よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年04月29日の読書
2014年04月29日(Tue) 
本日の初読図書:
4022131365シャーロック・ホームズの冒険 3 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
JET
朝日新聞出版 2009-06-05

by G-Tools
再びJETさん作画のホームズ作品コミカライズ。
ネットで個々に注文したのは良いですが、三巻が最初に届いてしまったのを、つい待ちきれずに読んでしまいました。まあ、どうせ短編集ですしね(苦笑)
収録作品は「ノーウッドの建築業者」「六つのナポレオン胸像」「僧房荘園」「銀星号事件」の4つ。
先日読んだものと比べると、書かれた時期に十年以上の開きがあるわけですが……なんというか、それだけホームズさんのキャラデザインも年を取っているような感じがしました。より顔立ちの彫りが深く、しかし全体的に以前よりわずかながら太めになっていて、シャープさが薄れた中年男という感じになっています。いやそれが悪いという訳では全然ありませんがvv
それよりも気になったのは、プロットの出来でしょうか。
ファンが思わずニヤリとできるエピソード。たとえば鬱屈しているホームズさん、事件を持ち込まれた途端、依頼人の前なのにうっかりご機嫌になってしまうとか。レストレード警部が事件を解決したホームズさんに握手を求めつつ、「明日ヤードに立ち寄ってくれれば、全ての警察官が貴方と握手することを光栄に思うことでしょう!」と言って、ホームズさんが無表情に照れちゃうとか。スーツ姿で床や地面にはいつくばって手掛かりを探すとか、電柱の立ってる間隔で電車の速度を計算したり、依頼人に傲慢な態度をとられて内心むっとしたあげくに、捜し物が見つかってもすぐに返さず一芝居打っちゃう子供っぽいとことか、バターに沈むパセリとかとか、そういう事件に関係ない細かい部分が丹念に拾われているところなどは、非常に面白いと思うのですよ。
……ただそのかわりなのか、事件に必要な場面や調査中の描かれ方が、微妙にいまひとつというか、ページが足りていない感じがしたことは否めませんでした。
たとえば「ノーウッド〜」では、事件解決の鍵となった血の指紋を、誰がどうやってつけたのか、説明が綺麗にすっ飛ばされています。さらに室内で床を調べていたホームズさんが、次の顔だけUPのコマではいつの間にか外に出て木の茂みを眺めているらしいとか。間に庭を歩いている遠景の全身像を1コマ入れるだけでもだいぶ違ったでしょうに。
身代わりの人間の死体をどうやって調達したのか、原作にない部分をそれらしくフォローしたあたりは評価できるんですけどね。
「六つのナポレオン〜」も、あの一番の見せ場たるホームズさんが胸像を叩き割って真珠を取り出すシーンのコマ割りが、正直微妙です。あれじゃあ、破片の中から真珠が出てきたと言うことが判りにくいと思うんだよなあ……散らばる破片を手にとって探すというコマが挟んであれば良かったのではとか、そんなふうに感じてしまいました。
「銀星号〜」もなあんか微妙でした。銀星号を隠匿していたのが誰なのか、隠していた目的は何だったのか、なぜ警察を含めた皆がそれに気付かなかったのかの説明が、あの説明ではいまいち判りにくいだろうと。走ってる途中で取れちゃう塗料ってのもなあ……まあ映像的なインパクトはその表現の方が良いのかもしれませんが、ここはやはりレース後に手ずからぬぐい取ってくれないと、「馬主自身でも別の馬に見えた」というキーポイントが弱くなってしまうような。

そんなこんなで、今回のこの巻は「あらかじめ原作で犯人やトリックを承知している人が、映像化を楽しんで読む作品」という印象でした。このマンガ単体で初めてホームズ作品に触れる人には、いささか不親切な部分がなきにしもあらず。
……たぶん作者さんが原作を好きすぎて、何度も何度も読み返しているが故に、うっかり「分かり切った部分を描写したつもりで忘れちゃってた(てへ)」的な弊害だったんじゃないかなあと思いました。
とは言え、原作ファンがコレクションとして楽しむには、「判ってらっしゃるvv」と喜べるクォリティの高さなことは確かかと。
……むしろこんな細かいところにいちゃもんつける自分がマニアックなんでしょうか(−ー;)
私はシャーロキアンと呼べるレベルには、到底及んでいないんですけどね……

あと本来ホラー作家さんの作品なためか、死体のコマだけ突出して猟奇的なのが(汗)
JETさんに前から馴染みのある人間としては、むしろあのコマの方が通常運転なんだろうなあと思いつつ、他のコマとの温度差に、知らない人はページめくった瞬間ショックを受けそうだと心配してしまう迫力だったのでした(−ー;)
No.5784 (読書)



<< 2014年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年04月29日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41