よしなしことを、日々徒然に……
※ 2017年以前の記事は こちら になります ※



 ときどき広げましょう
2019年06月06日(Thr) 
えー……このところめっきり、レース関係の記事をUPしておりませんでしたが。
このブログって元々、読書とモノカキ関係の記録がメインなので、どちらかと言うと本業に立ち戻っていたってことで (。・ ω<)ゞてへぺろ

で、まあ今日は久々にテレビが長時間空いていたので、溜まっていたクイズ番組2本と池の水抜くスペシャルを消化しつつ、ひさびさに2015春の最終段を進めておりましたのですが。



……うん、早くに気付いて良かったね(笑顔)



繋ぐべき箇所を、まんまと1個飛ばしちゃっていました<このあと解いて直した
だから『ながら作業』はすんなって話なんでしょうが……でも比較的単調な目数のレースを編んでる間は、空いてる耳と脳味噌が勿体ないんですもんww

これが棒針やかぎ針ならそうは行きませんが、2〜3目ぐらいなら手元見てなくても進められるのがタティングの醍醐味だと思うのですww

……まあ、とりあえず大物作っている時は、たまに広げて手元を確認するのが大事ってことで(^^;;


話は変わりまして。
だいぶ長いことお世話になった(2012年に購入……って、この記事に書いてたガラスポット、その後購入してさらに割っちゃいましたけど、これ大きさといい形といい、個人的ヤーンボウルの条件にぴったり、かも?)&そろそろ汚れてきた戸口の暖簾を、もうちょっと丈が長いものに買い替えてみようかなあという気持ちで、近場のホームセンターなどを覗いてみたのですが。
どこも現在と同じ、150cm丈のしかありませんでした _| ̄|○<欲しかったのは170cm丈
しかもできれば、2つ割れでなく3〜4つ割れとかのが欲しいんですが。




↑こんなので、できるだけ透けない、でも遊び心を感じさせる柄つきタイプ。
……もういっそ自分で仕立てたほうが早いし楽しめるかとも思いつつ、おそらく布代だけでめっちゃ高くつくんだよなあ(遠い目)

あ……安い無地のやつ買って、タティングのモチーフとかブレードを貼り付けるなんて方法もありかも……?(こら待て落ち着け)


追記:
ガラスポット、本体は割れましたが枠だけ残っていたので、サイズを確認してみたところ……



ほとんど減っていないPuPu40g玉は、さすがに無理そうでした(苦笑)
ああ、中が見えることといい、ガラス製で適度に重いことといい、持ち手付いてるから持ち運びしやすいうえ、注ぎ口のところにちょっとだけ隙間が開いているから、編みかけと糸玉を繋いだ状態で蓋を閉められ、また糸を切らない状態で出し入れもできるという、本当に理想的な形状なのに……っ(><)
No.1277 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
タカコ  2019/06/08/11:02:36 [HOME]
解きましたか!!
棒針やかぎ針と違って、解くのは苦労ですよね。
気を付けて、、と、やってるのですが、私も朝から間違いを発見。(^^;
前回より、少し小さな小袋を作りました。一応、一筆書きが出来ました。(*^▽^*)

 
No.1279
 
神崎真  2019/06/08/16:20:02
はい、解きました(笑)
私けっこうポカミスしまくるので……以前、円形ドイリーでぐるっと一周終わって最後を繋ごうとしたら、一番最初で間違えていた時にはさすがに絶望しかけましたが……(遠い目)

そしてそして、小袋アレンジ第二弾!
今度はその1モチーフを2枚合わせた形に作られたのですね。これまた可愛いです〜〜(*´Д`)
私は黒糸で作ったせいか、このデザインにいかめしい印象を持っていたのですけれど、リボンや白い石と組み合わせると、また雰囲気が変わるんですね。
ポプリを入れてサシェにするなんて使い方もできそうvv
素敵アレンジを見せていただいて、ありがとうございました♪
 
No.1280
 
sakura  2019/06/08/21:29:05
>早くに気付いて良かったね
ほんとソレ!!
結っている段ならともかく前段のミスに気づいたときには
ちょっと生きた心地がしないこともあります。
普段はレース針で糸を拾うので角無しのシャトルの方が使いやすいのでしょうが、
間違いをほどくために角ありを使っているようなもんですよ(笑)

ガラスポット、いいですね!見た目もお洒落になりそう♪
 
No.1281
 
神崎真  2019/06/08/22:00:44
sakura さん、こんばんは〜

> 前段のミスに気づいたときには
> ちょっと生きた心地が

うっわー、想像しただけで冷や汗モノなっ(゜◇゜lll
そしてツノありシャトルのメイン目的がほどくためってのは、激しく同意です。
以前、セリアのシャトル下半分を2つ組み合わせて、なんちゃってクラシックシャトルにしてみたことあったんですよ。でも間違いをほどくことができなくって、めちゃめちゃストレスでした。同じ理由で、先端がレース針になっている海外製ボビンシャトルも使いこなせそうにないです(´・ω・`)

ガラスポットでヤーンボウル、ちょっと見た目おしゃれで良いですよね!
ああ、これで手付かずPuPuが中で転がってくれるサイズだったら、迷わず買い直したんですけど。
ダイソー糸やDMC、あるいはリズベスあたりの20〜25g玉なら、良い感じに転がってくれるかもなのに〜〜っっ
 
No.1282

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
  ※ https: で始まるURLは、書き込めないことがあります。お手数をおかけしますが、 http: と「s」の字を抜いて入れてみて下さい。
 
本文
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary2018/sfs6_diary_tb.cgi/201906061277


No. PASS

<< 2019年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
最近は小物作り(主にタティングレース)などにも没頭しています。

サーチ :



 with Ajax Amazon

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

 最新の記事
 ときどき広げましょう

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  




Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41