よしなしことを、日々徒然に……



 2015年06月01日の読書
2015年06月01日(Mon) 
本日の初読図書:
「みにくい、みにくい少女と、あべこべ世界(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n7734ck/

地球に生まれた醜く、周囲に迫害され続けたが故に心さえもねじけて育ってしまった少女が、異世界に聖女として召喚される。その異世界では美醜の価値観が逆転しており、彼女は絶世の美女としてもてはやされた。
ささいな親切を行うだけで、人々は彼女を顔だけでなく心までも美しいと褒め称える。
少女は生まれて初めて心が満たされ、これまでの人生すべてに復讐している気持ちになれた。
そんなある日のこと、彼女はとても醜い使用人がいるという噂を耳にする。元の世界ではとても美しいとされる顔立ちをしているだろうその人物が、みじめに虐げられているさまを見たくなり、少女はこっそりと会いに行ってみた。
しかし、息を呑むほど美しいその少年は、けして周囲を妬むことなく、自分は幸せなのだと微笑んでいた。
かつての自分と同じような境遇にありながら、美しい心を保っている少年の姿に、少女はたまらない惨めさを感じる。
そうして彼女は、どうにか彼の心を醜く歪ませようと、様々な手段を弄していき ――

何らかの企画テーマにそって書かれたらしい、読切短編もの。
童話っぽい文章でひらがな多めですけれど、意外とさくさく読みやすかったです。
美醜逆転系もそろそろ食傷気味だなあと思いつつ読み進めていたら、童話風の文章だけに終わり方も童話風で、お約束的予定調和に教訓めいたものも感じられ、これはこれで面白かったかと。
しかしラストの一文が、最後の最後ですべてをひっくり返しているというか、なんだかんだ言いつつやっぱりそこは気になり続けるんだというか。
価値観とは何か、人の心のあるべき姿とは、と、なかなか考えさせられるお話でした。
No.6851 (読書)


 最近の歯医者は怖くない
2015年06月01日(Mon) 
土曜日の晩に外れた奥歯の銀冠を持って、夕方歯医者さんへ。
さくっとはめ直してすぐに終わるかと思っていたら、どうやら虫歯が少々進行していたとのこと。結局、歯をもう少し削って、銀冠も作り直すことになりました。
麻酔が必要な歯の治療なんて、十年ぶりぐらいじゃないか……?

そして場所が上顎だったので、ああまた数時間、鼻を含めた顔半分が麻痺するのか……うっかりすると気づかないうちに舌とか頬の内側を噛んでて、麻酔が切れた時に痛いんだよなあ。ってかこの時間からだと、夕食がうまく食べられないかも(−ー;) とか地味に不服だったんですが。
蓋を開けてみれば、鼻どころか頬にすら影響がないじゃないですか。それでいて必要な部分はちゃんと麻痺してるので痛くないし、ちょっと違和感があった唇あたりも、夕食頃にはほぼ元通り。
麻酔の種類にもよるらしいですが、それでも技術の進歩ってすごいですねえ(しみじみ)

ちなみにここの歯医者にかかるようになって一番感動したのは、麻酔注射をする前に、まず麻酔薬を染み込ませた脱脂綿をしばらく口に含ませて、それから針を刺してくれることでした。
……初めての時なんて、注射されてるのにぜんぜん気付かなくって、なんでこんなにじっくり口の中凝視してるんだろうって思ってたぐらいですよ<以前かかっていた歯医者は、麻酔注射の痛かった事ったら!

とりあえず今日のところは、パテっぽいもので削った穴を仮埋め。
一週間後に新しい銀冠ができあがるので、来週に仕上げと、ついでに七月に予定されていた定期検診の繰り上げとなりました。
最後に、仮止めだからハイチューと、なんとかと、かんとかは食べないで下さいねって注意されましたが……最近のお菓子の名前は判らんよ(苦笑)<聞き取れなかった
要はキャラメルっぽいものがアウトってことだと解釈しました。たぶん、間違っていないと思う……
No.6852 (日常)


 2015年06月02日の読書
2015年06月02日(Tue) 
本日の初読図書:
4125012555トゥルークの海賊2 (C・NOVELSファンタジア)
茅田 砂胡
中央公論新社 2013-07-27

by G-Tools
五十年以上前に共和宇宙で活躍し、今でも船乗り達の間で畏怖と尊敬とともにその名を語られる海賊達がいる。大海賊団の長だったキャプテン・シェンブラック。そして彼の引退後、その縄張りを分けあった七名の船長達、グランド・セヴン。
彼らは海賊王と呼ばれた一匹狼キング・ケリーと、まさに同じ時代を生きており、仲間にこそならなかったものの、互いに認めあい尊重しあっていた。
そんな八人の偉大なる海賊達への尊敬を込めて、船乗りたちは自らの船に彼らの乗船と同じ名をつけることすらけしてしない。かの伝説的存在に、自分達のようなひよっこがあやかろうなど、みっともなくてとてもできないというのだ。それは海賊達と敵対していた、連邦軍の軍人達でさえもが同じ考えを持っているほどで。
しかし ―― 惑星トゥルークが存在するカトラス星域で、商船が襲われている現場に駆けつけたパラス・アテナの前に現れたのは、「二代目シェンブラック海賊団」と称する八隻の船だった。
船の名前はおろか、そのキャプテン達もが堂々と二代目シェンブラックとその配下、二代目グランド・セヴンの名を名乗り、そしてケリーへと「ちょうど海賊王キング」がいなかったんだ。仲間に入れ」と勧誘してくる。その物言いすらもが、あきらかにパラス・アテナを次の襲撃の囮に使おうという魂胆が透けて見えるほど下卑ている。
船乗りとして、そして今はもう誰も生きていないだろう『本物』の彼らを見知っている人間として、こんな身のほど知らずの屑共をのさばらせておくなど許せない。
静かな怒りに燃えるケリーだったが、しかしカトラス星系にはなにか尋常でない空間の異常のようなものがあった。パラス・アテナもクインビーも、いくら照準を合わせてみても、攻撃を当てられない。そしてこの星系を知り尽くした八隻の集中砲火を避けているうちに、未知の《門》、しかもルーレット型を跳躍され、取り逃がしてしまう。
歯噛みしつつも再戦に備えるべく、連邦軍へと情報を流したり、あちこちへハッキングしていた彼らは、放置できない事実を知ってしまう。海賊の襲撃と時を同じくして、一般渡航禁止のカトラス星系に、度胸試しと称して無許可跳躍してきた金持ちの馬鹿坊っちゃんがいた。あまりにも世間知らずで考えなしなその若造は、よりにもよってクーア財閥の役員の甥だったというのだ。これだけでも重大な国際問題になりかねないところへもってきて、彼が乗っていた船の感応頭脳が、渡航禁止に対して警告を出さないよう不法に改造されていたのである。こうなるとクーア財閥そのものが、感応頭脳の違法改変、下手をすれば海賊との共謀容疑をかけられかねない。
ケリーに続きジャスミンまでもが怒髪天をついていた頃、惑星トゥルーク上でも重大な問題が起きていた。
連邦大学惑星で“大いなる闇”ことルゥに拝謁して戻ったアドレイヤ・サリース・ゴウランが、その報告の真偽を疑われたあげく、所属する僧院以外の全山一致した判断により、僧籍を剥奪されることになったのだ。
その知らせを受けた弟子のライジャは、苦悩したあげく、リィへと事情を打ち明ける。
そこでリィが取ったのは、ライジャやシェラはおろか、豪胆なケリーやジャスミン達でさえも震え上がる行動で ――


買ったは良いけど二年ぐらい積んでいたのを、ようやく手に取ることができました。
……こないだ読んだ「アンヌの野兎」で、ちょこちょこ入っていたネタバレの内容が気になってしまったので(苦笑)
個人的に、茅田作品では大人キャラのほうが好きです。
共和宇宙を舞台にした一連のシリーズなら、ジャスミンとケリー。
デルフィニアならウォルとかイヴン。
「リィ達といっしょにするな。自分はあくまで一般人だ」と主張しつつ、実はとんでもなくぶっ飛んで器がでかい彼らに、周囲が「どこがだよ……」と呆れられながら認めてもらっているというのにたいそう萌えます。
そんな私がなんで二年もこれを積んでいたのかというと、一巻目の怪獣夫婦が、あまりにもトゥルーク(の主に僧侶達)に振りまわされ気味だったからです。
違うだろう!? この二人はあくまで振りまわす側じゃないと!!
という不満があったのは否めません。あとライジャの姉がなんというか微妙だったり、これまですっごく大人に見えていたサリース・ゴウランがやけに子供っぽく見えたりとかして、そこらへんを受け入れるのに時間がかかっちゃったんですよねえ……

で、やっと読めた二巻な訳ですが。
うん、やっぱりこうでなくっちゃvv
偽グランド・セヴンまわりへの報復はこれからですが、それでもケリーが反則技で連邦軍へと情報を流したり、その窓口になってるミラン中佐が今後有望っぽかったり、人の迷惑考えずに自分の言いたいこと言いまくってたトゥルークの高僧達を完全にぎゃふんと言わせたのにはスッキリしました。

そしてカラー口絵と冒頭の回想シーンのおかげで、ようやくグランド・セヴンの名前と個性を一致させられたのもありがたかったです。
……でもまだ、どの船長がどの船に乗ってたのかが、いちいちページ戻らないと把握できない(苦笑)<七人の船長に、それぞれの船名と感応頭脳の名前と通り名がある

これまではもっぱら、銀星ラナートにスポットがあたってましたが、このシリーズでは《ブルーライトニング》に乗ってる稲妻ブルズアイジャックと、《アルベルティーナ》に乗ってる特攻ランバルトがキーキャラになっている模様。
確認してみたところ、スカウィ最終巻の『映画撮影』には駆けつけられなかった二人ですね。
なんだかこの二人はこの二人で、特別な絆があるっぽくて、腐女子センサーにビシビシと反応が(笑)

「アンヌの野兎」を先に読んでしまったが故に、ラストで出航した『彼ら』が何者か、判ってしまっているのが残念無念。でもそんな彼らが何をやらかしてくれるのか、ケリーとどんなふうなやりとりを交わしてくれるのか、それが楽しみで楽しみで。
ああ、早く続きを買わなければvv
No.6855 (読書)


 やめられない止まらない
2015年06月02日(Tue) 
昨夜はどうしても途中でやめられず、「トゥルークの海賊」2巻を2時過ぎまでかかって読みきってしまいました。
それでもなんとか、朝はいつもどおりの時間に起床。
眠いっす(−ー;)


今日は用事を片付けついでに、ちょっと遠くにある、二年ぐらい前にプラスチック製のかんざしを購入した雑貨屋さんへ足を伸ばしてみました。
……が、今回は一本も置いておらず(しくしくしく)
お店の人に聞いたら、まだ時期が早い上に、入荷する年としない年があるとのこと。
どこに行ったら、ああいうファンシーでリーズナブルな一本かんざし売ってるんだろう??<和服屋さんとかでは、高くて華奢な金属製の二本かんざししか見つからない

もちろん、自作の木製かんざしのほうが、パーツの付替えもできるし頑丈です。
しかし、全体的に少し反った樹脂製のやつだと、髪がよりしっかり留まってくれるんですよ。
うーん、もっと大きなショッピングモールとか行ってみるべきか……ああいう店って、広すぎて行くだけで疲れるんだよなあ……

とりあえず、雑貨屋さんの斜め向かいに行ったことのない百均があったので、かんざしパーツに使えそうなものとかを物色してみたり。



アリス系のチャームが5つにストラップパーツがついて108円なんだから、ありがたいですよねえ(しみじみ)
ヘアゴムの方はまずは普通に使いますけど。でもこの手の飾りつきのやつって、ゴムが切れても付け替えできない構造になってるんですよね、基本的に。前に買った同じような奴なんて、三回ぐらい使っただけでもうゴムが切れました。
まあそれを見越して前回も今回も、パーツそのものに、ある程度の隙間があるタイプを選択しております。
針で糸を通して新しいゴムに縫いつけるもよし、リング金具や9ピンを通して、かんざしパーツに改造するもよしです。
さーて、何をどんなふうに組み合わせようかな♪

そして現在、「トゥルークの海賊」3巻を読んでいます
……まだ100P以上ある……明日も朝早いのに……ううう……寝なきゃいけないけど、面白くて止めたくな〜い〜〜(><)
No.6856 (日常)


