よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2013年11月27日の読書
2013年11月27日(Wed) 
本日の初読図書:
4812483840魔法使いの涙 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
直野儚羅
竹書房 2013-08-07

by G-Tools
男子高校生の与一は、近所で農業を営む男性 白躯(しらく)さんが大好きだ。何故か子供の頃から繰り返し見る悪夢 ―― 自分が死んでは、それを見た白躯さんが泣いている ―― も、その想いが高じたからだと思っている。昔からずっと見た目が変わらない、年齢不詳の白躯さん。彼が作る野菜やハーブは絶品で、ご近所でも評判である。そんな緑の指を持つ白躯さんを、与一は魔法使いのようだと思っていた。そしてある日のこと、与一は犬を庇って白躯の目の前で車に跳ねられてしまうのだが……「魔法使いの涙」ほか二編
御山に守られたその村は、昔から〈呪〉という化け物達に狙われてきた。その〈呪〉を、〈守〉という霊獣と共に倒す役目を代々担っている、二つの血筋。左川家と右田家。現代でもそのお役目は受け継がれ、右田家の少年 依人は〈守〉の緋丸とコンビを組んでいた。しかし十年前に強大な〈呪〉と戦って、両親と先代の〈守〉瑠璃丸が死んだため、緋丸はまだたったの十歳。ほんの子供で、ほとんど役に立たないのが依人にはもどかしい。左川家の三郎は200歳を越える立派な〈守〉翠丸と共に〈呪〉を退治しているのだから、いっそう自分達の未熟さを思い知らされる。せめて兄の方がお役目を継いでいれば、もっと活躍できたであろうに。しかしその兄は十年前の戦いで大怪我を負って、うまく歩けなくなっていた。それでも優しく自分を励まし、力になってくれる兄に対し、依人はじょじょに道ならぬ思いを抱き始めてしまう。その感情は、緋丸の成長に影響を与えていって……「恋とお化けの育て方」ほか一編
総務部に配属された二人の新人、安達龍平と安達友矢。同じ名字を持つ彼らは別に血縁関係などなかったが、どちらかが社長の息子なのだという噂が流れていた。もっとも二人ともその話は否定している。そんな彼らの直属上司となった真宮は、初対面の時からひどく機嫌の悪そうな顔をしていた。直情径行なところのある龍平などは、最初こそ激しく反発したが、次第にその不景気な地顔の背景にある、人柄の良さに心惹かれてゆく。そんなある日のこと、龍平は真宮が別の社員と不穏な会話をしているのを耳にする。真宮が妻子を持つ同性の友人と不倫関係にあって、しかも顧客データの持ち出しという不正に関わっているらしい。そう思い込んだ龍平は、煮詰まったあげくに真宮へと直談判に及び……「 SECRET NEWS 」

とりあえず作家買いしている直野さんですが、個人的には現代物よりFT系の方が好みです。
今回はFT系のお話が二作×2話づつ。現代リーマンものが一作。ラストに表題作の番外ショートが一編収録されていました。
田舎にいる昔から年を取らない近所の人が、実は人外で……という展開は、初期の雪男の話を思い出して、なんだか懐かしかったですね。
「〜お化け〜」の方が、お話としては好みだったかな。近親ネタは正直苦手なのですが、まさかそこでこう来るとはvv これならOK、大好物です(ぐっ)
……ただ今回はどうも、三作とも主役がアホの子度合いが高かったのがちょっと……もう少し人の話を聞こうよ。同じ事を繰り返すな、と思ってしまうのは、自分を顧みてしまうからなのか(しょぼん)
No.5315 (読書)


 持ち運びにも気を使おう
2013年11月27日(Wed) 
せっかく作ったクリップオン式PCメガネ。
使いたいと思った時に、手元にないようでは意味がありません。
しかしむき出しで持ち歩くのはレンズに傷がつきそうだし、普通のメガネケースを使うと、いささかかさばります。
そんな訳で今日も母の端切れコレクションをあさってみたら、とても手触りがいいフリースの切れ端(元は酒屋のおまけのマフラーだったらしい)が出てきました。
しかも糸類を収納してあるケースには、誂えたように同じ色の刺繍糸まであったりして。
これはもう作るしかないだろうvv

フリースのいいところは、切りっぱなしでもあんまりほどけてこない点ですね。
おまけに元が布ではなく製品(マフラー)だったおかげで、一辺には端始末が残ってくれています。
なので適当なサイズに切って、端始末してある部分が出し入れ口になるよう二つ折りにし、改めてハサミで形を整えたあとは、ブランケットステッチで綴じ合わせれば、あっという間に完成★ です。

  

↓のようにして、電子機器持ち歩き用カゴに立てておけば、自室以外でスマホやシグ3を使いたい時でもさっと取り出せます。 ※スマホがピンク色なのは、修理中で代替機だからです。



少々色が地味なのは気にしない〜〜機能性が一番の最優先さ!

うむ、今日も楽しい手作りをしたvv


そして先日 pao ままさんのコメントでPCの事が判らない人のことを話しましたが……
今日は父からこんなヘルプコールがありました。

「パソコンの中でフォルダを見られるようにするのって、どうすれば良いの??」

……これでなにをどう推察しろと _| ̄|○
実際に作業中のPCの前まで同行して、詳しく聞き取った結果、

(我が家のLANネットワークに所属している)パソコンの中(だけ)で、フォルダを(共有にして、別のマシンからも)見られるようにする」

という意味でした。
なにもフォルダの共有設定したって、普通は家ん中だけで完結して、他所様から覗き見なんてされんよ。そりゃその意志を持ったハッカーとかならお茶の子で突破してくるだろうけど、うちがそんな標的にはならんかろうて……(ため息)

父は以前 Yahoo! の検索窓を指さして、

「ここにメールアドレス入れたら、ホームページができるんか??」

と聞いた前科がありますからね……突っ込みどころが多すぎて、何から説明すれば良いのか途方に暮れたものですよ……(遠い目)<検索窓にURLを入れたらネットサーフィンができるのかと聞きたかったらしい
No.5316 (創作)



<< 2013年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2013年11月27日の読書
 持ち運びにも気を使おう

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41