よしなしことを、日々徒然に……



 更新情報(2014年08月01日)
2014年08月01日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「凾中の密書(コナン・ドイル著、三津木春影 翻案)」の九章目をUPしました。

事の次第説明会。
実は江藤がこのタイミングで殺されたのは、偶然にほかならないと判明しちゃいましたねえ(苦笑)
あと割とあっさり手紙を書類凾へ戻すのは原作通りの展開ですが、グラナダ版ではもうちょっと手品的な、危うい橋を渡ったんじゃなかったでしたっけ……?<うろ覚え

さて残すはあと一話。
あの最後の一文が、この翻案ではいったいどんなふうに訳されているのか。
どうぞお楽しみに(笑)
No.6092 (更新)


 2014年08月02日の読書
2014年08月02日(Sat) 
本日の初読図書:
4796688218玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)
海堂 尊
宝島社 2012-02-10

by G-Tools
東京へ出張した田口先生が、深夜に公園で死体を発見。別れたばかりだった白鳥を追いかけて訴えたところ、彼はなぜかいきなり死体の足を持たせ、表通りまで運んでから110番通報した。彼がわざわざそんなことをした理由は……「東京都二十三区内外殺人事件」
売れないお笑い芸人を集めた正月用の特番撮影現場で、人が殺された。ブロックを積んで作られた仮設迷路の中で死んでいたのは、唯一売れっ子だった芸人上がりの司会者。彼は多くの人間から恨まれており、少なくとも現場には動機のある人間として、付きまとわれていた女性ディレクター、元相方のAD、同じく元相方で芸人にしがみついている男の三人が居合せた。その誰にもアリバイはなく、設置されたカメラにも怪しい人物は写っていない。果たして彼はどうやって殺されたのか。デジタル・ハウンドドッグこと加納達也が、犯人を追い詰めるために利用したのは……「青空迷宮」
桜宮科学捜査研究所の設立に伴い、DNA鑑定データーベース・プロジェクトことDDPが立ち上げられた。データーベースの根幹となるサンプルを、医療現場から提供してもらうという画期的なシステムである。その案件第一号として逮捕されたのは、通り魔として面識のない女性を殺したとされる、フリーターのゲーマー馬場だった。半年近くも雪の中に埋まっていた女性の死体に被害者以外の血液が大量に附着しており、そのDNA型がDDPに記録されていた彼のものと一致したのだ。現在の検査方法でDNAの型が重なる確率は四兆七千億分の一。地球の人口は七十億人だから、まず間違いはないという。しかしどこか引っかかりを覚えた加納が捜査を開始してみると、馬場は殺された女性の夫が務めている会社と東城医大が共同研究している、治験の被験者になっていて……「四兆七千億分の一の憂鬱」
桜宮市でヤクザが立て続けに自殺する事件が起こっていた。みな同じ竜宮組系列の幹部クラスで、遺書を残して焼身自殺をしている。遺体は黒焦げで、人物同定はデンタルチェック、すなわち歯の治療記録の照合で行われていた。しかし桜宮でのデンタルチェックは、手書きのチャートと目視のみで行われる簡単なものだ。そして竜宮組は現在非常に羽振りがよく、幹部が自殺する理由など考えられない。そこで加納は、近々オープンするAiセンターのセンター長 田口に連絡を取り、焼死体を画像診断にかけるよう依頼した。その結果は……「エナメルの証言」

チーム・バチスタシリーズのスピンオフと題されていますが、キャラクターも時系列も完全に一致しているので、せいぜい「外伝」とでも称したほうがいいのではないでしょうか。
体裁としては、玉村警部補が桜宮市で加納警視正の携わった事件を取りまとめるため、高確率で巻き込まれていた田口先生の元へと協力要請にやってきて、愚痴外来で珈琲飲みつつ過去の事件について改めて振り返っていく形です。
「〜二十三区内外〜」は、「イノセント・ゲリラ〜」の中で触れられている、田口先生が偶然死体を見付けた事件。文庫版ではちゃんと本編に組み込まれているらしいですね。
……しかし前の晩にこんな事件に遭っているのに、何事もなかったかのように会議に参加していた田口先生がよっぽど大物なのか、それとも単に医者として死体に慣れているだけなのか……(汗)
なおこの作品はミステリものとしての要素は薄く、謎解きなんかもほとんどなし。いつものように白鳥さんが現在の死亡時診断について問題提起するお話でした。
「青空迷宮」は田口先生も医療現場も関わっていません。作中時系列は「イノセント・ゲリラ〜」まっただ中の2007年11月(※バチスタ・スキャンダルが2005年)。これが一番、短編ミステリっぽかったかな?
加納さんが犯人につきつけた証拠が「んな御都合主義な」と思ったら、あっさりハッタリで苦笑いしたりとか。
「四兆七千億〜」も、比較的ミステリ色が強かったです。時系列は「アリアドネの弾丸」直前らしく、これと次の話は、ちょっと読む順番を間違えたかなあという気もしたりとか。まあ致命的なネタバレはなかったですけどね。
検査方法が正確になればなるほど、扱う人間はそれに頼り切りになってはいけないという話でした。
あと玉村警部補が、ひそかにネトゲにハマっていることが判明したりとか(笑)
忙しい刑事の仕事と、他人と時間を合わせる必要があるネトゲって、両立できるものなんだろうか……?
「エナメル〜」は、一風変わったお話でした。物語のほとんどは「非合法行為を合理化し社会適応する団体」に雇われている死体の歯医者ネクロデンティスト栗田さんの語りで進みます。こういうのをコロンボ式というんでしょうか?
死体の歯を『治療』して、別人のカルテと同じものに仕上げてしまう栗田さんと、その師匠の高岡さん。異なった主義と技術を持つ二人のやりとりと、その結果出来上がる『別人の死体』の完成度の差。そしてそれを見破ろうとする加納さんや東城医大サイドの描写が、交互に出てきます。
栗田さん独特の人生観というか淡々とした語り口調に、気がつくと引きこまれている感じでした。
こちらは「アリアドネ〜」も通りすぎて、「ケルベロスの肖像」にまでかかっているらしいです。

……今回一番のネタバレは、「イノセント・ゲリラ〜」で警察庁に帰った加納さんが、また桜宮市に戻ってくることだったなあ……
あと田口先生がAiセンター長になることも、まだ本編では出てきてなかったんじゃなかったっけ?
まあそっちは、ネットやムック本で既に知っちゃってたからいいんですけどね(苦笑)
そして田口先生がなにか思わせぶりに、「残されたものが頑張らなくては」とか言ってるんですが……「アリアドネ〜」では誰かなんかヤバイことになっちゃう、とかあるのか……?
No.6096 (読書)


 むしろシャーベットに近い
2014年08月02日(Sat) 
最近の我が家ではやたらとアイスクリームの消費が激しいので、「いっそアイス三箱買ったと思って」と親をそそのかし、かき氷器を買わせてみました。



……だって母親とか、一日でアイス三本とか平気で食べるんですよ?
家族が五人いると、一箱が一晩でなくなっちゃうんですよ?
それならこっちのほうがすぐに元が取れるわ! という訳で。

  

シロップはとりあえず基本のメロンで。
……ただやはり安いマシンだけあって、かなり作りがやわいですね(苦笑)
削るのにも腕力がいるし、下の皿が回ったりもしないから、氷を削る役と下の皿を回して氷がちゃんと山形になるよう調整する役と、二人の手が必要なんですよ。
暑い → かき氷を作る → 余計に汗をかく、というコンボ。
……まあ、労働の後の冷たいものは美味しいってことで?
No.6097 (日常)


 2014年08月03日の読書
2014年08月03日(Sun) 
本日の初読図書:
「平手久秀の戦国日記(小説家になろう)」〜第五十話
 http://ncode.syosetu.com/n2345bj/

何故か戦国時代に、現代から生まれ変わってしまった少年 久次郎。
その身体はほぼ不死身で、異様なほどの膂力も備えたチートボディであった。そうであるが故に迷信深い村人から鬼子を産んだと家族は爪弾きにされ、間もなく疫病で死んだ。一人残された十歳の少年は薪拾いや獣を狩ることで暮らしていたが、ふとしたきっかけで風変わりな子供に気に入られてしまう。
その子供の名は吉法師。
そう歴史上の超有名人、戦国の覇王。第六天魔王。事実上の天下人たる後の織田信長である。
あまりにも時代を先取りしすぎた先見の明を持つがために、誰一人理解者を持たず、うつけ者として奇行をくり返すしかできずにいた吉法師は、未来知識を持つがゆえに己の言葉を理解できる久次郎という友を得て、ずいぶん落ち着き始めたという。吉法師の目付役であり、後にはその不行跡を諌めるために自刃したという平手政秀は、久次郎におおいに感謝し、彼を養子に迎えようと申し出た。どうかこれからも若の支えになって欲しいのだ、と。
そうして久次郎は久秀という、平手家の跡継ぎとなった。
信長は同じ価値観を持つ理解者を得て、戦国乱世を生きてゆくこととなる。それはやがて、久秀が記憶していたものとは異なる流れをたどり始めて……