 しばらくは名刺係?
2015年06月03日(Wed) 
今日のお仕事も点字名刺の作成。残る一時間ほどを古本査定で過ごしました。
とりあえず母音と長音とハイフンと数符はなんとか覚えたので、次に目指すは子音の暗記でしょうか。
拗音(ゃゅょ)とか促音(っ)とか濁音半濁音あたりは、紛らわしくてとても覚えられそうにないからなあ……
子音も、ヤ行とワ行はイレギュラーだから、ややこしいんですよねえ。

■とほほの点字入門
 http://www.tohoho-web.com/tenji.htm

↑こちらの説明が、すごく判りやすいです。
「ン」はともかく、句点(。)や読点(、)もまる覚えするしかないってのは辛いですが、まあそこらへんは、名刺だとまず使わないからよし。
問題は数字が……数符のあとに「アイウ」で「123」まではまだ良いんですが、続く「4567890」が「ルラエレリオロ」って、ややこしすぎるだろう _| ̄|○

それにこういうのって、使わなくなった途端、すぐに忘れちゃうからなあ……
No.6861 (日常)


 2015年06月03日の読書
2015年06月03日(Wed) 
本日の初読図書:
「世界で一番幸福な奴隷(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n7206co/

アルバス国の王女トリステは、昨年生じたクーデターにより家族を殺され、自身は奴隷として隣国ルクスの王、クピディタス・ファートスに献上された。
王族であるトリステにとって、耐え難いほどに屈辱的なはずの状況。しかし冷酷な王として恐れられているクピディタスは、驚く程に優しかった。
奴隷というよりも愛妾として丁重に扱われ、かつて自国で暮らしていた頃よりもずっと贅沢な品々に囲まれている。
「愛しいトリステ。お前の為だったら、私はどんな願いだって叶えてやる。お前が望むものは何だ? さぁ、望みを口にしてみろ」
普段は滅多に表情を変えないクピディタスが、トリステの前でだけは優しく愛情深い笑みを浮かべ、繰り返し問いかけてくる。トリステはいつも同じ答えを返した。
「私はこれ以上、何も望みません。私は、今の状況が堪らなく幸せなのです」
自分は、世界で一番幸福な奴隷だ、と。
しかしクピディタスはその答えに肩を落としてため息をつく。
「違う。その笑みじゃない。その笑みは、私が見たい笑みではない。私が見たい、そなたの心からの笑みを見せてくれ」
そうして様々な贈り物の末に、クピディタスが用意したものは……

ヤンデレ溺愛系の読切短編。
残酷描写かつ、どんでん返しあり。
ラストは七瀬かいさんの「フロリアーダ綺譚(天使の擬態に収録)」を思い出しました。
No.6862 (読書)


 2015年06月04日の読書
2015年06月04日(Thr) 
本日の初読図書:
4125012733トゥルークの海賊3 (C・NOVELSファンタジア)
茅田 砂胡 鈴木 理華
中央公論新社 2013-12-19

by G-Tools
定期航路の宇宙船をまるごと拿捕し、乗員乗客三十四人を人質とした偽シェンブラック海賊団。
彼らがトゥルーク政府に要求してきたのは、新種のドラッグ「パーフェクション」の原料となる藍王木と白籠岩500万トンであった。七日後までにそれらを用意し、貨物船に積み込んで引き渡せば、人質は開放すると言う。さらにそれまでの間、連邦軍の星系内への進入禁止と宇宙港を閉鎖しろという条件も付けられた。そのためリィ達は、取り引きが終了するまでティラ・ボーンへ戻れなくなってしまう。
それでもどうにか監視の目をかいくぐって宇宙に出たケリーとジャスミンとダイアナは、一週間の猶予を無駄にせず、パーフェクション中毒者の交友関係の方向から調査を進めていった。しかし調査が終わりきらぬうちに期限の日はやって来る。
連邦軍の大艦隊が、カトラス星系の外縁ぎりぎりを包囲していた。偽シェンブラック団とトゥルークの宇宙港は、人質を乗せた搭載艇と20隻の貨物船を、一隻ずつ交換してゆく。しかしすべての船が交換され終えてもなお、海賊達のもとには人質が六名と、そして交渉役として乗り込んでいったエルヴァリータが取り残されていた。人質の中には、エルヴァリータの娘でライジャの姉である、エレクトラも含まれている。
さらに悪い事態は続いた。偽シェンブラック団の手元に渡ったはずの貨物船が、誰も操作しないままいきなり動き出し、すべてどこかへ跳躍していってしまったのだ。これに激怒した海賊達は、核ミサイルのボタンを押した。
惑星全域を破壊し尽くせる数の核弾頭が、トゥルークの地表めがけて降り注ぐ。
大混乱に陥る中で、さらに所属不明の武装船が複数、星系内へと跳躍してくる。
彼らが上げた、その名乗りとは ――


偽シェンブラック&グランド・セヴン海賊団、惑星トゥルーク、連邦軍にケリー達、そして本物のグランド・セヴンの『関係者』達が入り乱れた、大人サイドの番外編シリーズ(とりあえずの)完結編。
ラストに、一部で物議をかもしだした前日譚短編、「大いなる闇が来た」も収録されています。

 そ・う・き・た・か!!

というのが、ページをめくりながらの心の叫びでした。
「アンヌの野兎」でネタバレられたとか、偉そうにほざいていてすみません。
《アルベルティーナ》も《ブルーライトニング》も、どっちも《ビート》って愛称にできそうだから、そこを引っ掛けにしたんだな、とかほくそ笑んでいたらどうしてどうして。
まさかここまでしっちゃかめっちゃかだとは、想像のはるかに斜め上をかっ飛んで行かれましたよ(褒め言葉)

……いやはやまったく、今回はもう、全てがランバルトとブルズアイジャックに持って行かれました。
昔のグランド・セヴンの名誉を守るべく駆けつけたかつての乗員(すでに老境)達も、ランバルトにあこがれて密航 → 半年ほど見習いをやったあげく、今では連邦軍司令官になっていた『彼(六十代)』も、かなり初期から思わせぶりに出ていてある意味キーキャラでもあった女僧ラテール・ザンテスも何のその。
この3巻では、ランバルトとジャックの人生と絆を、これでもかーーーーっっっ、と見せつけられる内容でございました。
なにしろこの二人にとっては、ケリーですら『若造』、ジャスミンに至っては『お嬢』扱い(笑)
実際、一度若返ったケリーの総帥時代をちゃんと勘定に入れても、まだ年上ですからね。この二人。 ちゃんと計算してませんけど、ランバルトは下手すりゃ九十超えてるのか……?
しかも二人合わせて、まさにケリーとダイアナの二人を混ぜあわせたかのような、壮絶な人生を送ってきた上に、そこへ年月の深みが加わってるものだから、いくら彼らでも勝てるはずがない(笑)
アンヌ〜に引き続き、大人どころか老人シニア世代の大活躍でしたvv

そしてトゥルーク……っていうか、カトラス星系の異変の実情がまた『ひでぇ冗談(BYダイアナ)』で(苦笑)
海賊王時代のケリーがここを知らなかったのが、かえすがえすももったいないというか。もし知っていたら、それこそ大喜びで跳びまわって遊んでたんだろうなあ……

結局、ジャスミン達が調査していたドラッグの件については、まるで添え物のように駆け足で片付けられてしまいました。
とにかくこのシリーズは、そのタイトル通り、トゥルークとランバルトとブルズアイジャックのお話だったんでしょう。1〜2巻を読んで、タイトルの「海賊」は、ケリーと見せかけて実は偽グランド・セヴンを指しているのかと思っていたら、さらにどんでん返るとは(しみじみ)

そして裏ではルゥが大鉈を振るいまくったせいで、頭の硬かった本山の面々も、信仰のあり方を見直したようで。
……でもこれって良いのかなあ。重要な内政干渉かつ文化の破壊に当たる気もするんですが、でもそもそもの根底が、まずトゥルーク側が一方的にルゥを“大いなる闇”と認識したところから始まってる訳で、それならこれはこれで、彼ら自身が選択した道なのか。
ともあれ少なくとも、自分達の信仰に合わぬからと、“神”の方を都合よく歪めようとしないだけ、宗教家としての彼らはそれなりに誠実と言えるんでしょう。たぶん。

……ただ、ライジャの両親はともかく、ラテール・ザンテスが啓示を受けた意味が、いまひとつ収まりが悪いかなあと感じられました。
まあ、確かに彼女がその啓示に従っていなかったならば、今回の事件の人質達は、少なくとも何人かは助からなかったかもしれません(微妙に不確定)。連邦軍の艦隊だって全滅したかもしれないし、パーフェクションが大量生産されて、次期連邦主席がああなると、共和宇宙自体が……とか思うと予定調和なんでしょうが、でもそれって『修行のため』とは言いませんよねえ? それとも共和宇宙を、すなわちそこに属するトゥルークを救うことが、修行のひとつって解釈なんですかね??

そのあたり、これに完結編と銘打たれているのになぜか発行されている4巻で、多少でもフォローが入ると良いと思いました。

……そして、いい感じに枯れたランバルトを、イラストで見てみたいようなそうでもないような。
こういうのは想像で収めておいた方が、むしろ自分の理想を追求できて良いのかもしれないしなあ……
No.6865 (読書)


 昭和の遺物(?)と今年の新作
2015年06月04日(Thr) 
月曜日に治療した奥歯の仮詰め物が、昨夜あっさり取れた件について。
……飴もガムもキャラメルも食べず、食事の回数すら人より少なめなはずなのに……
歯を削り直しただけあって、単に銀冠が取れた時よりしみる度合いが格段UPしており、来週の予約日まで放置できそうになく(−ー;)
幸い歯医者に連絡したら即座に診療時間を空けてくれて、治療代も無料で詰め直してくれました。いやはやまったく。

……そしてうっかりスマホを忘れて出かけてしまい、久しぶりに公衆電話を使う羽目になったのですよ。
しかもテレホンカードも使えない、10円玉オンリーのダイヤル式ピンク電話。いったい何年前の代物だこれ??<待合室に置いてあるのそれだけ
たまたま小銭入れの中に30円あったので助かりましたけど、ダイヤル回す感触が懐かしすぎる(笑)
ってか、我々世代は子供の頃ダイヤル公衆電話使うのが当たり前でしたけど、2000年代生まれとかって、これ使い方判るんだろうか……?
しかも小学校入学と同時にキッズ携帯持たされて、「自宅は短縮の1、お母さんは短縮の2だからね」とかって教育されてたりしたら、自分ちの電話番号、何も見ずにかけられない可能性もあるんじゃとか心配になってきたり。
……いくらなんでも馬鹿にしすぎですかね。
前に新入社員で、手動の鉛筆削り使えない子がいたしなあ……


話はまるっと変わりまして。
プラスチック製の安くて可愛いかんざしがないかなあとか、あちこちのかんざし屋さんのサイトをのぞいて回っていたら、いろいろ滾ってきてしまいました。
そんな訳で本日は、久しぶりに手作り工作のお時間です★

まずはいわゆる私好みの、シャラシャラ揺れるキラキラしたタイプ。



私は昔っから光モノ系が大好きで、一時期はイヤリングとかペンダントを集めるのに凝ったものでした。
今ではもうほとんどアクセサリーを着けなくなったものの、やっぱりこういうのが大好きなんですvv
使用したのは、すべて以前に購入した手持ちのパーツ。しかも猫チャーム以外は百均のやつです(苦笑) ……って、猫チャームも本体価格は105円だったか。送料が200円だったけど、その代わり5個入りだったしな……

続いて、先日買ってきた、ダイソーの「不思議の国のアリス」系チャーム5個入りセットから、時計とウサギを組み合わせ。



以前に別のかんざしパーツを作った際、やはり百均のストラップを分解して残っていた小鈴を流用しました。アリスって言ったら、多少派手なぐらいの色が合うかな、と。
ちょっと悔やまれるのは、チェーンの色が浮いてるところですね。アンティーク系のチェーンパーツもストックしておくべきか……でも百均では見かけないんだよなあ<あくまで百均にこだわる

三個目は、手持ちの鳥かごチャーム(得得屋の)に、アリスセットから鍵をプラスしてみました。



小鈴は前述に同じ。
鳥かごと鍵という取り合わせが面白いと思うんです。できれば鍵がもう少し小さい方が、バランスが良かったかも?

