よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2013年12月31日の読書
2013年12月31日(Tue) 
本日の初読図書:
「俺と蛙さんの異世界放浪記〜八百万ってたくさんって意味らしい〜 (小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n3882ba/

その世界で最強と呼ばれた老魔法使いは、己の死に瀕し、命を懸けた大魔法を行った。自らが見いだした大魔法を受け継ぐことができる後継者を求めて、世界をも越えた捜索を行い、その相手を自分の世界へと召還したのだ。
自らの意志に関わりなく異世界へと放り出されたのは、紅野太郎というごく普通の大学生だった。彼は残されたメッセージから事情を知ると、託された魔法のひとつ『解析』を使って、自分の魔力を計ってみる。
普通の魔法使いは1、彼に魔法と魔力を託した老魔法使いは1000の魔力を持っていたという。そして彼自身の魔力は……800万1000。
……どうやら1000の部分が、老魔法使いから託された部分らしい。
とりあえず見なかったことにした太郎は、さらに託された秘奥中の秘奥『魔法創造』を使用した。するべき事はただひとつ。あの身勝手な爺さんに文句を付けて殴ることだ!
半ば冗談でやってみた死者蘇生は、案外あっさりと成功した。……まあ、一部誤算はあったのだが。
術の媒体にしたアマガエルのせいで、爺さんはなんとも不気味なカエル人間として生き返ってしまったのである。
おまけに太郎は太郎で、爺さんが死に際に急いでかけた翻訳魔法の失敗により、言葉は通じるけれど人の名前だけがノイズになって聞き取れないと言う状態になっていた。
とりあえず爺さんをカワズさんと呼ぶことにした太郎は、二人で旅に出ることにする。このままここにいては、太郎の力を利用しようとする者が出てくるだろうし、一度死んで生き返ったカワズさんは、せっかくだから全てのしがらみをなかったことにして、身軽にあちこちへいって魔法の研究を続けたいとのことだったからだ。
そうして彼らの、どこまでもお気軽な珍道中が始まる ――

書籍化された上に、アルファポリスのサイトでWEBコミックも無料公開されている作品。コミック版の一話目を読んでみて興味が出たので、DLしておいたテキストに手を付けてみました。現在WEB上の作品は一部ダイジェスト化されています。
うん、読むのに三日ぐらいかかったよ!
話の基本はわりとありがちな、異世界トリップチートです。
しかし主役が終始お気楽で、悲壮感がまったくありません。そのあたりは別口で勇者召還されていたセーラー戦士が、一身に背負っていたりして。
そう、あまりにも主役が元の世界のことを気にしていなかったり、魔力が規定外に強すぎるだろうと思っていたら、最後の最後でどんでん返しが!
まさかそこで『すべてが偶然ではなく必然だった』オチとは。
いやあ、さすがに驚かされました。

キャラクターのパワーバランスがしっちゃかめっちゃかで、普通の一人前魔術師が1だとしたら、最初に登場した『世界最強の魔術師』カワズさんが魔力1000。しかし妖精の女王様が1400で? 魔王様ことマオちゃんにいたっては5000ぐらいだったかな。で、主役が8百万(笑)
ありあまる魔力とオタク心を駆使して、主役は最初から最後までやりたい放題です。
しかしそれでも途中で悩みはするわけですよ。でも基本的にチキンで小心者な彼は、思い上がることもなく、世界征服とか望む訳でもなく。
最初にいきなり死者蘇生なんてやった以外は、わりとささやかで微笑ましいことばかりやっています。……規模以外はvv

そうして広がっていった人脈が、最後に主役を救う。お約束です。
たとえそれが魔王と勇者の共闘なんて、あきらかにおかしいモノだとしても(笑)

個人的に好きキャラは、いろいろと残念なオープンスケベ、竜の次期長スケさんかな。
うん、外見がかっこいいのももちろんあるけれど、どこまでもぶれないそのキャラ造形がすばらしい。

あと主役が翻訳魔法の失敗により人名のみ聞き取れないと言う設定なので、会う人すべてをニックネームで呼んでます。おかげでキャラの区別が非常につきやすいのがありがたかったです♪
No.5434 (読書)


