よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 2017年のタティングを振り返ってみる その13
2017年12月17日(Sun) 
10月は中途挫折したものや時間のかかるものが多く、完成品はほとんどありませんでした。



ka-ryun さん公開のフリーパターン「山化粧」。
オリムパスのプラチナレース糸使用。
これには二週間ちょっとかかりました。

■フリーパターン 山化粧|Ka-ryun〜タティングレースのアクセサリー〜
 http://ka-ryun.com/tattinglacea_pattern-recipe/
フリーパターン 山化粧/1030/

コンセプトは「紅葉でお化粧されてるみたいな山」とのことでしたが、私は「雪化粧された冬山」をイメージしてしまいました。
なので純白仕様。
技法自体はさほどややこしいものはありませんが、とにかく締め具合ややピコサイズに注意が必要でした……




Tatting by the Bay さん公開のフリーパターン「 Onion Ring Magic Square 」より、「 Square #1 」。
使用糸は、PuPuのウィンターローズとマリンブルー。
「 Magic Square(魔方陣)」という、スクエアモチーフを一筆書きで繋いでいく技法が使われたドイリーを作成するための、第一段階基本モチーフその1です。

■Tatting by the Bay
 http://tattingbythebay.blogspot.jp/




引き続き Tatting by the Bay さんの「 Onion Ring Magic Square 」より、「 Square #2 」。
こちらは基本モチーフその2。PuPuのホワイトとエクリュベージュ使用。
ここまではごく普通の、一段だけで作成できるスクエアモチーフです。
そして前回はレシピを解読できず、普通の重ねつなぎで作成したオニオンリング。これ以降はキャスリーン・ホイール・ジョインという、新しく知ったやり方を使用しています。

■Catherine Wheel Join(キャスリーン・ホイール・ジョイン)のやり方まとめ
 http://plant.mints.ne.jp/takara/cwj/cwj.htm




さらに「 Onion Ring Magic Square 」、今度は「 Magic Square #1 」。
PuPuのホワイト一色で作成。
一見「 Square #1 (基本モチーフその1)」を四枚繋いだだけのようでいて、中央部分のデザインを変更することで、一度も糸を切らずに最初から最後まで一筆書きできるようになっています。
これが「マジックスクエア(魔方陣)」という技法。
このバージョンは縦横2×2のサイズになっていますが、理論上は一筆書きのままで、4×4、8×8のように、どんどん大きくしていくことが可能なようです。
No.19 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/2017121719


No. PASS

<< 2017年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 2017年のタティング..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41