歴史IFもの。連載中なるも長らく更新停止中。
最新話では1573年。本能寺の変まであと9年というところでしょうか。
基本的にギャク。久秀の人たらしと勘違いっぷりで成り上がる感じのお話ですが、後半の方はだいぶシリアス展開になってきています。
最新話では、織田家の筆頭家老になった久秀が家康と組んで武田信玄を討ち取り、北条・徳川・織田の三国同盟を組みつつも、織田家内部では成り上がりものが武功を立てすぎて、古参家臣団に亀裂が入りつつある状態です。
あと久秀が蒲生氏郷を養子にして跡継ぎとして育てていたら、実子で男の子が生まれちゃって、氏郷を後継者にする気を変えない久秀と、実子を盛り立てたい派閥とで平手家も割れそうになっていたり。
さらに信玄を失った武田家は、上杉と連合を組んで暗躍を始めようとしていたりとかとか、これからが気になるところなのに〜〜〜 《o(><)o》

……ちなみに、ちゃんとした歴史はよく判ってません(てへ)
蒲生氏郷って何した人だっけ。松永弾正? 聞き覚えはあるんだけど……って感じです(苦笑)
まあ楽しめればいいのよ、それで。

あ、文章に関しては誤字脱字変換ミス、読み返してないのか明らかに日本語がおかしい部分が結構あるので、そういうのが苦手な方は要注意です。
No.6101 (読書)


 植物の成長って
2014年08月03日(Sun) 
裏庭で水草を栽培しているバケツですが。
水草とメダカだけじゃ殺風景だし……と、ホテイアオイのちっちゃな株を二つほど投入したのが、確か二週間ぐらい前のこと。
それから私は一度も見に行かずにいたのですが。
びっくりするぐらい成長しておりました。



花まで咲いてるし……(苦笑)
株自体は倍ぐらいの大きさになってます。
水草とか浮草って、ものすごい勢いで成長しますよね……

そしてついでに水の中を覗いてみたら、メダカの子供が一匹いたりしてさらにびっくり。
この短期間で卵産んでそれが孵化して、さらに親に食べられてるのか……<単純に産まれただけなら、もっとたくさんいるはず
自然界ってすごいなあ(しみじみ)


録り溜まっていたグラナダ版「ソア橋のなぞ」とSTの黒崎さん回を視聴。
うむ、STは原作と完全にかけ離れているけど、これはこれで面白い(笑)
黒崎さんの六つに割れた腹筋に、思わず何度も巻き戻しをかけてしまいましたvv
あと二年目にしてようやく口聞いてもらったキャップの喜びようとか、高級クラブでホステスに挟まれてワタワタしてる赤城さんとかもう(>▽<)
そして翠さんと嫌味な女性管理官との、意味ありげなやりとり。この二人、同級生とかなんかなんですかね……?
No.6102 (日常)


 2014年08月04日の読書
2014年08月04日(Mon) 
本日の初読図書:
4152090596夏への扉[新訳版]
ロバート・A・ハインライン 小尾芙佐
早川書房 2009-08-07

by G-Tools
えー……お前アホやろうと言われても、反論はできません(苦笑)
いえね、おもしろいから返却前にもう一度読もうかなと思ったんですよ。そしたらどうせなら、新訳版と読み比べれば一石二鳥かな、って……
そんな訳で、ハインラインの「夏への扉」新訳版です。

あらすじや内容についての感想は「旧訳版」を読んだ時に語っているので、省略。
新訳の翻訳者は、やはりベテランの人だそうで。「アルジャーノンに花束を」とかを手がけた人とのこと。
アルジャーノン〜は高校時代に読んだけど、あれも確かに翻訳がすごいと思った記憶があるなあ……

でもって。
もちろんストーリー自体は変わらないわけですが、やはり翻訳によって異なる部分はずいぶんありました。
おおまかな印象で行くと、新訳版は会話やドラマ部分がより判りやすく、平易な文章になっていてとっつきやすいです。ピートのキャリーケースとして新しいボストンバッグを買って覗き窓を付けてやったりといった、旧訳版では削られていたと思しき小エピソードのいくつかが、ちゃんと入っているのも嬉しいところ。
たぶんより原文に忠実なのは、こちらなのでしょう。
ただ一部横文字(「事務所を借りた」が「ロフトを借りた」になってるとか)がそのままだったり、原文に忠実であろうとするあまり、日本人には馴染みのないものを説明なしに直訳(?)している部分が散見されます。おかげで意味がよく判らない部分がところどころありました。

たとえばダンが発明に利用した「電子亀エレクトリック・タートル」。何の説明もないこれは、旧訳版だと「自動操縦草刈機」と書かれていて、すっと違和感なく読んでいけます。
発明部分や法律部分など、SF作品のキモとなるあたりはだいたいそういった感じで、旧訳版の方が「知識の少ないズブの素人読者」にも優しい文章になっていると感じました。
弁護士に対して「情報の秘匿特権を行使できるだろうか?」と訊く場面なども、私の拙い脳ミソでは(?_?)です。
ここは旧訳版だと「ぼくは秘密交通権プリヴイレジド・コミュニケーション(弁護士と依頼人の間の秘密に相談する権利、警察もこれには干渉できない)を行使したいが、いけないだろうか?」となっており、非常に親切設計です。
他にも「少女団」と書いて「ブラウニー」とフリガナをふってあるのも、これがガール・スカウトの年少部門のことだと、日本人のどれだけが知っているでしょう?(旧版では普通にガール・スカウトになっている)
さらに、

滑走道路 → 動路
集団騒擾罪 → バラッキング
ゾンビー組織の秘密勧誘員 → ゾンビ・リクルーター
(省略) → ブフレックス・ファサータス

旧版:嘘をつくと地獄へ陥ちるぞといってやった。
新訳:占い師がお巡りにどんなことを言ったか教えてやった。

なども、旧訳版の方が断然判りやすい翻訳だと思います。


逆に新訳版でようやく意味が判った部分としては、2000年にやって来たダンが、単語の意味が変わっていて戸惑う場面。

旧版:例えば主人ホストという言葉だ。これはオーバーをとってくれて部屋へかけてくれる男のことで、出生率とは何の関係もなかったのだ。

出生率?? なんのことやらと思っていたのですが、

新訳:たとえば“代理ホスト”――その昔“主人役ホスト”とは、コートを脱がせてくれ、寝室に置いてくれる人間を意味していた。出生率とはなんの関係もない言葉だった。

と、たった一単語が加わるだけで、「ああ代理出産(もしくはその機能を持つ技術)のことか!」と想像がつくようになっていました。
他には冷凍場サンクチュアリという言葉が安息所サンクチュアリになっていたのも、なんだか柔らかい感じがして良いですね。

他に新訳版でニヤリと出来たところといえば、旧版の感想でピート(猫)の鳴き声のバリエーションが素晴らしいと書きましたが、その鳴き声にも意味があったことがよく判る点。
たとえばジンジャーエールをねだる時の「モーアー!」と言う鳴き声には「もっと(たぶん more )」というフリガナが振られています。他にも「ナーオウ!」には「いーまあ(おそらく Now )」、「ウェアールル?」には「どこにいたんだよ?( Where were you? かな)」というカッコ書きが。
こういう細かい言葉遊びは、やはりその作品が書かれた言語圏でないと、なかなか理解しにくいですよねえ……(しみじみ)


―― と、まあそういった具合で。
新旧ともに、どちらにも長所と短所があるという感じでした。
理想はやっぱり、両方読むことでしょう(笑)

まあそれは冗談として、
翻訳ものの硬い文章が苦にならず、より内容を深く理解したい人には旧訳がオススメ。
技術的な点や想像された未来像の描写などの細かいところはさらりと読み流し、気軽に人間ドラマを楽しみたい人には新訳版がオススメ、といったところでしょうか。


最後に。
私はこの作品に「巌窟王的復讐もののテイストがある」という情報を見つけて読むことを決めたのですが。しかし主人公のダンは、けしてモンテ・クリスト伯にはならないのです。
恋人と親友に裏切られ、一時は復讐を願っても、彼はけっして人を信じることをやめようとしない。

「何度火傷しようと、ひとを信用しなければならないときがあるのだ。そうしなければ、洞窟の隠者になって片目を開けたまま眠るはめになる。安全でいる方法なんてなにもない。生きていること自体が、そもそもとても危険なことなんだ」

そう語って、彼は新たな友人となったジョンに、莫大な資産となる発明をすべて託し再度の眠りにつく。
受けた裏切りには復讐ではなく無関心を、そして信頼にはより多くの信頼を返す。
そして未来にはきっと良いものが、開いた扉の先には必ず夏が待っていると信じている。
そんな彼の、陰湿さのないある意味「技術バカ」な楽観主義が、この作品をこうまで気持ちいいものにしているのだと思いました。
No.6103 (読書)


 2014年08月05日の読書
2014年08月05日(Tue) 
本日の初読図書:
「剣と魔法の異世界で・・・(オンライン小説)」12話 ほのかに香る
 http://ncode.syosetu.com/n2877cb/

