よしなしことを、日々徒然に……



 破壊と創造と電脳のドタバタ……破壊
2016年09月01日(Thr) 
新しい椅子が届き、比較写真も撮影したので、お役御免となった古い椅子。
捨てようにもそのままでは処分費用がかかってしまうので、ゴミ袋に入るサイズにまで分解・分別することにしました。
どうせ部屋が汚れるし汗もかくだろうからと、朝起きてすぐ、寝巻き用のTシャツ姿でそのまま作業を開始。



後先考えず、壊すだけ壊していいものがあるって、なんだかテンションが上がりますね(笑)
とにかく外せそうなネジは目につく端から取りまくり、プラスチック? 塩化ビニール? 的な柔らかい樹脂部分は、ハサミで切ったり力まかせにひっぺがし。

……途中、「あのな、パソコンにプリンターのソフトが入ってなくてな、それでインターネットに繋がってないとインストールされないとかって?」なんて言う父の邪魔が入ったり(とりあえず、プリンタドライバなら、本体買った時にCDついてきてるはずだから探しなさいと追い返し)とかしつつ。それでも一時間弱。十時半頃には、ここまで分解できましたww



背もたれの裏に、なんかチョークで8? って書いてあるとか。
あっちこっちのネジがすごく取りやすい = 緩みまくってるあたり、やっぱり普段からメンテナンスしなきゃ駄目だなあとか。
加重がかかってただろう位置のネジが半ばまで削れてて、これいつ折れてもおかしくなかったんじゃ(((( ;゜Д゜)))) ガクガクブルブル とかとか。

特に座面を外した部分は、改めて見るとすごかった……



溶接が外れてるどころか、金属部分に完全に亀裂が入っていました。
しかも複数箇所(汗)



ざっと見ただけでも六ヶ所割れています。
前述の通りネジも削れてたりしましたし……むしろ今までよく保っていたというか、いきなりバキッといって怪我せずにすんだものだと、改めて怖くなりました。
本当によく頑張ってくれたね、旧椅子くん。今までありがとう(合掌)

そして心置きなく破壊活動にいそしんだあとは、ここからさらにキャスターなんかも取り外したのち、金属ゴミと燃やせるゴミ(燃えるゴミにあらず)に分別。
それぞれのゴミ袋ひとつずつに、無事収まってくれました。


……途中でまた、CD出てきたからプリンターを使えるようにしてくれと言われ、今さらながらのXPノートにドライバやら関連ソフトをインストールしていたら、途中でフリーズしやがって最初からやり直しになったり。
途中で父が出かけちゃったので、どうせならとディスククリーンアップ・エラーチェック・最適化のコンボもかけておいたり。
そうしながら、細かいホコリやプラスチック片・金属粉が散った部屋に掃除機かけて、ついでだから棚やら窓やらも拭いて、と。

案の定、大汗かいたので昼シャワー浴びてすっきりして。

……なんかこう、朝っぱらからあっちとこっちを行ったり来たりで、かなりせわしなかったです(^ー^;;)

そうして一汗流した昼過ぎからは、創造作業ですよ。

写真が増えたので、それはまた次の記事で。
No.7807 (日常)


 破壊と創造と電脳のドタバタ……創造と電脳
2016年09月01日(Thr) 
前の記事からの続き。

椅子を破壊したあとは、椅子に関する創作作業です。
新しい椅子には肘掛けが付いているため、上であぐらをかくことができなくなりました。
座面を一番下まで下げてもまだ床から足が浮いてしまう私には、正直ちょっと辛いです。
なので今までもたまに足置きにしていた小さめの腰掛けを、オットマン代わりにできないものかと思ったのですが。



しかし私が使っているその椅子は、作りこそ頑丈で微塵のグラつきも存在せず、持ち運びも簡単で高さに至っては絶妙という逸品なのですが……しかしいかんせん、母が学生時代に足踏みミシンで使用していたという、私よりもはるかに歳上な年代物。腰掛け部分の革を一度張り替え、さらにその上から布のカバーをかけていたのににも関わらず、どちらも長い年月でボロッボロになっていて、かなりアレな状態です。

なので母に「パソコンメンテナンス代に、カバー作ってvv」とおねだりしてみたのですが。
返ってきた答えは、「指導はするから、自分でやんなさい」と。

えーーーー……
でもまあ、それも楽しいかもしれないと思ってしまった、最近のハンドメイド熱上昇傾向。
そんじゃいっちょやってみるかと、教えを受けてみたのですが。

しかしやっぱり甘かった。
母は根本的に、人に教えるのに向いてない人なんですよ。いや私もその傾向はあるんですが。
自分ができることを、なぜ人ができないのかが判らない。基礎を押さえていない人間に、いきなり応用から入らせる。そんなタイプです。

今回も、私が布を選んで持ってきたところ……



いきなり実物に被せて、目分量で立体裁断ですよ。
「折り返しはこれぐらいかしらね?」じゃねえよ。私がそんなにギリギリの位置縫えるわけないだろ!? 洋裁学校でトルソー(人形)相手に経験積んできた自分と一緒にすんなよ _| ̄|○

しかも切った布を四つ折りにして、中心位置にアイロンで印(↑の十字の折り目)をつけさせたら、そこを椅子の(だいたい)中央に合わせて、まち針をぶっ刺し固定。



「布の下のラインをきっちり合わせて、角で折り込んで留めてね。布の角もずれないよう、ちゃんと気をつけてよ」と。
指示通りになんとかまち針を打っていったら、ようやく椅子から外してアイロンで折り目を押さえてから、折り目を伸ばしてそこをまっすぐミシン掛け。

……ここからはもう、写真撮ってく余裕なかったんですが(^ー^;;)ゞ
折り目の位置で縦に四箇所ミシンをかけたら、裾にロープを通すための細長い布(3cm幅ぐらい)をぐるっと縫い付けて、アイロンで縫い代割って……あっち折ってこっち折って、ミシンでそこ縫ってここ縫って。

アイロン定規? なにそれ美味しいの??

縫い代を折り込む幅? だいたいこれぐらいで、ぐるっと一周まち針打っていって。幅が一定になるようにね。目で見ればだいたい判るでしょ? あ、そこ斜めになってるじゃない。
ミシンを掛ける位置は、できるだけ端っこでね。じゃないと、仕上がりが美しくないわよ。

……こんなざっくりな指導についていける人間、ぶっちゃけそうはいねえと自負するぜ私は!?!?

で、もって。
最終的には、なんとかこうはなりました。

Before(布カバーはボロボロすぎて、写真取る前に崩壊しました)→

→ After

最初の写真でまち針打ってる時は、あれ布の裏側なので、こっちの色のが実物に近いです。かなり濃い目のデニム生地。実物はもっと黒に近いぐらいです。
裾はグレイのカラーロープを通して絞り、ロープの端を内側に押し込んで隠しています。

おお、なんか見た目はすごく格好良くなった!
軽く半世紀は前に購入された椅子が、これでまた十年ぐらいは使えるようになったんじゃないでしょうか。
……まあいちおう、なんとかカバーの作り方も教わったし?
次にボロボロになった時は、自分一人でなんとかできる、かなあ。

ちなみに完成後の母の言葉は、

「自分で作ったほうが楽だったわ……(ため息)」

でした。
どーせね、どーーーーーせねっっっ(泣)


ちなみにこの作業中には、午前中に設定したプリンターを使おうとしたら、なんかエラーが出ると父に言われて、またも中二階にある仕事部屋と行ったり来たしながらのミシン掛け。
……結局の原因はプリンターではなく、会計ソフトの印刷用フォーマットデータが壊れているせいらしく。
とりあえず父と、あとうちの仕事継いでる次兄に、別のフォーマットで印刷するか、一度データのバックアップ取って、会計ソフトをアンインストールして入れ直すかのどちらかだろうとアドバイスしておきました。

ってか、わざわざXPを一台だけ残していた理由が、その会計ソフトがビスタ以降に対応していないからなんですよね。なので遅かれ早かれソフトの乗り換えはしなきゃいけないんだから、これを機に乗り換え先を探してみるのも良いんじゃね?

ちなみになんで今さらプリンタ関係でバタバタしてるのかって言うと、昨日その「残していたXP」が、いきなり電源が入らなくなってしまったのがそもそもの発端でして。なんでも古い機械すぎて、もう部品がなく直せないとのこと。
幸い、データは半年ぐらい前にUSBメモリへバックアップしてあったので、倉庫にしまい込まれていた母のXPノートを引っ張り出してきて、バックアップを移し、消えた半年分のデータは夕べ深夜までかかって入力して、今日明日中に8月分の請求書を作って発送せねばならないドタバタという次第でして。

なんで寄りにも寄って月末日に……というのが次兄のボヤキでした。

そして昨日は昨日で次兄から、「とりあえず入力したところまでまたバックアップ取ったんだけど、保存日時が今日にならない! なんで!?」とかお約束のヘルプが入ってきてたりとかしてたんですが。
はい、パソコンよくやる方ならもうお判りですね。
二年半も電源入れずにしまい込まれていた、バッテリ駆動のノートパソコン。
しかもサポート切れてるOSだから、ウイルス対策にと、ネットには繋がずスタンドアロンで動かしています。

……まず最初に時計の時刻を合わせようよ……っていうか、タスクトレイの時刻表示がおかしいと気付こうよ……

指摘したら次兄にはめっちゃ感謝されたので、まあ役に立てたのは良かったですけど。

みなさんも経験ありませんか? すっごい過去とか、すっごい未来から届くメールww



そしてその後。
結局、すったもんだの挙句にまたもドタバタし、夕食も早々に掻き込んで大至急のエクセル仕事を片付ける羽目になったのですが。

そこらあたりは長くなるので、また明日……

とにかく濃いい一日でした………………(ため息)
No.7808 (創作)


 更新情報(2016年09月02日)
2016年09月02日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」に、著作権切れテキスト「名馬の犯罪」八話目をUPしました。原作はシャーロック・ホームズの『銀星号事件( Silver Blaze )』。大正時代の三津木春影さんの翻案です。

今回の面白どころは、原作では羊だったのが豚に置き変わっている部分でしょうかww
当時の日本では、たぶん羊なんて出しても、馴染みが薄くて判りずらいという判断だったんでしょう。
「マトンのカレー煮( curried mutton )」なんかも、単なる「ライスカレー」に変更されてましたし(第三話参照)。
当時はライスカレーで充分、外国風のお洒落な料理だったんだろうなあ……
No.7809 (更新)


 パソコン作業は好きだけど
2016年09月02日(Fri) 
そこらあたりは長くなるので、また明日とか昨日書いていましたが。
なんかもう、ブログ記事書く気力もごっそり奪われたというか。
とりあえずサイト更新は、事前に準備しておいたので、アップロードするだけですみましたが。

ええとですね。
父と次兄が仕事の会計処理に使っているXPデスクトップ(ネットワークに繋いでいないスタンドアロン運用)が、いきなり起動しなくなったのが月末日の8月31日のこと。
電気屋さんでは、おそらく電源スイッチ部分の故障だけれど、古くてパーツがないから直せないとバッサリと。

8月分の請求書をまだ印刷していなかったので、早急になんとかせねばならないと、次兄はもはやパニック状態。
幸いにも2月あたりに一度バックアップを取っていたので、倉庫にしまっていた母の旧XPノートを出してきて、会計ソフトをインストール(この会計ソフトがXPまでしか対応していないのが、そもそもの原因)。バックアップデータを移植。
で、31日の深夜までかかって、次兄は半年分の消えたデータをなんとか入力終了。
そして1日になって、私がプリンタドライバをインストールしてから請求書を打ち出そうと思ったら……エラーが出て印刷されない。

このエラーがまた意味不明で。
いろいろ調べた結果、問題はプリンターではなく、会計ソフトの印刷用フォーマット(雛形データ)が壊れているのだと突き止めるのに、また一騒動。

で、8月末段階のバックアップを取ってから、会計ソフトをアンインストールして、もう一度入れなおしたのですが、やっぱり直らない。
っていうか、アプリを削除して入れ直してるのに、起動してみるとパスワード設定も、入力した8月分までのデータも全部そのまま残ってる = 幾つかのフォルダとかレジストリとかが消えきってないっぽい。壊れた雛形データも、その消えない部分に含まれてるのか?

