よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 キリの良い位置で助かったと
2017年01月17日(Tue) 
ここ数日、久々にテーブル掛け(予定)用のスクエアモチーフを結っていました。

そして……これまでに結い上げた3×13=39枚の本体に、繋ぐのをあきらめました..._| ̄|○

きっかけは、12月始めに購入した、聖光院有彩さんの書籍「タティングレース――新しい世界」です。
それに従って糸の引き締め加減を緩め緩めにと心がけるようになってから、仕上がりが誇張でなくランクアップしたように思うのですよ。
完成品の手触りが柔らかくなり、アイロンかけ前に波打っている度合いも小さくなりました。レース的な優雅な雰囲気も増したように思えるし、そして失敗した時に解くことがすっごく楽になって、まさに良いことずくめです。

……ただ、ひとつ問題が。
それは同じ太さの糸で同じ目数の作品を結った時に、以前よりも完成サイズが大きくなってしまうことでした。

そのよく判る例が、先日の「公爵夫人」でしょう。



コースターサイズのたった一枚のモチーフでさえ、ここまで大きさに差が出てしまったのです。
ましてや複数枚のモチーフを繋ぐ場合には、積もり積もってどれほどの差が出ることか(汗)

年末年始には、棒針編みやら新しいモチーフの練習などで、例のテーブル掛け(予定)を中断していたのですが……ここ数日、久しぶりに進めてみたのです。
現在は、ひとまずテーブルの短辺の長さに合わせた13×3枚の長方形を作ったのち、それに繋げるための次の固まりを、ひとまず携帯できる限りのサイズまでは持ち歩きながら、大きく作ろうとしていました。

その次の固まりが、おおよそ半分の長さにまでなったので、以前の13×3枚と並べてみたのですが……



あかんやろこれは _| ̄|○

真ん中の位置で列を合わせた結果、既にこれだけのサイズ差が生じていました(白目)



モチーフ6枚分で、およそ2cm大きくなっています。つまり単純計算で13枚だと4cm、ほとんど1列分ほどもズレます。

これはもう、アイロンとかで誤魔化せるレベルじゃねえ・゜・(ノД`)・゜・

っていうか、現在結いかけの4×6=24枚ですら、以前の小さいサイズのモチーフを、大きめのやつでぐるっと囲むようにして、なんとかバランスを取ろうとしている真っ最中なのですよ……<奥側の6列と手前側の6列とでは、まだ明らかに幅が異なっている

こうなったらもうしょうがない。
潔く、前の部分と繋ぐのはあきらめることにしました(しくしくしく)

これまでの部分も、いささか長めとは言えまとまった四角形になっていたのがせめてもの幸い。縁飾り部分なら少しぐらい締め加減が違っても大丈夫ですし、これはこれとして一段落つけて、試作第……五号ぐらいかな? として自室の棚なり枕元なりに敷こうと思います。

……始めて半年にも満たない初心者が、いきなり大物に挑戦するからこういうことになるのですね、ははははは(乾笑)
手痛い教訓でございました(−ー;)

あんまり手痛くて心が折れそうだから、しばらく気分転換に公爵夫人のアレンジとか、花筐を大きめに繋いだりとかしてみようかなあ。久しぶりに渦潮も良いかも。ふふふふふ……ふふ……(泣)
No.7991 (創作:: タティングレース)



<< 2017年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 キリの良い位置で助かっ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41