よしなしことを、日々徒然に……



 2017年04月19日の読書
2017年04月19日(Wed) 
本日の初読図書:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人狼への転生、魔王の副官(06) [ 漂月 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)


既にWEB版を何度も読み返しているので、実質はほぼ再読なんですが(苦笑)
今回は185話「退屈な皇帝」〜226話「ラシィの帰省」まで収録されていました。
書き足しエピソードで私が気がつけたのは、アイリアさんとの文通の他は、クリーチ湖上城戦での砦作りの際、雪を降らせたのがモヴィちゃん師匠だったと明言されたあたりでしょうか。あとリュッコ連れてロルムンドに戻る坑道の中で、ヴァイトが今後に向けて思いを馳せているところ。
巻末書き下ろしはドニエスク公と剣聖バルナークが若かりし頃の、大角鹿狩り編でした。あの暗殺未遂の十二人斬り話ですね。そして特典リーフレットは、アイリアの手紙でした。前述の坑道内で、ヴァイトが胸元に入れてるものだと思います。
大角鹿狩りでは、さりげなく奴隷剣士ドラウライトのことについても触れられていて、今後の展開を知っているとニヤリとできたりとかvv
敵方のキャラ達にもちゃんと芯が通っていて魅力的な話って、なかなか出会えないですよね……
No.8134 (読書)


 別々に手配していたものが
2017年04月19日(Wed) 
……何故か一度に手元に届いてしまう。
そんなことってありますよね(遠い目)



もちろん他にも積読は山脈を形成しているんですが……さてどれから手を付けよう……
とりあえず図書館のものは、二週間以内に片付けないとなんですが、興味の赴く優先順位から行くと、やはり自分で買ったやつのほうが(悩)

って、贅沢な悩みですねww

とりあえず、一番短時間で雰囲気を掴めそうなモチーフ&エジング101をパラパラとめくってみたら、予想以上の難易度の高さに冷や汗が。
糸の量の目安どころか、使ってる太さ(番手)も完成サイズも、糸玉を使用するのかシャトルだけなのかも書いていない。101作品(!)のうち、かろうじて49番目まではシャトルの数のみ記載。結い始めの位置ほどはごくごくちっちゃな矢印で示されているけれど、それ以外はどこからどこまでが一段目で、さらには全部で何段あるのかも自力で解読するしかない。
ってか、ケルティックなタイプ以外で、シャトル同時に三つ使うパターンなんてあったんだ……



ともあれ、ざっと眺めただけでも超絶素敵で私好みなデザインがいっぱいだということだけはよっく判りました。頑張って解読にいそしむ所存です。
ああしかし、藤戸禎子先生ってやっぱりすごいなあ……(しみじみ)




以下はヒトコトお返事につき記事を畳みます。
No.8135 (創作:: タティングレース)



<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2017年04月19日の読書
 別々に手配していたもの..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41