よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 難易度高かった
2017年01月10日(Tue) 
棒針編みで透かし模様第三弾。
今度は「 Spike Trellis Stitch 」とやらに挑戦してみたのですよ。



相変わらず英語なので、解説はよく判りません(苦笑)
手の動きを見た感じの推定では、

・作り目は4の倍数個。

・奇数段
 表目2、かけ目、右上2目一度。
 2目一度で終わる。
 ※表目の2個目がすべり目の上。右上2目一度は縦2列の右側部分。

・偶数段
 裏目2、かけ目、左上裏2目1度。
 2目1度で終わる。
 ※裏目の2個目がすべり目の上。左上裏2目1度は縦2列の右側(表から見ると左側)部分。

そんでもって、結果が……こう。



推奨棒針5〜6号の並太毛糸+7号棒針の組み合わせです。



……正直に言いましょう。舐めてました。
動画見た時は、単調な繰り返しだし簡単だわww とか余裕ぶっこいていたのですが。
これめっちゃ難しいッス(−ー;)

二段も編めないうちに全部ほどくこと実に4〜5回。その内ににっちもさっちも行かなくなって一回は糸切って廃棄。
改めて最初から編み直して、どうにかここまで到達するも、左上のところでまたおかしくなったのをどうしてもリカバリーできず……ここで編むのを止めたというのが実情です。

前の星型の透かし編みは、偶数段がすべて裏編みだったため、多少変になっても2〜3段ほどけばなんとか針を通し直せたのです。
しかしこれは奇数段でも偶数段でも2目1度とすべり目がびっちり存在していて、ほどくのすら難易度マッハ(汗)



これは小さい試し編みだったからまだ何とかなったようなものの、大物で失敗したらと思うと恐ろしいです。これで何かを作るのは、私には厳しそうだなあ……

しかし今回は私の変則編み方、「おばあちゃんの棒針編み」式も祟った感があります。
裏目(偶数段)を編んだ次の段で、棒針にかかっている目の向きが通常と逆のため、奇数段の右上2目1度のやり方が通常と違ってくるんですよ……かけ目の糸かける方向も違ってくるし。

最初はそれに気づけなかったことも、手間取った理由かと。

はあ、模様自体はすっごく好みなんですけどねえ。消費する毛糸の量も少ないですし。
細めの並太と7号棒針の作り目24目で、横幅12cm編めるんですもん。
これでもうちょっと、失敗した時の直し方が楽だったらなあ……


そして最近のダイソーはすごいですね。
そろそろシーズンも終りに近いだろうから品揃えも入れ替わりそうだなあと思いつつ、近場で一番大きなダイソーに立ち寄ってみたのですよ。



今時は百均で輪針まで売ってんのかww
目数リングだってある上に、段数マーカーと兼用になるようなデザインだし。持ってるから買わなかったけど、縄編み用の凸型の針とか、目を休めるための大きな安全ピンみたいなのとか、基本的な編み物グッズがてんこ盛り。
私が子供の頃は、貴重なお小遣い握りしめて手芸店でどれを買おうかと悩みまくっていたと言うのに、最近の子供は羨ましいなあ……
No.7980 (創作)



<< 2017年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 難易度高かった

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41