よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 更新情報(2013年10月11日)
2013年10月11日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、押川春浪の著作権切れテキスト、「ホシナ大探偵」の三章目をUPしました。
今後はいちおう、第二・第四金曜日あたりを目途に、更新できたらなあと思っております。
……って、もう残り三話なんですけどね(苦笑)
なにしろ入力もアレですが、HTMLにするのが超手間なんです。特にルビ(−ー;)
原文は漢数字以外すべて振り仮名がついているんですが、全部はとてもつけられないし、そうするとむしろ読みにくい。しかしルビがないととても読めない漢字やら当て字やらも多く、いったいどこまで残したものかが悩みどころでして。
同じ漢字で読みが違ったり、場所によって送り仮名が違ったりとかもあるし……むう。

ああ、あとこれまでUPした部分で気付いてなかった漢字とかを、ちょこちょこ手直ししています。
館 → 舘 とか、熱 → ※[#「執/れんが」、U+24360、ページ数-行数]とか、頬 → ※[#「夾+頁」、第3水準1-93-90]とか。
って、こんな細かいとこまで一々見分けられるかーーーッッッ (ノ-△-)ノ ┻━┻。・;゜・。+ 

……ともあれ。
今回は、英国館(Englischer Hof)が保命樓(ほめいろう)旅舘、シュレジンジャー博士が志賀教師、「ミディアン族の王国に関する論文」が「岐阜附近の教育事業に関する論文」、「メイドのマリー」が「召使の瓜生桃子」といった具合になってました(笑)

そして渡邊君が、保科さんの訳の分からない指示に御立腹。
でも保科さん、理由も言わずに「左の耳がどうかなってないか調べろ」って、絶対に渡邊君は誤解して実行しないだろうなーとか思いながら、半ばからかって言ってますよね? あとで「こうだったのに」ってこき下ろしてやる気が満々に透けて見える(笑)

……たまにこういう部分を見せるから、ホームズさんはワトソンさんを身内扱いにして甘えてるって、そう思えちゃうんですよねえvv
No.5186 (更新)



<< 2013年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 更新情報(2013年10月11..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41