「新作VRMMOテストプレイヤー募集」の広告を見て電話をかけたフリーター真田幸一は、気が付くと白い不思議な空間に飛ばされていた。そこに待っていたのは、同じような目にあった数人の男女と、みょうにウザったらしくうさんくさい自称『神』。
退屈だから暇つぶしに人間を異世界にトリップさせてみたいと言い出した神は、異世界とか結構憧れちゃってたりする、少なくともある程度そういう適正のある人しか見えない募集文を出したと言いはった。実際、集められた男女はいくらかの質疑応答ののち、みな異世界へ行くことを承知する。
そうして神から与えられたのは、行く先の異世界にいる人間より、少し優れた程度の能力と、ステータスポイントを任意に割り振るスキル。
なんでもその世界の住人は、通常すべての能力が自動的にまんべんなく上がり、自身のステータスを見ることもできないため、いろいろと無駄が多いらしい。そこでステータスを任意に振り、好きな能力だけを思うように上げる事ができるそのスキルは、かなりのレアなのだという。
そんな訳で幸一あらためコーイチは、MMOの要領で初期ポイントを消費しスキルを取得して、異世界へと降り立った。痛いのは怖いから、目指すは後衛、回復職!
……って、俺の職業、冒険者の他に奴隷王ってのがあるんだが。しかもエクストラスキルの『奴隷からの愛を受ける者』って何よ??
奴隷に愛されると強くなれるスキル……なら目指すは奴隷ハーレムか?
でもまあ、急がなくてもいいか。厄介事はごめんだし。
そうして元フリーターの、のんびり異世界ライフが始まる……

異世界テンプレ。連載中。
んー、57ページかけて、まだあんまり話が進んでません。
ようやく奴隷をひとり手に入れて、本人は魔術を学んだりレベル上げに勤しんでいるあたり。
他の面々はそれぞれにポイントを消費して、外見をいじって食堂の看板娘兼料理人になっていたり、遠い王都で勇者(笑)になっていたりと、それぞれなようです。
最初に手に入れた奴隷が、負傷して捨て値で売られていたケモ耳少女で、安く買って治療してあげて好感度MAXっていうのもお約束★
まあ、今後に期待というところですかね。
No.6106 (読書)


 今が旬
2014年08月05日(Tue) 
ネットの公式サイトで一週間無料公開されている、STの黒崎さん回をもう一度視聴。
……そして pixiv でSTの二次創作を漁る私がいたり。うん、やっぱりあの三話目で滾った人は多いようだvv
しかし、世間は赤百合とか百合赤が多いみたいだけど、個人的には百合根総愛されほのぼの系とか、池→百合(天然)とか、プラトニックな黒百合とか読んでみたいんだが。あ、プラトニック赤百合赤は、公式だと信じてます(笑)
あとは「化学コンビ」とかいうタグもあるみたいだけど、おっさん好きな私のセンサーが、何故かこれにはピピっとこないんですよねえ……ううむなんでだろう。黒崎さんも山吹さんも好きなのに。
え、黒赤? いやうん、嗜好は個人の自由よね……
No.6107 (映像)


 完全無意識行動
2014年08月06日(Wed) 
少なくとも二日に一回は充電が必要なスマホ。
私は過充電を防ぐためにも、充電が完了したら音とバイブで知らせてくれるアプリを使用しています。
が、昨夜は始めたタイミングが悪かったようで、まだ充電完了まで一〜二時間ぐらいはかかるだろう頃合いに眠たくなってしまったのですよ。
……まあ、多少は長く繋ぎっぱなしでも、そんなにいきなりバッテリーがへたるわけでもないでしょう。世の人はけっこう、寝ているあいだじゅう充電に当ててたりするとか聞くし、と思いまして。昨夜はそのままコンセントに挿しっぱなしで、本体を枕元に置き眠りについたのですよ。

で、もって。
今朝起きて一番にスマホを確認したら ―― あれ? ちゃんとケーブルが抜いてある??
ちなみにバッテリ状態を確認したら、ちゃんと一回満充電になったのち、ACアダプターを抜いて五時間ほど経過しているようです。
しかし私に、昨夜途中で目覚めた記憶は、まったく一切存在しません。

……えーとつまり、完全に覚醒しない状態で、充電完了メッセージに従ってプラグ抜いたのか、私は。

我ながらどんだけ充電を繰り返してきて、その操作が身に染み付いてるんだか(笑)

人間、慣れってすごいなあ。
No.6110 (日常)


 2014年08月07日の読書
2014年08月07日(Thr) 
本日の初読図書:
「休暇だと思って楽しみます。(小説家になろう)」〜52:引くほど抜けた
 http://ncode.syosetu.com/n5128by/

若くして公爵家を継ぎ、大国の国王の側近として宰相の地位にある青年、リゼル。いつものように王城の執務室で政務を取っていたはずの彼は、気が付くとまったく見知らぬ世界の路地裏にいた。
(言語が共通、貨幣は違う、取り合えず貨幣価値は……やっぱり少し目立つな)
怖いほどの冷静さ、と元教え子(※国王)に評される彼は、そんな状況でも動揺することなく、周囲から次々と情報を取り込んでゆく。
しかし悪目立ちする豪華な上着を脱いでも、彼は見るからに上流階級以外の何者でもなかった。
周囲からは貴族のお忍びだろうと思われつつ、腰に下げていた儀礼用の剣を売って当座の資金 ―― というにはいささか高額だったが ―― と、自分の世界には存在しなかった空間魔法のかかったカバンを入手した彼は、さらなる情報を得ようと手頃な人物を探し始める。
(出来ればどの国にも所属していない方が良い、考えは片寄らない方が良いし)
(変な主張は持ってないけど自分の考えは持っていて、正義感なんて持っていなくても最低限の道徳は守れる人で、駆け引き上手な人)
(あ、それと出来れば)
そんなことを考えながら裏路地へと足を向けていたリゼルを、見るからにガラの悪い男が呼び止める。
長身で顔立ちは整っているが、端正な姿を台無しにするほどにガラが悪い。風体からするに、どうやら元の世界にはいなかった冒険者という存在のようだ。
男はしばらく彼を見ていたが、やがて短く告げる。
「タチ悪いのがいる、止めとけ」
その言葉に、リゼルは柔らかく微笑んだ。
(少し世話焼きだと、やりやすい)
紆余曲折の末、その男 ―― ソロBランクという凄腕冒険者ジルを、リゼルはひとまず一ヶ月ほど雇うことになった。
その目的は、観光案内と護衛と、そして駆け出し冒険者の付き添い。
自力で元の世界に戻るのは不可能だが、転移魔法の使い手である元教え子(※国王)が、何とでもしてくれるはずだ。ならば自分は迎えが来るまで、休暇だと思って未知の世界を存分に楽しもう。この世界に自分の身元を証明するものはなにもないので、なるなら推薦者さえあれば登録できる冒険者だろう、と。
かくして誰とも組まない孤高のBランク、“一刀”のジルと共に冒険者を始めたリゼルだったが、その活動ぶりはどこまでも周囲を振り回す、破天荒なものとなって ――

異世界から異世界へトリップした、ハイスペックな貴族中の貴族が、人間を越えたハイスペックな剣士や、暗殺者上がりのギルド職員などをたらしこみつつ色々やらかすお話。連載中。
貴族にしか見えず冒険者と名乗ると必ず二度見されてしまうけれど、基本的に普段は穏やかで清廉潔白っぽく、気さくでちょっと天然なリゼル。しかし実際には、気に入った相手以外は笑顔のままあっさり切り捨ててしまえるあたり、紛れもなく人の上に立ってきた人物です。
でもって、次々と癖のあるハイスペックな人々をタラしていくあたりがもうvv
特にジルがね、もうね、保護者で従者で、でも対等な友情でもあって、なおかつ唯一絶対とか、どんだけ美味しい関係なんだか。

紹介文いわく「男ばかりの友愛。濃い友情。恋愛感情はないからBLじゃないと言い張る必要がある程度にはそれっぽい描写があるので苦手な人はお控え下さい」とのこと。
確かにやたらと年少組(それでも二十歳ぐらい)の頭を撫でたり頬を撫でたりしていますが、あくまで友情止まりです。この絶妙な匙加減がまた、たまらない……っっ(>▽<)

普通ならAランク5人パーティーで勝率五分の迷宮ボスを、暇つぶし&鍛錬代わりに一人で倒しに行く常識はずれのBランクソロのおかげで、「自分なんてたいしたことない」と言い張っちゃう、それに付き合って無傷で帰ってこられるリゼルさんマジ有能。高度な魔法の脳内並立処理を、無駄に活用してるあたりも楽しいです。

ただ心配なのは、こんなにいろんな人達をタラしこんでおいて、本人元の世界に帰る時にどうするつもりなんだろう、というのが……作者様はハッピーエンドにするとおっしゃっておられるので、ある程度は安心していいのか。せめて、せめてジルと元お頭ぐらいは連れてってあげて欲しいんですが……
それとも国王様がなんとかして、休日ごとに異世界へ遊びに来るようになったりとかしないかな。
絶対零度はともかく、道具屋とかは、何もかもほっぽってついていく訳にはいかないだろうしなあ……

あ、ちなみに雰囲気のある文章の割に、誤字脱字や日本語の微妙なところが散見されるので、気になる人は要注意。
「ほのほの笑う」とかしょっちゅう出てくるんですが、これツッコミ入れてもいいんだろうか……?

