よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2013年04月27日の日記
2013年04月27日(Sat) 
本日の初読図書:
4863890249紫同心江戸秘帖 吉原哀切の剣 (静山社文庫 C お 1-1)
大谷 羊太郎
静山社 2009-12-02

by G-Tools
時は文政。徳川十一代将軍 家斉の時代。
田沼意次の時代が再来したかのように賄賂が横行する江戸では、後に老中となる水野忠邦が、寺社奉行に就任したばかりであった。未だ二十代という若き水野忠邦は、さらなる出世と権力を求め、上役へ贈る賄賂の資金を生み出すべく陰謀を巡らせている。
南町奉行所の定町廻り同心 室崎銀次郎は、若侍が吉原の遊女を斬り殺して立て籠もっている現場へ駆けつけたところで、その若侍が死に際に残した言葉を耳に留めた。好奇心から個人的にその意味を探り始めた彼は、やがて事件の背後に隠された、水野忠邦の画策へと近づいてゆく。
普段は物腰穏やかで動作もおっとりとしているが、いざという時の洞察力は素晴らしく、その鋭い推理力で数々の手柄を上げている名同心、室崎銀次郎。朱房よりもさらに上位の、紫房の十手を許されている彼を、人々はその名に掛けて「紫同心」と呼んだ ――

解説によれば、かなりのベテラン作家さんが初めて時代劇に挑戦したという、新シリーズなのだそうですが。
……すみません、正直ちょっと微妙でした。
設定はおもしろいし、事件の筋立ても良くできていると思います。
でも、なにかが足りない。
いやむしろ余計なのかな??

以下辛口につき、記事をたたみます。
No.4743 (読書)



<< 2013年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2013年04月27日の日記

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41