よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年10月27日の読書
2011年10月27日(Thr) 
本日の初読図書:
4840140537クリスティ・ハイテンション 7 (MFコミックス)
新谷かおる
メディアファクトリー 2011-10-22

by G-Tools
ホームズさんの姪っ子パスティーシュ、ついに最終巻。
今回は一冊丸ごと、語られなかった事件から「スマトラの大鼠」です。
インドに赴任していたクリスティの家族が、ロンドンへ戻ってくることになった。ところがそのインドの暗殺集団サグが起こしたとおぼしき、殺人事件がロンドンで発生。さらにはクリスティの周囲にも不穏な影が。これはインドにいる家族と何らかの関係が……? という今回のお話。「スマトラの大鼠」は、クリスティを守るために送り込まれた、インドの元海賊達の通り名になってました。
……しょっぱなに誰が何の意図で大鼠についての電信を送って寄こしたのかとか、ノーラの鞭の柄は、中身が鉛だったんじゃないのかとか、ちょこちょこ気になるところがあったりなかったり。まあ、それなりにおもしろかったですけどね。
そしてノーラについては、最終話に向けて、多少なりと読者をハラハラさせたかっただけなんでしょう(苦笑)

それにしても、最終巻かと思ったら、もう続編が決定してるとは。
しかも「美しきレディに成長したクリスティの新たな冒険(帯より)」って……クリスティの横紙破りは、子供だからこそ許されたキャラクターのような気が。大人になったら、ただの生意気になりそうなのがちょっと怖いです。まあレディといっても、せいぜい十六〜八才ってところでしょうけれどね。 ネルソンに乗れなくなるのがちょっと寂しいなあ。
きっと恋愛も絡んでくるだろうし……いつぞやのダンス中に数学の話をしてた少年とか、再登場するんでしょうか。
「荒野の天使ども」→「時間を止めて待っていて」のミリアムのように、魅力的なまま成長してくれると嬉しいです。
No.3449 (読書)


 そろそろ冬支度
2011年10月27日(Thr) 
ここ二三日、冷え込む日が続いております。
一昨日は半纏を出し、昨夜は上掛けに毛布を一枚足し、そして今朝には衣装ケースからニット類を取り出しました。
薄手のセーターと長Tを重ね着するのが、私の秋の装いです。更に寒くなると、その上にカーディガン→ショール→半纏と重ねていくことになります。
朝イチでやっている散歩も、今朝はかなり寒かったので、例のロングデニムジャケットを初めて外で着てみたり。んー、さすがに動きまわるにはちょっと肩が窮屈かな……
でもって膝掛けはもう出してあるので、あとは駄目になったモコモコスリッパを買いかえるべく、いつものファミリープラザへ。
少しくらいへたって薄くなっても脱げにくそうな、しっかり足をホールドするタイプを選択しました。



ちょっと脱ぎ履きが面倒そうですけれど、そこは履き心地重視で。足首まできっちり包んでくれるので、あったかいんじゃないかと期待してます。
保ちは……まあいいとこワンシーズンでしょうね。値段も値段だし。
母曰く「ダニがわくから、むしろワンシーズンでやめろ」とも言われたり。
……靴用ドライヤーかけてやったら、これもダニ駆除できませんかね?

話は変わりまして。
最近テレビでやたら三銃士の映画CMをやっているので、なんとなく図書館で文庫版上巻を借りてきてみたのですよ。子供の頃にジュヴナイルとマンガ版を読んだっきり。完訳版も読んだような気がしますが、ほとんど記憶に残ってないです。そもそも小学生の脳味噌で理解できてたとも思えないし。
……しかし現在、二十ページ目ぐらいで既に挫折しそうです_| ̄|○
なんつーか、ダルタニャンの青さが目について目について。ああこいつ今にやらかす、なんかやらかす、確か盛大にやらかした! と思うと、ページをめくる手が鈍っちゃってどうしようもなく。
確かエライさんの前でポカした挙げ句、三銃士全員と揉めて、一日で全員と決闘する羽目になるとか、そんな流れじゃなかったっけ……?
ううううう、全身かきむしりたいぐらいにいたたまれないッス。だったらとばし読みすれば良いんでしょうが、そうすると話が判らなくなりそうだし。むぅ。

実は私、昔っからお話の内容に感情移入しすぎる傾向があるんですよねえ。
特に主要キャラが無様な姿をさらすシーンは、読んだり見たりできません。本なら再読時にページをとばすし、テレビでは耳をふさいでそっぽを向きます。
たとえば名探偵コナンで、小五郎のおっちゃんがへっぽこ推理をかますシーンさえ、どうにも見ていられなくてページをとばしたり、録画を早送りしたり。
ドラえもん、サザエさん、ちびまるこちゃんなどの子供向けアニメも、たいてい主役達が一度はなにかしらポカをやらかす流れになっているから、見られないんですよね(−ー;)
……なんかこれ、既に一種のトラウマといって良いんじゃなかろうか。
子供の頃、母親に散々言われた『みっともない!』って言葉が心に突き刺さっていて、『無様=罪悪』という図式が深層心理に染みついてるんですよね……ある程度年配の女性が声を荒げているのを聞くと、たとえそれが隣の家の声だとしても、ドキドキして物が手につかなくなるとか、次兄も同じこと言ってたし<うちの母は我々が子供の頃、かなりヒステリックだった おかげで前の職場では、社長の奥さまの機嫌をうかがうのに気を遣って遣って(遠い目)
……こうして思いかえすと、よくもまあ、現在まともに母とつきあえるようになってるなあとか、思わなくもなく。
勉強せずに本読んでたからと、目の前で本破られたり焼却炉に放り込まれたり。次兄はプラモを叩き壊された経験あるそうだし。
実は今でも、母が不機嫌になると身がすくみます。
どうやら我が家では、父よりも母の顔色の方が恐ろしいようです(−_卅 )
No.3450 (日常)



<< 2011年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年10月27日の読書
 そろそろ冬支度

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41