あとは各キャラの外見や服装描写がほとんどないのが惜しまれます。それでもこれだけ雰囲気を感じさせるのだから、たいしたものではありますが。
個人的にリゼルの外見イメージは某デル戦のナシアスっぽく、ジルは遊び心のない仏頂面のイヴンだったりします。スタッドはクラブレの頃のシェラを十八歳ぐらいにした感じかな。

そこそこのペースで更新されていて、一話のボリュームも大きめなのがありがたいですvv
No.6113 (読書)


 おかずが増えた
2014年08月07日(Thr) 
夕食で、煮物にしようと買ってきたイカなんですが。



四杯の中から10匹も小魚(イワシかな)が出てくるって(笑)
ちなみに飲み込んでいたのではなく、エラっていうんですか? 両脇にある水を取り入れる口に入っていたそうです。二匹+二匹+三匹+三匹。
見た感じ傷んでもおらず新鮮だったので、イカといっしょに煮付けちゃいました。
背骨まで柔らかくって、普通に美味しかったですvv
ちゃんと買ったら数百円はするでしょうから得したわ〜♪
No.6114 (日常)


 更新情報(2014年08月08日)
2014年08月08日(Fri) 
「閲覧室」の「オリジナル小説書架」に「楽園の守護者」番外編「契約」の後編をUPしました。

「契約」と書いて「エンゲージ」と振り仮名を付けたい、そんなロッドとフェシリアの婚約騒動、これにて一段落です。

……えー、要するにいくら押しに弱い彼でも、最後ぐらいはビシッと決めて欲しいという、そんなお話だったりとかして(笑)

あとは中編と後編の間あたりに位置するSSが一本残っているので、そのうち拍手にでもUPしようと思いますです。
No.6115 (更新)


 2014年08月09日の読書
2014年08月09日(Sat) 
本日の初読図書:
「墓王!(小説家になろう)」〜意趣返し
 http://ncode.syosetu.com/n8306bv/

神様に頼まれて不老長寿な身体と膨大な魔力を持って異世界へ。
おまけに主役の『体液』を摂取すると消費した魔力の回復効果があり、また魔力自体を持てなくなる致命的な病気の特効薬となる可能性もあり。でもって魔法使いは基本的に女性がほとんどで、魔力欠損症になるのも女性だけ……となれば、展開はもう読めたものでしょう。はい。チートなハーレムものです。
具体的描写がキツ目な部分はノクターンで書かれているので、なろうで読む文にはまあ、ぎりぎりちょいエロレベルでしょうか。まあそれでもそこらへんは適当に読み飛ばしちゃいましたが。
ハーレム対象になる女性たちがニコポではなく、打算とか保身とかいろいろ考えた上で、時間をかけて信頼関係を結んでいくあたり、好みが分かれるかもしれません。いやまあハーレムものってだけで、かなりあれなんですが。
あと主人公独自の魔法の使い方が、ちょっとイメージしにくいかな。
一回の魔法に使える魔力量が少ない代わり、常識はずれのスピードで連打が可能。しかも魔力は底なし。魔法陣を指で描くのではなく、一枚の絵として脳内に浮かべ一瞬でコピペするというあたりまではなんとかついていけたんですが……

ある程度書き溜めて連続更新したのち、また間を空けるという体裁のようです。
そろそろ次の更新が来てもいい頃かな。
No.6119 (読書)


 やっちまった、か?(汗)
2014年08月09日(Sat) 
先日も書いた通り、もはや眼鏡が顔の一部と化している神崎なんですが。
つい二週間ほど前、傷んでいた耳かけ部分を無料サービスで交換してもらい、ホクホクとして帰ってきたばかりなのに。ああ、それなのに。
夜になって、テレビを見ながらメガネのレンズを拭いていたら、手元から「ぱきっ」という妙に軽い音が。
……あれ? と見下ろしてみたならば。



フレームが折れてる〜〜〜〜!?

……ちなみに私は、コンタクトも予備のメガネも持っておりません。

あああああ、もう、なんだって〜〜〜〜 《o(T△T)o》
ただでさえメガネ屋行くのは面倒で、しかも今は台風直撃とかしてるってーのに〜〜〜〜!!

おまけに、最初はのんびり、これぐらいなら子供の頃よくその場で無料サービスとして溶接してもらってたよな……とか思いつつ、前回フレームを買い替えた時のことを、当時日記代わりにしていた掲示板の過去ログで確認してみたならば。
2001/12/01 付の書き込みで、

> レンズを固定しているフレームが、メガネ拭いたはずみに「ぱきっ」とあっさり折れちゃいました。
> メガネ屋持っていけば溶接してくれるかな?買った店なら無料でやってくれるかも・・・・なぁんて余裕をぶっこいていたら!
> メーカーに送って三週間待ちで7千円くらいかかる上に、位置が悪いからきれいには直らないだとぉぉおお!?
> ・・・・速攻その場で新しいフレーム選びましたとも。それならレンズ削ってはめ直して、明日にはできあがるそうで。

という書き込みが。

……え、もしかして今回もフレーム買い替、え??

マ・ジ・か・!?
この絶賛緊縮財政のまっただ中に、メガネの買い替えだと!?!?

いやそりゃあ、この過去ログによると、今のフレームももうかれこれ12年以上使ってた計算になりますけどさ。それでも痛い、痛いよ懐に!!

あうー……前回同様、レンズはそのまま流用するとしても、いくらぐらいかかるのかなあ……(しょぼん)

ちなみにしかたなく裸眼で見た2時間ドラマと、剣客商売の新作は、細かい表情とかががよく見えませんでした。ってか、眼がシパシパして涙が滲んでくるよ……(−ー;)

うう、昔は3日ぐらい裸眼で過ごしても全然平気だったのに、また視力が落ちてるのかなあ。最近、電子読書とかしまくってるし。
2007年にレンズだけ交換した段階では、左が遠視+乱視+近視で0.7か……右はほとんど使ってない状態で0.4。……一応、視力も見てもらった方がいいんだろうか。
ああでもレンズまで交換すると、懐が痛すぎる……(しくしくしく)
No.6120 (日常)


 台風のなか三往復した
2014年08月10日(Sun) 
眼鏡があるけどあえて掛けないのと、手元になくて掛けられないのとでは大きく違うので、開店時間の十時になってすぐ、メガネの三城へ電話で問い合わせしたのち、店へ行ってきました。
あ、私は免許に「眼鏡等」ついてないので、裸眼でもなんとか自分で運転できます。

夕べ一晩考えた末に浮かんだ選択肢と、電話や店頭で聞いてみた結果としては、

1.フレームをロウ付け(溶接)で修理してもらう
  → メーカーへ送って三週間、盆を挟むので下手するともっとかかる。3千〜6千円程度。

2.フレームだけ購入し、現在のレンズを削ってはめ込む
  → 当日もしくは1〜2日。選ぶフレームによるが、ちゃんとしたのだと1万5千円ぐらいから。

3.視力を測り直し、イチから新しいメガネを作る
  → 既成品のレンズが合うなら当日もしくは1〜2日。そしてアンサンブルならレンズとフレーム込みで1万円ぐらいからできる。

の3つ。
ロウ付け修理は前に聞いた時よりもだいぶお安くなっていましたが、それでも三週間もメガネ無しで過ごすのは辛いです。
フレームだけ買うのと新規購入を比較すると、アンサンブル(フレームとレンズのお得セット)にすればフレームの選択肢が限られてしまう代わりに、レンズを新しくしてもそう変わらない価格で行けそうです。
さらに言うなら、現在のレンズを違う形のフレームにはめた場合、どうしても焦点位置などがずれてきてしまうとのことで。乱視持ちにとって、それは辛いところ。

と、言う訳で。
懐には痛いですが……痛いんですが!!
新規で作ることにしました(はあ)
視力を測ってもらった結果、どうやら既成品のレンズでは合わなかったようで、できあがり予定がお盆を挟んだ一週間後になってしまったのも地味に辛いッス(−ー;)

でもって。
なんだかんだで店員さんと相談した結果、アンサンブルの中ではちょっと高めのチタンフレームにプラスチックレンズ。レンズにはうっかりついついブルーライトカットのオプションをつけたりなんかして(苦笑)

……まあ、なんとか想定予算内には収まったから、いっか。

レンズは薄型で傷つきにくくて、撥水コートとUVカットはデフォルトでついてるというのもありがたいところ(以前に買った時は、一個一個オプションで選ばなきゃだったからなあ……)。

ちなみに、視力は思ったほど落ちていなくてホッとしました。
前回は裸眼視力で 左0.7 右0.4 だったのが、今回は 左0.4 右0.6。
右目むしろ良くなってるよ(びっくり)
しかも「利き目は右ですね」とか店員さんに言われたりして。確かに近年、右目を使う頻度が増えてきたなあとは思ってたんですよ。近くを見るときは左、遠くを見るときは右という感じで、半ば意識して使い分けています。右目の視力が上がったのは、そのおかげかもしれません。
そして視力検査で使われた検査表は右目を使う距離にあったので、右目が利き目だと判断されたのでしょう。
そのあたりは店員さんに説明してさらに検査を重ね、レンズの焦点かな? 左右それぞれで見ている像の位置を調整する度とやらについては、左目を基準にした今までと同じのでいくことになりました。
視力の度については、左目を近視+1、右目の乱視と遠視をそれぞれ−1に変更したそうです。
今まで左目は乱視の度だけ入れてたはずだから……あれ、もしかして私、これからは近視性乱視ですって言わなきゃなのか??

