よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 ようやく実用品へ
2016年07月27日(Wed) 
色が綺麗だったので、思わずまとめ買いしたダイソーのレース糸、太めの#20。しかしそっちに手を付ける前に#40の糸に移行してしまい、これどうするべえかと思っていたんですが。
今日たまたま職場で、名札を首から下げるネックストラップを、可愛らしいレースの紐に変えている方がいらっしゃいまして。見せていただいたら、市販品の非常に細かい機械編みレースでした。
実は他にも、いただきものだというマクラメのねじり結び紐に交換している人などもおられるんですよね。
そして私はしょっちゅう名札を首からかけるの忘れてます。というより下げていることのほうがほぼ皆無。

……もしかしてこれ、自分で作れば「見て見て〜vv」心理でぶら下げるの忘れないし、持て余し気味だった糸も消費できる。そして作ったものを仕舞いこむだけでなく実用もできると、一石何鳥にもなるんじゃね? と。

そんな訳で帰宅してから、いそいそとネットの海へ漕ぎだし。
他の方の作品や、無料公開されているレシピなどをいろいろ見比べ、ある程度自分なりに調整。試しにちょっと結んでみました。



……ちょっと太いですかね?<ピコ入れると幅3cmぐらい
ある程度は力がかかることを考えると、左右対称のモチーフが望ましく。そしてどうせ作るなら、シンプルな中にもレースらしい繊細さは残したい。そして#20の糸だと、一個のリングのサイズはこれ以上小さくできないという、さまざまな葛藤があるんですが。

ちなみに糸は、ダイソーのブリーズです。
リングもブリッジもひたすら3目ピコの繰り返しなので、それこそ無心に作っていけるのが取り柄かと。
わざわざ編み図を参照するまでもないので、それこそ出先での時間潰しにもってこいだとは思いつつ、これで1mの長さを結ぼうとすると、いったいどれぐらいの時間がかかるのだろうと気が遠くなるような気も(笑)

あと糸玉一個しかないので、シャトルの糸が無くなったら、巻き直すためにいったん糸を切らなきゃなんですよね……とりあえずの試作のつもりだったんで、予備シャトルに糸巻いてないし。ってか、予備シャトル一個じゃ全然足りない(苦笑)<6cm作るのに、一杯に巻いたシャトルが半分以下になってる = 10回以上糸を足す必要あり?

あと結び終わった後に、どうやって名札に取り付けるのかとかも思案のしどころ……まあそのために、端っこに多めにピコ作っておいたんですが。あそこへ、何なら今度はマクラメの要領で糸繋いで、ナスカンでも取り付ければ、なんとかなるんじゃ……ないかな?

……こういう所でいきあたりばったりだから、先日のブレスレットもあとから「最初の三つ葉だけピコ繋がずにおけば良かった」ってなるんですよねえ(苦笑)

こないだから作ってる四角いモチーフも仕上げなきゃだし、新しく買ったロウ引き紐もまだ試してない……ああ、作りたいものがいっぱいあるvv

そして左手親指の、バネ指の徴候はもはや気のせいでは片付かないレベルに……(汗)
立て続けに2個も花結びカゴ作ったのがまずかったかなあ。
タティングレースだと、むしろ負荷がかかってるのは小指とか薬指とかだと思うし。

ああでも、親指で結び目を固定してるか……ううう、私から小物作りを奪われると、指は無事でも精神がマッハでやばいことになるんだが……(しくしくしく)
No.7743 (創作:: タティングレース)



<< 2016年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 ようやく実用品へ

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41