よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2017年12月14日の読書
2017年12月14日(Thr) 
本日の初読図書:
■ヒトを勝手に参謀にするんじゃない、この覇王。〜ゲーム世界に放り込まれたオタクの苦労〜 89話
 https://ncode.syosetu.com/n9402dh/

腐女子でオタクな女子大生 榎島未結(エノシマミユ)は、気づいたらやり込んだRPGゲーム『ブレイブ・ファンタジア』の世界に居た。しかも周囲の状況や時間軸を確認してみると、驚きの事実が判明する。
――え? ここ、アーダルベルト陛下統治10年のガエリア帝国? ……5年後に滅ぶくね?
うっかり、そう、ついうっかりそう漏らしてしまったのだ。
シリーズもののそのゲーム、第3作から4作にかけての主人公だった獅子の獣人アーダルベルトが、主役変更された5作目でいきなり死亡したのだ。即位前の自由奔放ぶりを発揮していた3の若獅子モードも、ちょっと真面目に王様頑張ってる4も、5で貫禄を出してきたカリスマっぷりも愛してやまなかった未結にとって、それは随分とショックを与えてくれた展開だった。
実際、往年のファンほど嘆き悲しんで、お葬式まで開かれるほどの嘆きよう。そんなこんなな事件が起きてしまう、5年ほど前。そんな環境に彼女は存在していたのだ。
だからこその、失言。
5年後にこの国は、指導者を喪った瞬間を狙った異国の侵略により、滅亡する。
そんな事実をポロッと口にしてしまった。
まさかその言葉が、当のアーダルベルト陛下 ―― 即位10年目になる覇王様その人の耳に入ると、誰が思おうか。
ましてやその覇王様が、御自ら下町まで足を運び、小さな宿屋で下働きをしていた異邦人へと直々に尋問してくるなどと。
「お前は我が国の滅びを予言したそうだな。それも、明確に時期まで指定して」
「……くだらぬ下賤の輩の戯言と妄想です」
「ただの愚者にも見えん。こぞ…小娘か? 貴様何者だ」
「……一応生まれたときから性別は女なんで、そこは疑問符付けずに小娘にして頂きたい。あと、何で最初に小僧って言いかけた、くらぁ!?」
条件反射でそう言い返した彼女に……覇王様は何故か、腹を抱えて爆笑した。
「小娘、お前面白いな」
「……それはどうも、アリガトウゴザイマス?」
何やら気に入られたらしい彼女は、そのまま米俵のごとく獅子王陛下の肩に担ぎ上げられ、王城へと連行されていった。
そうしてゲーム知識を「異世界の歴史書で知った、この世界に酷似した世界の出来事だ」と説明した彼女は、そのまま覇王の参謀として働くこととなった。目指すはお気に入りキャラの死亡フラグへし折り……? いやでも難しいことは分からないよ? だって私オタク女子大生だもん。適当に口だけ出して、あとは覇王様やその部下たちにおまかせさー
そんな感じでのんびりゆるゆる過ごしていく彼女と、その周囲に広がる勘違い(?)の物語は、いつしか周辺諸国をも巻き込んでいって……


ある意味テンプレな、異世界召喚とゲーム知識コンボによるアレなアレです。
しかしなんというか……あまりにも有能すぎて、慕われてはいるものの対等な相手がおらず孤独だった覇王様と、その性格や過去その他を熟知している上に、ものの考え方そのものがぴったり合致しちゃったオタク女子は、気がつけば完全な悪友状態にww
例えて言うならデル戦のウォルとリィみたいな感じなんですが、ミュー(異世界では未結と発音できなくてそうなった)さんは戦闘スキルとか欠片もありません。ってか、獣人の国ガエリア帝国では、一般農民すらクワを片手に魔物駆除とかやっちゃうので、そういう意味では一般人以下です。
言語が通じる以外は特別チート能力も(途中で少ーしだけ片鱗は出てきますが)なく、ゲーム知識から来る《予言》だけが武器……と見せかけて、実はぜんぜん違うんですよね。
彼女の強みは、覇王様と対等にものを言い合える存在であること。しかも恋愛感情お互いに全くなし。たとえいっしょに移動する時の手段が(歩幅の違いにより)抱え上げられるのがデフォでも、疲れた覇王様がうっかり抱き枕にしちゃってても、そこにあるのはどこまでもぶれない悪友モード。
なにしろただでさえ厳しかった覇王様の嫁探しの条件に、「俺とお前が何をしていようと、深い意味は無いという事実をきちんと認識できる女でないと、面倒が増える」というのが加わっちゃう展開なのですよ(笑)
他にはまあ、食べ慣れたご飯食べたいという欲求が先走って、いろいろ食文化を開拓した結果、諸外国の食糧事情まで改善したりとかしてますが……本人には全く自覚ありません。
いや、自覚ないと見せかけて、実は全力で目を逸らしていただけだというのが、最新話付近で明らかになったんですが。
そりゃねえ、普通に日本で育った一般市民が、いきなり国の重鎮ですとか持ち上げられても、否定し続けないとアイデンティティ崩壊するわなあ……と、大いに納得したりとか。
ともあれ、最新章で他の日本人転移者が現れたりと、かなり話が進みました。これは終わりが見えてきたと思っても良いのか……な?
No.8772 (読書)



<< 2017年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2017年12月14日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41