらい。



レシピではリズベスの40番で約24cmとなっているので、だいたい同じぐらいの大きさになってるのかな?
以前、オリムパスのプラチナレース糸#40で作成した時には、27.5cmになったので、比べてみるとだいぶ小さい仕上がりです。
それでも百均の額縁ではちょっと荷が重そうなのが残念……せっかくだから飾ってやりたいのですけれど、300円のB4サイズ(25.7×36.4cm)でもまだ、余白が少なすぎて窮屈そうだし、さりとて400円のA3では大きすぎる上にお値段が……(悩)



左の白いほうが、以前作ったプラチナレース糸のです。
やっぱり黒糸の方が、引き締まった雰囲気になりますねえ。チェインを伸ばした分、外縁部もゆったりした印象になって良い感じ★

ああでも純白のレースらしさは捨てがたい……今度は同じミルフローラの白を使うか、あるいはほぼ死蔵状態になっているコルドネ80番を、今こそ使ってみるべきか……?


ミルフローラ40でのシャトル糸長まとめ>

 1段目:両手×0.75+糸玉
 2段目:両手×1.5弱+糸玉
 3段目:メインシャトル 両手×8.5、サブシャトル 両手×4
 4段目:メインシャトル両手×2.5強、サブシャトル両手×6
 5段目:両手×4+糸玉
 6段目:両手×8.25+糸玉
 7段目:両手×1強(+糸玉)
 8段目:両手×13.5(+糸玉)
 9段目:両手×8(+糸玉)

私の両手を広げた長さ = 1.3mぐらい。
プラチナレース糸(平均的な国産#40程度)と比較して、8割〜9割ぐらいの量で行けた感じでした。


前述の通り、今日は最高気温が20度オーバーだったお陰で、朝のバスの中では暖房でちょっと気持ち悪くなるぐらいでした。が、帰りは日陰に入るとそこそこ肌寒くバスも冷房がかかっていたので、本当に助かりました。
もうちょい暖かくなって、シャツとカーディガンで過ごせるようになると、バス待ちも楽になりそうですねえ。
春よ早く来ーーい。
No.219 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
胡蝶蘭  2018/03/14/21:52:59
完成おめでとうございます。
どちらもとても素敵です。
「山化粧」はつくづく良いデザインだと思いますね。
 
No.220
 
神崎真  2018/03/15/21:40:04
こんばんは、胡蝶蘭さん。
山化粧って、ほんとにすごいデザインですよね。特別な技術はほとんど使っていない、それどころかシャトルを2個使う使う段すら少ない。多少長めのチェインはありますけど、それだって長過ぎるという程でもなく、本当に基本の技だけなのに、こんなに素敵で達成感のあるデザインなんですもの。
逆にそれだからこそ、基本をしっかり復習できるというか、ピコのサイズやチェインの長さの大事さも身に沁みる……綺麗で楽しくて勉強になって、一粒で何度も美味しい作品だと思いますvv
こんなレシピをフリーで公開して下さっている Ka-ryun さんには、本当に感謝感謝の次第です。
 
No.221

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180314219


No. PASS

<< 2018年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ミルフローラ(黒)で山..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41