そしてそして、今回一番ありがたかったサービス。
いろいろと検査したりオプションを相談したりしながら、雑談ついでに「予備の眼鏡もコンタクトも持っていない」、「昔使っていたメガネもかけてみたけど、ぜんぜん度が合わなかった」とか言っていたのですよ。そしたらば。
「レンズのサイズが合うようなら、新しいメガネが届くまで使えるように、お手持ちのフレームに壊れた方のメガネのレンズをお入れしましょうか」
とか言っていただけまして。

うぇぇええ、マジっすか!?
それってつまり、最初の選択肢「2.」をタダでやってもらえるってことじゃないですか!!
もちろん私に否やはありません。
……ただ心配なのは、昔使っていたメガネは、どれもレンズ枠のサイズが大きいこと。今回壊れたメガネのレンズだと、削って合わせるどころか逆に小さすぎてはめられないのではという心配がひしひしと。
それでも、やってみて損はありません。
即座に暴風雨のなか自宅へ取って返し、家族全員分の古メガネが入っている引き出しをひっくり返してみました。その中から、なんとかサイズが合いそうなものをいくつかピックアップし、再び三城までGO!

結果、



えー……フレームを渡してから「できました」の連絡があるまでに、一時間かかってないんですけど。
こんなことなら、できるまで店で待ってればよかったよ(苦笑)<夕方までかかると言われたので、いったん家に帰っていた
ちなみにこれ、実は百均の老眼鏡(^ー^;;)
いやもう、レンズのサイズが合うかどうかばかり考えていて、どこで買った誰のメガネかとか全然確認してなかったんですよね……そんな安物(にもほどがある)を持ち込まれても、呆れず真摯に対応して下さった三城の店員さん、マジ男前。
案の定、ちょっとレンズの大きさが足りなくって、一部よーく見ると判るちっちゃな隙間が空いていますが、ぱっと見にはまったく判りません。非常時の予備として使うには充分です。



どうせ本来なら処分するレンズと、引き出しで死蔵されていたメガネを無料で加工してもらったんですから、最低限、新しいメガネが届く一週間後まで保ってくれれば充分です。
それ以降も予備メガネとして使えるようなら、それは望外の喜び。

しかも受け取りに行った際も、何度も掛けた状態での耳の裏やつる部分の状態を確認し、少しでもかけ心地が良くなるように調整してくださって……店員さん、あんたメガネ屋の鑑や〜〜 ・゜・(ノД`)・゜・


あと三城では補聴器も扱っています。
以前より検査方法が新しくなっているし、ちょっとやってみませんか? と誘われて、久しぶりに聴力検査も受けてみたりとか。
その結果は、やはり私には補聴器は向いていないというものでしたけれど、でもなかなか面白かったです。
特に悪い方の耳と良い方の耳の差が40dB以上ある場合は、悪い方の耳で聞いているのではなく、頭蓋を伝わった振動を良い方の耳で聞いている可能性が高いのだとかで。良い方の耳には雑音を流しながら、もう一度測り直すっていうやり方が、健康診断とかで受けている簡易な聴力検査と違っていて新鮮でした。
結果は、左耳が5〜15dBとどちらかと言えば平均以上。
右耳は、これまで健康診断とかで60dB前後と言われていたのが、今回の検査方法だと95〜110dBだったそうで。

■片耳難聴.com
 http://katamimi-nancho.com/physical-disability-certificate/

あー……なんというか、納得。
こういう聴力の基準ってあんまりよく知らなかったんですけど、体感的にこの右耳の聞え方でも中度難聴のレベルっていうのは本当なのか? と正直疑ってたんですよ。
そもそも今まで聴力検査の時以外で、右耳からものを聞いた記憶がありません。その右耳(のはず)から聞こえる音も、右側からという実感がなかったり、あるいは音というよりは耳の穴の中で空気が振動しているのを皮膚で感じるというか。そんな感触でして。

補聴器で改善できないという結論がまたも重ねられたのは残念でありつつも、本当に聞こえないのに〜〜(><)という自分の思いが、客観的に認めてもらえたような気がして、なんだかちょっと嬉しくもあったりとか(苦笑)

……むかーーし補聴器が使えるかどうか耳鼻科に行って質問しようとしたら、医者にその程度で難聴者を気取るな会話できるくせに補聴器使おうなんざおこがましい、的な言われ方した時は、めっちゃへこんだもんなあ……無限ループで何十分も説教されたあの辛さ、何年たっても忘れられないんだぜ……(泣)

あ、台風はこのあたりにはあんまり被害もなく。
メガネ屋と行ったり来たりしていた昼頃はけっこう雨風がありましたが、15時頃にはもう普通の雨程度に収まっていました。


……そしてこんな時に、昨日から泊まりがけでよりによって神戸へOFF会に出かけている長兄ェ……
なんでも何度も参加を断ってきた上に、わざわざ開催地をこっちの地方よりに設定してもらった以上、今さらドタキャンはできないとのことで。母などからは呆れられながら出かけていったのですが、案の定モロに11号直撃してましたね……
幸いにも新幹線は一部しか止まらなかったし、新幹線から乗り換えるJRも昼過ぎには運転を再開したそうで。地下鉄やら特急やらを乗り継いで、行きとは違う路線でちょっと遠回りしつつ、なんとか20時過ぎに無事帰宅してくれました。
そして始まる初オフ会楽しかったぜ話(苦笑)
っていうか初めてのオフ会で、せっかくだからとそれぞれ別々のサークルさん相手に「一日目にランチオフ」「その後居酒屋で飲み会」「翌日の午前中に観光」と3つを掛け持ちするって、どんだけアクティブなんだ、我が長兄は……(^ー^;;)
No.6121 (日常)


 やはりあると違う
2014年08月11日(Mon) 
昨日メガネ屋さんで作ってもらった百均フレームの予備メガネですが、今のところほぼ支障なく使えています。
そりゃまあ確かに、ちゃんとしたものに比べれば、掛け心地はだいぶ違います。ずり下がってくるし鼻あてに違和感も感じますし、時には耳の後ろがちょっと痛かったりもしましたが。
でもやっぱり、裸眼で過ごすのに比べれば、ずっとずっと楽です。
提案してくれた店員さんには、本当に感謝しきれません。

幸い今日も比較的涼しく、過ごしやすい一日でした。
明日からはまた暑いらしいですね。

図書館で借りてきていた短篇集が、予想以上に読みにくく、一話目で挫折。
しかたないので、だいぶ前にDLしておいた、なろうの書籍化作品を読み始めてみました。
ううむ、これもところどころ日本語の表現とかが引っかかるけど、まあ気軽に読めるぶんには良いかな……?
No.6122 (日常)


 年に一度の
2014年08月12日(Tue) 
いつもコメントをくれるリア友 ちなつとも がお盆で帰省してきたので、今年も遊んできました。
……遊ぶと言っても、基本的に彼女の実家に上がり込んでのおしゃべり。
あとは市内唯一と言っていいショッピングモール(イオン)で、ウィンドウショッピングしたり、フードコートでお茶をしたり。
お互いゲームや小説なんかの会話ができる相手に飢えているので、話題はもっぱらそこらへん中心でした(苦笑)

「なろう」の会話をリアルでしたのなんて初めてかも……<うちの母は紙書籍しか読まない

あ、ちなつんちのサクラちゃん(白黒ブチ猫)は、今年も愛想よくお出迎えしてくれましたvv
彼女んち(実家)は常に多頭飼いをしていて、今は五匹いるそうですが、今年はサクラちゃんしか姿を見せてくれなかったなあ(しょぼん)

そしていくら涼しめとはいえこの季節に、窓際の陽だまりの中で寝ているサクラちゃんの感覚が判らない……
No.6125 (日常)


 2014年08月13日の読書
2014年08月13日(Wed) 
本日の初読図書:
「【日刊ミケ】おかえりなさいませ(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n4062bf/

ギルドごと異世界にトリップしたゲーマーたち。
戦える者は戦い、冒険をしたい者は冒険をし……そしてとても戦いなどできないという、ごく弱気な選択をした者達は、力を合わせてメイド喫茶を開いた。ギルドマスターはコミュ障でネカマだった男装美女ルビー。みなを守らなければと、他人が怖くても必死に頑張るルビーだったが、ゲームキャラそのままでトリップした彼らは、そろいもそろって美男美女。タチの悪い貴族に目をつけられて、ついにルビーがさらわれてしまう。
ゲームチャットで事態を知ったトリップ組は、独立した戦闘特化メンバーも含めて、ギルドマスター救出に立ち上がる!