あと残っているのはトランプチャームとレジン用皿。あいにくレジンの心得も道具も持っていないので、そのうちアリスっぽいイラストでも貼り付けた上から、透明マニキュアを塗ってやろうかなとか考えています。それでトランプチャームと組み合わせれば、108円で3つもかんざしパーツが作れたことに。
それにこのアリスセット、百均商品の割に、時計以外はどれもちゃんと両面に加工がされている優れものでした(ほくほく)

おまけ。
それこそ社会人になりたてで収入が増えた頃、いろいろ買いあさっていたチープな光モノの中から、もう絶対に使わないだろうペンダントが出てきたので、ついでに加工してみたりとか。



……これだけ作れば、ひと夏は充分持ちそうですな(笑)
No.6866 (創作)


 更新情報(2015年06月05日)
2015年06月05日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」で、拍手お礼SSを一本追加しました。何年ぶりだ!? と言う勢いの「きつね」日常編です。根強くリクエスト下さっていた方々、大変長らくお待たせいたしました <( _ _ )>

……実はこれを書いちゃったから、うっかりシリーズ目次を作成してしまったという流れでもあったりして。
ちなみに現在、三作目となる中編も鋭意推敲作業中です。そちらは秋頃からUPしていきたいなあ、と。

また今回の作中でぶつぶつと垂れ流されているあれこれは、テレビやマンガやネットで仕入れたなんちゃって説を、うろ覚えかつ適当に混ぜ合わせたシロモノなので、くれぐれも本気にはなさいませぬよう。
あくまで『こんなだと楽しいなあ』、『これで古代FT書きたいけど、とても文章力が足りねえ(><)』という個人的な妄想です(苦笑)
むしろどこかにこんな話落ちてませんか? 設定提供するのでどなたか書いて下さいませんかね(笑)
No.6867 (更新)


 2015年06月05日の読書
2015年06月05日(Fri) 
本日の初読図書:
「魔王様の犬(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/s4283c/

魔王さまに飼われている、忠実な『犬』。
まだ名前のない『犬』が名前を求め、そして魔王が名付けを拒むその理由は……?

えー……何を書いてもネタバレになりそうなんですが。
とりあえず、勇者召喚って普通に考えて拉致強要だよねってお話です。本人達は幸せだけど、けっこうダークなストックホルム的話運びなので、苦手な方は要注意。
No.6868 (読書)


 腹筋で飛び起きた
2015年06月05日(Fri) 
昨夜はうっかり、久々のオリジナル(と言っても拍手SSですが)更新だからと、ついつい日付変わるまで夜更かし作業してしまったのですよ。
まあ、最近睡眠リズムもだいぶましになってきてるし、ちゃんと出勤前に起きられるだろうと高をくくっていたのですが。

朝、目を開けて時計を見てみたら、目覚ましセットしたはずの一時間後でした。
慌ててスマホを確認すると……フリーズしてやがる _| ̄|○

あ、私は目覚ましにスマホの音楽再生をセットしてるんですよ。
200曲以上設定してあるプレイリストの中から、ランダムで30分くらい流し続けて、ようやく着替えまで終えられるのです。
ちなみにこの目覚ましアプリ、たまにセットした時間に鳴らないことがあるので、予備として45分後にもセットしてあります。
そんな予防処置をしておいたのに、おいたのに。まさか寝てる間にスマホ本体がフリーズするとは、お釈迦様でも思うまい……

それでも一時間で目が覚めただけ良かったですよ本当に。
私は目覚めてから頭が働き出すのに時間が掛かるタチなので、寝起きすぐに外出するのは怖いと、かなり余裕を持って目覚ましかけてますから。で、コーヒー飲みながらしばらくネットして、頭をはっきりさせてゆくのです。
なのでなんとか遅刻は免れましたが、まったくもって肝が冷えたッス。

時間に余裕を持つって大事ですよね……(しみじみ)


夕方からケーブルテレビでレッド・クリフI〜IIを一挙放送していたので、うっかりチャンネルを合わせてしまったりとか。
……お前もう市販DVD買ってるやろとは言わないお約束(笑)
ってか、さすがに一時間半ほど見たところで、父からそろそろチャンネル変えろと言われたので、続きは結局、自室に戻ってDVD with ノートパソコンで見ました。とりあえずIだけでやめときました。
…………たぶん明日あたり、IIも見ちゃうんだろうなあ……(遠い目) そしてノベライズにも手を伸ばしちゃうんだ。きっとそうだ。

しかし例によって GOM PLAYER ではコーデックが足りないとやらで再生できず、MediaPlayer では何故かまわりに黒い帯が出てしまい、小さいサイズでしか見られませんで。
そして Windows Media Center ならなんとか全画面再生できたものの、今度はいくら設定画面で日本語吹き替えを選択しても、切り替わってくれないし(−ー;)
いろいろ調べて試した結果、Ctrl + Shift + MのショートカットキーでDVD自体のメニュー画面を開き、そこで音声と字幕の設定をしたら、なんとか意図通りの再生ができるようになりました。
ややこしいなあ、もう……
No.6869 (電脳)


 2015年06月06日の読書
2015年06月06日(Sat) 
本日の初読図書:
「モブなんていません(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n3619bu/

気がついたら、乙女ゲームの中に生まれ変わっていました。
前世でこのゲームに夢中になり、全ルートコンプリートした私は知っています。間もなくやって来る転校生のヒロインに生徒会の役員たちが熱を上げ、さまざまな失敗を繰り返しながら彼女との関係を築き上げていくという、その展開を。
自分はそのゲームの中ではモブ中のモブ。トラブルが起きるたびに「どうしましょう、どうしましょう」とうろたえるだけのいち女生徒でした。しかしこのままでは、正規ヒロインに学園中がひっかき回され、最悪、生徒会役員たちのヤンデレルート突入によるバッドエンドが待っています。
ならば自分がやることは決まっている。攻略キャラを横取りすることでも、主人公を押しのけて逆ハーレムを作ることでもない。平穏な学園を守ることです。
地味で賑やかしなおさげ眼鏡キャラこと、羽生加奈子。文字通り、生まれ変わったつもりでがんばります!

お約束の乙女ゲーム転生モノ。読み切り短編。
悪徳令嬢系ではなくモブキャラ転生ですが、かといってストーリーに関わらずに過ごそうとするのでもなく、むしろ積極的にはた迷惑なフラグを折るため奔走しています。
周囲に迷惑がかからないフラグはちゃんと放置しているのに、ヒロインもヒロインでアレなので、とにかくイベントに頼りっぱなしで逆ハー狙いの、周囲をまともな人間と認識していないタイプ。
それでも自業自得のあげくに破滅しなかっただけ、まだましな展開だと思うよ(苦笑)>正規ヒロインちゃん
No.6870 (読書)


 見たり読んだり
2015年06月06日(Sat) 
午前中はやっぱり、レッド・クリフの II をパソコンで視聴。
最初はいくらDVDをドライブに入れても読み込んでくれなくて、やべ、対応してない種類のディスクか!? と焦ったのですが。
試しに昨日ちゃんと見られた I のディスクを入れてみても、やはりまったく反応がありません。
いったんパソコンを再起動してみても同じ。
これはいったいどうしたことか……と思いつつ、完全に電源を落としてゆっくり10数えてから再び起動したら、今度は読み込んでくれるようになりました。
……パソコンって、たまにこんなふうにヘソ曲げるから困るんですよねえ……(遠い目)

そして、通算四回目ぐらいの視聴で、やっぱり孔明さんは周瑜と劉備の策略に一枚噛んでたんだなと確信。
……みなが白玉団子を周瑜に一個ずつ渡していく場面で、ノベライズにある、孔明さんも気配を消しつつサラッと参加してるエピソードが映画にはないのが残念です。

午後からは、このところひそかに突入している、茅田砂胡再読&初読書週間へ。
クラブレ「パンドラの檻」を再読し終え、次は「嘆きのサイレン」に行くか「海賊とウェディングベル」にしようかと迷っていたところへ、2日に注文していた「トゥルークの海賊」4巻がようやく届いてくれました。
さっそく包装を破って読み始め。ミニヨン星系とか懐かしすぎる……
そして「嘆きのサイレン」は、マンガ版も読み返したいなあ。
茅田作品はとにかく冊数が多いので、再読も一苦労です。
No.6871 (日常)


 2015年06月07日の読書
2015年06月07日(Sun) 
本日の初読図書:
4125013217トゥルークの海賊4 (C・NOVELSファンタジア)
茅田 砂胡 鈴木 理華
中央公論新社 2014-11-29

by G-Tools
結婚し還俗していたライジャの両親が、再び僧侶として迎えられることとなった。しかも惑星全体でも百人と存在しない、最高位ドルガン・ドガールという階位でだ。
二人は夫婦のまま、俗世間での仕事も続ける在宅出家という形をとる。男女が触れ合うことについての戒律も大幅に見直され、家族の絆は尊重するという方針に向かっていた。その先駆けとなった二人の叙任式は、誇張ではなく、トゥルークの歴史と宗教のありかたに大きな影響を与える、世紀の大イベントである。
ジャスミンは数少ない対等な女友達であるエルヴァリータの晴れ舞台に駆けつけたいし、かの夫婦もまた、自分達が昇格するきっかけとなったルゥに、ぜひ参列してほしいと招待状を送ってくる。
しかし先日の大潮やトゥルークの僧侶たちに散々な目に合わされたダイアナは、二度とあの星には降りたくないと、断固拒否する。行く先々で、感応力の強い高僧たちに拝まれまくるルゥも、まったく同じ意見だ。
また一方で、宇宙に何の興味もないリィ達がトゥルークで貴重な経験をしてきた事を知ったジェームズは、自分が素人にも劣る『子供』であると感じて強い不満を覚えていた。『あの』辺境最速の船長ダン・マクスウェルの息子でありながら、お前はトゥルークについてすら何も知らないのかと。周囲からそんなふうに言われて反発した彼は、進学せず中学卒業と同時に宇宙へ出る。そうして現場叩き上げの船長になるのだと言い出す。
周囲の大人たちは口を酸っぱくして止めようとするが、ジェームズはまったく耳を貸さなかった。特にダンなどは、自分もかつては同じことをして成功を収めているだけに、いくら今は時代が違うのだと言っても、まるで説得力がない。
一同、頭を抱える中、いっこうに理解を得られないとすねまくったダイアナとルゥは、手に手(?)を取って、駆け落ちを決行して ―― !?


微妙にラストが駆け足だった、「トゥルークの海賊」全3巻の後日談。
あちらこちらで生じたこまごまとした波紋が、どんなふうに収められていったかが補足されています。
目次こそ分かれていないものの、小ネタ短篇集といった雰囲気が強かったかな。
大潮の時に、ケリー@パラス・アテナが必死な割に余裕をかましているように見えた《アルベルティーナ》船内が、実はけっこう洒落になっていなかった光景&無事着陸してからの一同取り揃った宴会シーンとか。
ダイアナとビーティの感応頭脳同士の会話と、それに参加するブライアンとリーヴス博士(ランバルトの息子とその母)とか。
ティラ・ボーンに帰ったあと、リィとシェラがトゥルークについてのレポート発表を行った結果、聴衆たちは阿鼻叫喚、そしてジェームズが厨二病をこじらせて家出寸前になるとか。
『駆け落ち』したルゥとダイアナを追って、怪獣夫婦がピグマリオン II とミニヨン星系に行ったりとか。
一番の見どころはもちろん、ダレスティーヤとエルヴァリータの叙任式なんでしょうが、ラストのラストでまたもランバルトに持って行かれたりとか(笑)

まあそんな感じで、よくも悪くも同人誌っぽかったです。
イラストも遊び心満載。表紙も表紙だけど(裏表紙がまた笑えるんだvv)、子供っぽい我がまま言うジェームズを物陰から見ながら「ゴゴゴゴゴッッ」ってなってるジャスミンと必死で止める金銀天使とか、どんだけ楽しんで描かれたんだかvv
あと叙任式の衣装は、なんというかやり過ぎ(褒め言葉)

ランバルトがうねうねしてるルゥの髪をワシっと掴んで三つ編みしたら、なぜか髪がおとなしくなるというエピソードに萌えました。
リィがやると余計に止まらなくなるという話でしたけど、ケリーも総帥時代にやってましたよね。三つ編みにしてもビッタンバッタン暴れるから、ベッドに括りつけたんだったか。
そこらへんでも、ケリーはまだまだランバルトにかなわないんだなあとか(苦笑)
ビバ、最強爺ってことですな。

ところで今回もちょっくら気になった点が。
ダイアナはケリーの義眼を通しても、相手の位置が把握できるだけで、具体的に何をやっているかは判らない。プライベート上の問題もあるからという描写があったんですが。
……義眼を通して長年その記憶と経験と思考パターンをデータとして記録してきたからこそ、ケリーはクローン体に人格を移植するという技術を実行段階に持って行けたって設定じゃなかったですっけ??
No.6874 (読書)


