よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 けっこうするんだ
2017年02月07日(Tue) 
子供の頃、珍しいんだぜ〜〜と噂になっていた、昭和三十三年発行の十円玉。
縁にギザギザが付いた十円硬貨としては最後のもので、発行部数も少ないのだとか。
それは知っていたんですが、
ふと通りすがりのアフィリエイトに表示されていたので、何となくクリックしてみたところ……



え? 送料抜きで40倍の値段ですか??
……せいぜい100円程度だと思ってました。
珍しいってのは本当だったんですね。

ちなみに、



持ってますww
一時期、ギザギザついてる十円玉があるたびに年数を確認していたら、たまたま見つけました。
これからも失くさないように保管しておくとしましょう。
No.8021 (その他)


 そこだったか!
2017年02月07日(Tue) 
なんちゃってケルティックな、「優雅なタティングレース」の「7 ミニドイリー」。
改めて交差部分が書籍と同じ方向のものを作成してみました。



うっしゃーー!
そうだよ、私が求めていたのはこれなんだよ!!



この、チェイン部分が互いに絡み合っている感じ。太いロープ状の部分とその間のコントラスト差。
何となくイメージ的に、古代っぽい壁画的な絵で描かれる樹木の幹を思わせるような、そんな雰囲気に私は心惹かれたのですvv

昨日のものと並べてみると、こう。



左が昨日のもの。右がリベンジバージョンです。
雰囲気の違いは一目瞭然でしょう。

……正直を言うと、やはり途中までは「作り直しても、あんまり変わらないなあ。交差部分がどうにも物足りない気がする……(´・ω・`)」と思っていたのですよ。

しかし諦めずにあちこちの画像と眺め比べていて、ふと電撃のようにその衝撃はやってきました。

「整え方か!?」

そう、問題は交差の向きや結い方ではなく、最後に形を整えるやり方だったのです。
拡大してみると、こんな感じ。



左側のものは、三つ葉の根本からすぐに、チェインが外向きに開いてしまっています。なので真ん中に大きな隙間ができているのですね。
一方で右側は、三つ葉の根本でチェイン同士を揃えてくっつけたのちに交差しているため、隙間が開きません。むしろチェインの長さが足りなかったと思うほどです。

そう、気がついてみれば、何の事はない。たったそれだけのことでした。

まあ、今回は「今度こそ失敗しないように」という意欲が続いたため、目数の間違いが……皆無とまではいきませんが、比較的少なく、全体的なバランスも昨日のものより整っていますが。
……いやそれ以前に、指定された通りの太い糸を使用していれば、良かったんですが<太い糸だともうちょいボリュームがあるせいか、根本からいきなり開いていても絡み合ってる感がする

もうちょっと早く気がついておけば、わざわざ二枚目を作る必要、なかったかも(苦笑)

悔しいから、何度か触れた大きな糸玉を巻き直さずに、直接この交差部分を結っていく方法をメモしておきます。
写真が多いので、次の記事へ →
No.8022 (創作:: タティングレース)


 チェインを交差させる方法メモ
2017年02月07日(Tue) 
→ 前の記事より
なんちゃってケルティックなこちらのドイリーですが、



本来ならチェインの隙間を通る細さのものに、糸玉の糸を巻き替えて作成しなければなりません。
しかし私は面倒だったので、↓こんなふうに大きな糸玉に繋いだまま、直接結っていきました。



やり方はというと、
まずは三つ葉の一枚目の葉っぱを、隣と繋ぐ寸前まで作ったら……



隣の葉っぱとピコを繋ぐ前に、玉側の糸を葉っぱとチェインでできる隙間の中に、あらかじめ通してしまいます。



その状態でピコ繋ぎし、残りの葉っぱを三枚とも結い終わったら、



シャトルもその隙間を通し、表側に出します。
すると……



この通り、隙間を通るシャトルの糸も、隙間を通らないサイズの玉に繋がったままの糸も、どちらもチェインの向こうからこちら側へ出ている状態にすることができました。
あとはこの状態で三つ葉をちょっと引き出すようにして、前のチェインの隙間から次のチェインを結っていけば……



こうなる訳なのでした。


なお、あとりえシシカスさんの Facebook では、糸玉どころかシャトルさえも隙間を通さずに。すなわちもっと細い糸を使って、もっともっと小さなサイズのこれを作ることが可能という記事も見つけたのですが。
うーん……判るような、判らないような(悩)

■つなぎ方のヒント | Facebook
 https://www.facebook.com/media/set/?
set=a.256850507771540.57584.193366954119896&type=3

っていうか、途中経過部分は良いとしても、最初と最後の繋ぎ目はどうするんだこれ……?
もう残りわずかだから、一度チェインとシャトル両方の糸を3〜40cm残して切り離せば良いのかな? で、三つ葉をひっくり返して通常位置に整えてから、糸をシャトルの残り糸に仮繋ぎして最後のリングと最初のリングを繋ぎながら結う。そしてもう一度シャトルから糸を離し、フリーになった糸をチェインの隙間を通して前に持ってきてから、再度シャトルに仮繋ぎして最後のチェインを結う?? で、いけるのか???

……いやはや、こういうのを思いつくかたの脳内って、いったいどうなってるんでしょう(@_@)
私にはついていけませんことですよ。
No.8023 (創作:: タティングレース)



<< 2017年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 けっこうするんだ
 そこだったか!
 チェインを交差させる方..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41