短編もの。ちなみに作者さんがなろう退会済みなので、裏ワザ使わないと読めません。
なんというか、粗筋っぽくさらっと書かれたお約束作品です。
No.6126 (読書)


 効果やいかに??
2014年08月13日(Wed) 
運動不足も極まれりな今日この頃。
家族からは「動け!」「つま先歩きでもしたらどうだ?」とか言われまくっております。
確かにつま先歩きをすると、ふくらはぎとかだるくなるし少しは効果があるかも……とは思うのですが。ちょっと気を抜くとすぐに忘れてしまいます(−ー;)
そもそも私は歩く時かかとから足を下ろす癖があるので、足音だけでも家族から「もっと静かに歩けんのか!?」とか文句を言われる始末でして。

……そんなこんなで、うっかりこんなものをポチってみちゃいました。

B000V2AFYSビューティフルレッグスリッパカーキーオレンジ
アルファックス 2007-07-17

by G-Tools

かかとのない、いわゆるつま先立ちスリッパ。
同じような商品はいろいろありましたが、値段とユーザーの評価を秤にかけて、これを選択(中でもブルーが一番安いです)。
あとただ足を突っ込むだけでなく鼻緒、しかも五本指に分かれているあたりが、うっかりすっぽ抜けたりしなさそうで良いかなあとか思いまして。
問題は色がどれもちょっとドぎつ過ぎるかなあというところだったんですが。届いた実物を見ると写真よりかなり淡目のパステル調だったのは嬉しい誤算でした。

さっそく履いてみると……

  

五本指で痛いというレビューもありましたが、もともと私は夏以外五本指ソックスを履いているので、むしろけっこう気持ちよく。履くのも思ったより簡単で、別に手を使わなくても足探りだけで指五本スムーズに入れられます。
サイズは思ったより大きかったですね。まあもともと私の足が適応サイズ(22.5〜25cm)の下限ギリギリなので、こんなものなのでしょうが。
タオルっぽい布地で感触は気持ち良いものの、すぐに汚れがつきそうな気配はします。その場合は手洗いして陰干しだそうで。
で、肝心の履き心地は……確かにふくらはぎとかには力が入りますね。
運動不足とか足のラインに効果があるかどうかは、しばらく使い込んでみないことにはなんとも。

……「どうせすぐに飽きて使わなくなるくせに」とか言われそうだなあ……(苦笑)
No.6127 (日常)


 2014年08月14日の読書
2014年08月14日(Thr) 
本日の初読図書:
4488487033サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)
大崎 梢
東京創元社 2010-03-11

by G-Tools
成風堂で本の取り寄せトラブルが相次いだ。同じ書籍の注文が重なるのはよくあることだが、確認の連絡を入れると、注文した人間四人が四人とも「覚えがない」と困惑や怒りを見せるのだ。しかも同じ面々を相手にそれが二回も。奇妙だと首を傾げる杏子らだったが、事情を知っているらしい女性が店を訪ねてきて……「取り寄せトラップ」
社会科見学で小学生が成風堂へやってきた。店内を見学したりおしゃべりする子供たちの中で、一人の男の子だけがぽつんと離れており、奇妙な質問を向けてくる。特に広辞苑には異常なほどの関心を向けていた。その少年はそれからも一人で店を訪れては、店内をうろつきまわるようになる。その奇妙な行動に気がついた同級生らの間で、彼こそが最近起きている幼女連れ去り事件の犯人だろうという、心ない噂が流れ始めたとのことで……「君と語る永遠」
最近バイトに入った大学生の金森青年は、飲み会の席で思い出話を始める。一年前、自分は成風堂に客として訪れ、そこで一人の女子高生に一目惚れした。そして彼女目当てに成風堂に通いつめたのだが、結局はストーカー呼ばわりされ失恋してしまったのだと。ところがその話を聞いた多絵は、金森が怪しい。何故なら話の筋が全然通っていないと言い出すのだが……「バイト金森君の告白」
取次の営業藤永がふと口にした話題に、普段はいい加減な事なかれ主義の店長が食いついた。なんでもある条件をクリアできるなら、その店で人気作家影平紀真のサイン会を開けるというのだ。本にまつわる難題解決なら、多絵という強い味方がいる。乗り気になった店長は渋る藤永を焚き付けて、サイン会場へと立候補した。その条件というのは、影平に熱烈な手紙を送ってくる匿名のファンを、サイン会場で見つけ出すことだという。ところが正体のヒントだというそのファンから送られた暗号を解読した多絵は、サイン会をやらないほうが良いと言って……「サイン会はいかが?」
常連のお客様が、店内で手に持っていた封筒を紛失してしまった。中身はただのスナップ写真なのだが、それなりに思い入れのある大事なものだという。どこかに置き忘れたはずのそれを店員総出で捜すものの、さっぱり見つからない。しかたないとお客様もあきらめ始めた頃に、倉庫で整理作業をしていた多絵が戻ってきて……「ヤギさんの忘れもの」

成風堂シリーズの三冊目。
むむむむむ……うむう。
以下辛口なので、記事を畳みます。
No.6132 (読書)


 更新情報(2014年08月15日)
2014年08月15日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「凾中の密書(コナン・ドイル著、三津木春影 翻案)」の十章目をUPしました。
これにてこの話は終了です。
全話一括のテキストと青空風XHTMLは準備中。また後日UPいたします。

さてこのホームズ翻案「凾中の密書」。原作は「第二の血痕」あるいは「第二の汚み」とか「二つの汚点」とかと訳されている作品です。
ざっくりまとめると、政治家の元から重要文書が紛失した! 国家の危機だ!! 実は身内が犯人だった!? こっそり返してめでたしめでたし★
と、箇条書きマジックにすると「海軍条約文書」と混同しがちなお話ですが、この作品はなんといっても最後の決め台詞をどう訳すかが見どころではないかと。
格好いいあの台詞を、今回は「〜テ」って(笑)
やはり最後の最後までこの翻案は、保村さんの言葉尻で笑わせられましたvv
ストーリーがほぼ原作に忠実なだけに、こういう細かいところが無性におもしろいと思います。ワトソンさんこと須賀原くんが、ちゃんと対等な相棒関係にあるのも好感度高し。
三津木春影さんは、ほかにも呉田博士シリーズとしてホームズ翻案をしてらっしゃいますが、そちらはだいぶ原作と雰囲気が異なるのですよね。
作数は呉田博士の方が多いものの、個人的には保村さんの方が好きです。
さて、次はどの作品に行こうかなあ……
No.6133 (更新)


 2014年08月15日の読書
2014年08月15日(Fri) 
本日の初読図書:
「ネクストライフ(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n0744bf/

MMOのゲームキャラクターとして転生した青年の成り上がりもの?
魔力が強大すぎてむしろ本気を出せない賢者レベルの彼と、どんどん敵キャラがインフレしていく展開。
敵対国家→ 狂王の統治する国家 → 魔人 → 魔人と魔物の群 → 魔王 → 他の魔王を配下にした魔王 → 最強の魔王 → 邪神 → 神
……キャラクターや国家の数も多く、いい加減どれが誰やらヽ(´〜`)/

とりあえず本編は最後まで読みました。
書籍化もされているようですが、書籍の方はまったく展開が違うとのことです。
No.6136 (読書)


 二日早かった
2014年08月15日(Fri) 
納品予定が17日だった新しいメガネですが、嬉しい事に本日メガネ屋さんから連絡があったので、いそいそと受け取りに行って参りました。
相変わらず非常に丁寧な担当店員さん。
……あるいは短気な人だと「もう良いよ!」と言いたくなるんじゃないかってーぐらいに、何度も何度も微調整して掛け心地にこだわってくださいました(笑)
メガネのフィッティングって、あそこまで丁寧にやるものでしたっけ……?<五〜六回は作業場に戻って行かれた

で、もって。
あとから来たお客さんが二組ぐらい先にいなくなって、ようやく新しい子が我が手にvv
とは言えいきなり慣れないメガネでクルマを運転するのはちょっと怖かったので(雨も降ってたし)、いったんケースにしまっておき、帰宅してから改めてためつすがめつしてみました。



レンズにオプションでブルーライトカットのコートを付けたので、見事に青く反射しております。
今までが緑色のコートだったぶん、掛けている時の内側への映り込みに、慣れるまでしばらく掛かりそうかな。
全体の見え方はどうだろう……? お店で試しに掛けた時は「ん?」と多少違和感を覚えたものの、帰宅してから掛けっぱなしにしていると、メガネ変えたことを忘れそうなぐらいには普通に過ごせています。

あ、でも目そのものが楽になったような気はしてます!
なんというか、近くの小さな文字を読む時に、無意識に目に入れていた力が少なくてすんでいるような。
あと部屋の反対側にある本棚の背表紙を眺めてみると、右目と左目の見え方の差が小さくなった気もしますね。今までは近くのものを左目、遠くを右目で見てたのに、新しいメガネだと左目でも右目と同じぐらいに遠くの字が読めます。むしろ左目のほうがよく見えるかも。やはり近視の度+1は大きいということでしょうか。

ブルーライトカット効果については、裸眼と比べると確かに違いますね。そして今まで愛用していた百均のPCメガネでは、かけると全体が黄色っぽく見えたのに対し、このメガネだとほのか〜〜に黄緑っぽく感じられます。どちらがより色味の差が少ないかといえば、それはもちろん新しいメガネ。
試しに蛍光灯を直視してみると、はっきり判るほど眩しさが軽減されています。そういう意味では、確かに目を楽にしてくれる上に、サングラスもどき的な外見変化もなくって良いのではないでしょうか。
+2000円の価値はあった……かな?

