よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2013年11月09日の読書
2013年11月09日(Sat) 
本日の初読図書:
「名馬の犯罪(近代デジタルライブラリー)」三津木春影
 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/914195

呉田博士シリーズ、近代デジタルライブラリーで読める短編の最後は「銀星号事件( Silver Blaze )」の翻案です。
発表順としては、むしろこれがホームズ関係では一番最初なのかな??
もともとこの呉田博士シリーズは、海外の面白い探偵小説を、かたっぱしから原作も作者も関係なしに混在させて、呉田博士と中澤醫學士というコンビにあてはめた、著作権なにそれおいしいの? 的シリーズらしいので、そのあたり正直よく判らないのですよね(苦笑)

で、もって。
恒例日本風に変更された部分は、死んだ調教師のジョン・ストレイカーが調馬師の奧花隆次(おくはな りゆうじ)に、容疑者である賭けの元締フィッツロイ・シンプソンが、競馬雑誌の記者の比志島文助(ひしじま ぶんすけ)に、馬の持ち主のロス大佐が畑野(はたの)男爵に、バックウォーター卿が東京の豪商 厚川(あつかは)で、その部下のサイラス・ブラウンが小谷才吉(をたに さいきち)、ウィリアム・ダービシャーが新倉連三(にひくら れんざう)でグレゴリー警部が鹿島(かじま)警部と言った具合です。
そして名馬シルバー・ブレイズ号は「銀月」、デズブラ号は「野嵐」というあたりがなかなかお洒落な命名かと。

他には「キングズ・パイランドのダートムーア」が「下總(しもふさ)の松戸」になっていたり、「パディントン駅を出た電車の一等車両」が「上野を発した成田鐵道の二等室」にと、完全に舞台は日本へ改変。
服装のたぐいもゲートルが「西洋脚絆」に、「ダチョウの羽の縁飾りがついた赤っぽいグレーのドレス」が「千羽鶴を織出した厚板の丸帶を締めて、秋草の裾模樣の縮緬の衣服(きもの)」になっています。
そうかと思うと、白内障ナイフはごく簡単に「外科の方で使ふメスの大形のもの」といった具合。そして「群をなす乞食」って?? と思ったらジプシーのことでした。……ううむ、いろんな意味で時代ですねえ(^ー^;;)

時代と言えば、今回は人力車ではなく普通に自動車に乗ってました。
さらに乗り物と言えば、電車の窓から見える電柱の間隔をもとに、時速を計算する場面が省かれているのがちょっぴり残念だったりとか。ホームズさんがちゃっかり競馬で勝とうとしてる場面なんかも、細かいところですが入れて置いてほしかったなあ……

それにしても、改めて読んでみると原作の通りではあるんですが、鹿島警部の気の効きっぷりが、この手の名探偵が警察を馬鹿にするタイプのお話にしてはずいぶんと良いですねえ。現場をきっちり保存したうえで容疑者と被害者の靴と馬の蹄鉄を言われる前から用意しておいて、「さあどうぞ」だなんて、そりゃ呉田博士も喜ぶわvv レストレード警部あたりにちょっとは見習って欲しいぐらいです。

そして今回も、依頼人の態度が気に入らないからと、名馬を返却するのに一策弄する呉田博士、大人げねえvv
「不思議の鈴(海軍条約事件)」と言い「凾中の密書(二つのしみ)」と言い、やはりまず初期に翻訳されるのは、こういうラストにおちゃめな仕掛けのあるお話が選ばれるのかも?

あ、ラストと言えば、最後の最後に原作にはない余計な推理が一個付け加わっていまして……それによって容疑者の証言に矛盾が生じていたのが、いささか興醒めでした(−ー;)
しかも博士……結局、馬を誰が隠していたのか、しっかりバラしちゃってないかい?? そこで融通を利かせる粋なところが、ホームズさんの魅力なのにさあ!

ううむ、改変するのなら、思いつきでやるのはやめておけという良い例ですな……

さて、呉田博士はあと一作、『河底の寶玉(四つの署名)』が残っているのですが……むう。正直このシリーズは中澤醫學士の扱いがいまひとつで、ワトソンスキーとしては楽しみが薄れてしまうのですよね。ただでさえ四つの署名は原作にもそんなに思い入れがないし、長編はちょっとしんどいなあ。
それよりも、高等探偵協会が編集した『肖像の秘密』あたりが気になるところです。
原作は六つのナポレオンをベースにいくつか混ざっているらしいのですが、表紙に書かれている絵が、乃木大将の胸像なんですよ! なんだかその絵を見るだけでワクワクしてくるのでしたvv
No.5257 (読書)