で、再びアンインストールしてから、Cドライブ内を探って関連するっぽいフォルダをリネーム、改めてインストールしたら……会計ソフトが起動すらしなくなって _| ̄|○
しかもリネームしたフォルダ名を戻してインストールし直しても、やはり起動しない。どんどん状況が悪化していく(滝汗)


そこで次兄が「システムの復元」という手段を思いついたのですが。
……復元ポイントを確認してみたら、一番古いポイントでもわずか四十分前という状態ですよ。
もはや神に祈る気持ちで復元してみたら、会計ソフトが入っていない状態。そしてもう何回目になるかも判らないインストールしてみると……起動した!!
相変わらず設定も入力済みデータも残ってる状態で、しかし請求書の印刷はできないという、巡り巡って元に戻った状態。

で、もういろいろ諦めて、壊れていない別の雛形データで印刷することに。

……最初からそうしろって?

でもそのフォーマットって、専用の請求書用紙に印刷する用のレイアウトで、例えば日付部分は「28 8 31」って印刷されるし、トップの「請求書」の文字どころか、「伝票番号・品名・数量・単位・金額」といった見出しも罫線も存在してない仕様なんですよ。そんなものをそのまま送ることはできません。そして専用の用紙なんてうちにはないし、それ用のプリンターもない。そもそも多分もう、その用紙生産すらされてない(−ー;)

仕方ないので、やりましたよ。
それぞれの要素が印刷される位置に合わせて、エクセルで作りましたさ。中身の入ってない白紙の請求書用紙雛形を! 超特急で!!
プリントアウトしたそれを、もう一度プリンターの用紙トレイに突っ込んで、会計ソフトで二度目の印刷にかけるために!!!

日付とかだってばっちりしっかり「28 8 31 」って印刷されるように、ミリ単位で位置合わせしたよ。次兄に「すげえ!」「まさかここまで違和感ないとは」と言わせたさ!

……重ねた紙を電灯に透かして位置合わせしたのなんて、いったい何年ぶりだろう……?
こういう仕事をしていた頃とはエクセルのバージョンが変わり、操作方法もまったく異なってきているので、正直ちょっと自信なかったんですが。
久々にすっごい集中して様式作成しました(ため息)

なにしろ請求書の発送は特急でやらなければならないし、それに今日は今日で私も仕事に出かけなければならないので、昨夜中に仕上げなければならなかったんですもの。

そして今日は今日で、あと六回の出勤日で仕上げなければならない、断面図2枚と立面図4枚のCAD入力が待っているし(遠い目)
CAD作業はまったく苦にならないんですけど、問題は図面の解読でして。
断面図を入力するのに必要なのは、断面図だけじゃないんですね……基礎伏図と床伏図で梁の横位置と規格を確認して、梁の仕様図でそれぞれのサイズ確認して、あとなんだっけ? 柱の太さと位置を確認する図面と、壁の厚さが書いてある図面と、床の高さは平面図に注意書きがあって、各部屋の床の厚さと梁の取付け高さを確認するのがスラブ図だっけか? ……それから建具表でそれぞれの窓とかドアとかのサイズを確認して、それを取り付ける位置は断面詳細とか立面詳細を見比べて……作り付け家具の位置とサイズも、平面詳細とかでチェック……ちなみにサイズは全部ミリ単位での指定。

もう脳みそがパーーーンッッてなりそうな(−ー;)


……そんなこんなで、肉体的にはともかく、頭が疲れた昨日から本日にかけてだったのでした。
明日は、明日はレース編みでリフレッシュしてやるんだ……っっっ
No.7810 (電脳)


 2016年09月03日の読書
2016年09月03日(Sat) 
本日の初読図書:
■悪役令嬢の領地経営術(ただし、人外に限る)
 http://ncode.syosetu.com/n6854dm/

地方騎士ハンス〜のアマラさんの短編。
悪役令嬢の濡れ衣を着せられ魔物しかいない僻地を開拓しろ(意訳:適当に野垂れ死んでこい)と左遷された貴族の少女と、部下すら連れていけない彼女が「持ち物」として連れて行った奴隷の少年の成り上がり的な?
いかにもアマラさんっぽい、ぶっ飛んだ(褒め言葉)感じのお話です。ただあらすじメモに近い感じなので、小説だと思って読むとちょっと物足りないかも。

■脱ハーレム勇者パーティ!〜ハーレム勇者から脱出した元奴隷のお話
 http://ncode.syosetu.com/n0190cw/

異世界召喚された勇者……に買われた幼女奴隷が、厨二病あふれるハーレム勇者を冷たい目で見下しつつ、ザルのような考えなしの隙をついて合法的に己の身分を買い戻し。逃げた先で幸せになるお話。いちおう完結済。
本編は前中後編と短いですが、続く番外編がほぼ第二部というか、そっちの方が長い上にストーリーも進んでいます。勇者ザマアもしっかり入ってますし。元奴隷の子が、すごく有能な上に努力を惜しまないタイプなのがまた好感度高く、そのぶん勇者とハーレム要員側にヘイトが溜まっていきます(笑)
個人的にはギル少年とのその後とか、あともう少し欲しかったなあ。
No.7811 (読書)


 昭和生まれの電子機器好きあるある
2016年09月04日(Sun) 
先日の、会計管理用パソコンが壊れた件でバタバタしていた、我が家の仕事部屋ですが。
インストール用のCDとか探してあちこちをひっくり返していた時に、こんなものが出てきていました。

 

MS−DOS時代の、PC−98用5インチフロッピーww
しかも3つのうち1つは未開封品ww

なんかもう懐かしすぎますわ……
これを実際に使っていた頃は、パソコンの事なんてまだ全然知らなくて、たまーに一太郎で文章作るぐらいでしたから、正直DOSとか98とかいった用語の意味も、ちゃんとは知らないんですが。
うちにあったパソコンでは、フロッピーディスクドライブが二つついていて、ひとつに一太郎が入っているこれぐらいのサイズのフロッピーを差し込んで、そこからアプリを起動。作った文書はもう一方のドライブに差し込んだフロッピーに保存、していた記憶があります。
ファイル名を全角四文字以内で収めないといけなかったのは、もっとあとまで続いたんでしたっけ……?

「おお、電源切ってもデータが消えない! しかも複数を保存しておいて、あとから好きに呼び出せるなんて!! 便利な世の中になったなあ(しみじみ)」と、喜んだことは記憶にあります。

ちなみにこの話を二十代後半の人にしたら、「フロッピーっていうものがあったってことは、なんか覚えてます」って言われました。
そっかー、そうだよなあ……ってか、それたぶんじゃなくても3.5インチディスクのことですよねえ。
5インチの前には8インチも存在したんだぜ……? ってか、フロッピーから一太郎を起動していた時代には、もしかして8インチを使っていたかも??<すでに記憶がおぼろ

二十年前にはもう、スマートメディアとかMOとかCD−ROMとかが出まわり始めてたもんなあ。彼女がパソコンを使い始めたのが中学生の頃だとしても、既にSDカードとかメモリースティックとかの時代かなあ。

自分で使用した一番古い記憶媒体が、ワープロのカセットテープだった私には、「ああ、これがジェネレーションギャップというやつか」となんか感慨深いものが。

しかも箱の底には、やはり未使用とおぼしきVHSのビデオテープがww



まったく、もったいないなあ。しょっちゅうテープが足りなくなっては、どれを潰して新しいのを録画するかで、あんなに頭を悩ませていたのに……消されないように爪を折っておいても、中途半端に頭の回る父に、セロテープ貼って上書きされたことが何度あったことか。

そんな、一部の世代の一部の人間しか判らないネタですが、共感していただける方はきっといるものと。


そして本日のタティングレース>

レースを始めて六日目に挑戦した、フリーの花モチーフのリベンジです。



■【タティング】花モチーフぁ撻皀繊璽奸曚虜遒衒|編み物|編み物・手芸・ソーイング
 http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/34706.html

左二つが、以前に作成したもの。右のシナモンゴールドが今日作ってみたもの。
ようやく、ようっやく、ぶら下げ部分(右上の丸いとこ)が歪まなくなりました……
説明書きになかったので当時は判らなかったんですが、これシャトル二つ使って作るモチーフなんですね。今まで一個で無理矢理結っていたが故の歪みだったと。
ぶら下げ部分はサブシャトルで作らなきゃいけないし、花から茎へ移動する部分でもシャトルスイッチした方が良い。あと最後の葉っぱでもまたシャトルを持ち替える、と。
書いておいておくれよ、そういう大事なことは……(しくしくしく)

■【タティング】花モチーフ 撻皀繊璽奸曚虜遒衒|編み物|編み物・手芸・ソーイング|作品カテゴリ|ハンドメイド、手作り作品の作り方ならアトリエ
 http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/34291.html

同シリーズのひとつ目のモチーフには、そこらへんのことが書かれていました。
でもこの一個目のモチーフ、何故か「関連作品」に表示されないのですよ……おかげで存在に気がつくのが多大に遅れました。
一番最初にこの,ら始めてさえいればっっっ

……そして今回も今回とて、花の中央のリングがうっかり裏返しになっちゃっていたり。
気をつけていたつもりだったのになあ(´・ω・`)
No.7812 (電脳)


 2016年09月05日の読書
2016年09月05日(Mon) 
本日の初読図書:
「ドラゴンは寂しいと死んじゃいます 〜レベッカたんのにいたんは人類最強の傭兵〜」〜ケーキ屋さん開店 後編
 http://ncode.syosetu.com/n3450dm/