 2015年06月08日の読書
2015年06月08日(Mon) 
本日の初読図書:
「私の次の仕事は小説家の妻らしい。(小説家になろう)」〜番外編 集合 若葉目線。
 http://ncode.syosetu.com/n1295cp/

本当に好きなのはお前だけだとか言いながら、浮気を繰り返すダメ男の彼。おかげで面倒な女がとっかえひっかえ何度も会社に押しかけてきては、平手打ちをくらったり水をかけられるのももう慣れっこ。その日もヒステリックに叫ぶ女に頭から珈琲をぶちまけられて、岸元若葉はついに切れた。
人事部の部長から、次に同じような事があれば対処を考えなければならないと、宣告されていたこともある。彼が好きなのは私なの! と泣きじゃくる女にあんな男くれてやると言い捨てて、若葉はそのまま人事部へ向かい、会社を退職した。
そうして実家に戻って見合いでもしようと、会社の寮を出て荷物片手に駅へ向かっていた途中のこと。ダメ男から携帯に連絡が入る。本気じゃないだろう? お前はいつも許してくれた。別れたくないから結婚しよう! などとほざく男に、思わず殺意が芽生えた。
「ふざけんな! あんたと結婚するぐらいなら、見ず知らずの行きずりの男と結婚した方がましだ! 死ね!」
そう叫んで電話を切った途端、いきなりその腕を掴まれた。まさかダメ男かとふり返った先にいたのは、どこか不安そうで必死な面持ちをした……見知らぬイケメンだった。
「あ、あの、お、俺と……俺と結婚してください」
「………はい?」
なんでも、もともと海外小説の翻訳をしていた彼、中里葉瑠は、最近自分でも小説を書くようになったところ、それなりに売れてくれたのだという。すると途端に親戚の娘がつきまとってきて、勝手に婚約者を自称して留守中の自宅に上がりこむなど、完全にストーカー化。その親もすっかり乗り気で結婚しろ、式場も手配するからと言い出し、このままでは本気で押しかけられかねない状態らしい。
とても耐えられなくなった彼は、他に結婚を考えている女性がいるからと嘘をついたものの、実際にはそんな相手どころか、恋人のふりをしてくれるような女友達すら存在しておらず。
「さっき、電話で貴女が喋っていたのが聞こえて………貴女なら俺を助けてくれるんじゃって思ってしまって………」
もちろん、あなたに他に好きな男ができたら別れるし、戸籍にバツをつけてしまうことに対しての慰謝料も払う。生活費に加えて、月に十万ぐらいなら小遣いだって出せるから、と。
懸命にそう訴える葉瑠は、イケメンなのに気弱そうで、それでいてそばにいるとどこか癒やされる、穏やかな空気をまとっていた。若葉がいくつか出した条件にも、できるだけ応えたいと、心よい返事をしてくれる。
ちょうど仕事も住むところもなくしたばかりだ。これはこれで助かると、若葉はその場で婚姻届に署名した。
かくして若葉は、小説家の妻という、新たな仕事に就くこととなって ――


ば く は つ し ろ !!
……としか言いようがない、契約結婚から始まる両片思いなのにイチャラブな、美男美女ハイスペック砂吐きカップルのお話。
完結済みで、現在、後日談的番外編をちょこちょこUPされています。
実力できっちり稼ぐイケメンのくせに超草食系で、人付き合いが大の苦手。歴代の押しかけ彼女にはねだられない限りキスすらしなかった葉瑠さんが、どんどんどんどん普通の男 ―― というよりむしろ、待てのできない犬になっていくあたりが微笑ましいやら、若葉ちゃんが気の毒やら。
葉瑠さんの家族を含めた周囲の人物たちも、なんというかキャラが濃すぎ(褒め言葉)
みんな葉瑠さんが大好きで、ほとんどコミュ障の引き籠もりに近いうえ女性運が悪い葉瑠さんを心配していたので、彼を幸せにしてくれそうな若葉ちゃんを、諸手を上げて歓迎してくれてます。
若葉ちゃんが若葉ちゃんで、また男運が悪いというか、裏でめちゃめちゃモテていたのに、なぜそれに気付かずアレに引っかかってた……という有り様。
そんな二人の新婚生活は、まるで熟年夫婦のような穏やかさ。
両片思いですれ違ってるうえにどちらも辛い過去持ちなのに、でもいっこうに暗い雰囲気にならないあたり、ポイント高かったです。
そして前彼カス男はしっかり見返され、二人はこれから幸せに暮らしますという、お約束的展開が安心して読めました。
番外編は、葉瑠さんや若葉ちゃんの友人たちを中心にあれこれと。
個人的には、上杉さんにも早く幸せになって欲しいものなのですが(笑)
幼馴染でざっかけない口をきける、でも心の中ではすっごく案じてくれてる同性の親友ポジションって良いですよね……
No.6875 (読書)


 2015年06月11日の読書
2015年06月11日(Thr) 
本日の初読図書:
「異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています(小説家になろう)」〜幕間 第71.5話  シアン
 http://ncode.syosetu.com/n4353bc/

間もなく大学卒業を控えた女子大生 神崎美鈴は、女子会帰りに冬の夜道を歩いているところを、いきなり暗黒に包み込まれた。闇の向こうから伸びてくる、ミイラのように干からびた何本もの手。必死にそれらを振り払って ―― 気が付くと、大自然のただ中にある暖かな草原に座り込んでいた。
見慣れない草花をぼーっと眺めていると、ふいに頭の中へその名前や効能が浮かび上がってくる。
やあ、まあ……うん。これって……うん。ゲームの世界にでも迷いこんじゃったのかな。っていうか、異世界トリップ系?
小説とゲームが大好きなオタク気質の美鈴は、思わず笑ってしまった。試しにメニュー? ステイタス? と呟いてみると、自分の現在の状態も浮かんでくる。
称号:『異世界の旅人』
どうやらここは異世界で間違いないようだ。
それからいろいろと検証してみた結果、イメージをしっかり持ちつつ何らかの言葉を口にすることで、アニメやマンガなどで出てくるような魔法をだいたい使うことができた。お約束の「アイテムボックス」も使えたので、なくしたら困るものを入れておく。
そうして元の世界に戻る方法を探すためにも、まずはこの世界の住人と接触しなければと考えた彼女は、先の見えない街道をゆくよりも、脇道が向かう森の中へ入ってみることにした。時おり現れる魔獣を相手に魔法を練習しつつ、辿り着いたのは無人の小屋。すでに日も暮れかけていたので、無断侵入を詫びながらもベッドを借りて眠りにつく。
翌朝目覚めてみると、気付かぬうちに二人の男が小屋を訪れていた。いかにもな騎士の鎧を着た男達は、それぞれヴァンとシアンと名乗る。なんでもこの小屋は、貴重な薬草の群生地を保護する管理人が住んでいる場所で、彼らは危険な任務を前にその薬草を補充しにやって来たのだという。ところが小屋の様子を確認する限り、管理人は数日帰ってきていないようで。
あるいは森の中で遭難でもしているのでは……と探しに行こうとする二人に、美鈴も同行を申し出た。昨日の実験で回復魔法も使えると判っていたので、何か役に立てればと思ったのだ。
すると二人は、強い驚きを見せた。どうやらこの世界では、癒しの術を使える存在は貴重らしい。これはマズッたかと焦る美鈴だったが、言ってしまったものはもう取り返しがつかない。
案の定、骨折で動けなくなっていた管理人を治療する美鈴の手際を見た二人は、彼女に次の任務 ―― 凶暴な魔獣討伐に同行してくれないかと願ってくる。
「お前の安全は俺たちが命をかけて守ると誓う。だから、力を貸してくれ」
正直を言えば、危険な場所になど行きたくない。下手に目立って、巫女ルートや監禁ルート、あるいは生贄ルートや政略結婚ルートをたどるのもまっぴらゴメンだ。
けれど、たった一日の付き合いでも、この二人がとてもいい人だというのはよく判った。もしも自分が手伝わなかったことで、ヴァンとシアンが負傷したりあるいは死んだりする可能性を考えると、行かないという選択肢は考えられない。
かくして美鈴 ―― 改め、リィーン・カンザックは、二人とともに魔獣の討伐へと向かうことにした。だがそれは、この先、彼女が巻き込まれていくさまざまな出来事の、ほんの始まりに過ぎなくて……


アルファポリスで無料公開されているwebコミカライズの連載を読んで、最初はうーんと思っていたものの、だんだん面白くなってきたので、以前DLだけしていたテキストをようやく読んでみました。
……あいにく手持ちは第一部と幕間だけしかないんですが、まあこれはこれでキリの良い所で終わっているから、かえって良かったかもしれません。第一部だけで、文庫三冊分ぐらいありましたし。

いきなり異世界召喚され、オタク気質ですぐに大体の現状を把握。同じくゲームの要領で魔法を即座にハイレベルに使いこなし、ハンサムさん達に守ってもらいながら無自覚に成り上がり〜〜的な御都合主義満載なお話です。
それでも随所で重い部分もあり、ある程度猟奇描写もあるので、どっち方向でも苦手な方は要注意。

後見人になってくれるキラキライケメン王子様との関係も、けっして一方的に好意にもたれかかるのではなく、お互いにお互いの背景を考えた上で、判った上での利用をしあってるというのは、好みが分かれるところでしょう。私はギブ・アンド・テイクがはっきりしていて良いと思いましたが。
ヴァンさんもシアンさんも、忠誠はあくまで王子様にあり、もしリィーンが主君に不利益をもたらすようであれば、責任をもって自分が殺す、と誓うんですよ。安易に情には流されない。でも殺す時は自分がと宣言するぐらいには、強く思ってもらえてるし、その根底にきちんと信頼がある。
その上で、リィーンを『力が及ぶ限り』守る。それは肉体的な意味だけではなくて、たとえば貴重な癒し手であるリィーンは、ときにヴァンやシアンを見殺しにすることになっても、けして死んではいけない。それはこの先に救えるだろう、もっと多くの人々を見捨てることになるからだと、厳しくもはっきり言い諭す。
ヴァンさん、マジ兄貴。そしてシアンさんまじオカンやvv

ハイスペックかつ誠実なイケメンがガンガン出てきまくるのに、恋愛色が全然絡んでこないのも、この手の話では珍しいですね。まあリィーンが恋愛に疎いのはそれなりに理由があることが、終わりの方で明かされる訳なんですが。
webコミックの方はなろう版と異なり、かなり最初から『ラスボス』が関わってきています。なろう版だと確かにちょっと唐突感が否めなかったので、これはありでしょうね。っていうか、商業出版された小説版でも、あらすじ紹介見る感じ、そこらへんがだいぶ書き足されているようで。

個人的には、小説版の挿絵よりマンガ版の絵柄のほうが好みですな。
ただシアンさんの表情が、ちょっと優しすぎるかなあ。氷の貴公子が初対面から笑顔浮かべまくってるし。リィーン以外にどんな態度を見せてるのか、コミカライズの絵柄で見てみたいものです。
No.6880 (読書)


 2015年06月12日の読書
2015年06月12日(Fri) 
本日の初読図書:
4063806359悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx)
いなだ 詩穂 小野 不由美
講談社 2013-06-07

by G-Tools
ジーンの事件が片付いても、ナルは渋谷サイキックリサーチを続けるとのことで、麻衣は変わらず日々をバイトに勤しんでいる。
そんなSPRにやって来た新たな依頼人は、買ったばかりのマイホームで異変が続くという女性 阿川翠だった。母と二人暮らしの彼女は、築20年ほどの家を購入して引越したのだが、それから半年ほどの間に電化製品が故障したり雑音だらけの奇妙な電話がかかってきたり、目を離した隙に物が移動するなどの現象が立て続けに起きているのだという。最近では母親の様子もおかしくなり、精神的にほとほと参り果てているのだと。
話を聞いたナル達は、自分達はあくまで心霊現象について調査するだけで、場合によっては自然現象や人為的なものである場合も有り得ると説明した。しかし翠に同行してきた広田という青年は、心霊現象や超能力などペテンだ、それを商売の種にする者も詐欺師だと事あるごとに力説してはばからない。
阿川家で調査を始めてからも、用心棒として泊まりこんでいる広田が、何かと口を挟んできた。ナルによってバッサリ一刀両断されてはいるものの、うっとおしいこときわまりない。
阿川家には、確かに奇妙なことが存在した。家の窓ガラスがすべて鏡に交換されていたり、人が入れるスペースのない家の外からノックの音が聞こえてきたりする。
おまけに隣の笹倉家の住人が、特に親しいという訳でもないのに、しきりと首を突っ込んでこようとした。親切ごかしに聞かせてくる内容によると、この家では以前に自殺者が出ているのだという。そのせいで何かとおかしなことが起き、住人が居着かないのだという話で ――


