よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2016年11月17日の読書
2016年11月17日(Thr) 
本日の初読図書:

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人狼への転生、魔王の副官(05) [ 漂月 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/17時点)


今回の収録は150話「貪る魔狼」〜184話「戦乱の烽火」。
ロルムンド皇帝が崩御するところで本編が終わっています。
書き下ろし短編は、なんとアシュレイ皇太子視点。皇帝である父親が倒れ重圧に晒されている彼から見た、異国の客将ヴァイト。その出会いと交わした言葉によって、アシュレイが何をどんなふうに決意していったのかが書かれていました。
……うわあ、これ読んでから250話「虜囚の皇帝」を読み返すと、ますます薄くて高い本が厚くなりそうな(笑)
っていうか、最初に表紙書影を見た時、「この物柔らか気なイケメンは誰? ま、まさかアシュレイ皇子……!?」と思ってたら、まさかのww
この、まさに花の皇子を、後のヴァイトが姫抱っことはww
あ、初回特典リーフレットのSSは、リューンハイトに居残ってるアイリアと、(ネザーランド)ドワーフの職人リュッコとの会話です。
このリュッコのイラストも可愛いわあ★
ヴァイトが厚着になった結果、悪の幹部っぽくなってるのがまたww

書き足し部分は他に、レコーミャ宮士爵視点とか、アイリアとヴァイトが文通やり取りしているラブレター定期報告などが入っています。
巻末にはコミカライズを手がけているお二方によるミニマンガや設定資料もありと、なかなか盛りだくさん。そうそう、WEB版ではなかった、ロルムンドの地図も収録されています。
今回は多少なりともスケジュールに余裕があったのか、内部イラストもだいぶマシに。少なくともラフじゃないし、色も塗ってはある。背景ないけど。口絵もちゃんと描き下ろしだし。背景ないけど。

そうそう、イラストと言えば。
作者様の Twitter トップで表紙イラストの一枚絵が公開されてから、裏表紙側でマントなびかせてるヴァイトの手前、リュッコの右側に存在するモノがいったい何なのか、ずーーーっと謎だったんですが。



■漂月@人狼への転生、魔王の副官(@Hyougetsudou)さん | Twitter
 https://twitter.com/Hyougetsudou

実物を見て、ようやく謎が解けました。



エレオラが乗ってる騎鳥の顔かよ。

 わ か る か !!

こんな魔物キャラいたっけ。どのキャラを見落としてるのだろう。ファン失格かもと思っていた自分が阿呆かとww
このモヤモヤ感が解決されただけでも、購入した甲斐はあった、かも?
No.7900 (読書)



<< 2016年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2016年11月17日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41