悪魔もかくや。本当に人間か、オークやオーガではないかと疑われるほどの凶悪な外見と、常識はずれな戦闘力や頑丈さを備えた傭兵、アッシュ。
銃で撃っても槍で刺しても傷ひとつ負わず、大砲を肩に抱え上げそのまま発射してみせる。そんな彼を敵も味方もみな恐れ、遠巻きにしていた。
しかしそんなアッシュの内面は、ごく平凡な少年……というより天然であった。
誰もが彼を三十代後半だと思っていたが、その実年齢はわずかに17歳。
マスケット銃に撃たれると痛いし、肩にカノン砲を抱えて撃てば、耳がキーンっていうから嫌。
将来の夢は料理人か農民だったのに、戦いなんてしたくない。どうせ名誉も報奨金も貴族たちが横取りし、アッシュのものにはならないのだし。
そもそも彼が傭兵になった理由は、たったひとつ。口減らしで売られた先が傭兵ギルドだったという、単純にそれだけだった。
(もう争いは嫌だ。この戦争が終わったら、どこかに土地を買って牧場でもやろう。そうだスローライフだ!)
酒も賭博も女もやらない彼は、溜めた給料をはたいて畑と屋敷を買い、そうして傭兵を引退した。
広大な農地に大きな家、しかも湖に近いという素晴らしい物件だ。
しかしその村は戦乱で焼け、現在は廃墟のような場所に行き場のない老人や女子供が20名ほど住んでいるだけという、荒れ果てた場所。アッシュが買った屋敷もすっかりボロボロになっている。床が抜け雨漏りがし、廃屋も同然だ。
しかしアッシュは燃えていた。なにせ憧れのスローライフなのだ。
そんな彼があばら屋で一人眠っていると、夜中に助けを求めて泣く子供の声が聞こえてきた。どうやら裏の涸れ井戸に女の子が落ちているらしい。
痛々しい鳴き声に、アッシュは助けに行ってみる。そうして彼が見つけたのは、小さな小さな、小型犬ほどのドラゴンであった。
生態系の頂点にいる、圧倒的な身体能力と魔力を誇る生き物。それがドラゴン……のはずなのだが。
「水を飲もうとしたら落ちちゃって、そしたら羽が痛い痛いなの」
まだ幼いらしいそのドラゴンは、アッシュを恐れる様子もなく舌っ足らずに話しかけてくる。
寂しいと死んでしまう、かまってちゃんなちびドラゴンことレベッカ。
恐ろしげな見た目に反して、料理や裁縫といった女子力がやたらと高い不死身の傭兵アッシュ。
そんな二人が出会ったところから、新たなる物語が始まるのであった……

ほのぼの(?)異世界ファンタジー。連載中。
トリップでも転生でもなく、現地主人公です。
アッシュとレベッカの周辺は、ひたすらほのぼのというか、お互いニコニコ幸せ天然生活ですが、国自体は戦争まっただ中で、人がゴミのように死んでいってるエグい世界観。ってか、アッシュさんも恐れられるだけあって、敵兵をぼこぼこ殺してます。でも罪悪感とか全然持ってません。そこらへんからしてド天然。
ドラゴンどころか、その子供のおつきにすぎないアークデーモンでさえ、不興を買えば一国丸ごと灰と化せる絶対的強者ですが、アッシュは全然動じてないし。っていうかきっと、本気で戦いになっても負ける気がしないww
まだ始まりたてなこともあって、ストーリーがどこへ向かっていくか今ひとつ読めませんが、まあ続きを追っかけて行ってみたいと思います。
No.7813 (読書)


 なんでこんなの思いつけるんだろう?
2016年09月06日(Tue) 
昨夜早めに布団へ入ったら、例によって三時間ほどで目が覚めてしまいその後どうにも寝付けないので、懸案事項だった件を進めてみました。

結果、



……うーん……(悩)
タティングレースで海外のフリーモチーフ Candlelight Snowflake のモチーフに挑戦した時に、どうしてもできなかった『ビーズを通した先でリングを作り、また戻ってくる』という結い方なんですが。
説明文が英語のため、いっくらあちこちの翻訳サイトにかけてみても、さっぱり解読ができなくてですね……(−ー;)

あれこれ考えて、試行錯誤した結果なんとか、穴が大きいビーズでなら、この形にすることはできました。しかしレシピにある推定竹ビーズは、私の手持ちでは細すぎて無理。そもそもかぎ針が通らないですし。
「6 bugle beads or loose size 11 seed beads」とある。ルーズサイズってことは、やっぱり大きめビーズ推奨って解釈でOKなんでしょうか?
私のやり方では、穴のサイズが最低でもレース糸が3本、できれば4本は通らないと無理です。平たく言えば、タッチング結びをした状態のブリッジ+シャトル糸一本が通る穴が必要です。

……多分いろいろ間違ってるんだろうなあ……

レシピサイトの英文を(翻訳サービスにかけて)何度も読んでみるだに、なにか新しい技法( Loop Tatted Ring ?)を編み出されたのかな? こちらのサイト主さんは。



…………って、あったーーーー!?!?



■Tatting - The Loop-Tatted Ring - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yxxuna3FSLI

これか、これなのかっっっ!?

……(ごそごそごそ)……



おおおおおおおおおお!?
今度こそ本当に、でーきーたーぞーーーーーー!!へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ!!
#40細めの糸とかぎ針が通らない細い竹ビーズで、作れましたよビーズの先にリングが!!

そんなに興奮するなと、どうかおっしゃらないで下さいな。
これはすごい画期的な技ですよ。まさかシャトルを使わないでリングを作成するとは思いもしませんでした。
レースというよりもむしろ、マクラメに近い発想かもしれません。
しかしリングを作成した後に糸を引っ張ってリングを締めるのは、まさにタティングレースならではの技法。よくぞまあ、こんなことを思いつかれたものです。
私なんて動画を見ながら実際に作業していても、いったいどの糸がどうなっているのだか、訳が判りませんでしたもん(苦笑)

このやり方なら、レース糸が2本通る穴さえ空いていれば、どんな小さなビーズの先ででも大丈夫です。
かぎ針や普通の針が通らない場合は、二つ折りにしたビーズ用ワイヤーとか、マジックスレッドに使用するようなミシン糸とかテグスを使えば、レース糸2本は充分に通せるでしょう。

いやあ、これはもうやるしかないか? Candlelight Snowflake のリベンジを!

■Candlelight Snowflake - ゥ1998-2009, Paradise Treasures
 http://www.paradisetreasures.com/candlelight.html

寝不足状態でフラフラしながら車運転して病院行かなきゃならなくて、危ないし頭痛いしで下がり気味だったテンションが一気に持ち直しましたvv


…………で、もって。



編める、編めるぞぉぉぉおおお!!
ロングピコで作成していた時と違って、きっちり長さが揃ってくれています。
それに前回は、長い先にあるリングがブラブラして互いやシャトル糸に絡まりまくって大変なことになっていたのに、今回はその度合いも少なく。
思わずもっと先へ先へと夢中になってしまいました。
おかげでこのLTRは、だいたいマスターできたと思います。次はもっとふにゃふにゃしちゃうだろうシードビーズでの挑戦かな♪

とりあえず、本日のところはここまで。



夕べ……っつうか昨日の夜、三時間しか寝れてないので、さすがにそろそろ頭が痛えッス……<今朝目が覚めたのが0時ちょい過ぎだった<それは朝じゃねえ
No.7814 (創作:: タティングレース)


 やっぱりこっちの方が
2016年09月07日(Wed) 
長さが揃って、綺麗に仕上がりますね<ビーズ通したロングピコ



そんな訳で、タティングレース、 Candlelight Snowflake のリベンジ、竹ビーズ入りバージョンです★



……例によってまーた、2目のところを3目結ってる場所があって、気になってしょうがないんですが。
あと途中で糸が足りなくなって継いだせいで、一箇所ブリッジが太いとか、スプリットチェインや糸始末部分がやっぱりよれてしまい、どこだかひと目で判っちゃうとか。
いろいろ、いろいろ気にはなるんですが。

それでも一回目に比べれば格段の進歩が見られるかと。
やっぱり反復練習って大事です(しみじみ)

それになんといっても今回は、ビーズの先でリングを作るという新たな技術「 Loop Tatted Ring 」をマスターできたのが大きいですしね!

■Tatting - The Loop-Tatted Ring - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yxxuna3FSLI

これを使うと、デザインの幅が大きく広げられそうですvv

……ああしかし、なんか親指の根本しかも両手が、いやーーーな予感がする感じに痛む、ような(汗)
あと左肘がだるい(−ー;)

今の私には、精神安定に小物作りが欠かせないんですが……
やっぱりずっと同じ角度で曲げてる左肘とか、結び目がずれないよう力入れて押さえてる左手親指とか、ひたすら同じ動きでひねり続ける右手首とかがまずいんだろうなあ……(´・ω・`)

先日、明日までの期間限定ポイントがもったいなくて、うっかりそこそこ上等なレース糸50gもポチっちゃったんですよねえ(ダイソーのは1玉20g)。ああ、もっともっと結っていきたいのに〜〜〜(><)
No.7815 (創作:: タティングレース)


 やっちまった
2016年09月08日(Thr) 
期間限定ポイントの使用期限にせっつかれて、うっかりこいつをポチッとしてしまいました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

オリムパス【プラチナレース糸】40番手 50g巻き
価格:345円(税込、送料別) (2016/9/8時点)



ついにちゃんとしたレース糸に手を出しちゃったよ……百均で糸が売られている = 材料代がかからないからと、始めたレース編みだったのに(遠い目)
ああ、ポイント式の販売計略に踊らされてるなあ(苦笑)

なおいつも使っているダイソーの糸と比べると……

  

糸玉のサイズにこれぐらい差があります。糸の長さは、ダイソーの#40が175mで、このオリンパスのは415m。
タティングシャトルにはだいたい12m弱巻けますから、シャトル35個ぐらい巻ける計算でしょうか?(まあ糸玉から直接使う量のほうが多いですけど)

あちこちのレビューを見る感じ、#40にしては太いという評価を散見しましたが、1本引き出して見比べてみても、



うん、正直見分けがつかないww オリンパスのほうが、気持ち撚りが細かめのような気がするような、しないような。
まだ実際に使ってみてはいないので、編み心地とか仕上がり具合とか耐久性は判りません。でも使い心地が良いようであれば、練習とか試作はダイソー糸でやって、本番はこれを使うという方向で行くのも良いかも?