ティーンズハート版の頃から追っかけている悪霊シリーズ。
もちろんCDも揃えました。リライト版の新装単行本も持ってます。アニメも視聴したし、なかよし版のコミカライズもバッチリです★
そんな悪霊シリーズの後日談的続編が、なかよし版と同じ いなだ さんの作画でマンガ化です。
原作はホワイトハート文庫で上下2巻。こちらはリライト版に含まれておらず、文庫の方は絶版になっているので、今回のコミカライズで初めて読まれる方も多いでしょう。
……まあ、文庫版の古本も、一時よりはだいぶ値下がりしているようですが(苦笑)

406255156X悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野 不由美 小林 瑞代
講談社 1994-03

by G-Tools
4062551640悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野 不由美 小林 瑞代
講談社 1994-04

by G-Tools

で、内容はというと。
すっかりナルに対する恋愛感情が消え、持ち前の負けん気の強さを発揮して逆に(ある程度)振りまわせるようになった麻衣が楽しいですね。……リンさんも、原作だともう少し柔らかくなってた気がするんですが、さすがにページが足りなかったのか、ほとんど出番がなかったのが残念至極(しょぼん)

そう言えば掲載誌が変わったせいでしょうか。なかよし版に比べて、絵柄もだいぶ変わっています。ちょっと劇画っぽいというか、以前よりさらに凄みがUP。 ただ背景がやけに少ないような気も……?
特に隣家のBBAの話の通じなさっぷりが、クリーチャーっぽいキャラデザと相まって怖い怖い。

そしてこれは原作でもそうなんですが、広田さんがすげえうぜえ_| ̄|○

今まで買ったはいいけど積んでいたのも、もう少し話が進んで、広田さんが協力的になってからじゃないと読めないと思ったからなんですよね。同僚の心霊現象肯定派の女性が出てこないだけまだマシですけど、とにかくやかましい。彼には彼の仕事があるんでしょうが、それにしたって自分こそ翠さん達を利用するだけ利用しておいて、てめえが一番阿川家にストレスかけてんじゃねえか!? って言いたくなります(苦笑)

お話は、ひとまず異変の原因が人為的なものだと判明して、笹倉家のBBAに釘を刺したところまで。
翠さんがホッとして洗面所で髪を整えていたら、鏡に血まみれの影が ―― というところで、以下続く。
上巻のラスト一章を残すあたりまで進んでますかね。この配分だと全3巻ぐらいになるのかな?

とりあえず、広田さんが麻衣に「若い女の子はわからんな。そんなに金(バイト代)がほしいもんかね」と無神経発言して、さらっと返しに凹まされるシーンがちゃんとあったのが嬉しかったです。その調子でぼーさんに「お前もリンも、前髪、うっとおしい」っつって「それリンに言ったら馬鹿者だからな」の会話もきっちり入れて欲しいところです。

あと、風呂場で窓の外を見て『目』が合うシーン。
小説版では何度読んでも鳥肌が立つ、あれをうまいこと表現してくれてると良いなあ……
No.6881 (読書)


 2015年06月13日の読書
2015年06月13日(Sat) 
本日の初読図書:
4063806863悪夢の棲む家 ゴーストハント(2) (KCx)
いなだ 詩穂 小野 不由美
講談社 2014-04-07

by G-Tools
翠さんが洗面所で血まみれ男を幻視。やっぱり心霊現象か?
より詳しい情報を収集するため真砂子を呼ぶ。
ブチ切れた広田さんが身分を明かし、ナルを殺人者呼ばわり。
広田さんが浴室で幻視体験。
サイコメトリ発動。浮かばれたはずのジーンの登場に麻衣が動揺。
ナルとぼーさんによる霊能力の定義についてレクチャー。
ジョンがやって来て、とりあえずお母さんの憑依霊を落とす。 ←イマココ


とりあえず、押さえておいて欲しかったポイントは、おおむね拾われていたと思います。
「見つかったのは腐乱して屍蝋化したミイラ同然の死体。解剖もできなかった!!」「……ナルの前でだけは死にたくない」の会話もあったし、リンさんがしれっと「なにか来たようなので、温度計を置いてみました」とか発言する場面もあった。そして広田さんが風呂場であれこれ見聞きして、どこからが幻覚だ……? と揺らぐエピソードからの、「今のが幻覚なら、今までのもそうじゃないか。つまり俺はそもそも正気じゃないんじゃないかと怖くなる」への流れはやはり、この話の重要な部分だと思うのですよ。 ……もっともシリーズ初期では綾子とか、けっこういい加減に見当違いの霊視を放言しまくってるけどね(苦笑)

……それにしても、こうしてマンガでいっきに読むと、ぼーさんの兄貴っぷりに惚れ惚れとしますな(笑)
誰かが悲鳴を上げたり不自然な物音をたてると、必ずすっ飛んでくるぼーさんマジ頼れる男。
ナルとも対等に討論できるし、揉めてればまあまあと仲裁に入る。あと原作にはなかった、地検と警察がどう違うかを判りやすく説明してくれたのもありがたかった。
期待していた「鬱陶しい前髪」からの「それ本人に言ったら馬鹿者だからな」「俺達にもな、いろいろあんだよ」もバッチリですvv ……そう言えばぼーさんが仕事にとりかかる前、後ろひとくくりから前髪を上げたハーフアップに結び直すシーンがあったんですよ。しゃべりながらのさりげない仕草だったんですが、もしかしてあれも「前髪が鬱陶しい」に繋がる伏線だったんでしょうか……?

若いとはいえ、SPRメンバーの中でただ二人の成人男子で、しかももう一人のリンさんがアレですからねえ。ぼーさんいなかったら、このチーム絶対、途中で依頼人と修復不可能なまでにトラブルぞ……(笑)

そして巻末に2015年初春に3巻刊行予定って書いてあるんですが、まだ出てませんよね。何か予定外のことでもあったのかな??
No.6884 (読書)


 三回見た(笑)
2015年06月14日(Sun) 
今週のアルスラーン戦記第11話「ペシャワールへの道」は、ギーヴ&エラム回。
原作でも印象的なエピソードだったので、先週からすっげえ楽しみにしてたんですよ。

……録画を追っかけ見で視聴してディスクに焼いたあと、そのままもう一回テストを兼ねて再生、更に夕食後にもう一回見ちゃったww
荒川版ギーヴは、他のキャラとちょっと違う、猫みたいな目つきがなんかすごく好きです。

もうね、今回は「なんで助けに行く!? あんた王族だろ!」からの「なるほどね(ふっ)」で金貨ばら撒きを何回巻き戻したことか。
その前の落馬したエラムをアルスラーンがふり返ってる場面で、彼ちゃんとアルスラーンの背中に手を回してるんですよ。しかも気遣う表情で。なんだかんだ言って護衛の任は果たそうとしてる。それを振りきっての、まさかの王族による臣下のさらに従者の救出行為に、見る目が変わるこの流れ。
今まで成り行きでついてきてたギーヴの、好感度ゲットだぜ★

ちなみにネット上では、金貨に釣られる雑魚兵馬鹿すぎ、王子を殺せばその賞金のほうが高いだろという感想も多いようですが。あの時代の一般兵がいくら敵国王子を討ち取ったとしても、その手柄は全部指揮官が持っていくのが普通でしょう。当然、報奨金も指揮官のもの。しかも宗教戦争における一般兵なんて、下手すりゃ給料すら出されておらず、倒した敵からの略奪品だけが収入という場合もある訳で。
しかもああいう世界観における金貨だと、一般市民はまず目にする機会なんてない高額貨幣。100万とか200万とか、下手すりゃ1000万でもおかしくないレベルだから、命がけで敵にかかっていくよりも、そりゃ拾いに走るでしょうよ。なにせ万札どころか、目の前に札束ばらまかれたようなもんですから。

さらにフォローを入れると、原作におけるルシタニアの兵達はかなりのところが現地接収した奴隷達。一枚でも拾えば生命をも買える値段。なのでなおさら忠誠心も何もなく、目先のことに走るんですよね……

「ギーヴはお金が大好きなのに……」のアニメオリジナルな迷台詞は、さすがに笑いましたがww
嫌味でも何でもなしに、さらっと本人に言っちゃう王太子よww そしてきっちり本性見抜かれてて、いつもなら「その通り」とか鼻で笑うはずなのに、うっかり素で照れちゃうギーヴがまたvv

あと、アルスラーンが子供の頃、町中で暮らしてた設定、アニメでも生きてたんですね。
一話目十一歳の段階で、すでにけっこう王子様らしさが身についてたし、奴隷について無知だったから、てっきり削られたものと。
おかげで原作を知らない層にもアルスラーンの出生疑惑が高まっているようで、真相を知っている人間としてはほくそ笑んでいたり。

さて次回はナルサス&アルフリード登場回。
予告編で見る感じ、アルフリードは顔に刺青があるっぽいけど……あんまり異民族らしさを出したら、宰相への押しかけ嫁は、さすがに高望みすぎになっちゃうんじゃ……?
No.6886 (映像)


 セ●ム(笑)
2015年06月15日(Mon) 
ちょっと試しに某所で「ダリューン」と検索してみたら、一部ですっかり「殿下のセコ●」が代名詞になってて腹筋崩壊中ww
言われてみればEDでも、ほぼすべてのシーンで視線が → 殿下。殿下がギーヴの演奏聞いてる時ですら、背景にちっちゃく見守るダリューン。ぶれてねえww

……20年以上前に書かれた原作小説でも既にほぼこうだったってあたり、恐るべし戦士の中の戦士マルダーンフ・マルダーン……

おかげで主従もの書きたい熱がっっ 《o(><)o》
今うちにいる主従キャラってーと、フェシリアとレジィの過去時系列ぐらいか……?
でもやっぱり萌えるのは、男同士の年齢差あり主従なんだよなあ。

……実は楽園シリーズのプロトタイプとなった作品では、王太子がローティーンの少年だったんスよね。で、ロッド(今とほぼ変わらず)がスパルタ教育施してるという話でした。
楽園〜と設定かぶりすぎてるうえ、私に戦記モノなんて無理だから、これはどうあがいても書けないなあ(しょぼん)




……そしてうっかり、一線超えない限りなくダリュアルに近い主従っていいよなとか思いながらウロウロしていて、気が付いたら何故かギヴアルというタグをクリックしている自分が……(遠い目)
No.6889 (映像)


 原作の文章は真似できねえ
2015年06月17日(Wed) 
相変わらず各地でアルスラーン二次創作を読みふけっていて、ふと「実は根っこに戦闘狂が入っていて、戦場にいる時こそ一番落ち着く猛虎将軍ダリューンが、アトロパテネ後にアルスラーンを守るという理由を得て生き生きとしつつ、やがては心優しき殿下のために戦争のない国を心から目指すことができるようになる」とか、「戦闘後に気が高ぶっていて、血まみれで猛獣の気配を漂わせている彼を周囲が遠巻きにしていたら、アルスラーンが笑顔で『お疲れさま、ダリューン』とねぎらったその途端、ふっと雰囲気がほどけて『もったいないお言葉、いたみいります』とかって微笑む」なんて設定を思い浮かべてしまったりして(苦笑)

「殿下のおんためなればこそ、この血に飢えたけだものが、人間ひとの真似事をしておれるのです」「どうかいつまでも、そのままの殿下で」とかって、両膝ついてマントの裾に額を押し当てるとか、誰か書いてくれませんか!?


