よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 算数は難しい
2020年01月15日(Wed) 
ミストヤーンで目指せ三角ショール。1玉目を使い切りました。



底辺部分がちょっと反り気味になっちゃっているのは、斜辺が短い=糸を締めすぎなのでしょうか。もうちょっとふわっとした手加減を心掛けた方が良いんですかね?
あ、手触りは期待通りふかふかで、試しに手の甲とかに乗せてみると、すぐにポカポカしてきます。やっぱりミストヤーン良いわあ(*´Д`)
……しかしこの段階ですでに白い部分が2段にしかならないということは、今後編み進めていくに従って、あっという間に白が1行に満たなくなるのでは(汗)

で、この段階で、底辺がおおよそ60cm。高さが29cmになっています。
と言うことは、底辺×高さ÷2で、1玉でだいたい870平方センチの面積を編めているはず。

ではここでいつもの恒例、今後の概算を……してみようとしたんですが、私の算数レベルではにっちもさっちも行かず(^^;;
検索してみたら良さげなサイトがあったので、頼ってみましたww

■直角二等辺三角形 - 高精度計算サイト
 https://keisan.casio.jp/exec/system/1260249629

糸玉は5個買えているから、870平方センチ×5玉で、ざっと4,350平方センチほど編めるはず。
で、その数値を↑上記サイトに入力した結果は、



底辺(幅)が130cmぐらい、高さ(丈)が65cmぐらいになる、のかな?
ただしミスをしないことが前提条件。

うーん……三角ショールとしてはぎりぎりのサイズですかね。やっぱりせめてもう1〜2玉は、ディープブラウン欲しかった〜〜(>△<)
No.1755 (創作)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/202001151755


No. PASS

<< 2020年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 算数は難しい

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41