……ってか200g大玉で買うと、20gあたりの単価が送料込でも167円って、ダイソーで10玉買うのとあんまり変わらないなあ……むしろ最寄り百均で売られてる10gで108円のポケットレース糸より安いんじゃまいか(どきどきどき)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

プラチナレース糸#40 200g大玉 【C4-12】
価格:1166円(税込、送料別) (2016/9/8時点)



って、200gも使いきれる訳ねえだろうとかセルフツッコミしてみつつ、気がつけば糸玉の比較写真を撮る際に、手付かず新品の糸玉が#20(太め)しかも色違いで3個しかなかったことに、自分でもびっくりしてみたり。
あ、あれ? 始めたばかりの頃に、「こんなに糸買っても使い切れないよ、どうすんだ」とか言ってたはずなのに……?
No.7816 (創作:: タティングレース)


 2016年09月08日の読書
2016年09月08日(Thr) 
本日の初読図書:
■ふむ、どうやら私は嫌われトリップをしたようだ(連載版)
 http://ncode.syosetu.com/n0063bz/

乙ゲー転生系、複数人の転生あり。
悪役令嬢ポジションを押し付けられた主役が、人でなしのヒロインやそれにたぶらかされて排除にかかってくる攻略対象者たちに淡々と復讐していくストーリー。完結済。
復讐がかなり容赦なくえげつないので、残酷描写ありの忠告を読み流して後悔されないように要注意。
あとエピローグにちょっとどんでん返しあり。素直に意表を突かれました。まあ、因果応報を与えたという形で神様もちゃんと仕事してたってことで、動機は不純でも良いっちゃあ良いのか、な?


■私は偽物
 http://ncode.syosetu.com/n1049bw/

私は頭が良くありません」の三浦安針さんの短編。
皇帝をも輩出する大貴族の家で、不吉な双子として生まれたが故に、本来ならばすぐに殺されるはずだった所を、10歳になるまで外に出てはいけないという予言を受けた兄の代役を務めるために生かされ、命がけで好成績を維持する名無しの妹のお話。
系統は「〜良くありません」と似た感じの勘違い系ですが、周囲の腐りっぷりが半端ありません。特に児童虐待しておいてそれにまったく自覚も罪悪感も持ってない父親最悪です。
あと勝手に身代わり作られた挙句軟禁状態で育てられ、周囲の評価はおそらく最低レベルのマイナス状態で社会生活スタートを余儀なくされた、兄の方も被害者の一人かと。
No.7817 (読書)


 更新情報(2016年09月09日)
2016年09月09日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」の「鵺の集う街で」で、「登場人物」にキャラを数名追加しました。
シリーズ目次はこちら

今回の追加は、ジグとスイとルイーザとアヒムの四名。
全員、店の常連達です。並び順はそのまま、名前が本文に表記された順番。フルネームは本文に出てきていないので書いてません。
……本人自体は、みんなもっと前から登場してるんですけどね。アヒムはプロローグでまだら頭を抱えてる兄ちゃんです。ジグとスイは四章目で台詞あり。ルイーザは七章目でスイの肩抱いて慰めてる姐さん。
これでおおむね、基本のキャラクターは出揃ったんじゃないかと。
あ、ルディの叔母あねが、逆にまだ名前しか出てないや…………あとまあ、書けるかどうかも判らないさらに先の時系列で絡んでくるキャラとかも、まだ脳内に何人かいるんですが<少なくとも二話目に続くことは既に確定してます(苦笑)

楽園〜の更新を挟んだので間が空きましたが、来週からまた鵺〜本編の連載を再開する予定。
気が向いたら覗いてやっていただければ幸いです。
No.7818 (更新)


 2016年09月09日の読書
2016年09月09日(Fri) 
本日の初読図書:
4063925072Q.E.D.iff -証明終了-(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 2016-02-17

by G-Tools
客達達から金を騙し取っていた、欲深き投資会社の社長。彼に恨みを抱いた三人の女性たちは、それぞれに殺害計画を練り、とあるパーティーの晩に実行する。ひとりは彼の自宅へ毒蛇を仕込み、ひとりは寝室で毛布をかぶっているところへ包丁を突き立て、ひとりは廊下を歩いている後ろから壺で殴り倒した。それぞれのアリバイ工作は完璧で、疑いを受ける心配はない……はずだった。しかし社長の死体は、何故か庭のプールに浮かんでいる状態で発見される。死体を移動させたのは誰なのか。そもそも実際に彼を殺したのは誰なのか。知り合いが騙し取られた柿右衛門の皿のためパーティーへ潜り込んでいた可奈は、皿が銀行に差し押さえられる前になんとかしてくれと、燈馬を引っ張り出してきて……「三人の刺客」
六年前。両親の仕事の関係で、燈馬とその妹は三週間だけ日本の小学校に通っていた。同年代の友達もでき、その兄のもとでアルバイトをするなど、それなりに楽しい時間を過ごした。しかし嫌なこともあった。アルバイトで向かった先で落ちていた自転車を見つけた結果、自転車泥棒の汚名を着せられたのだ。幸いにもすぐ濡れ衣だと証明はしたが、それでも良い思い出ではない。結局、真犯人は見つからないまま燈馬は再びアメリカに戻った。そして六年後の現在。燈馬の元へと裁判所から電話がかかってくる。かつて友人の兄が住んでいた家の取壊しに、立会人の代理として指名されたのだと。私物処分の許可証にサインをするため訪れたその廃屋には、どこか違和感があった。同行した可奈達が首を傾げる前へ現れたのは、六年前の友人。そうして彼が語り始めた、自転車泥棒事件の真相は……「自転車泥棒」

うーん……なんかこう、新シリーズになってから、ちょっと雰囲気が変わった気がするような。
ぶっちゃけ可奈ちゃんの見せ場が少ないです。すっかり普通の女の子になっちゃってるというか。そして後味が悪い話が多いような。
……面白いは面白いんですけどね。今回は数学要素や薀蓄がほぼ皆無な上に、微妙に詰めの甘い部分がチラホラと。女性陣が殺人に至る動機に納得がいかないとか(なんであの男を殺したら学資やみかん畑がどうにかなるのさ)、殺人事件かもしれない状況で警察がプールのあれを見逃してるとかはまだしも、台所のゴミ箱のあれを見つけてないとかどうなんだと。
ああでも、後半のお話で燈馬の両親がばっちり出てきたのには驚きました。もうこの二人は、『うちのカミさん』レベルで本編には登場しないキャラクターだと信じてましたもん。
さっさと自分の無実を証明してしまうと捜査情報が聞き出せないから、あえて交番で尋問を受け続けていた燈馬くんはやっぱり燈馬くんですが、それでも駆けつけてきてくれた両親に「ありがとう」を言えるあたり、ちゃんと家族の絆は育んでいたんだなあとしみじみと。

ところで加藤さん、こんど小説も出版されるそうで。

4062990849捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書 (講談社ノベルス)
加藤 元浩
講談社 2016-10-06

by G-Tools

もともとマンガで描かれているのが驚きなぐらい密度の濃いお話を書かれる方ですから、果たしてどんな薀蓄が繰り広げられることやら。
No.7819 (読書)


 やっぱり違いました
2016年09月10日(Sat) 
先日買った、オリンパスもといオリムパスのプラチナレース糸。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

オリムパス【プラチナレース糸】40番手 50g巻き
価格:345円(税込、送料別) (2016/9/10時点)



結いかけだったものが一段落ついたので、やっと使ってみることができました。



作成したのは、ようやく手が覚えてきたスクエアモチーフ。
油断するとすぐに間違えて解く羽目になるのは相変わらずですが、それでも何も見ずに結っていけるようにはなりました。すでに15枚ぐらいは作成しているし、リングやチェインが入り混じっているので、ダイソー糸との使用感の違いを見るのにはちょうど良いかと。



正直を言うと、最初はちょっと肩透かしな気がしました。
ダイソーの20g108円の糸と、あんまり変わらないような。これで定価だと5倍ぐらい、今回見つけた安売りのところでも、送料込みで3倍近い値段の差があるのか……と。

しかし結い続けているうちに、気が付いたのですよ。
リングがすごく閉じやすい。そして糸がほとんどねじれてこない。

私がリングを閉じる時は、いつも軸糸がよじれまくって、かなり強く糸を引っ張る必要があったんです。しかもその際にシャトル糸が結び目の中でしごかれるせいか、どんどん糸のねじれが強くなり、シャトルを頻繁にぶら下げてはクルクル回転させ、ねじれを取る羽目になっていました。

しかしこの糸だと、タッチングの中をすっと抵抗なく軸糸が通っていきます。閉じる時はもちろんのこと、失敗してほどく場合でさえ労力が格段に違います。シャトルをぶら下げる必要も激減。
ユーザーレビューに「すべりが良い」「引っかかりも無く編みやすい」「すべりや質感が良いらしくこれを使ったら他は使えないそうです」とか書いてありましたが、なるほど納得できました。

思い返せばシャトルに糸を巻いている時も、ちょっと手応えが違うなという印象はありました。ダイソー糸ほどキシキシしていないし、心なしか弾力がある感じ。
うっかり絡まって「うわやべえ」と思っても、無事にほぐすことができましたし。

結っていて間違えて、ツノの先で解いている時も、糸割れの頻度はかなり少なめ<皆無とは言わない
値段と品質はしっかり関係があるのだなと、確かに実感いたしました。

ただ、仕上がりについては……うーん、どうなんだろう(苦笑)



左がこれまで作っていた、ダイソーのレース糸製、右がオリムパスのプラチナレース糸。どちらも白の#40(細め)です。
ぶっちゃけ、艶で言うならダイソー糸の方が優れているように見えます。
柔らかさもダイソー糸の方に軍配が上がるかな?

逆に言えば、オリムパスの方がコシがしっかりしていて、きっちり形を保ってくれるような気がします。
あとほのかな弾力も、形を整える際に役立ってくれているような(↑の写真はアイロンかけていない、手で引っ張って整えただけの状態です)。
つまり耐久性にも期待できるのでは、ないかな? と。

で、とりあえずの結論。
いまダイソー糸で結っている、このスクエアモチーフをひたすら繋ぎ続ける奴は、キリの良いところで試作品として終了。オリムパスの糸でまた新しく作り始めることにします。あれ、母が「できるだけ大きく作って。そしたらテーブルにかけるから♪」「1日1個結えば、一年で365枚繋げるわよね★」て言ってたので、既に引取先 = 実際に使用されることが決定してますし(笑)

ダイソー糸はダイソー糸で、また面白そうなモチーフやパターンを見かけた時の試作や、新しい結び方の練習に使っていくということで。

……実際、オリムパスでのモチーフをひとまず1枚作り終えたあと、取り急ぎ予備シャトルを増やすべく、ダイソー糸を大量に巻いちゃってあるシャトルで結いかけの奴の仕上げに入ったんですが。
うっわあ、結いにくい。っていうか失敗した時に解きにくい(苦笑)

人間、グレードを上げる時にはあまり実感がないけれど、落とす時にはすぐに気付くというのがよっく判りましたww

今回はオリムパスの50g玉を買ったから、ダイソー糸玉のおよそ2.5個分。
まあ当分保ちますわな。むしろあれがなくなるのが先か、それともレース編みに飽きるのが先か。

