よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 気になっていたアレを その1
2016年06月29日(Wed) 
ついに試してみたのですよ。
例の、タティングレースというやつです。

まず用意したのは、



木製の洗濯バサミこと木製ピンチの大きいやつ(7cmぐらいの)と、#20のレース糸(ホワイト)。
どちらもダイソーで買ってきました。
で、もって。

まずはピンチに糸を巻くところから……って、いきなりそこでつまずきました。
クリップ状になっているため、ピンチの口が閉じていると糸が巻けません。
しばらく思案した結果……



ピンチの奥ギリギリに紙を畳んだものを突っ込んで、無理やり口を開けさせました(苦笑)
糸は紙を避けて巻いていくので、右の写真のように、紙は一方からだけ突き出るように挟むのがコツでしょうか。
そうしておかないと巻いている時、気付かないうちに裏側で糸を紙に引っ掛けてたるんじゃったり、絡まってたりしちゃうので。

で、ほどほどの量を巻いてから紙を引き抜けば、自然にクリップが閉じます(ここで閉じておかないと、作業中に手からとり落とした際、糸がどんどんほどけていっちゃいます)。

巻き終えた状態の写真は、撮り忘れたので割愛。

あとはこちらの各種動画を参考に……

■タティングレースの編み方&始め方|日本ヴォーグ社
 http://www.tezukuritown.com/special/0906tatting/lesson.html

ひたすらちまちま、ちまちま。
マクラメでさんざんやり慣れたタッチングだし、単純操作の繰り返しだから楽勝よ♪


……とか思っていた時間が私にもありました(遠い目)


最初の一目目から、いきなり固結びになって動かねえし。
五目と編まないうちに、これ明らかに違うってのが量産されまくるし。
「目を移す」という作業が、どうしても一度ピンチから手を離して、両手の指を使わないとできないんですよ(−ー;)
動画のように、これを指の力加減だけでできるようになれるには、いったいどれぐらいやりこめば良いものか……

少なくとも今回は、なんとか↓ここまで到達するのに一時間半ぐらいかかりました(ため息)



で、もって。
一箇所でも失敗して固結びになったら、また最初っからです。慎重に慎重に、少しでもおかしいと思ったら、マクラメでも使ってるプッシュピン(ロング)の先でつついて解いては、やり直し。
さらに一時間ちょいをかけて……



でーきーたーぞーーー( T ▽ T )

次の記事へ続く >>
No.7660 (創作:: タティングレース)


 気になっていたアレを その2
2016年06月29日(Wed) 
>> 前の記事より

初挑戦のタティングレース。
なんとかどうにか、基礎中の基礎である、シンプルなモチーフを仕上げることができました。



すっごく複雑な透かし模様も、基本的にはこのリングとピコット(突き出てるちっちゃいとこ)、そして長く結び続けるチェーン(ブリッジ?)、という三種類の組み合わせでできているようです。……たぶん、きっと(苦笑)<まだ調べ始めなのでよく判っていない

もちろん、デザインによってはシャトルや糸玉の数を増やしたりもあるし、結び目の重ね方や糸の繋ぎ方、仕上げの糊付けの方法など、まだまだ必要な技術はたくさんあるようですが。

■タティングレースの作り方。アクセサリーから雑貨まで作れちゃう | iemo[イエモ]
 https://iemo.jp/36999

……しっかし、この小さなモチーフひとつを完成させるのに、糸をピンチにセットしてから、実に二時間半。
さすがは細かい作業の代名詞たるレース編み。侮れねえわ……(−ー;)


とりあえず、代用品である木製ピンチは実際に使ってみたら、やはりあちこちに引っかかって相当にやりにくく。
なのでちょっくら加工してみました。



とにかくしょっちゅう引っかかる、編む際に後ろ側になる方の刻み目がなくなるまでヤスリで削り、逆の開いている方もちょっと丸めました。
このピンチで二度目の挑戦です。



おおっ、今度は一発でここまでいけた!!
慣れもあるのでしょうが、やはり角を削り、あとバネが付いている刻み目部分の凹みもマスキングテープで埋めたら、だいぶ引っかかることが減りました。

最初のものと比べると、こう。



……最初のが何故三つしかリングがないかって、失敗を繰り返したせいで糸が足りなくなったからなんですよね(苦笑)
今回はたっぷり糸を残した状態で、無事にここまで行けました。

しかしこれだけリングの数が増えると、できあがってからの形を整えるのがまた手間ですね……<一応アイロンで押さえてある
ふにゃふにゃしちゃうのは、やっぱ編み目がゆるすぎるのが原因でしょうか……失敗した時に解くことを考えると、あんまりぎゅうぎゅうに締めるのも怖いんですが。ああ、そういう時こそ、隣同士をピコで繋げば良いのかな……?

いやはや、↓のブログで紹介されているような各種技術を試すところまで、果たして私が到達できるものやら ┐(´〜`;)┌

■あーるのシカゴ生活記 タティング技術一覧
 http://rinchicago.blog113.fc2.com/blog-entry-618.html

って言うか、まずはちゃんとしたシャトルを入手するところからかな……(苦笑)

クロバー/タティングシャトル フローラ
価格:1227円(税込、送料別)


No.7661 (創作:: タティングレース)



<< 2016年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 気になっていたアレを ..
 気になっていたアレを ..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41