よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年10月09日の読書
2011年10月09日(Sun) 
本日の初読図書:
4048682210シアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩 大矢 正和
アスキー・メディアワークス 2009-12-16

by G-Tools
敏腕ビジネスマンの春川司には、弟がいた。二十代も後半にさしかかりながら、劇団運営にうつつを抜かし、まともな定職にもついていない甘えたな青年、巧(たくみ)である。
そんな弟が、ある日泣きついてきた。
「金払わないと訴えられちゃうよ!」
なんでも運営方針の違いから半数以上の団員がごっそりと出ていき、それまで負債を立て替えてくれていた事務方も、辞めるにあたって金を返せと言っているのだという。その額、実に三百万。
司はそもそも弟の演劇を良く思っていない。それは売れない役者のまま、身体を壊して死んでいった父の姿を覚えているからだ。確かにいじめられっ子だった巧が、前を向いて立てるようになったのは演劇のおかげだったし……公演はすべて見て、びっちりアンケートを書いたりもしているが……それとこれとは話が別だ。
演劇など辞めてしまえばいい。劇団などこれを機に潰れてしまえ。夢を諦めるのに必要な条件? それなら全力でやって折れることだ。
そこで司は三百万を用立ててやる代わりに条件を出した。それは二年以内に劇団の収益のみで借金を返済すること。それができないのなら劇団を潰せ、と。
幸いにも劇団には、期待の新星、プロ声優の羽田千歳が加わっていた。そして脚本家の巧を含めて、一癖も二癖もある劇団員九名。
なんだこのどんぶり勘定の収支は。経費は節減。締められるところはとことん締めろ。ただし使うべき所で金は惜しむな。守銭奴けっこう! 金は正義だ!!
運営に鉄血宰相・春川司を加えた劇団シアターフラッグは、怒濤の二年間を新たに走り始める ――

いやあ……有川さんにこの手のノリと勢いと夢と情熱の話を書かせたら、ほんとに素晴らしいですね。
今回は「演劇さえやれていれば幸せ」、「好きなことをやる為なら赤字もしかたない」というぬるい意識の貧乏劇団員達に、「プロとして金をもらうなら商売だ。収益を上げろ」と現実を突きつけた主宰者兄が、ばっさばっさと鉈をふるってゆきます。
この兄の素晴らしいところは、なんだかんだ言いながら、結局は弟を応援しているところ。二年間猶予をやると決めたなら、その間は全力でバックアップすると宣言し、実際フェアな位置に立ってものすごい勢いであれやらこれやらこなしまくるのです。そこには隠しようのない『愛』があります。いや腐った目線ではなくて。
劇団の人間模様もなかなかおもしろいですね。いろんな意味(恋愛やら演技力やら運営方針やら)での嫉妬や葛藤も絡みつつ、それでもみんなが気持ちよく一致団結して、ひとつの舞台を作っていく爽やかさ。
ちょっと人間関係放りっぱなしかなと思ったら、続編があるそうなのでこれは予約しておかなければ……
No.3416 (読書)


 新しいの買えよ
2011年10月09日(Sun) 
とか思いつつ、外を歩くときに使用している帽子(BYガールスカウト時代の遺産)。
ほぼ大人になってから買ったフリーサイズで、普通にかぶっている分にはまあ問題ないのですよ。
ただ風で飛ぶのを防止するため、私は後ろにあるサイズ調整部分に、首の後ろで束ねた髪を通して被るのですよね。

←この部分に。
そうすると、必然的に前の日よけ部分が額の上にあがってしまいます。
見た目としてはむしろその方が格好いいのかもしれません。しかしだ。ぶっちゃけ言って、晴れた日の昼間しかも逆光とかで歩いてると眩しすぎるわ!! 日よけの意味が一個もねえぇぇええ(ノ-□-)ノ ┻━┻。・;゜・。+ 

と、言うわけで。

こうなりました。
母の裁縫道具入れをあさって、ジャンクパーツと化していたネックストラップの部品を発掘。サイズ調整部分に取りつけて、髪束の下を通しても帽子の鍔が下げられるように作りかえ。
これで日なたを歩いていても眩しい思いをせず、かつ帽子が飛ぶ心配もしなくてすみそうです。
……問題は強度と耐久性ですな。母いわく「どうせやるなら調整部分そのものを取り外して、ゴムとかに取り替えろ」との事ですが、そこまでの裁縫スキルは持ち合わせていないのだよ、残念ながら。
ちゃんと保ってくれると良いなあ……

昨日に引き続き、 mp3 化して面白そうなアニソンを探していて見つけました。

■ゴージャスな「もののけ姫」をピアノ独唱〜俺24人で重唱 - nicozon
 http://www.nicozon.net/watch/sm11345448

ちょ、24パート調整なし生歌て。凄すぎるだろコレvv
あまりのクォリティ高さとその馬鹿馬鹿しい情熱を評価して、本家よりこちらを選択してしまいました(笑)
少なくとも一度は聴いてみる価値あります。
No.3417 (日常)



<< 2011年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年10月09日の読書
 新しいの買えよ

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41