……もうお前、自分で書いちゃえよとセルフ突っ込みつつ、あの重厚な雰囲気はなかなか出せそうにないなあ、と。あと原作は途中までしか読んでませんし。
ちなみに↑の脳内映像は、角川劇場版二作目以降、もしくはOAVで流れております。
アニメや荒川版の殿下には、まだそこまでの包容力が育ってなさそうでしてね……
No.6896 (創作)


 更新情報(2015年06月19日)
2015年06月19日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」に、著作権切れテキスト「紳士か乞食か」の(三一)〜(四〇)をUPしました。

行方不明の旦那から指輪入りの手紙が届き、本田さんは座布団で巣を作って徹夜の構えvv
ここらへんはグラナダ版でジェレミーさんが演じてらしたのを思い浮かべると、非常に楽しいです。

そして印章付きの指輪に「シク子ツトリング」と振ってあったり、襟飾と書いて「子ツクタイ」だったりと、今回もいろいろ楽しかったり。

なお「子」 → 「ネ」と読みましょう。
十二支の感覚ッスよ〜〜
No.6898 (更新)


 祝ってもらえるうちが花
2015年06月21日(Sun) 
今年も気がつけば、誕生日がやってきておりました。
すでに大きな声では言えないお年頃になっていますが、それでもおめでとうを言ってくれる人がいるというのは、ありがたいことです(しみじみ)
特に私自身が、自分を含めた他人のパーソナルデーターをスコンと失念しがちなので、律儀にお祝いいただけるのが、めっちゃ嬉しいです。

毎年欠かさずヒトコトフォームからメッセージを下さる「匿名」さん。
そして ちなつ 、ありがと〜〜〜vv

今年 ちなつ からは、かんざしをプレゼントしてもらいました。



金の透かし飾りに白&ピンクのシェルとパールで、桜の花と蕾が表現された、和モダン系のキラキラ系のしゃらしゃら系。
さすがは高校以来のリア友、私の好みを良く判ってらっしゃるvv
ありがたく使わせていただきますです <( _ _ )>


そして本日のアルスラーン戦記なんですが。
予告編見て心配していたよりアルフリードが可愛くてほっとしたとか、「あんな親父でも私にとっては命の親だ〜」のセリフがなかったとか、ナルサスが銀仮面=王族について口止めしてねえとか、そもそも地行術使う魔術師倒したのがナルサスじゃねえとか。先週削られてたファランギース落馬からの華麗なる受け身があったとか、ギーヴがうっかりダリューン達の馬盗ろうとして失敗する場面が削られてたとか、ナルサスを迎えに行こう発言がなかったとか、いろいろ、いろいろ言いたいところはあったんですが。
ダリューン安定のセコムぶりに、全てを持っていかれました(笑)
お、思い出すだけで腹筋が痛え……っっっ

魔術師に襲われる殿下を見てブチ切れ特攻倍速無双する場面に、あれ、これ公式だよね。シブのギャグコミックとかじゃないよね? 笑うとこ?? いやいやいや、と。
あの距離とタイミングで、なんで間に合うんだよww さすがは黒衣のセコムww

そして「いつもダリューンに助けられているのだ。たまには私が〜」発言に、感激しまくりつつ忠誠を新たにするあたりなんて、もうこれ完全にファンアートだろ。いやコミカライズのさらにアニメ化だから、言ってしまえば三次創作なんだけど!
……一部腐女子のハートを狙ってるとしか思えねえ……ってか、どこの二次創作より公式が熱い!! を地で行く今回のアニメ化、恐ろしい子…… (((( ;゜Д゜))))

いろいろな改変部分については、まあ、原作を忘れてひとつの作品として見た場合、そう違和感を感じなかったので、あれはあれでありだったかなあと。個人的には許容範囲内でした。
ただ魔術師を倒したのがナルサスではないので、アルフリードがナルサスに秋波送り始めたのが、いささか唐突すぎるなとは思いました。あそこはやはり、紳士的に数日旅を共にしてからの、魔術師を倒すなんて頭も腕も立つんだ → 「あんたってすごいねえ」と来て欲しかった。

まあそもそもを言うと、原作におけるアルフリードの思考回路自体が、私にはちょっと共感しにくいところがあるので、そこらへんはどう表現されても微妙になりそうなんですよね。
どういう事情があろうと盗賊を生業としている以上、返り討ちにあってそれを恨みに思うのは筋違いだと思ってしまうんですよ。人を襲って生きる道を選択した上に、それも族長に連なる者であるならば、いつかは返り討ちで殺されることも覚悟しておけというか。
あれ仮に襲った相手がアルスラーン一行だったとしたら、よっぽどのことがない限り親父はダリューンあたりに殺されるだろうし、そうなったらアルフリードはアルスラーンを恨むことになったんじゃね?
……まあ、その場合、ナルサスとアルスラーンの二人がこんこんと「お前達は覚悟しておくべきだった」とか「すまぬが、ここで殺されてやる訳にはゆかぬのだ」とか言って説得しそうでもあるんですが。
少なくとも銀仮面みたく「王の歩む道を妨げようとするからだ」「オレの手にかかって死ねることを名誉に思え」みたいな、復讐心煽りまくりーな展開にはならなかったとは思いますけどね。
これはアニメに限らず原作でも、せめてゾット賊の立ち位置をもうちょっと、病人と貧乏人からは奪わない程度ではなく、「貧しくて農業ではやっていけない」「通行料はとっても命は取らない」的な、義賊的な設定を強調してあれば多少は感情移入もしやすかったんじゃないでしょうかとか。

さて、次回はペシャワール到着ですか。
二次創作好きとしては、このペシャワールまでの初期パーティー結成道中こそが、一番妄想を巡らせ甲斐がある最初の山場だと思っています。なのでここでひとまず、気持ち的には一段落ってところでしょうか。
どうやら公式ではラジェンドラとジャスワンとのキャラデザも発表されているそうですし、シンドゥラ編が楽しみです♪
No.6899 (映像)


 2015年06月23日の読書
2015年06月23日(Tue) 
本日の初読図書:
「王立辺境警備隊ノエリア支部宿舎前、にがお絵屋へようこそ!(小説家になろう)」〜小話 カズハと鬼の攪乱
 http://ncode.syosetu.com/n7839br/

遠野和葉は、気が付くと落下していた。
踏みしめたはずのマンホールの蓋が存在せず、延々と落ち続けること数分。真っ暗だった景色が一転したと思った次の瞬間、視界を埋めたのは、目にも鮮やかな大空の青だった。
突然放り出されたはるかな上空。このまま墜落死するのかと悲鳴を上げた彼女を受け止めてくれたのは、鋭くも美しい大海のあおの瞳を持つ、精悍な顔立ちをした騎士だった。翼を持つ生き物にまたがり鎧をまとったその男は、和葉に問いかける。
「私は王立辺境警備隊ノエリア支部部隊長、アルベリック・レヴィナスだ。お前は何者だ?」
「わ、私は成都美術大学、油彩科二回生、遠野和葉」
かろうじてそれだけ答えた彼女は、もろもろのショックからそのまま気絶してしまう。
目を覚ますと、宿屋の一室に寝かされていた。なんでもそこは辺境警備隊詰め所の真向かいで、ひとまず警備隊預かりとなった彼女を、男所帯に泊まらせる訳にも行かないからという処置だったらしい。
そうして様々な聞き取りや説明を受けた結果、和葉は『落ち人』との認定を受けた。
なんでもこの世界には、時おり世界の壁を越えて、人や物がこぼれ落ちてくるのだという。めったにあることではないが、お伽話扱いされるほど稀でもない。おそらく今でも王都に行けば、一人ぐらいは会えるだろうとのことだった。
落ち人は、加護と呼ばれる不思議な力を備えていたり、この世界の常識にとらわれない知識を持つことから、監視・保護の対象となっているそうで。和葉もまた、当分の間この王立辺境警備隊ノエリア支部で保護されることに決まった。
彼女を上空で受け止めてくれたグリフィン・ライダー、アルベリック・レヴィナス隊長は、その強すぎる眼光とほとんど表情を変えない鉄面皮、そして堅物な性格から、町の人々に一歩遠巻きにされている存在だった。兵士としては優秀すぎるほど優秀で人柄も良く、部下や町の人々もそれは理解しているのだが、どうにも近寄りがたいらしい。
そんな彼が和葉を相手にする時には、どこかその表情を和らげるようで。
それに気付いた周囲の人々は、ここぞとばかりに二人を近づけようとするものの、いかんせんアルベリックはひたすら奥手で、和葉はどこまでも鈍い。
そうこうするうちに、にがお絵屋を始めた和葉の描いた絵が、加護の力によって異変を起こして ――

異世界トリップFTでラブコメ系。
書籍化が決まり、6月27日付で第三章までダイジェスト化されるとのことで、急いで読んでみました。
本編は完結済。第五章は番外編だし、最新話をちら見したらキリの良い所で終わってるみたいだと安心していたら、二部的な展開のお話が、かなり中途半端なところまでしか進んでおらず、最新二話は息抜き(?)に挟まれた小話でした(しょぼん)

基本的には勢いまかせの女子大生が、マイペースに動き回る一人称。
かなり個性的なキャラ&軽い文章で、心の声が外に駄々漏れだったり一人ボケツッコミとか多いせいか、話に入り込むまでにちょっと時間がかかりました。
落ち人の扱いとか、隣国との戦争とか、すぐ身近にある盗賊や魔獣の恐怖など、シリアスかつ高度に政治的な内容も関わってるはずなんですが、基本的にカズハちゃんにはほとんど知らされないまま進んでいきます。
……まあ彼女は彼女で、根っこのところではちゃんといろいろ考えているし、自分ができることを無理ない範囲で前向きかつアグレッシブにこなしつつ、それでも隠れて涙する繊細なところも持ってたりするんですがね。
でもやっぱり、カズハちゃんは本当に運が良かったなあと思います。拾ってくれた相手も、周囲の人々にも恵まれてた。
余所者として発言を信じてもらえない洗礼を受けても、それを跳ね返しつつ頑張ったら、きちんと報われてくれましたし。
本編完結後の第五章から登場する別の落ち人 結衣さんが、どれだけ酷い目にあってきたのかは、未だ具体的には語られていないけれど……彼女は彼女で苦労したんだろうなあというか、むしろこっちが普通のパターンだろうと思ってしまいます。 まあ、化粧品とか今でも失くさず持ってるあたり、そこまで追い詰められた訳でもないという可能性もありますが(苦笑)

ともあれ。
強面堅物鉄面皮な有能騎士(部下の忠誠度MAX)が、唯一を見つけて片思いこじらせつつ振り回されまくる展開は正義です。
ふたりきりの野営で日を過ごすたび、黙ってどんどん料理を豪勢にしていくあたりに、レヴィナス隊長の保護者オカン属性を見た……ッ!

あと個人的に、カズハに救われた結果ノエリアに配属されて、いろいろこき使われるソランさんがけっこう好きです。こういう、細かいところで気をまわせる、隠れ有能な下っ端キャラって良いですよねvv
No.6902 (読書)


 身体は正直
2015年06月24日(Wed) 
来月から勤務時間をちょっと増やすことになっているのですが。
それを決める話し合いを計画したその時点からもう、整い始めていた睡眠リズムがまたも怪しくなっているこの10日ほどです。
おかしいな……自分的には、そこまでストレス感じてるとは思ってないんですよ。なのにここ数日てきめんに寝る時間が遅くなり、明け方も目が覚めると、もう寝直せない。
昨夜はそれでも頑張って日付が変わる前に布団に入り、薬のおかげかすぐに眠ることができたのですけれど、ぽかりと目が開いたらまだ1時 _| ̄|○

それからは3時と4時半ぐらいに時計を見た記憶があって、五時頃から目覚まし鳴るまでは、一応目こそ閉じていたものの、寝れた気が全然しない……

おまけに毎朝、律儀に腹が下るし……いっそさっさと7月が来て、実際に環境が変化しちゃえば落ち着きもするんじゃないかとか思ってみたり。

そしてストレス発散に、うっかり楽天でアクセサリパーツを注文したりとか。
Amazon のほうが馴染んでるし送料も安いんですけど、あっちはアクセサリパーツ系弱いんですよねえ……しかも既に決済してしまってから、すげえ好みなチャームを見つけてしまい、一緒に注文すれば送料まとめられたのに! と頭を抱えるはめになったりして(−ー;)

あとは、仕事に着て行っているブラウスの襟が少々開きすぎてるのが気になってたので、合わせ目の内側にスナップボタンを縫い付けたりとか。同じくスラックスの縫い目がほつれてきてたのを補修したりとか。

そんな感じで過ごしております。
No.6903 (日常)


 サービスって大事ですね(しみじみ)
2015年06月25日(Thr) 
昨日うっかり、決済すませた後にめっちゃ好みのチャームパーツを見つけてしまい、へこんでしまった楽天の某ショップ。
一度はまあしょうがないかとあきらめたものの、その後も気になって気になって、結局、夜になってから送料二重にかかってもいいやと、やっぱり追加注文をかけてしまったのですよ。
それでもあきらめ悪く、備考欄に「今朝方注文番号***で注文した者ですが、配送料まとめてもらえませんか」的なことを、控えめかつ図々しくも書いて送信したのですが。

本日届いた受注メールに、「同梱可能ですので一緒にお送りさせていただきます」との文字が。
そして実際、あとから送った方の注文合計金額が、送料0円になってます。

あんた神や ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆(*´Д`)

そんなわけで、ショップをご紹介。



細かいものは、メール便改めゆうパケット対応で送料164円から。
……たかが164円をケチるなって話でもありますが(苦笑)
ついでに合わせ購入したTピン2色なんて、100本入で各60円って、それだけで百均で同じ本数買うより安上がりだしな……