今まで、メガネを作る際にはすべて眼鏡屋を信頼してお任せし、メガネの質についてはさほど気にしたことがありませんでした。しかし最近の価格破壊や、安かろう悪かろうで安物買って銭失った的な話題をネットなどで目にすると、なんだかいろいろ心配になってきて、細部をついついチェックしてしまいます(苦笑)
……なにしろあの三城とはいえ、レンズとセットのまさしく量販品な訳ですから、心配しだしたらきりがなく。

チタン製だと説明されたフレームには、それでも一応 MADE IN JAPAN の刻印が入っていました。
レンズはHOLTジャパン株式会社製。高級メーカーではないものの、そこそこのところの子会社なのかな??
レンズの保証カードを見てみると、今までは屈折率1.6を使っていたのが、1.67になっています。
よく判りませんが、これはそれだけレンズが薄くなるということらしいですね。非球面タイプというのも、ひずみが少なく視界の広さや薄さを増してくれるもののよう。
実際昔から少しずつ改善されては来たものの、それでもフレームからレンズがはみ出して「プラスチック塊かよ!?」と言いたかった歴代メガネに比べると、今回のものはメタルフレームのくせにフレームの太さとレンズの厚さがほとんど変わりません。

それとチタンのナイロールフレーム(下半分がテグスのタイプ)に変わったことがプラスされたのでしょうか。手に持った時や掛けた時の重さが、明らかにこれまでと違います。軽いです。当社比、羽のようです。

……こんなに軽くて、うっかり壊れたりしないのか!? と思わず不安になるぐらい(苦笑)

ナイロールフレーム型にしたことも、思った以上に良いですね。
視界を邪魔するレンズ下のフレームがなくなった分、うっとおしさが軽減されたような気がします。あとレンズが細身になったことで、頬との間に隙間ができて汗が溜まらなくなるというメリットもあったりとか。

……とまあ、総じて自分の印象的にはほぼ不満はないので、心配するのはもう止めたほうが(ストレス的にも)良いかもしれません。
あと気になるのは耐久性だけかな……? 特にフレームがぱっきり逝っちゃわないかと、レンズに傷が入らないか。
このレンズ、UVカットと反射防止、汚れにくいコートは付いてたけど、耐傷性が付いてなかったのは誤算だったからなあ……まあ、前のレンズも傷防止が付いてたかどうかは不明な割には、七年経った今でもそこそこ綺麗なままだから、そんなに心配しなくても良い、のか……?
No.6137 (日常)


 2014年08月16日の読書
2014年08月16日(Sat) 
本日の初読図書:
「ハートフルゾンビ(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n0410bd/

合理的な思考を持つ男子高校生 三条ミナミは、通り魔に襲われそうになった多くの子供達を助けるため、自らの命を犠牲にした。その行為によって神から「異世界に行く権利」を与えられた彼は、その他の希望を訊かれ、「身体能力強化」「すごい魔法の才能」「無限に物を収納する能力」そして「それなりに平和な世界」を願う。
しかし彼は、肝心のことを願い忘れているのにまったく気が付かなかった。
そうして待望の異世界へとやって来たミナミは ―― ゾンビになっていたのである。
幸いにも見た目的には、病人のように顔色が悪い程度でほぼ人間と変わらない。理性もちゃんと残っている。しかし腕がちぎれても痛くないし、切断面を合わせればちゃんとくっつく。そして敵対する相手に引っかき傷ひとつつければ、その相手もまた不死身のゾンビとなり、下僕として操ることができた。
そうしてひとまずは森の中でウルフゴブリンを狩り、空腹に任せてその生肉を喰らっていたところを、現れた冒険者の少女に見つかり絶叫される。
「吐き出せ!今すぐ吐き出せ!早く吐き出せ!」
有無を言わさず人差指と中指が口の中へと突っ込まれた。
……なんでも魔物の肉は、解毒の魔法を使った上で熱処理しなければ、一口であの世行きの猛毒なのだという。しかしすでにゾンビであるミナミが、これ以上死ぬはずもなく。
とりあえず事情を洗いざらい説明し、混乱が一段落すると、少女 ―― レイアはミナミにひとつの提案を持ちかけてきた。彼女は年若くして特級冒険者になった凄腕の冒険者なのだが、しかしたった一人で孤児院を支えていることもあり、その経済状態はけして良いものではないという。もしもミナミがかばって死ぬほど子供好きだというのなら、どうか力を貸してくれないだろうか、と。
ミナミにしてみれば、食事と寝る場所、そしてこの世界で生きていくための知識を与えてもらえるのであれば、それはむしろ願ったりかなったりであった。
かくしてミナミは冒険者としてレイアとパーティーを組みつつ、孤児院エレメンタルバターで子供たちと共に暮らしていくこととなった。
そうして子供好きの心優しいゾンビは、新しい世界で様々な人々と絆を結んでゆくのである ――

ゾンビのゾンビによるゾンビのためのハートフルゾンビファンタジー。完結済。
テーマがゾンビなだけあって、魔物に対してはかなりグロテスクな表現がありますけれど、人間は御都合主義なまでに死にません(笑)
特に後半のバトルでは、いやこれどうやったって普通に何人かは死ぬだろう。っていうか、城壁の外に民家とか旅人とか存在しなかったのか? 下手すりゃ超広域攻撃魔法の連発で、巻き込まれてる一般市民が……とか突っ込みどころ満載なんですが、しかし読後感がいいからそれも良いのです!
魔物と人間の扱いの差は、かなりアレなんですけどね……(苦笑)

途中、ちょこちょこと挟まる神様サイドの視点が、いまひとつ解決つかないままだったのが不満といえば不満でしょうか。むしろあれ、なくても良かったかも。

最初は通りすがりの一般冒険者かと思われたパーティーが、実は国有数の凄腕で最後まで付き合いが続いたあたりとか、王様の男前ぶりとか予想外で楽しかったです。
No.6138 (読書)


 2014年08月19日の読書
2014年08月19日(Tue) 
本日の初読図書:
「レアスキル持ちのVRMMO(小説家になろう)」〜2-11 新たなる力
 http://ncode.syosetu.com/n0752bw/

非デスゲームなVRMMOもの。ソロプレイメイン。
βテスト中、リアルでの習慣のまま毎朝剣の素振りを続けていたら、最終日に取得スキルポイントが増えつつ経験値が倍になるレアスキルをゲット。本サービス開始時にそのスキルを持ち越したおかげで、レベルアップやスキル取得がおかしなことになっていくお話。
作者さんのリアルがお忙しいらしく、長らく更新停止中。
No.6145 (読書)


 2014年08月21日の読書
2014年08月21日(Thr) 
本日の初読図書:
4796677410アリアドネの弾丸
海堂 尊
宝島社 2010-09-10

by G-Tools
エーアイセンター設立に伴い、東城医大内のみならず、司法の分野などからも様々な思惑が絡み合い渦巻いていた。そんな中、センター長の座を無理やり押し付けられた田口は、自身が傀儡であることを自覚しつつ、しかたなく踊らされることを享受していた。
しかし悪意の手は、見えないところから忍び寄ってくる。
エーアイセンター運営連絡会議のメンバーの一人で、元警察庁刑事局局長の北山が、納入されたばかりの新型MRIコロンブスエッグの側で殺されているのが発見された。発見したのはオブザーバーで現職警察官の宇佐見警視。そして現場には銃を握って昏倒している高階病院長がいた。宇佐見によれば高階が駆けつけた宇佐見に対して銃を向け抵抗したので、絞め落としたのだという。
そもそも北山は高階病院長の収賄を発見し、彼を連行しようとしていたのだという。つまり高階はそれに抵抗して北山を射殺したのだと。
限りなく現行犯に近い逮捕劇に、東城医大側は愕然とする。高階病院長がそんな真似などするはずがない。しかしこの事件が世間に報道されれば、東城医大は完全に崩壊する。ただ何故か警察側は週明けまでこの事件の公表を控えるとのことだった。ならばその間に事件の謎を解き、真犯人を挙げればいいと、田口や白鳥らは限られた三日間の中で全力を尽くして奔走し始める……

チーム・バチスタの……ええと、何冊目だっけ。
いい加減内容が他作品とクロスしすぎて、判らない部分があれこれと。
たぶん、「極北クレイマー」を読んでるともっと判るんでしょう。あと「螺鈿迷宮」も読んでないと、ますます内容が判りませんね。あれドラマではバチスタ・シリーズに含まれてましたけど、原作ではあくまでスピンオフ扱い。本編しか読まない主義の人は読まないと思うんですがねえ。

今回のストーリーは病院長に掛けられた冤罪を解くという、医療ミステリ色の濃いもの。久々に白鳥劇場が全開で、そういう意味では楽しめるかもしれません。
ただ話の根底に流れる『悪意』が気持ち悪くて、私にはちょっと辛かったです。特に東城大学のターンになる第二部に到達するまでがしんどくてしんどくて。
思わせぶりに出てきて、大言壮語吐きまくったあげくにそのまま再登場しなかった『彼女』とかさ……たぶん次回作でまた登場するんでしょうが、正直彼女が出てくるならもう読むのやめようかな、ってぐらいそりが合わないというか。

ああでも、城崎さんと瑞人くんが再登場してくれたのは、ちょっと嬉しかったかな。
彼らがあの後も、彼らなりの人生をしっかり生きていてくれているというのが感じられました。
No.6154 (読書)


 更新情報(2014年08月22日)
2014年08月22日(Fri) 
閲覧室の「寄贈図書」に、リアル友達ちなつとも様よりいただいたSSをUPしました。
拙作「楽園シリーズ」の二次小説ですよ! ロッドがめちゃめちゃ格好良いですYO!!