もし使いきってもまだ飽きていなかったら……今度は200g玉いっちゃうか? ん??
地元手芸店では同じ商品に3200円の値札がついてましたけど、楽天で送料込1600円ちょい(20gあたり単価だと、ダイソーのおよそ1.5倍程度)のお店、見つけちゃったからなあ(笑)
No.7820 (創作:: タティングレース)


 試作第四号
2016年09月11日(Sun) 
タティングレースの本番で使用する糸を、百均のレース糸からメーカー品へ切り替えると決めたのは良いのですが。
とりあえず作りかけのものは完成させなければなりませんし、ダイソー糸を巻いたシャトルが、予備や半端な使いさしを含めて四つもある現状。
とりあえずそれらを始末しなければと、今日は頑張ってみました。

結果……



スクエアタイプのドイリー、試作第四号がひとまず完成〜〜(ドンドンぱふぱふ)



以前にも書きましたが、「タッチングレース(華麗なクラシックレースシリーズ)」に載っている「8 クッションカバー」を、私の手癖と好みに合わせていくらか調整したものです。

作っている時にはあまり意識していませんでしたが、ちゃんとアイロン仕上げして、少し離れたところから眺めてみると、良い感じに密度の濃いところと薄いところがあって、思っていた以上に好みな形になってくれました♪

ちなみにこれで、一辺の長さが20cmほど。
作り始めたのが8月23日ですから、おおよそ二十日ぐらいかかったのでしょうか。
……まあ途中で他のモチーフやらブレスレットやらに寄り道もしていて、こればっかり結っていた訳ではないんですが。

ともあれこれは、試作第二号の代わりに、自室で使うことにします。



やっぱりですね、二号と二つ並べて見比べてみると、こんな私でもちゃんと上達の跡が見られるなあ、なんて……<二号の出来がひどすぎるだけとも言う
あ、ちなみに試作三号は↓これ。縁飾りのデザインを詰めた時のやつです。



これはこれで、二段目のピコ繋ぎがロックジョインじゃないので微妙によじれていたり、角部分のリングを隣と繋いでいないせいで、ねじれやすい不安定さがあったりとかですね……あとはまあ、純粋に技術が足りてなくて、あっちこっちでボコボコしてるとか、いろいろ不満点が。

……技術に関しては今もまだまだなんですが、それはまあ数をこなしてゆくしかどうしようもなく。
とりあえず大きなものを作れば作るほど、細かいミス部分は埋没して目立たなくなってゆくんじゃないかなあとかww

母は、大きいのが出来た暁には、客間のテーブルに敷くと言ってくれています。
それは嬉しいけど……あのテーブルに敷くサイズだと、最低でも縦がこの3倍、横は6倍ぐらい必要そうなんですが……わあ、何年かかるんだろう。っていうか、できあがる頃には最初に作ったあたりの色が変わってそう(笑)

ともあれ次回からは、「試作」の文字が取れた本番作成に入りたいと思います。
使いさし糸が巻いてあったシャトルも空けられて、なんとか作業シャトル2個+予備2個を、クロバーの既製品で確保できそうですし。


……いろいろ代用シャトルも作ってみたけれど、やっぱりなんだかんだで既製品シャトルが一番使いやすいんですよねえ。当たり前の話ですけど。
生成りの#40をほぼMAXまで巻いちゃったべっ甲色シャトル、どうやって空けようかしら……
No.7822 (創作:: タティングレース)


 2016年09月12日の読書
2016年09月12日(Mon) 
本日の初読図書:
■悪役令嬢ってこんなのだったっけ?私、魔物と結婚しました。
 http://ncode.syosetu.com/n3637cw/

自分が悪役令嬢に転生していることに気がついた公爵令嬢ロイズは、前世の記憶を取り戻した5歳のその日からずっと、人生がストーリー通りに進まないよう抵抗してきた。
しかし世界の強制力というものなのか、どんなフラグも回避不可能。間抜けを演じても王子様の婚約者になり、魔力が無いふりをしても王子様の婚約者だからと学園に入れられ、王子様をゴミを見るかの様に見つめても【照れている】という解釈に。
それでも諦めず、常に友達数人との行動を心がけ、ヒロインには近づかないようにしていた。
しかし結果は惨敗。綺麗な涙を流すヒロインに問いかけられた友人たちは、次々と嘘の証言をし、自分がヒロインへ嫌がらせをしていたという事実がでっち上げられてゆく。
そうしてロイズは公爵家と絶縁されたうえで、長かった美しい髪を切られ、周囲の人間から石を投げられ、罵られ、故国から永久追放された。そんな彼女をヒロインは、周りから気づかれないよう嫌らしい嘲笑を浮かべて眺めている。
投げられた石でボロボロになったロイズへと、王子や国の重鎮の息子といった攻略キャラ達は、さらに殴る蹴るの暴行を加えた。そうして魔の森へと捨ててゆく。
魔物だらけの森の中、歩くことも出来ないほどの傷を負わされた彼女は、たったひとつの希望を胸にひたすら待ち続けていた。
前世でプレイした乙女ゲームには、続編が存在していたのだ。あいにく彼女は購入していなかったが、一部のユーザーの間にある噂が流れていたのだ。
いわく、【魔の森に捨てられた筈のロイズが、実は隣国の王子様に助けられていた】と。
なので必死に気配を殺し、最大限魔力消費を押さえながらの結界を張りつつ、彼女は待ち続けた。
そうして、もう日が暮れる頃。
ようやく彼女の前に現れてくれたのは、芋虫の魔物と、戦斧を持ち虎皮をまとった、真っ赤な巨体のオーガで……


……なんか最近、悪役令嬢ものばっかり読んでる気がしますが(苦笑)
もともと復讐、見返しザマア系が好きかつ、短くまとまっているものが多いからでしょうか。
全六話ほどの中編、完結済。
ヒロインも転生者で、悪役令嬢がストーリー通りに動かないことにムカついていろいろ画策しまくる、すげえうざい女です。ヒロイン視点の話で語尾に「!!」っとか「♪」とかつきまくってるあたりがもう。
そしてロイズは魔の森で、イケメン尽くす系オーガとラブラブ新婚カップルに(笑)
オーガの母親や、森の魔物達にも受け入れられて、もう砂糖吐きそうなぐらいです。爆発しろww
なおオーガの外見は「角、尖った耳、三白眼、2本の牙、人間の倍はありそうな大きな身体」まではうわーー、なんですが、「男性特有の低く掠れた鋭い声」「甘い低音」ときて、「キリッとした目元にスッと通った鼻筋。下の牙が唇から上に出ているけど、シャープな顎。さらさらで長い髪」と徐々に描写が上方修正されてゆきます。
私の脳内では、コミカライズ版 Re:Monster のゴブ朗改めオガ朗のビジュアルでイメージ定着しました。うん、あれならイケメンかつオーガって言うのも納得できる。

最終的にはヒロインもこれでもかってほど生き恥をさらしつつ、でもそこまでえげつないというか、グロかったり気色の悪い展開にはならず。主人公サイドはほのぼのした雰囲気を保ったまま終わるので、気軽に楽しめました。
王子たち? ……まあ屈辱まみれの人生になるだろうけど、国の上層部にある者があれだけやらかしまくっておいて、殺されなかっただけマシだよねって感じでした。それもこれも因果応報。これぞ見返しザマアの醍醐味ってことで★
No.7823 (読書)


 2016年09月13日の読書
2016年09月13日(Tue) 
本日の初読図書:
4773900016生田光子のシャトルレース―タッチングレースとビーズタッチング
生田 光子
源流社 2000-04

by G-Tools
タティングレースの書籍、生田先生の三冊目です。どうやらこれでこの方の本は網羅できた模様。
クラシカルな印象は相変わらず。
襟や袖飾り、ベストなどの写真は古き昭和の香りを思い起こさせます。
シャトルを3つ使うようなオリジナルだという編み方も載っていて、さすが長くやっておられる方は違うなあとしみじみと。

とりあえずガールスカウト出身者としては、フクロウモチーフにはぜひ一度挑戦してみたいものです。
あと前述のオリジナルの飾り編みも。ピコが斜めに重なっていて、これが優雅なんだvv

そして相変わらずネックストラップに使えないかと左右対称のブレードを探していて、これなんかどうかと試し結いしてみたり。



「ウィスタリア」とタイトルが付いた、藤の花をイメージされたというモチーフです。
ダイソーのラベンダー(薄紫と白の段染め)で結ったら、よく映えるんじゃないかなあ★
そしてけっこう丈夫で、#40の糸で作成しても、ネックストラップとしてちゃんと使えそうかも?
左右のリングの目数に差をつければ、ゆっくりカーブしていくので、円形ドイリーの縁飾りにもできるとのこと。
いやはや、タッチングというただ一種類の結び方の組み合わせなのに、まだまだまだまだ奥が深いですなあ……
No.7824 (読書)


 せっかく作ったのだから
2016年09月14日(Wed) 
昨日作成したウィスタリア(藤)のモチーフは、ブレスレットに仕上げてみました。
……いくら試作とはいえせっかく結ったのだから、ただべろんとした状態で放置しておくのはもったいないなあと思いまして。



今回はかなり濃い目に作った洗濯のりで、糊付けしてみました。
いっそ木工ボンドを水溶きしたやつで固めてみようかとも思ったんですが、失敗すると取り返しがつかなくなりそうなので、今回は見送り。



比較的緩めに作成したこともあってか、今回は一日身に着けていても、ヨレは少なめでした。
ただ受けのリングを大きく作りすぎたのか、気付かないうちに外れて椅子の足元に落ちてたことが一回。例によって先っぽのリング3つだけ、それまでの部分とピコを繋がず、ボタン代わりに留めとなるようにしてあるんですが……室内だったから良かったですけど、これ外出中だったら致命的ですよね(しょぼん)
あと練習も兼ねて、途中から藤の向きを逆にしています。どっちに向かっても枝垂れていく方向で。ネックストラップとかにする場合には、こういうふうにしたほうが映えるだろうなあという発想からの実験です。
参考にした書籍でも、襟とか袖に縫い付ける際は、後ろの中心で柄の向きを変えるって書いてありましたしね。


そして今度は、こんなブログ記事を発見して、試してみたい気持ちがうずうずと(笑)

■スプリットリングとケルティックタティングを合わせてキーホルダーを作ってみた - タティング オリジナル
 http://chakky719.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

■【タティングレース】組み紐にも見える編み込み風ケルティックタティング - タティング オリジナル
 http://chakky719.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

> 木工用ボンドを水で薄めたものを染み込ませてガチガチに作りました。最初はカッチンコッチンだけれど、使ってるうちに馴染んでくるので硬めに仕上げました。

とあるので、結構きっちり固めても大丈夫っぽいですね。エミーグランデ使用ってことは、#20(太め)相当の太さと考えて良いのかな?
余りまくってるシナモンゴールドと、まだ手を付けてないブラックで結ったら格好いいかもvv
ああでもやっぱりネックは、最後の糸始末だなあ。両端合わせて8本始末するのは厳しい……4本は縫いこんでから、あとの4本で平結び作って二つ折り。その糸端も縫いこんでから、ウッドビーズで隠すあたりが妥当かしら……?
No.7825 (創作:: タティングレース)