こういう臨機応変で細かいサービスが、リピーターを増やす大事なポイントなんでしょうね(しみじみ)
とりあえず、また欲しいものがあったら、ここのショップを優先して探すとします。
No.6908 (創作)


 人の情けが身に沁みる
2015年06月26日(Fri) 
朝から雨が降りまくっていたので、先日ホームセンターで購入した、ナプサックの上から着用できるレインポンチョを使いめ。
……案の定というか、途中で裾についてる細紐を自転車の後輪に巻き込んでしまい、土砂降りの中で立ち往生する羽目になりました(−ー;)

歩道に自転車停めて、荷台の横にしゃがみこんでゴソゴソやっていたら、通りすがりの人達が立ち止まって声をかけてくれるんですよ。
「大丈夫ですから」って答えつつ、なんとか紐を解き終えたあとも、背中側にあってよく見えないその紐を、ポンチョから抜き取るのに手を貸して下さったりとかして。
人の情けも、まだまだ捨てたものじゃないね★

ちなみに、肝心のポンチョの使い心地は……ううむ(苦笑)
確かにナプサック背負ったままで着られるのは、非常に便利です。フードから顔を出す穴も小さめなので、向かい風でも外れません。
ただ裾が……前述の通り、いつかは後ろ身ごろの本体ごと後輪に巻き込みそうなのが怖いのと、逆に前身ごろのほうがちょっと短くて、向かい風でめくれ上がってしまうのが微妙なところです。上半身はおおむねガードしてくれるんですが、膝から下がけっこうびしょ濡れ。
……いっそ前身ごろの裾に、2〜3個、おもりでもつけてやろうか。
釣り用のやつとかクリップ留めにすれば、風が弱かったり干す時には外せるし……百均で売ってないかしら……?
No.6909 (日常)


 2015年06月26日の読書
2015年06月26日(Fri) 
本日の初読図書:
「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし(小説家になろう)
 http://ncode.syosetu.com/n7855ck/

他の土地に住む人々からは、口を揃えて「人間の住む場所じゃない」と評されるほど、過酷な北国ラップルランド。一年の半分は深い雪に覆われ、真冬には太陽すら昇ることない極夜が二ヶ月も続く。そんな辺境の土地を領地に持つレヴァントレット伯爵領の領主は、深刻に結婚相手を探していた。かつてはトナカイを引き連れて遊牧をしていた狩猟民族を先祖に持つ彼らは、異民族に迫害された過去を持つが故に外部の者を受け入れようとせず、長らく近親婚を繰り返してきた。その結果、寿命の短く病気がちな子供や、子供の出来難い体質の者が増えてきている。伯爵家の一人息子である彼、リツハルド・サロネン・レヴァントレットも、どうにかして子孫を増やさねばならぬと考えて、外部の血を持つ結婚相手を欲していたのだ。
いやそれ以前になによりも、あの寒く厳しく暗い冬を、たった一人で過ごす寂しさにはもう耐えられない。子供など生まれなくてもいいから、誰か自分の家族になってほしいのだ、と。
そう考えた彼は、やはり異国人であった父方の祖父を頼り、何年も前から遠い異国の地を訪れていた。年に一度だけ開催される各国の人々を招待する夜会は、上流階級の人々が結婚相手を探す場でもあったからだ。
しかしこれはと思う女性と出会い、婚約までこぎつけても、故郷へ招待した途端に逃げられること数えきれず。いつしか社交界にも「辺境の国の雪男」という悪名が広まってしまっていた。
そして十年目の今年。
二十八になったリツハルドは、運命的な出会いをした。
華やかな夜会でドレス姿の女性陣に囲まれていたのは、胸に多くの勲章を飾った鋭い眼差しの軍人だった。橙色の赤毛を短く切り揃え、きっちりと整髪剤で撫でつけている。猛禽類を思わせる灰色の目をした、背が高く肩幅も広い、がっちりと凛々しい姿の ―― 男装の、女性。
聞けば彼女は『紅蓮の鷲』と異名を取る、有名な軍人なのだという。昨年戦争が終わったので、伴侶探しにと今年の夜会に参加したらしい。
その溢れんばかりの生命力に魅了されたリツハルドは、引き寄せられるように、その場で彼女に求婚していた。悪名高い「辺境の国の雪男」の暴挙に、周囲を囲んでいた取り巻きの女性達などは、口々に非難してくる。
しかし彼女 ―― ジークリンデ・フォン・ヴァッティンは、驚くことに初対面の相手からの求婚を受け入れてくれた。
なんでも彼女は彼女で、早く結婚しなければならない事情があったのだという。しかし今さら普通の淑女のような振る舞いもできないし、貴族女性としての嗜みもない。それに長年軍人として男と対等にやってきたのに、この年になって夫を頼りながら生きるというのも、ちっぽけな矜持が許さない。
だがリツハルドの語るような、生きるためには男女の区別なく日々働かねばならぬ厳しい土地であれば、新しい自分の在り方を見つけられるのではないかと思ったのだと。
だからまずは、仮の夫婦として一年を共に過ごしてみないかとジークリンデは提案してきた。共同生活をしていれば、互いの嫌な所も良い所も見えてくる。それを知り尽くしてから、改めて本当の夫婦になるか、あるいは新たな領民のひとりとして友となるかを決めようではないかと。
かくしてジークリンデは、レヴァントレット伯爵夫人として、辺境へやってくることになった。
貴族とは名ばかりの田舎領主の青年と、軍人上がりの年上の妻。
契約で結ばれた彼らは、厳しい寒さに包まれた北欧の辺境で、狩りをしたり保存食や伝統工芸品を作ったり、閉鎖的な領民達と少しずつ歩み寄ったりしながら、共に日々を過ごしてゆくのである ――


契約結婚から始まる、対等な相棒かつ熟年夫婦な二人のほのぼのスローライフ的恋物語。
どうやらドイツあたりと北極圏ぎりぎりの北ヨーロッパ近辺をモデルにしたらしい世界観で、銃や蒸気機関は存在するけれど、モンスターや魔法は出てきません。あくまでどっしりと地に足ついた、日常を描いたお話です。
どうやら近いうちに書籍化される模様。本編完結済で、後日談的なあれこれもちょうどキリが良いところなので、読むならイマでしょ!

ちなみにかなりの頻度で飯テロ入りまーす(笑) あと脳内校正機能をフル回転必須なのが玉に瑕(苦笑)
そして狩った獲物の解体場面とかが普通に出てくるので、そこらへん苦手な人も要注意です。<R15>残酷描写も、たぶんそこの部分のために付けられている指定なんでしょうねえ。お話の内容自体は至極ほのぼのしてるんですが。

でもって。
どこぞの赤ゴジラ紫ゴジラな怪獣夫婦を思わせるこの二人。
奥さんことジークは軍人上がりでいかにもな女丈夫なんですけど、旦那も旦那でたいがいです。
見た目は三十過ぎても素で「雪の妖精」とか言われるぐらいの幻想的な美形らしいんですが、基本的には彼の一人称で話が進むので、そのあたりはあんまり描写も自覚もありません。むしろ自分では筋肉つきにくいとかってしょぼんとしてます。
しかしそこは腐っても生まれながらの狩猟民族の領主様。走ってる橇の上からでもトナカイ相手に銃を撃つし、がんがん獲物を狩ってきて捌きまくるわ畑仕事もこなすわと、きっちり厳しい雪国で一家を支える男の役割を果たしています。しかも家族がいないからと、本来なら女性の仕事である家事とかベリー摘みとかまで完璧にできるし、男勝りの奥さんを丸ごと受け入れて銃の撃ち方とかの助言も素直に聞くし、穏やかにしゃべりながら料理とか作ってあげつつ、要所要所ではごく自然に女性として扱いエスコートしてみせる。
いつも柔らかに微笑み、辺境に左遷されてきた素行の悪い兵士に殴られても怒らずさらっと流していた彼が、森を荒らす密猟者達に向けて見せた、たった一度の本気の怒り。それがまた格好良くて格好良くて……

おのれ、ヘタレ有能スキーを萌え殺す気か!!

しかも奥さんに対してはぞっこんなのがまた、微笑ましい。
本編は、ほとんど気の合う友人同士の共同生活だった契約結婚が、本当の結婚に変わるまでを描かれていますが、その後の番外編ではもう甘々です。ジークもすっかり奥さんが身についたというか、男言葉で狩りとか一緒にやるのは変わらないものの、キスされて頬を染めたりとかしてますし。
ってか、里帰りしたジークリンデの実家で、義理の家族達から「さぞ尻に敷かれて虐げられているのだろう」と同情されまくっているのをよそに、「……やだ、うちの奥さん可愛い」とかニマニマしてるリツって大物すぎるvv

なお活動報告に、小話が30KB分ほど投下されているので、そちらも必読です★
義理の姪っ子達に本気で妖精だと信じられている、ナイフ一本で獣を解体できるアラサー男って……(笑)
No.6910 (読書)


 ひと月はありがたい
2015年06月27日(Sat) 
最寄り図書館が月曜からシステム変更による長期休館に入るとのことで、このところ足が遠のいていたのを、久しぶりにのぞきに行ってみました。
普段は5冊上限のところを10冊まで借りられて、返却期限は7月末。
そう言えば母が「デルフィニア戦記」を読み返したがっていたなあと、最初の7冊ほどをまとめて借りてきました<自分のは既に裁断してPDF化済
……ちなみに最初「ここがちょうどキリ良さそうだ」と「コーラルの嵐」まで鷲掴みにして借りて帰ったんですが、よく見たら6巻目が抜けていて _| ̄|○オオゥ

なんで6巻なんて中途半端な1冊だけ、わざわざ書庫に入れてあるんだよ!?<背表紙が日焼けしていて、通しナンバーが読めなかった

しかたがないので、夕方両親が買い物に行く車に同乗。図書館の前で落としてもらって、改めて6巻「獅子の胎動」も借り出し、帰りにビックアップしてもらいました。ああ、二度手間……

他に借りたのは、先日クイズ番組で取り上げられていて面白そうだと思った、江戸時代の判じ絵の本と、鉱物についての本。鉱物の本はうっかり、横に並んでいた別のまで借りちゃいましたよ(苦笑)
いやあ、鉱物っていうか、宝石とか半貴石とか、そういうのって大好きなんですよねvv
このところその手の知識はネットで調べてばかりでしたが、ひさびさにじっくり紙面を眺めてみるのも楽しかろうと。

……ってか、デルフィニア〜は母が持って行ったし、判じ絵の本は父が「暇な時に少しずつじっくり読みたい」って手離さないんですが……あれ、私が読めるのって2冊だけ??
No.6911 (日常)


 2015年06月27日の読書
2015年06月27日(Sat) 
本日の初読図書:
4534039719<鉱物の魅力がわかる> 天然石と宝石の図鑑
塚田 真弘
日本実業出版社 2005-09-29

by G-Tools
今回は小説ではなく、図鑑というか、解説本。
タイトル通り、天然石や鉱物について、フルカラー写真(もっぱら原石)付きでさらさらっと説明されています。パワーストーンとか石言葉的なお話よりも、成分組成の違いとか結晶構造とか、あと歴史や豆知識に重点が置かれている感じでした。でもそんなに堅苦しくもなく、文字数もページ数も控えめ。初心者向けの入門書ってところでしょうか。

以前、日月堂シリーズで薀蓄をかました尖晶石スピネルについてのあれこれとかも、しっかり載っていました(笑)
他にもキャッツアイ(一般的なの)とアレキサンドライトは、どっちも同じ金緑石クリソベリルだとか、こまごまと面白知識が。なるほど、だからアレキサンドライト・キャッツアイなんて、色変わりする上に光条の入った石なんかも存在するんですねえ……(納得)

B00EC4009Gアレキサンドライトキャッツアイ・ルース1.20CT
Jewel climb (ジュエルクライム)

by G-Tools

そして今回この本を読んで一番の収穫だったのは、青琥珀ブルーアンバーという石の存在を知ったことでしょうか。
……通常はとろんとした蜂蜜っぽいいわゆるコハク色なのが、太陽光(紫外線)下ではブルーに変わるって、それめっちゃロッドに似合いそう……ッッッ<そっちか

↓こんなのです(※上が蛍光灯、下がブラックライト照射時)



【ブレスレット】天然ブルーアンバー (最高級) (メキシコ産)
石流通センター

by G-Tools

今までロッドのイメージ石は、銀針水晶シルバールチルとか菫青石アイオライトとか虎目石タイガーアイだったんですけど、怒涛の勢いでこのブルーアンバーがランクインしてきましたvv

やっべえ、これでなんか一本書きたい……
だけどあの世界観、基本的に夜は蛍光灯でも電球でもなく、ランプとか蝋燭なんですよね。すなわち通常状態こそが太陽光。
むむむ……普段が青くて日が暮れてから琥珀色ってのは、いまいち話が作りにくいなあ。
夜会の時に身につけてて、周囲から「また地味な物を……」とかって陰口叩かれていたら、実は昼の光の下でこそ真価を見せる、最高級のレア青琥珀だったとかって展開はどうだろう。もちろん、プレゼントするのはフェシリアで★

夜にしれっと普通の琥珀のふりして手渡して、これぐらいなら……とロッドも気軽に受け取ったら、夜が明けてからアーティルトに青く変化してることを指摘され、そこで初めて超高級品だったと気づき、あの女……と毒づくとかどうだろう?