 2013年の読了図書
2013年12月31日(Tue) 
「英雄ここにあり―三国志」上巻 柴田錬三郎
「英雄ここにあり―三国志」中巻 柴田錬三郎
「英雄ここにあり―三国志」下巻 柴田錬三郎
「三国志(岩波少年文庫)」上巻 羅貫中、小川環樹訳
「小説レッドクリフ」上巻 高里椎奈
「三国志(岩波少年文庫)」中巻 羅貫中、小川環樹訳
「モンテ・クリスト伯」後篇 デューマ、三上於菟吉訳
「小説レッドクリフ」下巻 高里椎奈
「竜殺しの過ごす日々」4巻 赤雪トナ
「のぼうの城」和田竜
「仮面教師SJ」4巻 麻城ゆう
「竜殺しの過ごす日々」5巻 赤雪トナ
「ワールド・カスタマイズ・クリエーター」3巻 ヘロー天気
「ビブリア古書堂の事件手帖」4巻 三上延
「三国志(岩波少年文庫)」下巻 羅貫中、小川環樹訳
「江戸川乱歩短篇集」江戸川乱歩、千葉俊二編
「ビジュアル版 三国志武将大百科」魏の巻 渡邉義浩 監修
「ビジュアル版 三国志武将大百科」蜀の巻 渡邉義浩 監修
「リプレイ」ケン・グリムウッド、杉山高之訳
「三国志〈1の巻〉天狼の星」北方謙三
「謎解きはディナーのあとで」3巻 東川篤哉
「ビジュアル版 三国志武将大百科」呉の巻 渡邉義浩 監修
「三国志〈2の巻〉参旗の星」北方謙三
「神去なあなあ日常」三浦しをん
「天使たちの課外活動3 テオの日替り料理店」茅田砂胡
「薬屋のひとりごと」日向夏
「ST警視庁科学特捜班」今野敏
「けさくしゃ」畠中恵
「三国志〈3の巻〉玄戈の星」北方謙三
「紫同心江戸秘帖 吉原哀切の剣」大谷羊太郎
「竜殺しの過ごす日々」6巻 赤雪トナ
「鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─」朱川湊人
「三国志〈4の巻〉列肆の星」北方謙三
「ST警視庁科学特捜班 毒物殺人」今野敏
「ワールド・カスタマイズ・クリエーター」4巻 ヘロー天気
「紫同心江戸秘帖 浅草無人寺の罠」大谷羊太郎
「三国志〈5の巻〉八魁の星」北方謙三
「ST警視庁科学特捜班 黒いモスクワ」今野敏
「魔王討伐! 俺、英雄…だったはずなのに!?」2巻 遊馬足掻
「腕白関白」吉本洋城
「つくもがみ、遊ぼうよ」畠中恵
「確証」今野敏
「アンティークFUGA 番外編 澳門骨董譚」あんびるやすこ
「孤島の鬼」江戸川乱歩
「三国志〈6の巻〉陣車の星」北方謙三
「もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎」佐々木裕一
「テイクファイブ〈1〉名画と愛と大泥棒」山本俊輔
「テイクファイブ〈2〉名画と愛と大泥棒」山本俊輔
「もののけ侍伝々2 蜘蛛女」 佐々木裕一
「竜殺しの過ごす日々」7巻 赤雪トナ
「ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル」今野敏
「三国志〈7の巻〉諸王の星」北方謙三
「ST警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル」今野敏
「ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル」今野敏
「真夏の方程式」東野圭吾
「三国志〈8の巻〉水府の星」北方謙三
「ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル」今野敏
「ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル」今野敏
「ワールド・カスタマイズ・クリエーター」5巻 ヘロー天気
「ブラックランド・ファンタジア」定金伸治
「比類なきジーヴス」P.G. ウッドハウス
「召しませMoney!3 メトロポリタン・ブルー(Kindle版)」TERU
「聖女の結婚―策士策に溺れる」夏目翠
「神去なあなあ夜話」三浦しをん
「魔王討伐! 俺、英雄…だったはずなのに!?」3巻 遊馬足掻
「明治・妖モダン」畠中恵
「バチカン奇跡調査官 黒の学院」藤木稟
「エイレーネーの瞳―シンドバッド23世の冒険」小前亮
「もののけ侍伝々3 たたり岩」佐々木裕一
「猟犬探偵」稲見一良
「妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝」香月日輪
「三国志〈9の巻〉軍市の星」北方謙三
「連城訣〈1〉菊花散る窓」金庸
「連城訣〈2〉雪華舞う谷」金庸
「茅田砂胡 全仕事1993-2013」茅田砂胡
「〈完本〉初ものがたり」宮部みゆき
「マギクラフト・マイスター」1巻 秋ぎつね
「異世界で婚活はじめました」雨宮茉莉



