よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 黒本の窓飾りII
2020年07月28日(Tue) 
Janさんの黒本に掲載されている Window decoration II 。もう面倒だから窓飾りIIと呼ぶことにしますが(笑)
こちらも先週のうちに、1段目はできていました。



これで1段。一回の糸始末だけで作れるのだから、おもしろいレシピですよねえ(しみじみ)
目数と言うか、ピコ繋ぎの位置がややこしいためになかなか気を抜けず、スプリットリングも駆使されています。最後の方など、結び始め近くにあるピコと繋いでからも、まだリングやチェインを作らねばならないためにけっこうややこしい作業が続きましたけれど、それはそれで楽しかったです★

現在のサイズは、ちょっと#40としては太めのロワールコットンを使用して、長直径10cm強といったところ。



次の段は装飾ピコも大きめですし、レシピの12cmより気持ち大きくなりそうな気配がしますね。
そしてJanさんレシピの「 size 10 tatting thread 」は、絶対日本基準の#10と違うと、改めて確信してみたりww

消費糸長メモ(ロワールコットン時)>

 1段目
  メインシャトル 両手×9強
  サブシャトル 両手×4.33

作り始めとなる中心の輪は、サブシャトルを使ってMRの表編みをしています。
そこからメインシャトルへ持ち替えて、スプリットリングを表編み。花びら部分の内向きリングもメインシャトルで表編みとし、外向きチェインを裏編みすることで表裏をあわせました<もはやJanメソッドの解読は最初からあきらめている

2段目は特別な技法のないリングとチェインの繰り返し(双葉はあり)なんですけど、装飾ピコのサイズ調整が難しそうですね。あと接続ピコを極限まで小さくした関係上、双葉部分は目数調整しないと引きつれちゃうかも……^^;;



7段目に着手したアロングさんといっしょに、クリアフォルダへ挟んで保管。この上から辞書を乗せて、プレスしています。
どちらかがもう一段増えると、A4クリアフォルダに並べるのは厳しそうですねえ。



そして話は代わりまして、
昨日の記事を公開してから、リンク先を間違えていないかの確認に Tat-a-Renda さんへ飛んでみたら、また素敵ドイリーのレシピが……っっ

■Tat-a-Renda: 14-day Challenge renamed to Threads that Bind
 https://tatsaway.blogspot.com/2020/04/
14-day-challenge-renamed-to-threads.html

遠目からだと、パイナップル編みのような模様が浮かび上がってる!
Facebook の写真では、最終段あたりの縁編みが何バージョンかあるみたいで……個人的にはこれが一番好みなんですけど、細かいところがよく見えないなあ(´・ω・`)

ブログの文章を Google 翻訳した感じ、最終段は独自チャレンジを進めて下さっているような……(どきどきどき)
















父のスマホに関しては、病院で看護師さん経由で受け取り中身を確認したところ、1ヶ月1GBまで定額&800MBを超えたら警告表示、1GBからは激遅になる設定になってました。
……シニアスマホと普通の Android は、設定画面から操作方法からぜんぜん違うから、該当項目を探し出すの苦労したよ…… ┐(´〜`;)┌
ちなみに現在のパケット使用量は、39MBでしたww



本人と顔を合わせての説明ができないので、↑の画像を添付した解説メールを、右手のMYスマホから左手の父スマホにメール送信し、看護師さんへと「メールチェックするようにって、伝言お願いします」とお預けしてきました。
まったく本当に人騒がせな……<使用中に画面が薄暗くなったのは、マナーモード時には画面輝度を自動調整するの設定になっていたから

っていうかですね、朝早くのメールは勘弁してくれと母が頼んだら、今朝は6時ぴったりに送信してきやがったらしいですよ。そりゃ四時半よりは待ってくれたんでしょうけどね。
母は目覚ましに携帯使ってるから、就寝時にもバイブを切れない=着信した時点で目が覚めちゃうんだってばよ……っていうか、めったに着信のない母の携帯に早朝のメールなんて、緊急連絡かとドキドキするじゃん……(−ー;)
No.2072 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
エビチリ  2020/08/01/09:52:19
Janさんの指定糸がKordonek 10ってコルドネ10番のことみたいなので、神崎さんの糸の太さの表を見ると実はロワールコットンは結構近いんじゃないでしょうか?
少なくとも日本の#20よりは細そうですよね。


私てっきりアロングさんはそのパイナップルの方なのかと勘違いしていました^^;
ぐるぐるターンだけでパイナップル表現されていて、遠目で見るとクロッシェドイリーに見えますね。面白いです〜。

どうやら今度はHamonyというお名前のtat-alongも始められたようで、そちらの完成も楽しみです。
素敵な作家さんを紹介して下さってありがとうございますvv
 
No.2077
 
神崎真  2020/08/01/21:09:04
エビチリさん、こんばんは〜^^
そうそう、私もどこだかでJanさんの使用糸はDMCだというのは見かけた気がするんですけど、記憶が曖昧で……って、ポーランド語表記の方、ぜんぜん見てませんでした!! 確かに「 kordonek nr 10 」の文字が Σ(゜ロ゜ノ)ノ
コルドネ#10なら、単純に重さと長さの比較だと、ロワールコットンよりまだちょい太め。ダルマの葵#30とミルフローラ#20の間らへんっぽいですねえ。
書籍の完成写真を見る感じ、Janさん実はけっこうリングを締め上げる人なんじゃ疑惑もあったりして、大きさの予測は難しいです(しみじみ)

> てっきりアロングさんはそのパイナップルの方なのかと

実はコメントお返事拝見していて、最初は「アロングさんに模様なんて浮かぶっけ?」と思ったんですが、14日ドイリーの写真を見てなんとなく納得してました(笑)
面白いですよねえ、タティングレースでパイナップル模様。
新しい方も、こちらはしっかり結び図を描かれるようで、ほんとに先が楽しみです^^
 
No.2079

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202007282072


No. PASS

<< 2020年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 黒本の窓飾りII

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41