……って、これ既に読書感想じゃねえ(苦笑)
でも素敵なものを見聞きするとつい話を書きたくなるのが私クォリティだから、これはこれで正しいのか……?

ええと、あと意外だったのはローズクォーツは水晶じゃなくて石英(六角形に結晶してない)だとか、虎目石も石英の一種だとか、個人的に大好きなインカローズは長期保存時には乾燥剤を入れとかないと黒く変色する場合があるとか。
さらに樹木の化石がオパール化するウッドオパールは、条件次第で数ヶ月でできる場合もあるなど、いろいろ新たな知識を仕入れられたかと。
こうして欠片だけでもキーワードに触れておくと、いざ実際に小説とかでネタとして使おうと思った時に、「確か何かがあったよな……」と正確なところを調べる取っ掛かりになるので、便利なのです。

ただ私が読んだ初版では、数ヶ所誤字脱字が気になりました。
特に菫青石アイオライトの別名を「ウォーターファイア」と紹介していたのは、個人的に許しがたい。
正確には「ウォーターファイア」ですよ。角度によって透明にも濃蒼にも見える、不思議な石なんです。
これ、私は知ってたから気付きましたけど、知らなかったらそうなんだと信じこんじゃいますよね。
……他のところにも、私が気付かずに鵜呑みにしちゃった間違いがあったりないだろうな……(汗)
No.6912 (読書)


 いつもの事ではあるけれど
2015年06月28日(Sun) 
……ええとですね。
うっかり昨日、これで一本書いてみたいとか呟いていた、青琥珀ブルーアンバー関係のネタなんですが。
忘れないうちにと、一応テキストファイルにざっとメモしてみたんですよ。
それからしばらく、ネットをうろうろしてブルーアンバーの画像検索とか、琥珀についてもうちょっと調べてみたりとかしてまして。
でもって、気がついたら本文を書き始めてたのは良いんですが。

原稿用紙30枚を超えた段階で、まだブルーアンバーのブの字も出てきてないって、どういうこと!?

っていうか、これ拍手お礼SSのつもりで書いてたんだけど、どう考えても普通の番外編の長さだよね??

ちなみに現段階で、まだプロットだと原稿用紙1枚半しか消化してません(苦笑)
プロットはあと4枚半残ってる……まあ例によって、終盤に行くほど通常文章に近くなってるので(台詞はほぼ全て書き出し済)、ここまで激しい増量はもうしないはずなんですけど。


そんなこんなで、今日は各小説サイトのチェックも読書もテレビ鑑賞も一切なし。ほぼ一日この作業で終わりました。
アルスラーン戦記も見てないし……よく考えたらまた夕飯しか食べてねえよ……(−ー;)
No.6913 (創作)


 悩み中
2015年06月29日(Mon) 
……昨日から書いていた話は、ひとまず原稿用紙53枚と3行で下書きが終わりました。
拍手お礼SSのつもりで気軽に書き始めたから、タイトルどうしよう(汗)

ちなみに「ブ」の字が登場したのは、47枚目でした。はっはっは。

いろいろ調べているうちに、当初イメージしていたのと違う感じで変色するらしいと予想できて、さらに妄想が加速したりとか。

とりあえず、石の名前めっちゃ登場させましたvv
今までそんな描写してないのに、カルセストがイヤーカフしてたりします。ちなみに銀と蛋白石(判る人だけニヤリとして下さい/笑)。

そして別窓で、こちらのページを表示しながら書き進めていたりとか。

■ブルーアンバーとラリマー入荷しました♪ | 天然石のアクセサリーShop *macari*〜マカリ〜
 http://macari.jugem.jp/?eid=1402033

ブラックライトを使わずにこの変色効果って、すごいですよねえ……(うっとり)

しかし、なんだかんだで気が付いたら、けっこうストックが溜まってきてますね。
……これなら月イチ更新に戻しても、しばらくは保つかも……?

やっちゃうか? 月イチにしてみるか??

ええと、とりあえず7月には季節ものの拍手SSを上げる予定をすでにしてるんですが、8月から中編の連載を始めちゃいましょうかね。予定では10月あたりからUPしていくつもりだったんですけど。
ううむ、下手に早めにストック放出して、また更新が途絶えるのは避けたいところなんですが。
しかしあんまり長いこと、未公開で手元に置き続けるのも、それはそれで……(ぐ〜るぐ〜る)

そんな訳で、悩み中です。

……考えてみれば、サイトを開設した当時は、「月イチ更新で一年続けられれば御の字」って思ってたんですよね。ならば来年の更新を心配するのは、鬼が笑う話か……?
No.6914 (創作)


 古本屋トラップ
2015年06月30日(Tue) 
耳から零れそうだったあれこれを書き留めるのが、どうにか一段落。読書の方へと意識が向くようになりました。
そして改めて気がつくのは、許容量が常にギリギリいっぱいを綱渡りしている、私の本棚です。
またそろそろヤバイなあ……少しでもスペースを空けられないかなあ、と。
そう思った本日は、何冊か古本屋へ売りに行くことにしてみたのですよ。



私は基本的に、一度入手した本は手放しません。
本棚がいっぱいになると、再読頻度の少ないものをダンボールに詰めて物置にしまうか、裁断してスキャナでPDF化しています。
ただまあ、それやこれやもけっこう手間隙がかかる訳で。それにPDFファイルはやっぱり読みにくいし、十年後二十年後でもちゃんとまだPCが対応してくれるのか不安が残ったりとかして。

そうこう考えた結果、今回ピックアップしたのは、「ほとんど読まない上に地元図書館に収蔵されているもの」、「通販の際に間違って送られてきて、そちらで処分してくれと言われたもの」、「続刊を買おうとしたら、古本の全巻セットの方が安かったので一部かぶった巻」です。あともう本体を持ってないゲームソフトがひとつ。

で、もって。
何故か帰宅した私の手元には、こんなものが。



古本屋って、罠が多いですよね……(遠い目)

いや、うん。皆川作品って、割と好きなんですよ。先月だったかも唐突に皆川作品読みたい月間に突入。スプリガンとD−LIVE全巻読み返した上に、KYOとか新規購入しちゃってたりしてて。
このARMSは、雑誌連載時になんかタイミング悪くて読み逃してたのを、気が付いたら巻数増えすぎてて手が出せなくなってたシリーズでした。
いくらなんでもB6コミック全22巻、コミック文庫でも15冊は、置き場の面でも値段の面でも手が出せねえ……とか思っていたんですが。
多少状態が悪いとはいえ、100円均一棚にコンビニ廉価版全8冊が揃っている、だと?

とりあえず、どんな話か確認してみようと、1巻目をパラパラめくる……つもりが、がっつり読み込み。
読み終わった所で、全巻まとめてレジに運んでいました。

トラップや……古本屋はトラップまみれなんや……

あ、あとQEDの50巻も、Amazon 底値とほぼ変わらん値段まで下がったのがあったので、そちらもお買い上げ。
……積読山脈の造山活動は、順調に進んでいるようでーす。

そして本棚の空きスペースはちっとも増えてくれない……_| ̄|○
No.6917 (日常)


 2015年06月30日の読書
2015年06月30日(Tue) 
本日の初読図書:
409162720XARMS 1(覚醒編) (My First WIDE)
皆川 亮二
小学館 2011-08-27

by G-Tools
父親に付き合わされて、子供の頃から遊び半分でアウトドア技術や格闘技を教えられてきた男子高校生、高槻涼。ごく普通の感性を持ち、ごく当たり前の日々を過ごしてきた彼の日常は、謎の転校生がやってきたことで、いっきに現実離れしてゆくこととなった。転校生 新宮隼人は、初対面の涼に対し何故か敵意をむき出しにし、好戦的に襲い掛かってくる。その左腕は奇妙に変形し、すさまじい力とスピードで、人間を容易く吹き飛ばしてみせた。父親仕込みのサバイバル技術でなんとか事なきを得た涼だったが、隼人はあきらめようとしなかった。涼の幼馴染の少女赤木カツミを誘拐し、廃墟になったビルへと呼び出しをかけてくる。
そうして彼は、己の左腕を巨大な刃に変え、本気で涼を殺そうとしてきた。家族と友人の仇だと叫ぶ隼人の誤解を解こうとするが、彼の攻撃を避ける涼の右腕もまた異変を生じる。
更に二人の戦いに水を注す存在が現れた。“エグリゴリ”と名乗るその組織は、隼人と涼を“ARMSアームズ”と呼んだ。そうして彼ら二人はこの世に四人しかいない「神の腕を持つ子供」であり、同種の存在なのだと告げる。
しかも十年前、隼人の家族と友人達を殺したその相手こそ、体内に謎の金属生命ナノマシンを移植されたARMS達を手に入れ研究材料にしようとする、彼らエグリゴリであった。
己が勘違いしていたことに気付いた隼人と共闘し、涼とカツミはいったん危機を脱する。
しかし世界規模で軍事産業と各国の諜報機関をバックに持つ巨大組織エグリゴリは、涼と隼人を生け捕りにするべく、日本政府にすら手をまわし、さまざまな生体兵器を送り込んでくるなど、手段を選ばない暴挙に出てきて……


皆川先生の代表作、ですかね。
今まで読みたいとは思いつつも手が出せずにいたのを、コンビニ廉価版で見つけて手を伸ばしてしまいました。
本文634ページあります。単行本だと3冊分ぐらいになるのでしょうか。
ある日突然、謎の組織に狙われるようになった少年が、最初は敵だった相手を仲間にし、さらに少しずつ味方を増やし、己の能力や出生の謎に迫りつつ……友人が炎に呑まれるのを見て逆上、暴走、覚醒に至るまでが収録されています。
学校などではむしろおとなしくヘタレに近い普通の少年が、ここ一番というところでは驚くほどの冷静さと有能さを見せる。スプリガンの御神苗優やD−LIVEの斑鳩悟にも通ずる、まさに皆川作品お約束の主人公像でした。
そして最初に敵対した隼人少年は、ジャンっぽいですね。口は悪いし喧嘩っ早いけど実は情に厚く、女子供や仲間は身を挺してでも守るのが当たり前という、すっごく良いヤツです。涼を殺そうとしたのも、目の前で殺された家族や友人の仇だと信じていたから。誤解が解けてからは親友と書いてマブダチ状態vv

環境や肉体の突然の変化に戸惑い、己は化け物になったのではと悩み、いつか人を殺してしまうのではないか、心そのものが現実に戻れなくなってしまうのではないかと迷い苦しむARMS達の姿は、とても等身大です。けして他人にない能力を得て「オレTUEEEE、ヒャッハー」なんてかましたりはしません。
大切な人達を失い、復讐にとらわれていた隼人。過酷な非日常に押し潰されそうになりながら、それでも仲間を支えつつ人間であろうと念じ続ける涼。そして化け物だと嫌悪していた自分を、隼人と涼のお陰でようやく受け入れられた武士くん。
突出した才能を持っていたが故に周囲から排斥され、両親にすら受け入れてもらえなかった子供に、戦場に巻き込まれ瀕死の重傷を追ったあげくサイボーグ化された兄妹達。
……敵ですら切なく、辛い過去とある種の信念を感じさせるあたり、読んでいて惹きこまれました。

流し読みしてしまうのはもったいないので、これも一冊ずつじっくりめくりたいと思います。
ああ、また積読の山が(ry
No.6918 (読書)



<< 2015年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2015年06月01日の読書
 最近の歯医者は怖くない
 2015年06月02日の読書
 やめられない止まらない
 しばらくは名刺係?
 2015年06月03日の読書
 2015年06月04日の読書
 昭和の遺物(?)と今年..
 更新情報(2015年06月05..
 2015年06月05日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41