よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年10月20日の読書
2011年10月20日(Thr) 
本日の初読図書:
4063713024Q.E.D.証明終了(40) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2011-10-17

by G-Tools
書店の金庫から盗まれた売上金。犯人と目されたのは四角関係の男女四組で ―― という小事件。
孤島で催された推理ツアー。三つの密室の謎を解いた先に待っていたのは、四つ目の密室だった ―― という殺人事件。
密室事件の方は、最初ミス研の部長がメンバーにいたし、こちらもライトな事件かと思っていたらがっつり殺人事件で驚きました。推理ツアーを引きずったのか、ちょっと死人が軽く扱われているのが気になったり。
書店の事件の方は、相変わらず加奈ちゃんが人類超えてます(笑)
ボーリングで玉が一度も下につかずに浮いたままピンを倒すって、どんな膂力してるんだ……

ところで、今回後半90ページが書き下ろしだったわけですが、これ掲載雑誌が休刊したからだという噂を聞いたのですけれど。マジですか?
そしたらこのシリーズの今後はどうなるんでしょう。講談社の看板作品でしょうから掲載誌を移して続くのか、それとももう40巻にもなるのだから、キリ良く終わってしまうのか……ファンとしては気になるところです。
No.3437 (読書)


 偶然に偶然
2011年10月20日(Thr) 
ここしばらく、朝起きて一番で 1.2km ほど近所を歩いているのですが。
本日は目覚ましのスイッチが入っていなくて、いつもより起きるのが十分ほど遅くなってしまいました。
そんなわけで普段より十分遅れで、いつものコースを歩いていたのです。
すると信号のない横断歩道を渡り終えたところで、走ってきた車がおもむろに停止。そしてフロントガラスの中から振られる手。
別サイトの共同管理をしている、元上司・現徒歩二分のご近所にお住まいのワチキさんでした。ご町内かつ電話やメールのやりとりもする間柄の割に、実際にお会いするのは年に数えるほどなので、思わず笑顔でご挨拶です。
ちなみに助手席に奥さまが乗っておられたところをみると、ワチキさんは呑み会か何かでどこかに置いておいた車を取りに行ってからのご出勤? そうするといつもより早めのお出まし?
そんなふうに推測してみると、偶然に偶然が重なった上でのすれ違いだったんだなあとか、しみじみ思ってみたり。

明日が借りた本の返却期限なので、図書館へ忘れずに入れ替えに行かなければなりません。
……しかし予約していた本で帰ってきているのは「シアター!」2巻だけなんですよね。他は何を借りようかしら……っていうか、「謎解きはディナーのあとで」という本、先日ドラマ化されたので興味を持って予約してみたら、待ち人数が26人って同じ事考える人、多すぎやろ(苦笑)
まあ似たような内容を以前ちなつに愚痴ったら、彼女の地元(大阪)では本によって待ち人数が万単位なんてこともあったらしいですから、あまり文句は言えませんが。ちなみにそちらの図書館では、同じ本を複数冊入れて回しているそうです。
しかしここらでは多分一冊しかないだろうから、単純計算すると(取り置き二週間+借り出し二週間)×26で、一年半ぐらい待つ可能性が(汗)
途中で「もうええわ」とキャンセルする人、出てくれないかなあ……
No.3438 (日常)



<< 2011年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年10月20日の読書
 偶然に偶然

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41