 な、難易度高え……
2016年09月15日(Thr) 
中途半端な残り糸を消費しようと、生田光子のシャトルレースに載っている、飾りリングに挑戦してみたのですよ。



な、なんとかここまでたどり着くのに、どれだけ頭を悩ませつつ失敗を重ねたことか_| ̄|○
後で思い返してみれば、パールタティングとかマルチーズリングとかいうやつの一種になるのでしょうが……

■あーるのシカゴ生活記 & タティングレース マルチーズリング(タティングレース)
 http://rinchicago.blog113.fc2.com/blog-entry-607.html

どっちのシャトルを手に持って、どっちの糸をどっち向きに重ねてというのを把握するのに難儀しました(−ー;)

なおこの結い方で一番やらかした失敗は、『途中で固結びになってしまい、リングを閉じられない』という初歩中の初歩でした。
これ最初にリングを作成する際、まず1目だけタッチングして糸の輪を作ってから、別糸を添えて結い始めていくんですよ。この最初の1目というのが、うっかり固結びになってしまいやすく。しかも作業中はちゃんとシャトル糸が動いてるから大丈夫なはずなのに、どうも最後の最後でリングを閉じる際に反転してしまうみたいで。その段階になるともう、ほどくには先に進みすぎてるわ、閉じようと糸を引っ張ったからがっちり結び目固まってるわで、にっちもさっちもいきゃしません ┐(´〜`;)┌

ああでもこれ、繊細な感じが出てすっごく好みなんですよねえ。
モチーフの一部に取り入れたら、きっとすごく映えると思います。
……ただリング作成にシャトルを2個使用するので、仮にチェインを併用したモチーフに導入しようとしたら、シャトルが3個……必要になるのではと(汗)

ってか、チェイン部分の軸糸を常に2本にしておかないといけないんじゃ……(ごそごそごそ)……



あー……やっぱりですねえ。
リバースワーク(RW)を入れた場合(左)はまだしも、チェインの上部にこの飾りリングを配置(リングオンチェイン)しようとすると、シャトル2個(中央)ではチェインにリングがめり込んでしまいます。シャトルを3つ使用(右)すれば、そこそこ自然な形で乗っかってくれるかと。



こういうふうに、チェインの軸糸を2本にして、その内の1本とチェインの巻糸で飾りリングを作成すれば良いようです。飾りリングの軸糸はもちろん、チェインの巻糸の方で。

……うっわーーただでさえ難易度高い飾りリングが、シャトル3つ同時使用したら、さらに何が何だかですよ(汗)
この試作やってる作業中、↓こんなんなってましたもん。



チェインとリングを1個ずつ作るだけならばまだしも、これでいくつも組み合わさった何センチもあるモチーフを結おうとかしたら、確実に途中で訳が判らなくなります。
うーん……リングオンリーの四つ葉モチーフとか、そういうのに使うぐらいしか私の技術では無理ですかねえ……

あ、ちなみに半端糸を巻きかけだったシャトルは、あと既製品と自作代用シャトルとが各一個ずつにまで減りました★
それももう残りわずか。これで心置きなく自分が使いやすい形と色のシャトルを、メーカー品レース糸用に確保できますvv
とりあえずコンスタントに作り続ける予定のスクエアドイリーのため、同時使用するシャトル2個と予備シャトル2個の、合計4個は常備しておきたく。そして場合によってどの組み合わせになってもメインとサブの見分けがつくように、フローラのうち薄茶を除いた同系色グラデーションでまとめたかったんです。



濃ピンク・薄ピンク・薄紫・白の順番で、より色が薄いほうがメインシャトルというMYルールを決めておけば、途中で混乱しにくいかなあ、と。
薄ピンクと薄紫の、どっちをより薄いと判断するかは微妙なところかもしれませんが(苦笑)

薄茶は薄茶でショコラとセットにして使えば、濃淡が判りやすいんですが。しかし他のと混ざった時に判らなくなるので……そこに白を加えれば3個セットのグラデになりますけど、もう一個が……半透明のべっ甲色混ぜると、かえってややこしくなりそうですし。

……いっそレッドを買えば、ややこしい薄紫を除いた、赤系統の4個グラデーションが完成するんですがww



これを買うぐらいならまだ、持ち歩きに便利なタティング専用かぎ針の方が優先度高いかなあ……



こんなふうに左手の親指に通して使うと便利らしく。

■手づくりタウン ショッピングストア
 http://www.tezukuritown.com/shop/product_info.php?
products_id=47165

コンパクトな上に、指を通すリングも自作してみたら、一粒で二度美味しそうだなあ……って、材料費かからないからって始めたはずのレース編みなのに、どんどん欲しい物が増えてゆく……これが泥沼というやつなのか(苦笑)
……いっそ駄目元で百均のレース用かぎ針買って、柄のプラスチック部分短く切って角削って、ドリルで紐通す穴でも開けてみようかなあ。もちろん長兄頼りでww
あの柄付きかぎ針って、どこらへんまで金属が入ってるんでしょう……?
No.7826 (創作:: タティングレース)


 更新情報(2016年09月16日)
2016年09月16日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」に、「鵺の集う街で」第九章「明らかになった事実」をUPしました。
シリーズ目次はこちら

ほぼ説明回です(きっぱり)
シルバー側の裏事情。彼女が何を思って、傍から見ると意味不明な行動を取り続けてきたのかが、ようやく明らかに……なるというか。とりあえず彼女がなぜキメラ居住区にやってきたのか、【Katze】に入り浸っていたのかは判明します。
あとドクターがシルバーよりの立場を取っていた理由も。

……いつかドクター視点での話も書いてみたいなあ。この人もいろいろな過去があって、複雑に屈折してるんですよねえ……
No.7827 (更新)


 使い心地は要検証
2016年09月17日(Sat) 
先日欲しいとぼやいていた、タティング専用の携帯用ミニかぎ針。



いつもは普通のかぎ針を使用しているのですが、長くてかさばる割に巾着の中を手さぐりしてもなかなか見つからないわ、使ったあとどこに置いたか判らなくなるわで、これがあると便利だなあと思うんですよ。でもさすがに他のレース編みには転用できないこれ1本に、千円近く出すのは私の金銭感覚ではナシです。
しかも物によっては、3000円をも越えたりするらしく。

■手づくりタウン ショッピングストア
 http://www.tezukuritown.com/shop/product_info.php?
products_id=47165

そんなに高い頻度で使う訳でもない。私にとって使い心地が良いかどうかも判らない。
ならばまずは安価な代用品で試すのがお約束よね★ ってことで。

まずは買ってきました、百均のレース針。



できればもうちょい細いのが欲しかったんですが、ダイソーで一番細いのがこれだったので、ひとまず妥協。
108円なら失敗してうまく行かなくても、あきらめがつきますしね。

で、手始めに軟質プラスチックだかゴムだかでできているグリップ部分の、どのへんまで金属が入っているのかを確かめるべく、ノコギリで少し長めに切ってみました。
……結果、中に入っているのはほぼ普通のかぎ針でした。後ろのほうがちょっと平べったいだけで、長さは通常のかぎ針と変わりません。さすがにこれは、庭木用ノコギリでは切れない。
あー……駄目だったかあ、かぎ針の手持ちが一本増えただけかと最初は思ったのですが。
あるいはダイヤモンドヤスリでもないかと工具箱を漁ってみたら、金属ワイヤーや太い針金用の、大型ニッパーが出てきまして。
試してみたら、かぎ針本体もあっさり切断できました★



……って言うか、なんでこんなものが入ってるんでしょうね、我が家の工具箱は(^ー^;;)

でもって。
かぎ針をコンパクトにできたのは良いですが、そのままでは切断面が尖っていて危ないし、紐を通す穴も欲しいです。
そこでいろいろと考慮した結果……



以前次兄から譲ってもらった、おゆまるの端切れ(プラモデルのパーツを自作するため、型取りに使ったらしい)で切断面をコーティングしつつ、持ちやすいようグリップ部を形成。そしてまだ柔らかいうちに爪楊枝を刺して穴も開け。あとは水で冷やしたら……



かーんせーーーい♪
暫定で、以前試作したけどちょっと短い&強度不足で不採用になった、スマホの落下防止用リングストラップをつけてみました。親指が充分通るサイズです。あとキャップは最初から付いていた、軟質ビニールっぽいチューブをそのまま使用。

ふっふっふ、かぎ針以外は全部手持ち品の寄せ集めですぜww
ビバ、残り物は大切に★

まだ使い勝手は試してみていませんが、良いようなら使わないで遊んでいる、クロバーのレースかぎ針を加工してみても良いかな?<同じ8号でも頭部のサイズや形状がぜんぜん違うのです
あと親指を通すリングと、そこに繋がる紐部分も、タティングレースで自作したらきっと楽しいしおそろいっぽくて格好いい。
……その前におゆまるを、せめて透明な奴にするのが先か(苦笑)
いっそもうちょい練って、わざと気泡を入れ色を淡くすれば良かったのかも……

実はおゆまるも初使用でした。
最初は指紋だらけになってしまったので、もう一度お湯に入れつつ、薄いゴム手袋をはめて整え直し。
何度もやり直しができる素材というのは、安心して作業ができていいですね。

さあて、じゃあかぎ針の使い心地を試すべく、スクエアドイリーの続きでも結いましょうか♪


2016/09/18 追記:
ストラップ部分の色があまりにもケバケバしかったので、取り急ぎ交換してみました
使い心地もなかなかどうして悪くありません。
……白(半透明)のおゆまる買ってきて、クロバーのちゃんとしたかぎ針でさらなるリベンジを図ろっかなあ……


2016/09/24 追記:
おゆまるの透明は入手できませんでしたが、取り急ぎ交換したやっつけ仕事のリング・ベルト部分を改良し、さらにクロバー社のかぎ針でリベンジ。
なんとか満足の行く形にまで持っていけました。
なんだかんだで一週間ほどかかりましたけど、最終的に試作品用のかぎ針108円のほかは、全部手持ち品の有り合わせで作成できたのは大きいです♪
No.7828 (創作:: タティングレース)


 イイ(・∀・)!!
2016年09月18日(Sun) 
昨日自作した、タティングレース用のかぎ針
想像以上に使い心地が良かったです♪



こんな感じで作業中にリング部分を左手の親指へはめておき、必要な時だけ右手のシャトルと持ち替えて使用。
これまでいちいちかぎ針を出すのが面倒だと、ちっちゃなピコとかオニオンリングの根元部分から糸を引き出す際にも、シャトルのツノを使って四苦八苦した挙句に穴は広がるわ糸割れするわとかやっていたのですが、これなら気軽にかぎ針を使えます♪
おゆまるで形成してみたグリップ部分も、適当に作った割にはなかなか持ちやすく。おそらく細いまんまだったら、相当つまみにくかったんじゃないですかね。