「禿頭組合(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/906900

「紳士か乞食か(近代デジタルライブラリー)」手塚雄
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/903039

「死刑か無罪か(近代デジタルライブラリー)」手塚雄
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/903024

「凾中の密書(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/906274

「不思議の鈴(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/905339

「卷煙草の灰(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914197

「壁上の血書 : 附・池底の王冠(近代デジタルライブラリー)」九皐散史
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/915076

「博士臨終の奇探偵(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914197

「名馬の犯罪(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914195

「肖像の秘密(近代デジタルライブラリー)」高等探偵協會
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/904893


恒例、今年一年の読了図書リスト。
ひとまずマンガは外して、商業出版物および商業出版されたことのある電子媒体です。今年は77冊と Kindle 本が1冊、あとPDFが長短合わせて10ファイル。
他に「小説家になろう」などのオンライン小説も入れると、そこそこ読んだかなあというところですかね。
しかし三国志関連本の含有率が(笑)
シャーロック・ホームズ関連の翻案をたくさん発掘できたのも、今年の成果かと。
後半ちょっと失速気味だったのが悔やまれますが……そこは再読にハマっていたからなあ。
おもしろい話は何度も読みたいものなのですよ。むしろ再読したくて本棚からも一度出して積んである本もけっこうあったりして……
No.5435 (読書)


 なんとか落着いたかな
2013年12月31日(Tue) 
ちょっとこの二日ほどテンション下がり気味で、PCもほとんどいじらないような日が続いていたのですが。
昨夜急激な腹痛に見舞われまして……
もうね、冷や汗は出るわ、手のひらは痺れるわ。
なんでや……雪かきで冷えたにしてはタイムラグがあるし、布団の中にいたから、お腹を冷やしたとも思えないんですが。

でもって。
とりあえず腹痛があんまり辛すぎて、メンタル的な落ち込みは吹き飛ばされてしまいました(苦笑)
腹が痛いときに一人でいると、この世の終わりのような気がするんだよ……
そんなわけで今朝は早めに起き出して、居間でコタツに当たりつつ、出納簿を書いたり、読書記録をつけたり電子読書をしたりやっぱり寝落ちたりと、ある意味まったりした大晦日を過ごしてみたり。

午後ぐらいにはなんとかお腹の方も落着いて、夕方辺りから物を食べ始めました。
あとは先日放送された北大路欣也の「剣客商売」と「パーフェクト・ブルー」を視聴。風呂入って夕食食べて、父が紅白歌合戦見てる横で「小説家になろう」関連の電子テキストの読み返しとかしつつ、22時になったら年越しそばを食べて現在です。
うむ、お腹の調子は戻ったようでよかったです。

なろうといえば、「とあるおっさんのVRMMO活動記」が書籍化に付き、一部ダイジェスト化されるらしいですね。書籍化は嬉しいけれど、ダイジェスト化は寂しいなあ……(しょぼん)

とまあ、そんな感じでいつもとあんまり代わり映えしませんが、今年も終わりですね。
いらして下さる方々には、本年も大変お世話になりました。
どうぞみなさま良いお年をお過ごしくださいませ (^ー^)ノ~~

なお、以下はヒトコトお返事です。
No.5436 (日常)



<< 2013年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2013年12月31日の読書
 2013年の読了図書
 なんとか落着いたかな

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41