 善は急げっつーか(苦笑)
2013年11月09日(Sat) 
WindowsXP のサポート終了を、半年後に控えた今日この頃。
我が家は父・母・次兄・私の全員がXPを使用しているため、皆がどうするべえかと、ここしばらく頭をつきあわせて相談しておりました。
ネットに繋がずワープロ代わりに使用していくのであれば、なにも問題はないのでしょうが、我が家ではそうもいきません。ウイルスなどのことを考えるとやはりサポート切れのマシンを使用していくのは怖いですし、生憎うちが使用しているウイルス対策ソフトも、来年にはXPを対象から外すとのこと。一台が感染すれば、ネットワークを組んでいる全てのマシンが一蓮托生です。
ってか、「XPを使い続けるなら、家庭内のネットワークからは外せ。家族を巻き込むな」と次兄から厳命されたので、買い換えはどうあってもせねばなりません( T _ T )
しかもです。
家業の経理や商品管理に使っている父のマシンは、会計処理の関係もあって、年末までには交換せざるを得ないのだそうで。

 だ が 金 が な い

何よりも家族の誰一人として、XPより後のマシンをまともに触ったことすらありません。そこへいきなり飛び込んでゆくのは、非常に勇気がいります。

知人に相談したり、家族でいろいろ話し合った結果、まずは私が人柱になることが決定しました(笑)

狙い所は Windows7 。私が現在使っているスキャナや多くのソフトが、7までしか対応していないのがその主たる理由です。
あとは最新版の8よりか少しは安かろうというのが二点目。8は操作方法が大きく変わっているらしいと言うので腰が引けるのが三点目。
でも中古はやっぱり怖いよなあ……とか思っていたら、幸いにも次兄がパソコン工房に国産ブランドの新品で安いのがあると見つけてきました。ノート・デスクトップ共にいくつかのラインナップがあるようで、画面サイズやHDD容量やメモリなど、様々なバージョンを予算と相談の上で選択できるようです。

そんなこんなで、とりあえず実物を見てみるかと、父と二人で店へ行ってきました。
おお、店内にはそのシリーズの箱が山積みになっています。さらに見本もずらーーーーっとディスプレイ。
さっそくいろいろと見比べてみました。

ほおほお、ふむふむ。
基本は Windows7 搭載で、オフィスを入れるなら+2万円で2010と2013から選べるのか。
ううむ、デスクトップはやっぱりデケエ……ってか、何? モニターは別売りだと!?
ノートはマウスのみ別売りで、テンキーはキーボード内に入っているのか。こっちのタイプは画面も解像度もでかくて良いけれど、メモリとCPUはこっちのがずっと多いなあ。値段は……ふむ。数千円のプラスで修理が三年保証、パーテーションの区切り設定は+3千円か……キーボードカバーは独自ブランドだから、フリーのシートタイプを使うしかないけれど、液晶保護シートは普通の汎用タイプが使えるはずとな。

一通り見てまわった後は、店員さんを捕まえて質問攻め。
とりあえず目を付けたタイプ数種類のチラシを確保したのち、今度は別の家電量販店へと行ってみました。

 ……たっかΣ(゜ロ゜ノ)ノ

スペックはともかくとして、お値段が倍近いのが並んでいるのに圧倒されて、ろくに機能も確認しないまま、すごすごと帰ってきてしまいました(苦笑)

で、もって。
チラシを並べてさらに家族会議を繰り広げた結果……パソコン工房へ「実際に購入しに行った場合、店でどれぐらい待ち時間が掛かるのか」という質問の電話を掛けたはずが、気が付いたら「じゃあ、その機種を取り寄せお願いします」と言って、終話ボタンを押す自分がいたり(。・ ω<)ゞ てへぺろ

えー、そんな訳で、近日中に新しいマシンが来たZE★ という記事が上がると思いますvv


……ちなみに、こちらにもものっそい後ろ髪を引かれた自分がいたりするんですが。
B00FPK2JTU日本電気 LaVie Tab E - TE510/N1B ブラック PC-TE510N1B
NEC 2013-11-01

by G-Tools

いやシグ3が壊れたら……っていうか、むしろメインマシンを新しくしたら必然的にシグ3とのデータのやりとりができなくなるだろうから、そっちも買い替えざるを得ないのか?? とか考えると、後継機はこのあたりが良いのかなあと。
条件は大きめの Android タブレットで、外部メモリが使えるスロットが付いていて、 Google Play にも対応しつつ、 Bluetooth で外付けキーボードも接続できるタイプ。
キーボードはUSB接続でも良いと言えば良いんですが……こちらも周辺機器とか揃えると、なんだかんだで4〜5万円ぐらいはかかりそうだなあ。
ううう、懐が痛い……おのれXPのサポート切れさえなければぁぁぁあああっっ ・゜・(ノД`)・゜・

そして今夜も今夜とて、いつもの知人から Skype で口述入力の御依頼があったので、作業をしながら、ついでに相談にも乗ってもらったりとか。
この方とはこうして頻繁にデータのやりとりをしているのですけれど、うっかりこちらがオフィスのバージョンを上げちゃうと、むこうが困られるだろうから、そのあたりも兼ね合いのしどころではあるんですよね。
新しいオフィスは操作方法がまるっきり変わっているらしいというのも、腰が引ける要因のひとつですし。ああでも、そろそろ新しいソフトの使い方を学び始めないと、時代に置いて行かれてしまうよなあ……
No.5258 (電脳)



<< 2013年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2013年11月09日の読書
 善は急げっつーか(苦笑..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41