……なおリング及び繋いでいる部分が昨日の写真と変わっているのは、蛍光グリーンとコバルトブルーの取り合わせがあまりにもアンバランスというか目に痛かったため、取り急ぎ作り変えたからですww



例によってありあわせ(ダイソーの#20黒と同じくパールビーズ)ですが、とりあえずこの色合いなら、ビビットなブルーともそう違和感はないでしょう。そして今回採用したブレードは、スプリットリングではなく、裏に糸を渡すことで1個のシャトルで結えるタイプ。後ろに1本通っているためか、細い割に意外と丈夫だしねじれたりも少ないです。
あと黒を選んだ理由には、指にはめること前提 = 白だとすぐに汚れが目立ちそうという打算もあったりして(苦笑)
さらにリング部分とブレード部分は別パーツにしてあるので、ブレードがヨレたらそこだけ交換できたりとかですね。
……リング部分(中身はキーチェーンをバラした二重リング)を糸で覆うのって、これがけっこう面倒で……<ギリギリシャトルが通るサイズだったので、なんとかカバーステッチはせずにすみました

なお一番の懸念だった、親指なんかにぶら下げていて、結ってる時に邪魔にならないのかという点ですが、



まったくもって問題なし。
さすがにこの間のようなシャトル三つも同時使用している場合はともかく、二個ぐらいならそんなに絡まったりとかしないです。あんまり絡まりそうなら、かぎ針は手の甲の方に跳ね上げておくという方法もありますし。
とは言えもう少し使い込んでみたら、あるいはかぎ針がすでに結い終えた部分に引っかかるなんて場合もあるかもしれません。その時はこまめにキャップをはめて対応することになるでしょうか。

……実はゴソゴソやっている間に、最初についていた透明チューブのキャップがどっかに行ってしまったんですが。
そこはまあ、手持ちの細いゴムチューブを切って代用に。
こうすればいくらでも作れるので、また紛失しても大丈夫だという安心感がありますね。

そうそう、ビニールチューブのキャップといえば、ラジオペンチと糸切りバサミにも採用しています。もうちょっと太め、多分水槽とかで使うためのやつをちょいと拝借。



なにしろ糸切りバサミは先端がかなり尖っているので、そのままだと巾着の中を手さぐりしている時にとっても危険で……(汗)
ラジオペンチの方は、こうしておくと先端が閉じていてくれる = ギザギザに糸が引っかからない上に持ち手側も閉じるので、コンパクトになるという利点があります。

……着々と道具が充実していくなあ……(遠い目)
No.7829 (創作:: タティングレース)


 調子に乗ってちまちま続けていたら
2016年09月19日(Mon) 
昨日の写真で4枚しかないスクエアモチーフが、既に9枚繋ぎ終えて糸始末まで終わっている件について。

……いやなんか気がついたら、いつの間にかレース編みスレッドの過去ログ倉庫に迷い込んていて、そこで「展示会でプロの作品を見たら、自分がいかに目を締めすぎてたか判った」「ああ、初心者は目を揃えようとして締めがちだよね」みたいな書き込みを発見。

私はギッチギッチに締め上げるタイプなので、そうと聞いたら試さない訳にはいかないと。

……で、気がついたら、さっき9枚目を繋ぎ終えて糸始末まで終えちゃったって……しかも途中でかなり前の部分を間違えてることに気がついて、リング一個切り取って編み込み直しとかしてた上なのに。

とりあえず緩めに編むと、仕上がりが柔らかくなる。最後の糸始末で針で縫い込んでいくのが楽というメリットが発見されました。あとスプリットリングも注視しないと見分けがつきにくいぐらい自然な形に近づいてくれたりとか。
デメリットは目の締め具合を揃えるのが難しいことですが……それこそ数をこなして慣れていくしかないですね。
もう20枚以上作ってようやく、作り初めの糸端を簡単かつきれいに内部へ結いこんでゆく方法も確立できましたし。

……目指すは10×20列の200枚で客間のテーブル掛け!!

ってことで、今日はもう寝ます……明日は病院行かなきゃ……
No.7830 (創作:: タティングレース)


 取り急ぎでは
2016年09月20日(Tue) 
……やっぱり満足が行きませんで(苦笑)
タティング用の自作かぎ針、リングとベルト部分を再度作り直しました。



……判んないですよねーー(^ー^;;)

すっごく自己満足なところばかりなので、傍目には「どこが変わったの?」状態でしょう。
でも大きく変わってるんですよあちこちと。
まずブレードとかぎ針本体を繋いでいる部分ですが。前回はマルカンが小さすぎてピコと繋がざるを得なかったのを、やはり強度などが気になるので、Tピン丸めて大きなマルカンを自作しました。そしてブレードも前回は初めて結ったパターンだったこともあり、途中でヨレ気味だったのが気になりまして。邪魔になる最後の先端のピコは除いた上で結い直しつつ、全体を水で薄めた木工ボンドに浸して乾かし、強度を高めてみました。

そして最大のポイントは、リング部分です。
ビーズの数が減った? いえいえそれは結果論。
前回一番気になっていたのは、マルカンとビーズの間に隙間が空いてしまっていることでした。



リングストラップを作成した時もそうだったんですが、最後の結び目をビーズ内に隠そうとすると、どうしてもちょっとだけ隙間が残ってしまうんですよ、私のスキルでは。
ロウ引き糸を使って糸端を目立たなく焼き留めてしまえるのならば、この隙間を埋めることも可能ですが……レース糸と同じ巾着に入れる関係上、蜜ロウがついた糸を使うのは避けたい。でも結び目が外から見えるのは嫌。
もんもんと悩んだ末に、ふと先日のあれを思い出したのですよ。
そう、 Loop Tatted Ring です!

■Tatting - The Loop-Tatted Ring - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yxxuna3FSLI

これを使えば、ビーズから出たピッタリの位置にリングが作れるかもしれない。
ああでもこれ、ブリッジの上につくるタイプだから、どのみち糸端の始末が……いやいやしかし、可能性的に不可能では……

こういうふうに悩み始めたら、もう試さずにはいられないのが私のサ・ガ★

駄目で元々、うまく行けば儲けもの。失敗してもその作業自体が楽しいのだからと試行錯誤した結果が、



でーきーたーーー♪へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ♪

正直、自分でもなにをどうやったかよく覚えてませんが、まあ良い感じに仕上がったんだからそれで良しww

で、改めてブレード部分とマルカンで繋いだら……



こうなった、と。
うむ、余は満足じゃvv

見た目も全体的な強度も大幅にUPしましたし……あとは自分のタティング技術を上げるだけですか(笑)
いくら道具を揃えても、こればっかりは数をこなしていくしかないですからねえ……

夕食後は録画してあった高校生クイズ3時間SPを見ながら、スクエアモチーフの10枚目を結い結い。
全体が大きくなると持ち歩きができなくなってくるので、9枚はぎを複数作って、間に1列編み込んでいく形で繋いでいくのがベストですかねえ……
No.7831 (創作:: タティングレース)


 すげえややこしい
2016年09月22日(Thr) 
以前から気になっていた、スプリットリングを組み合わせた組紐っぽいやつに挑戦してみました。



それぞれの色で結った2本のスプリットリングの鎖を、互いのリングをくぐらせて1本にまとめてあります。



こういうふうに複数のパーツを立体的に組み合わせるのは、ケルティックタティングとか言う技法だそうで。

■スプリットリングとケルティックタティングを合わせてキーホルダーを作ってみた - タティング オリジナル
 http://chakky719.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

今回はこちらのサイトさんを参考にさせていただきましたが、検索してみると素敵なデザインがいっぱい出てきますvv

■ケルティックタティングと新作デザイン|よろず*はんどめい堂
 http://ameblo.jp/tomoko-0912/entry-12144137563.html

■ケルティックタティング *お稽古編*-Chocolat の ひとりごと
 http://blog.zaq.ne.jp/amiamichoco/article/131/

■ケルティックタティング *作品編*-Chocolat の ひとりごと
 http://blog.zaq.ne.jp/amiamichoco/article/132/

なんだかアジアンノットとかの飾り結びにも通ずるものを感じて、とってもとっても好みなんですが。
しかし私には無理だということを、今回しみじみと実感しました(苦笑)
そもそもこのケルティックタティングは、タティングレースとはまた違った細い形のシャトルを使うようで。

■特殊型シャトル - 広島のボタン・手芸材料・オーダーバッグのお店
 http://www.kinuya.biz/オンラインショップ/タティングレース材料/特殊型シャトル/

閉じ終えたリングの中やブリッジの隙間など、細かい部分を行ったり来たりするために、こういう形状になっているのかな?
逆に言えばシャトルの自作も簡単そうですけど……とにかくややこしいんですよ、作業が!
私が今回作成したのなんて、たぶんケルティックとしては基礎中の基礎なんでしょうが……↑の写真に到達するまでに2回、にっちもさっちも行かなくなって廃棄しました。

そもそも先日、シャトル3個同時使用で何が何だか(@_@)とか言っていましたが……今回のこの組紐っぽいやつは、シャトルを四つ一度に使います。



スプリットリング一列で2個使用するんですから、それを二列同時に作成するなら、4つ必要。道理に叶って……るんだけどさあ!!

もうね、ぶら下げてるシャトル同士で絡まりまくるわ、自作代用シャトルだから、ちょっとしたはずみにどんどん糸が繰り出されていくわで、きーーーっっっっ(ノ`□´)ノ 彡┻━┻。・;゜・。+  ってなりました(苦笑)

っていうか、ケルティック用のシャトルって糸止めがないからぶら下げとけないはずなんですけど、こういう時どうするんでしょう?
それこそ先に1本鎖を完成させておいてから、そのリングに細いシャトルをくぐらせつつ改めてもう一本を結っていくんでしょうか?

