よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年10月18日の読書
2011年10月18日(Tue) 
本日の初読図書:
4063713032C.M.B.森羅博物館の事件目録(18) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2011-10-17

by G-Tools
中国黒社会にて双児にまつわる殺人事件と抗争、転入先の学校で感じる違和感の理由、ガラス細工博物館で起きた無人の部屋での展示物破損の謎。
今回は珍しく一話目が前後編でした。基本、読切連作のこの方には珍しいかと。
話の方も前編終了時に「マジで!?」と驚かされたら、終わりはちゃんと安心できるものだったので、ホッとしました。この人の話はときどきびっくりするほど残酷なこともあるけれど、やはり人の「死」を物語上の記号にはしてほしくないのですよね。
ところで前の巻で「最近、森羅が入館料を請求しなくなったなあ」とか感想書いていたら、今回は三話のうち二話で請求してました。やはり森羅は森羅か(笑)
そして次巻では再び Q.E.D とのコラボだとか。今度は敵味方に別れるようで、今からちょっとドキドキです。
No.3431 (読書)


 最近うわさの
2011年10月18日(Tue) 
タイバニとやらの一話目を視聴してみました。
……むー、まだ海の物とも山の物ともしれない感じだなあ。
ストーリー内容は wiki を読んじゃったんで、ほぼ最後までネタバレしてるんですが。
通っているあちこちの二次創作サイトさんで、ブログで触れられていたり特設ページを作ったりされているので、興味が出たのです。好きな作者さんの作品は、別ジャンルでも読んでみたいですしね。
全25話ならそう長くもないし、暇なときにでもまたゆっくり見てみましょうか。
……って、最近読みたい本が絶えず切れずあって、すっかり時間が取られているんですが。

そんな本日は、昨日録画したスター・ウォーズ「ジェダイの帰還」を見ました。
最初「あれ、帰還? 復讐? 何作目??」と混乱したりしたのですが、原題「 Return of the Jedi. 」を邦訳したタイトルにクレームがついたとかで、改題したんだそうですね。「ジェダイは復讐なんかしない」ってことで。
やー、やっぱりスター・ウォーズは燃えますね。リマスターされたとはいえ、現代の技術からするとちゃちさは否めないのですけれど、ストーリーとかしっかりしてるし、すんなりと入り込めます。あとカメラワークとかパペットの動きとか神業だし。
特にこの作品は爽快感があるので、初期三部作の中で一番好きなのでした。
……それにしても、子供の頃はハン・ソロがごっつー格好良く思えたものですが、いま見るとめっさヘタレ……っていうか、ここぞと言うところでうっかりさんvv
でもそこに萌えてしまう、これがギャップ萌という奴なのか。それとも子供の頃からヘタレスキーだったのか(苦笑)
No.3432 (映像)



<< 2011年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年10月18日の読書
 最近うわさの

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41