よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 なんのために結うのか
2018年02月03日(Sat) 
お昼休みなどの空き時間や、自宅でテレビを見ながらシャトルを動かしていると、よく向けられる質問があるのですよ。
いわく、

「で、それは何になるの?」

と。
……うん、確かに訊きたくなるのはよく判ります。
そこでさらっと「花瓶敷きです」とか「コースターです」とか答えられるうちは、まあ良いんですが……30cmオーバーの真四角とかを作っていると、その答えもいささか苦しく。
最近の定番返答は「テーブルセンターです」なんですが……我が家にそんな大量のテーブルはない(苦笑)
タティングをされる方の動機はいろいろ、作りたいものも様々あることでしょう。
でも私はぶっちゃけ、ひたすら無心で手を動かして、あとは出来上がってくる模様を見てうっとりしたいという、ただそれだけというのが正直なところなんですよねえ(^ー^;;)ゞ
タティングレースって強度がいまいちですから、ショールとかにも向かないし、そもそもそんなお洒落な服装なんてしないからなあ……


次の更新で、花冠シリーズのレシピをUPするべく、鋭意編集作業中です。



透け感を出そうとしたら、うっかり40目チェインとか阿呆な目数を連発してしまったデザインですが……せっかくだから公開しようかと。
誰か一人でも、琴線に触れてくれたら良いなあ……(苦笑)


そして以下は私信につき畳みます。

なつき様>
えーと、雪、降ってたのかどうか判らないぐらいなので、ご心配なく。
地面にも痕跡とか全然ないし……どこの映像だったんだろう?
No.130 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
胡蝶蘭  2018/02/04/18:01:44
パソコンで編み図を書けるなんて高いスキルを
お持ちで羨ましいです。
ご心配頂いた断水は一昨日業者さんが来てくれて
やっと直りました。
水が出る当たり前の生活に感謝です。
 
No.131
 
神崎真  2018/02/04/22:14:18
断水収まったんですね! 良かったです。
こちらは今朝から急に雪が積もり始めて、明日外出できるかどうかが厳しいです。
ある程度は降らないと夏の水不足が懸念されるとは言え、生活に支障が出ない程度の降り方をしてほしいです……(−ー;)

そしてこの結び図、パソコンで描いてる訳じゃないですから。私にそんな技術はありません (^ー^;;)ゞ
黒い布の上で撮影した実物写真を、白黒反転させてるだけなので、どうしても線が太くなって、細かいところが潰れちゃうんですよね……イラストレーターなどで作図できる人が羨ましい限りです。
 
No.132

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/20180203130


No. PASS

<< 2018年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 なんのために結うのか

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41