……そして読み進めていくに従って明らかになる『真実』が(笑)

もうこれは、読んでくださいとしか言いようがありませんww わははははwwww

あ、ほぼ本編最終話までのネタバレを含んでおります。未読の方は要注意ってことで。
No.6155 (更新)


 2014年08月26日の読書
2014年08月26日(Tue) 
本日の初読図書:
「小さな魔女と野良犬騎士(小説家になろう)」〜第42話 闇夜に蠢く獣たち
 http://ncode.syosetu.com/n5765bh/

とりあえずキリの良い所まで。
No.6168 (読書)


 2014年08月27日の読書
2014年08月27日(Wed) 
本日の初読図書:
「召喚されて来てみれば(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n9905t/

召喚された先は人間のいない獣人の世界で、しかも王様の妻になれという。
先祖が女神を怒らせたために、自国の人間と結婚できないという呪いを受けてしまった虎型獣人の王様と、いきなり召喚されたあげくにもう戻れないと聞かされて腹をくくった女子大生との、結婚から始まったすれ違いがちな異種族間恋愛物語。
基本主役が前向きで、誘拐に等しい状態で召喚されても落ち込んだり泣きわめいたりせず、「王家にかかった呪いを解こう!」と頑張るあたり安心して読んで行けます。周囲の人達も比較的優しいですし。
両片思いですれ違いまくりなのはお約束★
終わり3分の1ぐらいは番外編で、ちょっともたつくのが難点かな。本編を終わらせてから番外編をやってくれたほうが、もうちょっとテンポよく読めたかもでした。
No.6169 (読書)


 2014年08月28日の読書
2014年08月28日(Thr) 
本日の初読図書:
「ふれんず〜逸般人の自称普通プレイの日々(小説家になろう)」〜第八話
 http://ncode.syosetu.com/n4236bx/

どんなゲームをやっても何故か斜め上のプレイにいってしまう、リアルラックな裏ワザ発見機の少年が、新たに始めたVRMMOでいろいろやらかすお話。
かつて複数のオンラインゲームを崩壊させた前科を持つけれど、本人にはまったく悪気はなく。むしろ一本気は通ってるし、押されても曲がらない芯の強さも持っているので、早々に主役側についたメンバーは楽しいことになります。
途中でプツッと切れているのが残念ですが、この作者さんなら思い出した頃にまた続きを書かれるかもです。
No.6174 (読書)


 更新情報(2014年08月29日)
2014年08月29日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、著作権切れテキスト「凾中の密書(コナン・ドイル著、三津木春影 翻案)」の一括ファイルをUPしました。
テキストファイルを zip 圧縮したものと、青空文庫風のXHTMLです。
HTML版と合わせて、コピー・転載・再配布を歓迎いたしますが、その際には入力者名と配布元の記載をお願い致します。

……ぶっちゃけ、うちのサイトもいつ消えるか判らない訳ですし、もしそうなった時に、せっかく入力した著作権切れデータがいっしょに消えてしまうのは寂しいのですよ……
No.6175 (更新)


 やっとここまで来たか
2014年08月29日(Fri) 
原作とは違うけれど、これはこれで面白いドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」。
ついに松戸理事官がデレましたな(笑)
いやうんきっと、翠さんと過去にいろいろあったんだろうなあとは思っていたんですが、まさかここまで二次創作畑でまことしやかに捏造されていた通りとは。判ってらっしゃる制作側vv
七話の翠さん回は百合根キャップの空回りが少々辛かったですが、それでも松戸理事官もツンデレ気味ながら味方(?)についてくれたことだし、次回からは心穏やかに見られるかな。
……って、板挟みになってパワハラ受けまくってた池田が気の毒すぎるよ?

そしていろいろ二次創作を読んでいる間に、最初は微妙だった化学コンビに慣れてきた自分がいる……
一番好きなのは、愛されキャップなんですけどね。
捜査中にキャップが負傷して意識不明とかになって、激怒したSTメンバーが全力で大暴走。犯人を追い詰めてそれ以上やったらヤバイってところで、病院抜け出してきたキャップが止めに入ってめでたしめでたし的なお話とか、誰か書いてくれないかなあ……
ちなみにキャップは隠れ有能希望。なんだかんだでキャリア警部ですし、銃の腕は良いみたいだし、手足長いからここぞという時には柔道とか剣道とかもそれなりにイケたりすると、私が萌えます。
No.6176 (映像)


 2014年08月30日の読書
2014年08月30日(Sat) 
本日の初読図書:
「異世界ならやっぱりチートが良い!(小説家になろう)」〜強敵!
 http://ncode.syosetu.com/n0660cg/

神様の手違いで死んでしまったニートでオタクでボッチの三十男が、チート能力をもらって十五歳の身体で異世界トリップ。
倒した相手のステータスを奪えるステータスドレインを駆使して、いっきにAランク冒険者に上り詰めたり、奴隷を買ってウハウハしたり。
はい、テンプレです。お約束です。
そういう意味では安心して読めますが、ちょっとストーリーが急展開&御都合主義過ぎかなあというところ。
No.6177 (読書)


 一ヶ月遅れの
2014年08月30日(Sat) 
台風で中止になった花火大会が、一ヶ月遅れで開催されました。
今年も自宅窓から鑑賞しましたが、やー、一月遅れということをプラスしても、例年よりだいぶ涼しかったですね。
本来二日かけて上げる数を一晩でまとめて上げただけあって、なかなか密度は高かったです。
ラストに大玉を集中させたのも見事だった!
うむ、今年も良い物を見られたvv

追記:
会場まで行った長兄が写真を撮ってきてたので、分けてもらいました。

     

最近のスマホって綺麗に取れるんだなあ……
No.6178 (日常)


 2014年08月31日の読書
2014年08月31日(Sun) 
本日の初読図書:
「乱世を往く! 外伝 ロロイヤの遺産(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n6654p/

かの〈大崩落〉からおよそ二十年が過ぎた。
大陸の勢力図は大きく塗り替わり、東のアルジャーク帝国と西のアルテンシア統一王国が中心となって世界を率いるようになっている。
南の島国シラクサで魔導具工房「へのへのもへじ」を営むイスト・ヴァーレは、その珍妙な店名と魔導具の出来の素晴らしさとで、評判になっていた。
そんな彼は、妻ヒスイとの間に三人の子供をもうけている。長女カスイ、長男ソウヒ、そして末娘のコハク。
特に長女のヒスイは母とよく似た容姿とは裏腹に、その内面はイストの血を色濃く引いていた。十七歳にしてすでに一人前と言っていい魔導具職人であり、数々の作品を世に送り出している。そして現状に満足することなく、知識や技術の吸収に貪欲だった。
そしてある日のこと、カスイは初代アバサ・ロットであるロロイヤが遺した覚え書きを読んでいて、気になる記述を見つけてしまった。
『……そういえば世界樹の森に隠したアレを誰か見つけただろうか……』
ロロイヤの覚え書きはそのほとんどが落書きに近いものであったが、ときおり時代を先取りした秀逸なアイディアなどが秘められており、千年経った現代でもけして馬鹿にはできない代物だ。しかもこの「世界樹の森」という言葉は、代々のアバサ・ロッドが積み重ねてきた資料にも出てきておらず、また結婚前に大陸中を旅していたイストでさえ場所を知らないという。
幼い頃から世界を旅して回ることに憧れていたカスイは、世界樹の森に隠されたロロイヤの遺産という言葉に目を輝かせた。
かくしてカスイは弟ソウヒを巻き込んで、初代アバサ・ロットの遺産を探しに旅立つことにしたのである ――

どうしてこれが書籍化されないのか、不思議でしょうがない完結済大作FT「乱世を往く!」の、外伝がいつの間にか投稿されていました。原稿用紙180枚ぐらいある、そこそこ長さのあるお話です。
時系列は本編エピローグから十五年ぐらい後。イストとヒスイの長女が十七歳になっているので、イストは四十代半ばぐらいなんでしょうか。
ストーリーの軸は、イストの子供たちがロロイヤの遺産を探して大陸を漫遊するお話なのですが、その中で各キャラクター達のその後が語られていき、そちらの方がファンとしてはメインに感じるのではないでしょうか。
クロノワやシーヴァ、ジルド達もすっかりいい年ですから、当然それなりになるようになっています。
他にも第三話「糸のない操り人形」で出てきたアズリアと、イストの魔導具で歩けるようになった結果、腹違いの姉を家から追い出す結果になってしまい苦悩するフロイト少年のたどってきた人生とか。
さらに後の世に歴史家たちがどんなふうにこの時代を語ったかとかも含まれていて、実にニマニマさせられますvv

ああ、また本編をイチから読み返してみたいけど、さすがに長いからなあ……


2014年10月30日 追記:
まったく独自の勝手な解釈ながら、だいたいの地図を自作してみました(苦笑)
一応のところは、おおむね辻褄もあってると思います。



さらに年表とか貨幣価値もまとめてみたりとか(笑)
2014年10月30日の記事

2014年11月02日 追記:
厚かましくも作者様に送りつけてしまったところ、お心広いことに公認して下さったうえ、活動報告でご紹介までしていただけました。
新月さま、過分なお言葉を、本当にありがとうございました(感涙)
No.6179 (読書)



<< 2014年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 更新情報(2014年08月01..
 2014年08月02日の読書
 むしろシャーベットに近..
 2014年08月03日の読書
 植物の成長って
 2014年08月04日の読書
 2014年08月05日の読書
 今が旬
 完全無意識行動
 2014年08月07日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41