よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年05月19日の読書
2014年05月19日(Mon) 
本日の初読図書:
4040663942マギクラフト・マイスター 2 (MFブックス)
秋ぎつね ミユキルリア
KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-03-22

by G-Tools
WEBで毎日更新されている、日参が楽しみな作品の書籍化第二弾。
今回は二章目の蓬莱島の開拓及び、エゲレア王国でビーナといっしょに魔道具開発をするお話。モノ作りメインと、ある意味このお話の原点にあるパートではないでしょうか。
書き足しはだいぶあったように思います。研究所内部の細かい描写とか、ビーナの弟妹まわりについてとかが詳しくなっていました。間に挟まる閑話も3つほど書き下ろされていて、それぞれ「ポンプが普及してゆくクライン王国の様子」「仁の遺した物を活用している冬のカイナ村」「着々と開拓を進めるゴーレム達」が描かれています。目次を比べてみると、章の数も増えてるみたいですね。全体的に細かいフォローが入っていて、WEB版よりもだいぶ完成度が上がっていると思いました。

そして書籍版の醍醐味とも言えるイラストですが、今回も満足★
カラー口絵は登場人物紹介に使われており、クズマ伯爵やガラナ伯爵といった男性キャラや悪役も、ちゃんとイラスト化されています。
……自宅の土間で水汲みしてるはずのリシアが、何故か鎧着たまま屋外の井戸の横に立ってるのはご愛嬌(苦笑)
ビーナもなかなか可愛いし、クズマ伯爵も理知的な男性っぽくて格好良かったです。
内部のモノクロイラストも、絵の具で塗ってるのかCGなのか、細かい濃淡のある立体感を感じさせる絵柄でいい感じ。ビーナ出現率が高いのは、まあ今回は登場キャラクター自体が少ないから……

あと作者さんご自身が、ちょっとやり過ぎやろと思うぐらい細かい地図をWEB版の参考資料にUPされているおかげか、今回も巻頭にしっかり地図が載っていて、そちらもありがたかったです。特に蓬莱島の地図は、なんだか航空写真っぽくて、WEB版資料よりも地形が判りやすく。
ああ、グライダーゴーレムが作成した地図という設定だから、こういうタッチにしたのかな??

そんなこんなで、WEB版をお持ちの方でも充分に楽しめる仕様だと思いました。
さて、次回はポトロックでのボートレースか。ようやくラインハルトとエルザの登場ですね!
ラインハルトのキャラデザインが果してどんなふうになるか、今から楽しみですvv
No.5841 (読書)


 何故だろう(悩)
2014年05月19日(Mon) 
私はパソコンのメインIMEを Google 日本語入力に設定しています。
無料ソフトの割に語彙が多くって、 Windows7 にしたら手持ちの古いATOKが使えなくなった身に取っては、非常にありがたく使えているのですが。
ただ難点のひとつに、手書き入力が弱いという点が挙げられます。機能としては備わっているのですが、使ってみるとマウスで書いた文字と全然違う候補ばかりが選択肢に並ぶのです。
これが古い著作権切れテキストを入力していると、地味に困ります。
たとえば「夙」とか「殪」とか「鏘」とかいった、なんて読むんだこれ? 部首はどこだよ、画数は?? 電子辞書でも出てこねえよ!? 的な文字を使いたい時に、手書き入力が頼りにならないというのは厄介でして。
まあ、言語バーのアイコンをマウスでクリックすれば標準の MS-IME に切り替えられるので、必要な時はそこから手書き入力をしているのですけれど。
どうせなら、もっとパッと切り替えができるとありがたい。確かXPの時はショートカットキーで切り替えられたはずだ! と調べてみたところ、 Shift+Ctrl で切り替えができるという情報を見つけました。
……が、いくらキーを同時押ししてみても変わってくれない。

言語バーの上で右クリック → 設定から「詳細なキー設定」タブで設定しても、どうにも反映されません _| ̄|○
どうやらこの現象、他所様でも起きているようで。

■入力言語切り替えのショートカットキー設定がリセットされる - マイクロソフト コミュニティ
 http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-desktop/%E5%85%A5%E5%8A%9B
%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%88%87/d595e63f-e6a4-40ff-9d12-02557e1959dd

正にこれです。何度設定しても次にパネルを開くと、 Google 日本語入力の設定が(なし)になっており、他の設定項目は残っていても、機能には反映されていないのですよ。
で、↑のやりとりを元にいろいろやってみた結果、私の環境では、どうにかこんなふうに落ち着きました。



MS-IME のみ「左 Alt+Shift+0 」に設定すると、何故か「左 Alt+Shift」を押すたびに二つのIMEが交互に切り替わります。「入力言語を切り替える」は(なし)にしてるのに……
まあ、とりあえずの目標は達したから良いと言えば良いんですが、何だか複雑なものが(−ー;)


話は変わりまして。
携帯会社の電池パック無料サービスにようやく申し込みました。
これは一年以上使ったスマホのバッテリパックを、一個無料でもらえるというサービス。電子機器のバッテリは、使用していくうちにヘタっていくのが避けられない運命なので、実にありがたいことです。
本当はもっと早くに申し込めたはずなんですが、手続きを考えると面倒臭くて今まで放置していました<携帯ショップとはなにかと相性が悪い
本日ようやく思い立って詳しくWEBで調べてみたところ、どうやらショップへ足を運ばなくても、携帯電話から無料番号にかけて、あとはガイダンスに従ってボタンを押してゆけば申し込めるということが判りました。やってみたら一度も会話せずに手続きが終了。……四ヶ月もほっぽってないで、もっと早くやっておけばよかった(苦笑)
なんでもメール便で、一週間ぐらいで届くそうです。

あとはちゃんとまだ、在庫が残っていてくれるといいなあ……<一年半前の段階で既に型落ちの安い機種だった
No.5842 (電脳)



<< 2014年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年05月19日の読書
 何故だろう(悩)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41