なお今回のこれは、例によってネックストラップに良いかなあと思って結ってみたんですが。
確かに丈夫で、ちょっとやそっと引っ張っても伸びたりヨレたりしないというメリットはあります。

……しかしこれじゃレースに見えん _| ̄|○<どう見ても組紐か下手すりゃ三つ編み

作る過程が楽しいという目的は果たせましたが、次のネックストラップのデザインを詰めるという点ではアウトでした。

ただこれはこれでもったいないですから、結い終わりに金色のナスカンでもつけて、またブレスレットにでもしましょうかね。
……ブレスレットだけでいくつ作るんだというつっこみは(ry

あ、タティング用かぎ針のベルトとしては使えるかも。
ピコがついてないから、巾着の中でシャトルに引っかかったりとかしなさそうですし……白と黒のコンビで結ったら、パールビーズがついたリング部分とも合いそうかな……
No.7832 (創作:: タティングレース)


 なんというかまあ
2016年09月23日(Fri) 
……うん、ひどいのは判ってます(−ー;)



突っ込みどころが多すぎていろいろ追いつきませんが、一応作ったという記録まで。

シャトル一個(現実的には色糸の数だけ)と糸玉だけで結える、なんちゃってケルティックタティング。
海外のフリーパターンをアレンジして、判りやすく説明して下さっています。

■タティングフリーパターン - QPの道草三昧
 http://qpkaasan.blog136.fc2.com/blog-entry-116.html

技術的には、普通のリングとチェインのほかは、スプリットリングさえできれば結えるはずなんですが……ふみゅう。
なかなか思うようには行かないものです。
No.7835 (創作:: タティングレース)


 これにて完成
2016年09月24日(Sat) 
お前もういい加減にせえやと言われるかもしれませんが(苦笑)
この方法でちゃんと作れる&しばらく使ってみた結果、使用感も悪くないと判明したので、タティングレース用の携帯レース針自作第2段というか、むしろ今度こそが本番でっす★

今回はダイソーのなんちゃってかぎ針ではなく、ちゃんとしたメーカー品を使用しました。
クロバー社の8号です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クロバーレース針 No.8 41-008 (ネコポス・ゆうパケット可)
価格:318円(税込、送料別) (2016/9/24時点)



おそらくこれだと思うんですが……何しろ母が学生時代から使ってたやつを、私が小3の時に譲ってもらったやつだからなあ(苦笑)<年代物すぎる
細かい部分に変化があるかどうかはともかくとして、一見して同じ形で同じ名前の商品がまだ売られているあたり、さすがは老舗のクロバーです。
8号は#40の糸を使う際にちょうどいいし、何故か同じのが2本あったので、今後普通のレース編みをしたくなった時でも、もう一本が残るから安心だと切断に踏み切れました。

で、以前と同じようにおゆまるで尖った切断面をカバーしつつ、グリップを作成。
すでに使っているダイソー製のやつのマルカンを緩めて、本体部分のみ交換すれば……

  

かーんせーーい♪

上がクロバー社製、下が試作品のダイソー製。
……右の写真でどっちもかぎ針が下を向いているのは、左の写真を見ればお判りの通り、親指の腹が当たる部分を平たく形成しているからです。
せっかく自作するんだから、自分の手に合わせた持ち心地に調整したいですよねw

そしておゆまるは半透明なので、そのグリップ部分をよく見ると、「CLOV」の刻印が透けて見えています。



「ER」は消えてなくなってしまいました(笑)
なお試作品より全体が長くなってしまったのは、号数が判るようにしておきたかったからです。



この通り、ちゃんと「8」の刻印も残っているため、あとあとでも「あれこれ何号だったっけ??」とはならないはず。

……で、もって。
なぜ百均大好きな私が、わざわざメーカー品のかぎ針を加工したかというとですね。
やっぱり使い心地が違うんですよ。非常にびっみょーーーなところなんですが。糸割れしやすかったり、ちっちゃなピコからうまく糸を引き出せなかったりとかですね、するんです。
そもそも最初に「切断しても惜しくないレース針」としてダイソーに買いに行った時、一目で「あれ?」って思いましたもん。

「私がいつも使ってる8号と、明らかに違う」って。

わざわざ見比べなくても一目瞭然な、その違い。
実際に並べてみると……



これですよ。
頭部の形状がとかそういう以前に、まず大きさからして違いすぎる。
持ってはいても、実際にレース針を使い始めたのはタティングを始めてから = 二ヶ月未満かつ、使用するのは小さなピコを繋ぐかビーズを拾う時ぐらいという私でさえ、さすがにこの差は判ります。

母などはよく「道具はちゃんとしたものを使え」と言いますが……こういうことなんでしょうねえ(しみじみ)

……って言うか。
それならちゃんと、純正のタティングレース用かぎ針を買えって話なんですが(^ー^;;)ゞ
あれはあれで高い上に、グリップがついてないぶん逆に使いずらそうな感じがしてですね……



今回はレース針もおゆまるも全部手持ち品を使ったので、材料費0円★
試作品で使ったダイソーのレース針を入れても108円。
これとってもとっても重要です。重要なんです(大事なことなのでry)


なにはともあれ、本体試作 → リング・ベルト部分試作 → リング・ベルト部分作り直し → 本体作り直しという過程を経て一週間。
ようやく満足の行く仕上がりとなりました。



うん、試行錯誤した結果がうまくいくと、やっぱり気分が上向きますね♪
No.7836 (創作:: タティングレース)


 2016年09月25日の読書
2016年09月25日(Sun) 
本日の初読図書:

……本日というより、ここしばらくでちまちま読んでたのをまとめてメモ。

■となりの魔王
 http://ncode.syosetu.com/n4868bt/

警察が暇を持てあまし、隣家とは田んぼ三つ離れていることも珍しくない。そんなごくごく普通の、ちょっと辺鄙な田舎町。
そこに住まうやはりごくごく平凡な女子高生 瀬野夏織は、チャイムに応じて玄関を開けた途端、硬直していた。
全身に黒く禍々しいベールをまとい、肩にはカラスを乗せ、こめかみあたりから細い角らしきものを生やした長い黒髪の男が、見上げる程の高い位置から地響きを感じるような重低音で名乗ったのだ。
己は魔王だ、と。
「本日より隣人となるが故、挨拶に参じた。つまらぬものだがお近づきのしるしぞ」
「はあ、これはどうも、ご丁寧に……」
手渡されたのは、今時そうそうは見かけないであろう引越しそば。
生まれて初めての引っ越しそばと生まれて初めての魔王。初めて尽くし、と感想を抱くには後者の存在感が尋常ではなかった。
混乱する彼女に、しかし母や町の住人達は別に珍しいことではないと笑い、当たり前のように受け入れている。なんでもこの町には、昔から時々魔王が現れるらしい。なにをするでもなく、たただだ普通に暮らしてゆくだけ。何日間か、あるいは何十年か。そして用が済んだらまた地元(どこだ)にお帰りになるのだと言う。
でも魔王だよね!? という困惑と恐怖を理解してもらえぬまま、無情にも回覧板の配達を言い渡された夏織は、恐る恐る隣家へと足を運ぶ。そうしてゴゴゴゴゴと穏やかでない音を立てて扉(普通の合板)を開けた魔王へと回覧板を渡し、逃げるように踵を返そうとする。
「待て娘」
魔王はそんな彼女を、冷たい魔性の声で制した。
「芥のはからいについて造詣は深いか」「は?」「屑物の扱いを熟知しているかと質している」「…………ごみの捨て方知ってるかって話……?」「そう述べている」
それならそうとストレートに言って欲しい。なんだよ芥のはからいって。
「町内会入る時に、ゴミ収集の手引きはもらいました?」「打ち捨てられた残骸の末路を記した書か」「壮大だな!?」
一事が万事すれ違いまくる会話ではあったが、しかし魔王はなかなか律儀なようで。町内会費もきちんと収め、近所付き合いもこなしているらしい。
「案ずるな。余は盟約を違えぬ」
その顔と声で物々しく語られると、さながら血の掟のごとくに響く。が、実際にはゴミ分別のルールを守るかどうかといった内容の話である。
そんな魔王の面倒を見ているうちに、気づけば夏織もすっかり慣れてしまっていて……

それなりの田舎町に住み着いた魔王と隣家の女の子の、普通なんだか普通じゃないんだかよくわからないご近所ゆるゆる物語。短編連作で書籍化済、ダイジェスト化なし。
書籍化後もちょこちょこ更新されているようですし、書籍は書籍で書き下ろしが入っているらしく。
おのれ、これが戦略というやつか! 小癪な手段を取りおって!!<ポチろうかどうしようか迷い中
……ともあれ、久々に腹筋の鍛え具合を試されました(笑)
公共の場で読んではならないと感想欄に並んでいましたが、遅えよ。ってか自室で一人で悶えるのも十分怪しいわ!<褒め言葉
魔王さまのどこまでもブレない魔王っぷりと、その佇まいにそぐわぬ素直で善人な天然っぷり。
そしていつの間にかすっかりそれに適応し、任命された参謀職を見事にこなしている夏織ちゃん。
二人の阿吽の呼吸(違)がたまりません。


■REVENGER 〜やり直しが許されるなら、今度こそ 〜
 http://ncode.syosetu.com/n3733ck/

婚約者に裏切られ殺された挙句に逆行転生した公爵令嬢と、乙女ゲームの世界をバッドエンド経由して異世界トリップ(若返り作用つき)してきた少女と、異世界トリップしてきたのち失意のうち自殺してまだ同じ世界で生まれ変わった少年の三人が、協力して公爵令嬢の死亡フラグを叩き折りつつ平穏な人生を目指すお話。
…………ところで『平穏』って何でしたっけ?
中編完結済。


■僕達は我に返る(1)〜(番外編)
 http://ncode.syosetu.com/n7029cn/

うちの生徒会役員達ってもろテンプレ乙ゲーキャラだけど、逆ハーって、リアルで見ると痛いよねえと昼休みに話している少女達の話を立ち聞きして、ヒロインに入れあげて生徒会の仕事を放り出していた攻略キャラクター(っぽい面子)が我に返って更生してゆくお話。
1話1キャラで語られてますが、ほぼ展開は同じです。
……ただ最後の最後にどんでん返しが。
ヒロインにも実は思惑があって、逆ハーエンドなんてまったく望んでませんでした。「あたしはそこいらの転生バカとは違って、逆ハーレムなんて危ない橋を渡るつもりはないんです」めでたしめでたし……と思わせておいて、結局は自分の本命のためになら他の人達へどんだけ迷惑かけても気にしない(たとえば生徒会業務が滞ることで、補佐達がどれだけ大変だったかとか、学園内が引っ掻き回されたかとか)あたり、やっぱりこのヒロインは好きになれないというか、読後感がじわじわと怖い。
どれだけ自分の意志を取り戻してまっとうな道に立ち返ったように思えても、結局のところは全てシナリオ通りとか、怖すぎます……
No.7837 (読書)


 これがほんとのスプリット「チェイン」?
2016年09月27日(Tue) 
ネット上をウロウロしていたら偶然見かけたので、見失わないようにとりあえずメモ。

タティングレースで、スプリットリングを使用して立体的な鎖を作成する方法です。



■frivolite-tatting lesson 78 - anillos divididos entrelazados - interlocking split rings 1 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=8ESsbFva82Q

シャトルの持ち方がちょっと独特な動画なので、ただ見ているだけだとちょっと構造を把握しにくいところも。
時間がある時、実際にシャトルと糸を持ちながら、一時停止を駆使して試してみたいところです。
No.7842 (創作:: タティングレース)



<< 2016年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 破壊と創造と電脳のドタ..
 破壊と創造と電脳のドタ..
 更新情報(2016年09月02..
 パソコン作業は好きだけ..
 2016年09月03日の読書
 昭和生まれの電子機器好..
 2016年09月05日の読書
 なんでこんなの思いつけ..
 やっぱりこっちの方が
 やっちまった

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41